1. HOME
  2. Geekly Media
  3. ブラック企業の見分け方を解説|求人に書かれるあの言葉には注意!

ブラック企業の見分け方を解説|求人に書かれるあの言葉には注意!

ブラック企業への転職だけは避けたいけど、実際にどうやって見分ければよいか分からないという方へ、本記事ではブラック企業の見分ける方法を解説します。

ブラック企業の定義とは?

 

 

ブラック企業という言葉が有名になってから長い年月が経ちました。しかし、一言にブラック企業と言ってもどこからがブラックなのかを説明できる人はあまりいません。

それもそのはず、厚生労働省でさえブラック企業を明確に定義しているわけではないのです。あくまでも「ブラック企業の特徴」として掲げているのが下記の3点です。

 

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

参考:厚生労働省『労働条件に関する総合情報サイト

 

確かに、具体的に〇〇時間以上の残業だとブラック企業扱いになる、といったように詳しく明記していないことがわかります。加えて残業時間であれば定義はできるかもしれませんが業種によっては繁忙期もあり、判断が難しい事情もあると考えられます。

またパワハラなどのハラスメントも個人の主観により大きく違ってくるため、こちらも定義するのは難しいと言えるでしょう。

 

今回はブラック企業の特徴や見分けるポイントについて、求人の募集要項、面接、データなどの観点から解説していきます。

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ブラック企業の見分け方~求人の募集要項編~

 

 

募集要項は企業を選ぶうえで重要な項目です。ブラック企業らしい謳い文句や表記がありますので確認しましょう。

 

アットホームな職場や若手が活躍!などの言葉は要注意

 

一見すると良い環境に見えますが実のところは会社の内部を隠している、もしくは過度に表現していることが多いです。距離が短く意見が通りやすいという謳い文句も結局は上司からの一方的な要求があるなんてパターンもあるくらいです。

もちろん、募集要項通りの会社も存在していますが不自然に甘い言葉を使っているところは注意が必要です。

 

給与が低いまたは高すぎる

 

給与が低いから仕事量はそこまで多くないだろうというのは間違いです。低くても馬車馬のように働かせるところもありますし、そもそも最低賃金以下の場合は違法労働にあたるので注意が必要です。

また、高すぎる給与にも注意してください。一概にはいえませんがこのパターンは厳しいノルマをクリアし、基本給にプラスされた成果給を足されている場合がほとんどのためです。給与の内訳を確認することをおすすめします。

年代別モデル年収が開示されているかどうかも1つのポイントとなります。

 

残業代についての明記がない

 

残業代を支払わないこと自体が違法になりますので問題外なのですが、このパターンの場合は「みなし残業」や「年俸制」を取っていることが多いです。

絶対に悪い制度とまでは言いませんが少なくとも残業代に関する会社の規定を確認してブラック企業であるかを見極めましょう。

 

福利厚生

 

福利厚生の条件面もチェックしておきましょう。

「年間休日が105日以上」「年休・有休や育休産休」「社会保険制度完備」など明記されているでしょうか。

求人情報に実例を記載する企業も増えていますので、はっきりと書かれていない場合は確認する必要があると言えます。

 

募集期間が長い

 

募集期間が長いということは従業員が入っていないまたは入ってもすぐ辞めてしまう環境である可能性が考えられます。

会社の経営が順調で規模を大きくしているのであれば、募集期間が長くても違和感ありません。会社の経営情報などを確認し、もし好調でなく長期募集を行っている場合には、何かしらの理由があると考えたほうが無難でしょう。

 

自分に向いている仕事は「IT人材 仕事タイプ診断」で見つけてみよう

 

 

次のキャリアでどの職種を目指すか、マネージャーを目指すか、スペシャリストになるか悩んだり、転職したいけど自分の価値観に合う企業がわからない、次の職場選びで重視した方がいいことがわからないなど、職場選びで悩むことは多々ありますよね。

 

ギークリーの「IT人材 仕事タイプ診断」では、自分の適性だけではなく、自分に合う働き方、企業のタイプを知ることができるので、転職軸を決めるときや求人選びに役立ちます。

 

キャリアや仕事選びで悩んだら、一度ご自身の価値観に合う仕事のタイプや企業のタイプを調べてみませんか?自身の適性を知ることで、納得のいくキャリア選択や求人選びができるでしょう。

 

希望のキャリアに転職!診断利用から約1か月で転職成功した方の例

 

希望のキャリアに転職成功したAさんの例
  • ご年齢:30代前半
  • ご経歴:システムエンジニア⇒システムエンジニア
  • 転職期間:仕事タイプ診断利用から1ヶ月弱でご転職

 

Aさんは元々Salesforceエンジニアとして運用保守に従事されていましたが、案件が変わることが多く、知見を活かして働けない、個人よりも切磋琢磨できる仲間・チームで成長していきたいというご意向があり転職活動を始めておりました。

 

前職のご状況と、ご自身の価値観・志向にギャップを感じられていたAさんですが、「IT人材 仕事タイプ診断」によってご自身に合う価値観の企業タイプを見つけ、診断から1ヶ月弱で転職成功されました。

 

【あわせて読みたい】転職でキャリアアップに成功した事例はこちら⇓

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

「IT人材 仕事タイプ診断」ご利用の流れ

 

「IT人材 仕事タイプ診断」は4つのステップで完結!

 

STEP1:以下のボタンから仕事タイプ診断のページへ

 

STEP2:仕事タイプ診断のページから職種を選択

 

STEP3:プロフィール(お名前とご連絡先)を入力

 

STEP4:必要な質問に答える

 

診断後、自分の志向にあう企業の求人を見たい場合は、IT専門のキャリアアドバイザーがご希望の条件をお伺いし、志向性に合わせた求人を紹介させていただきます。

たった3分、無料で診断できるので、ぜひ一度「IT人材 仕事タイプ診断」で企業選びの軸を見てみてください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

ブラック企業の見分け方~面接編~

 

 

募集要項でもひょっとしたら上手くカモフラージュされている可能性があります。しかし、ブラック企業の内部をハッキリとするには面接が一番です。どんなポイントがあるのか見ていきましょう。

 

精神論を主張してくる

 

面接官が精神論のみを主張してくる会社は要注意です。根性やる気と言ったワードが過度に出る場合は社員に強要している可能性大です。

根性ややる気がダメなわけではなく、スキルやノウハウに関することも話題に出てくるか確認しましょう。

 

面接官の態度が横暴

 

面接の時点では共にビジネスパートナーではないので、横暴な態度をとっている時点で怪しいです。一般的な感性を持っているのであれば、お互いを尊重し圧迫的な態度を取ることはありません。

無理難題や横暴な態度を取られてどう対応するのか見たかったという面接官側の意見もあります。しかし、それを確かめるということはその会社ではその対応が必要であると言っているようなものです。

パワハラをする会社の可能性が高いので注意してください。

 

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ブラック企業の見分け方~説明会編~

 

 

面接での見分け方を紹介しました。続いては説明会です。

 

会場が不自然

 

まず豪華すぎる会場は、ポジティブなイメージを装っている可能性があります。

参加人数が多い大手企業であれば分かりますが、企業の規模に見合っていないようなホテルなどが会場の場合、自社オフィスの環境が良くない事を隠す目的があるのかもしれません。

また、参加している社員が役員ばかり、もしくは若手のみという不自然さにも注目してください。

現場の社員が参加していないのは求職者に知られたくない事情があるからで、若手ばかりであれば離職率が高い事が考えられます。

 

勤務時間や業務内容に具体性がなく抽象的

 

勤務時間や業務内容が抽象的という点も特徴として挙げられるでしょう。

話が曖昧で、数字で表せるはずの箇所を濁すようならブラック企業の疑いがあります。

面接同様に、根拠が全くない精神論を主張するケースも分かりやすいです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ブラック企業の見分け方~データ編~

 

 

より見分けるにはデータからのアプローチも必要なので見ていきましょう。

 

採用する人数がやけに多い

 

会社規模の割に採用人数が多い会社は注意です。

経営好調で規模拡大しているなら話は別ですが、そうであれば何かしらの発表をするはずです。会社規模や売上高を確認したうえでチェックしましょう。

 

就職四季報を見る

 

データとして最も信頼できるのが就職四季報でしょう。この中には3年後離職率平均勤続年数が明記されています。

この2つのデータだけでもどんな会社であるのかを見ることができます。あまりにも離職率が高い、平均勤続年数がやけに低い場合はブラック企業である可能性が高いです。

 

ブラック企業リストに載っているか確認

 

厚生労働省が公開しているブラック企業リストというものがあります。小規模の会社から大手企業まで網羅されており、毎月更新されています。目当ての会社がリストに入っているかどうか確認するだけでもしておいて損はありません。

しかし、あくまでもリストに入っていない=ホワイト企業ということにはなりません。会社の数が多く、全てを見切れないと言うのが現状のためです。

リストに入っていないブラック企業もあることを知っておきましょう。

 

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ブラック企業の見分け方~その他~

 

 

その他にもちょっとした裏技として確認する方法も紹介しますので試してみてください。

 

元従業員の人から口コミを聞く

 

知り合いにいれば話を聞けますが、そうそうあるものではありません。

少し信ぴょう性は薄くなりますがインターネットの口コミを見るといいでしょう。火のない所に煙は立たぬという言葉もあるくらいです。一つの情報として分析するためにチェックするといいでしょう。

ただ、最近では悪い口コミの削除を行っている企業もあります。いい口コミばかり掲載されている企業は、かえって内情を隠しているかもしれません。

鵜呑みにしすぎないように必ず注意しましょう。

 

同業者から話を聞く

 

同業他社の知り合いがいれば、ひょっとしたら情報を手に入れることができるかもしれません。

あまりにもヒドイ会社の場合は噂がたつものです。狭い業界の場合はすぐに噂も広がるので意外と情報を入手できます。

離職率や有休の取得率、労働組合が機能しているかどうかも見極めるポイントです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ブラック企業に入ってしまった時の対処法

 

 

ブラック企業に入るとどうなる?

 

あまり想像したくありませんがブラック企業に入ってしまった場合どうなるのでしょうか?

多くの場合はあまりの作業量に忙殺され、上司から精神的に追い詰められてしまうことになります。

終電で帰るのが当たり前になり、転職したくても忙しいため時間が取れないということも考えられるでしょう。最終的には体を壊してしまい、やむなく退職というパターンはよく耳にします。

健全な仕事をすることが大事であるため、しっかりと事前に注意して情報をリサーチしてから入社するようにしましょう。

 

ブラック企業に入ってしまった場合の解決策

 

事前に注意をしたうえで入社をして、入ってみたらブラック企業だったということも起こり得ることでしょう。

ブラック企業に入ってしまった際は、冷静に以下の3点について何が当てはまっているか考え対策の判断をしましょう。

・求人票に記載している内容と違った
・法律違反をしている
・パワハラなど人間関係の問題

 

まず、求人票に記載してあった内容と相違点があった際には、利用したエージェントやハローワーク、求人サイトへ報告をしましょう。

求人内容との相違はない問題や、賃金の未払いなど法律違反をしているようなことがあった際は、労働基準監督署などの行政機関へ相談をしましょう。

そして、パワハラなどの人間関係に問題があった際は弁護士に相談したり、再度転職を検討することも一つの手です。

せっかく入社した会社と思わずに、自分の心身を第一に考えることで前向きな転職を実現することもできます。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

 

ブラック企業になりやすい業界

 

 

ビジネスモデルにより、ブラック企業になりやすい傾向の業界もあります。

例えば飲食や流通といった多くの労働力を必要とする業界です。

いわゆる労働集約型と呼ばれるビジネスモデルでは、労働時間が長くなりがち、競争が厳しく給与が上がりづらいという特色からブラック企業になりやすいと言われています。

 

また、華やかで一見すると人気が高く志望者が多い業界も人材の入れ替えが激しい傾向にあります。

広告、旅行、出版といった業界は、新卒に選ばれやすい事も特徴です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ブラック企業に注意し、転職を成功させよう

 

 

ブラック企業の見分け方を紹介しました。

最近ではブラック企業自身がブラック企業のイメージを持たれないようにあの手この手をしているので注意してください。必ず見極められないわけではなく、社員を使い捨てにするような会社は何かしらがゆがんでいるものです。

ちょっとした言動や会社としての動きに注意するだけで、ブラック企業に当たる可能性はグンと低くなります。今回紹介した方法を実践してぜひ自身が望む働き方を得てください。

 

転職エージェントである株式会社ギークリーは、ホワイト企業の非公開求人も多数保有しております。

働き方やキャリアにお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事