1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職するならBtoBとBtoCどっちが良い?定義やそれぞれのメリット・デメリットをおさえてIT転職を成功させよう
壁一面の資料を分析する男性の後ろ姿

転職するならBtoBとBtoCどっちが良い?定義やそれぞれのメリット・デメリットをおさえてIT転職を成功させよう

BtoBの企業とBtoCの企業、転職するならどちらが良いか迷われる方も多いと思います。そんな方向けに今回はBtoBやBtoCの特徴やメリット・デメリットを紹介します。エンジニアやデザイナーなど、IT業界へ転職をする方向けにもまとめています。それぞれの特徴を捉え、自身の転職軸に合った企業を見つけていきましょう。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

BtoB・BtoCの定義と特徴

 

 

BtoBの定義と特徴

 

BtoBの定義

BtoB = Business to Business
企業向けに製品やサービスを提供する、企業対企業の取引形態のことです。例えばSaaS企業やSier、Web制作会社、ゲームデベロッパーを指します。

 

BtoBビジネスの特徴

・製品やサービスの単価が高額、かつ取引も長期的になることが多い
・常に一定のニーズがあるが、購買決定までの時間が長い
・ロジカルなアプローチが求められる

 

BtoCの定義と特徴

 

BtoCの定義

BtoC = Business to Customer
一般消費者に向けて製品やサービスを提供する、企業対消費者の取引形態のことです。例えばECサイトやSNSといったサービスを展開する企業やゲームパブリッシャーを指します。

 

BtoCビジネスの特徴

・製品やサービスの単価は低めなため、「多く」売り上げることが重要
・顧客規模は大きいが、ニーズの把握は難しい
・消費者心理に訴えかけるアプローチが求められる

 

BtoBへの転職のメリット・デメリット

 

 

BtoB転職のメリット

 

経営が安定しやすい

BtoBビジネスのメリットの一つ目は経営が安定しやすいことです。

例えばWebサイトの制作や経理システムの開発など、BtoBのビジネスは常に一定のニーズがあるため景気変動の影響を受けにくいです。かつBtoB製品では長期的な利用が前提となることが多いため、単価も大きくなります。

特にSaaS企業に代表されるBtoBの継続課金モデルは、売り上げの見通しも立ちやすく経営が安定しやすいと言われています。

 

ホワイト企業が多い

経営の安定感と同時に、ホワイト企業も多いのがBtoBの特徴です。

企業向けに製品やサービスを提供しているため、夜遅くや早朝に対応する必要がありません。

ただし、受託制作で成果物の納品が求められる場合には、納期があり業務が忙しくなることもあります。一概には言えませんので、あくまで傾向として捉えていただき、個社ごとの働き方をしっかり確認しましょう。

 

受託企業ではシステム開発のプロセスが身に着く

要件定義~開発・運用に至るまでの各プロセスをしっかりと身に着けられるのは、BtoBビジネスのなかでも受託開発を行っている企業のメリットです。

特に大規模な受託開発のプロジェクトでは、プロジェクトマネジメントや要件定義、設計・開発といった開発フェーズごとに業務が細分化されていることが多いです。そのため、各開発工程を着実に経験しながらシステム開発の全体像を学んでいくことができます。

 

BtoB転職のデメリット

 

受託のビジネスモデルは「作って終わり」

受託開発やWeb制作の企業は、「依頼物の納品まで」が仕事である場合が多いです。その場合、自分が携わったシステムやWebサイト、ゲーム等がどのように使われているかまでは分かりません。

つくること自体が好きという人にとっては非常に良い環境ですが、自分が作ったものが世の中にどのような影響を与えているか知りたいという人にはもどかしい環境になるかもしれません。

 

BtoC企業より情報が得にくい

BtoB企業は、普段の生活ではどうしても目に留まりにくいです。「隠れた優良企業」も多く、そういった企業探しや企業研究に時間がかかってしまうでしょう。

その場合の対策としては、転職エージェントの利用がおすすめです。面談で経歴や希望を伝えることで、企業を紹介してくれます。BtoBの企業についても、知らなかった優良企業を効率的に知ることができます。

 

優良BtoB企業の求人を紹介してもらう

 

BtoCへの転職のメリット・デメリット

 

スマホから浮かび上がる様々なアプリのアイコン

 

BtoC転職のメリット

 

知名度や顧客の反応を得やすい

BtoC企業に入る最大のメリットは、一般大衆に向けて自分が携わったものを公開できることでしょう。
人気を得た場合には多くのメディアで見かけることになりますし、SNSやインターネット上の利用者の反応をダイレクトに感じることも可能です。

自分が作ったシステムやサイト、ゲームがどのような評価を受けているかわかることが、大きなモチベーションにつながります。

 

自分で手に取ることができる

自分が作ったものを自分で使うことができることも、BtoC企業で働くことのメリットです。

製品やサービスを作るうえで、消費者のニーズを的確に捉えて反映させていくことができるかどうかは非常に重要です。自分が一消費者であることで、UI/UXの観点での改善もしやすくなるでしょう。

 

トラフィックに対応するための技術力を磨ける

BtoBの製品やサポートは企業が稼働する時間に一定のトラフィックが発生する一方で、BtoCの製品やサービスは、時間帯や天気、季節といった外部要因によってトラフィックが大きく変動します。

例えばゲーム内のイベントやサービスでいわゆる「バズ」が起きた場合など、BtoCサービスは急激にトラフィックが増えるタイミングがあります。

急激な変動に耐えるシステムを開発できるエンジニアは、技術力が非常に高く優秀であると言えるでしょう。

 

上流工程や企画に関わりやすい

BtoB開発も含めた自社製品を持つ企業のメリットと言えますが、企画等の上流に関わりやすいこともメリットです。

受託のビジネスモデルでは多くの場合「依頼されたものをつくる」ことが仕事であることが多いです。しかし自社開発であれば「何を作るべきか」「何を依頼すべきか」といったことから考える必要があり、ただ技術やクリエイティブの能力だけでなく、ビジネスやマーケティング的な視点が求められます。

 

BtoC転職のデメリット

 

消費者ニーズの変化は激しく、企業の安定感に欠ける

製品ライフサイクル(プロダクト・ライフサイクル)が短くなっている、つまり長く売れ続けることが難しくなっているという話を耳にする方も多いと思います。消費者のニーズや心境は変化が激しいため、適切に捉えることは難しくなっています。

売れることも難しいですが、売れ続けることはもっと難しくなっているのです。そのため、企業の業績もBtoBの企業と比較すると安定感に欠ける部分があるでしょう。

 

転職希望者が多くハードルは高め

BtoCの有名な企業は、転職市場において当然人気も高いです。
選考を受ける際にはライバルも多くなるため、自然とハードルは高くなります。

選考を受ける際には、過去の質問集等も利用しながらより一層の対策をしていく必要があるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。
今回はBtoBとBtoCの違いや転職するうえでのメリット・デメリットについてお伝えしました。

ひとえにBtoBといっても受託か自社かなど、ビジネスモデルによっても違いは大きく出てきます。

さらに企業研究を進めたい方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

 

【あわせて読みたい】受託と自社の違いについて知りたい方はこちら

 

【あわせて読みたい】企業研究の方法について知りたい方はこちら

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

壁一面の資料を分析する男性の後ろ姿

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事