カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 働きながら転職する方法を解説!在職中に行うメリットや成功のコツは?会社に知られずに進める秘訣をご紹介
  • 転職活動

働きながら転職する方法を解説!在職中に行うメリットや成功のコツは?会社に知られずに進める秘訣をご紹介

働きながら転職する方法を解説!在職中に行うメリットや成功のコツは?会社に知られずに進める秘訣をご紹介「働きながら転職する方法を教えて」「在職中に転職活動をするメリットやコツを知りたい」「会社には知られずに転職活動ができるのか気になる」このサイトをご覧になった方は、このように思っていらっしゃるのではないでしょうか?今回は、働きながら転職する方法について、メリットやそのコツやスケジュールについて徹底解説します。

握手

2020年10月9日

  • twitter
  • facebook

働きながら転職する方法3つ

 

スーツ

 

働きながら転職する方法を以下の通りご紹介します。

 

1.転職エージェントを利用する

2.仕事が終わった後の時間や休日の活用する

3.有給休暇の活用をする

 

転職エージェントを利用する

 

働きながらの転職活動は時間的な制約が大きなありそれを補うために、レバレッジ効果のある転職をサポートする会社を利用しましょう。

 

・エンジニアに強い転職サイト

・外資系の転職に強い人材紹介会社

・若い人向けの転職エージェントや人材会社

 

上記の様々なタイプの会社やサイトがあります。

とりわけ、プロの転職サポートを受けて求人を紹介してもらいましょう。

 

仕事が終わった後の時間や休日を活用する

 

働きながらの転職は、募集企業も応募者の状況を理解しています。

そのため、夜に面接を設定してくれる場合もありで、面接の時は問い合わせてみましょう。

その他、休日などを使って積極的に転職のコンサルティングを受けたり、転職のイベントに参加しましょう。

そして、いろんな人に会う、イベントに参加することで転職への可能性を広げていきましょう。

 

有給休暇の活用をする

 

どうしても面接する時間が、日中になった場合は有給休暇を使わなくてはなりません。

そのため、午前半休や午後半休という風に、なるべく有給を長く使えるように工夫をしてください。

とりわけ有給を有効に使うテクニックを知り、上手に転職活動へ生かしていきましょう。

 

在職中に転職活動するメリット・デメリット

 

握手

 

在職中に転職活動するメリットとデメリットを以下の通りご紹介します。

 

メリット

 

在職中に転職活動するメリットは以下の通り3つあります。

 

メリット1:安定した収入での転職活動

メリット2:職歴にブランクがない

 

在籍中の転職活動のメリットで一番大きな割合を占めるのは、経済的安定だといえます。

とりわけ、退職して全く収入が途絶えた中での転職活動は、経済的にはもちろん、精神的にもプレッシャーを感じてしまうものです。

そして、意外と転職活動には時間がかかるものです。

そのため、転職活動が長引けば貯金を切り崩しての活動となり、転職活動に集中することが難しくなります。

ちなみに、寮や借り上げ住宅に住んでいる場合、先に仕事を辞めてしまうと引っ越してからの転職活動となります。

寮や社宅は収入ではありませんが、在職中に享受していた経済的メリットといえるでしょう。

これを失わずに活動できるということも経済的な安定につながります。

在籍中の転職活動は職歴にブランクがないのは大きなメリットです。

特に、ブランクの期間が長くなった応募者を企業側は敬遠する傾向にあります。

また、転職活動は思いの外長引く可能性があるので、退職せずに在籍中に上手に転職することをおすすめします。

 

デメリット

 

在職中に転職活動するデメリットを5つ以下の通りご紹介します。

 

デメリット1:在職中の会社に知られてしまう可能性

デメリット2:転職活動費用の出費

デメリット3:面接日程の調整が困難

デメリット4:入社確定日がわからない

デメリット5:プライベート時間の減少

 

1番のデメリットはやはり会社に知られる、上司に知られる可能性があるということです。

今までと違う行動や服装など明らかな違いや、つい会社のPCで転職サイトを覗かれてしまった場合などがきっかけです。

特に軽率な行動で露見する可能性があり、居づらくなることもあります。

転職活動には、お金がかかるということです。

特に日々の面接のための交通費や、遠方であれば交通費の上宿泊費もかかる場合もあります。

その他、転職が決まって、退職も決まったけれど働き始めるまでに空白の期間があると、どこからも保証がないので貯金で賄う必要があります

在籍中は現職の仕事が優先ですので、面接の日程調整が困難です。

例えば、先方から提示された日程は、在職の仕事で埋まっていたり、休みが取れた日はすでに他の候補者との面談が決まっていたりする場合があります。

そして、何度も面接日程の再調整を依頼すると、採用側からは転職の意思が低いと思われて面接を見送られる可能性があるので気をつけましょう。

採用側は人手が足りない、優秀な人材が今欲しいと思って求人を出すので、往々にして早期の入社を望んでいます。

ただし在職中はおおよその退職日は伝えられますが、確定ではありません。

また想定した退職日も、引き継ぎに時間がかかったり引き留めにあったりすると大きくずれ込みます。

在職時間外に、企業研究や履歴書作成そして面接を受けなければならず、自ずとプライベートの時間は減少します。

そして普段の付き合いもしつつのため、家族が寝静まった後など時間的な制約があり、体力的にも困難です

 

会社に知られずに転職活動を進めるコツ

 

ビル

 

会社に知られずに転職活動を進めるコツを以下の通りご紹介します。

 

1.会社の備品・什器を利用しない

2.引継ぎ資料の準備・作成を始める

3.服装に注意する

4.転職で必要な費用を見積もる

 

会社の備品・什器を利用しない

 

とにかく、在職中のパソコンや会社のメールアドレスといった備品や什器などを利用してはいけません。

特に転職サイトの閲覧履歴は誰かが通りすがりに見てしまう可能性はあります。

そして、メールのやりとりも便利だからという理由で、会社のアドレスを使うのはやめましょう。

とにかく、在職の会社の仕事には誠意をもって仕事に集中することをおすすめします。

 

引継ぎ資料の準備・作成を始める

 

ノート

 

転職をする意思が決まれば、すぐに引継ぎ資料の作成準備を始めてください。

それは、転職が決まってスムーズに退職できるからです。

引継ぎ資料は意外と時間がかかりますので、日頃から作成・更新をしておけば急に採用になった時スムーズに引き継げます。

また、仕事を引き継ぐ相手がキャリアのある人とは限りません。

そこで新人がが見てもわかるような、細かい項目単位に分けた引継書を作成しましょう。

 

服装に注意する

 

カジュアルな服装が許可されている会社で、面接がある日だけスーツを着て出社すると周りは違和感を抱きます。

普段からスーツを着て出社したり、カジュアルな服装にでもジャケットを忘れないようにするなど、普段との差異がないように心がけましょう。

 

転職で必要な費用を見積っておく

 

先に、転職には意外とお金がかかることをご説明しました。

また、転職が長期化すればするだけお金はかかりますので、費用の詳細がどんなものか見積もっておくことをおすすめします。

そうすれば、どの程度のお金を準備しておけばいいか、どうやってやりくりしていけばいいかが明確になります。

 

無料転職相談に登録して在職中にエージェントへ転職相談をする

 

働きながら転職するための準備から内定までのスケジュール

 

カレンダー

 

一般的に転職活動を始めて退職までは最低3ヶ月はかかるといわれています。

そこで、今回は働きながら転職活動をして内定をもらうまでのスケジュールを以下の5つのフェーズにわけてまとめました。

 

フェーズ1:転職の準備をする

フェーズ2:提出書類を作成する

フェーズ3:求人に応募する

フェーズ4:企業面接を受ける

フェーズ5:内定の確認と退職手続きをする

 

転職の準備をする

 

転職活動をする目的を明確化し、今までのキャリアの棚卸しをしましょう。

それは上手に面接官に自分をプレゼンテーションすることができるからです。

特に転職の方向性を決めたり、自分は何者なのかをじっくり研究することでブレのない転職活動ができます。

 

提出書類を作成する

 

手書き

 

履歴書を手書きで作成している場合もありますが、最近では職務経歴書とともに電子文書で提出な企業も増えてきています。

そこで、履歴書と職務経歴書は電子文書で作成しておくことをおすすめします。

また、採用担当者は1日何十人という履歴書を見ます。

そのために下手でも読みやすい、丁寧な字で書くことを心がけてください。

そして、職務経歴書はあなたの経験したことが、読みやすくわかりやすい表現でまとめましょう。

 

求人に応募する

 

書類が整ったら自分の興味がある企業の求人サイトや転職サイト・転職エージェントや人材紹介会社を使って応募してみましょう。

特に、条件だけではわからないことが面接でわかったりしますので、興味がある求人があれば応募してみることをおすすめします。

 

企業面接を受ける

 

基本的な面接のやり方や模擬面接などは、依頼すれば転職エージェントなどでも対応可能です。

また、志望動機と退職理由は必ず面接で問われることですので、常に準備しておく必要があります。

 

内定の確認と退職の手続きをする

 

在職中に転職が決まれば、内定の確認と退職の手続きをしましょう。

特に内定については、面接の時に提示された条件と内定の書類を十分比較するために、メモをとっておくことをおすすめします。

そして円満退社のため、後任へのスムーズな引継ぎ、関係者への挨拶といったことを心がけておきましょう。

また退職までに返却するもの、受け取る書類などがあるのかも事前に確認しておきましょう。

 

在職中に転職活動でやってはいけないこと

 

メモ

 

在職中に転職活動でやってはいけないことを3つまとめました。

 

1.準備が不十分なまま活動を続けること

2.周りに転職中だと知らせること

3.LinkedInやSNSの更新

 

準備が不十分なまま活動を続けること

 

準備が不十分なまま転職活動を続けることです。

転職のスケジュールでも紹介しましたが、キャリアの棚卸しや提出書類の準備ができていないのに活動を続けていても徒労に終わるだけです。

準備が進まないようであれば転職エージェントに相談し、効率良く進める方法を模索しましょう。

 

周りに転職中だと知らせること

 

友達や知人に転職活動を知られないことが大切です。

それが回り回って、職場の人の知ることにならないとも限りません。

会社に居づらくなることもありえますので、積極的にオープンにすることは避けましょう。

 

LinkedInやSNSの更新

 

転職活動に有効なリンクトインやSNSでつぶやくことに注意しましょう。

特にリンクトインでは、現職の人とつながりやすく設定がなされています。

そのため、一気に何もかも更新をしない方がいいでしょう。

そして、転職活動中とわかるような文言も控えるように心がけてください。

 

在籍中の転職活動でストレスを減らす方法

 

ストレス

 

在籍中の転職活動は、業務もこなし、転職も成功させるという精神的にも肉体的にもストレスがかかるものです。

そこで、転職活動のストレスを減らす方法について以下の通りご紹介します。

 

1.応募数を抑えた転職活動

2.提出書類のクオリティをあげる

3.複数の転職手段の活用

4.転職活動の一旦停止

 

応募数を抑えた転職活動

 

最初は興味があるところを片っ端から応募していたけれど、採用につながらず時間だけが経過してしまい、焦りのみが残るという気持ちになります。

そのため、ある程度応募の数を抑えて、条件にあう会社を吟味しましょう。

転職エージェントを利用すれば自信にマッチした企業を紹介してもらえるため、効率よく進めることができます。

 

提出書類のクオリティをあげる

 

もう一度、提出書類の見直しをしましょう。

改めて読み返すとうまい表現が見つかったり、無駄な文章をカットできたりできるからです。

とにかく書類のクオリティをあげて、面接につなげることが必要です。

 

複数の転職手段の活用

 

今まで利用していた転職サイトや転職エージェント・人材紹介会社を見直すことも必要です。

応募する企業は減らしても転職手段を増やすことをおすすめします。

 

転職活動の一旦停止

 

転職活動に疲れてしまったら、一旦活動をやめてみることも一考です。

特に転職したいというエネルギーがチャージされるまで、やめてみることもおすすめです。

 

転職活動がバレた時の対処方法

 

ストレス

 

転職活動が上司に知られた場合は、会社や上司に原因があるのではないことを伝えましょう。

例えば、新しいことにチャレンジしたいという前向きな理由は有効です。

そのためにも、仕事は粛々と進め、現職の仕事に支障をきたさないことは大事です。

 

働きながら転職する方法について徹底解説

 

メモ

 

今回は働きながら転職する方法についてご紹介しました。

ご自身は働きながらの転職と退職後の転職、どちらのメリットが大きいでしょうか。

今回メリットとデメリットをご紹介しましたが、人それぞれ感じ方が異なるはずです。

自分にとって最善の方法が分からない、という場合はぜひ転職エージェントにご相談ください。

それぞれの状況にあった形で最適な転職活動をご提案いたします。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

Geekly Media
ライター

握手

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。