1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 縁故転職のメリットについて解説!成功のコツは?面接の内容や注意すべきポイントを転職エージェントが紹介
  • 転職活動

縁故転職のメリットについて解説!成功のコツは?面接の内容や注意すべきポイントを転職エージェントが紹介

縁故転職とは人脈や交友関係を利用した転職のことです。転職エージェントを利用した転職やリファラル採用も含まれ大手企業でも取り入れるところが増えています。転職市場のニーズ次第ではさらに多くの企業が取り入れることも考えられるため注目したい転職方法の1つです。

人,友達,一緒

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

縁故転職とは

 

縁故転職とは交友関係・つて・人脈がきっかけで採用に至る転職のことです。日本企業では元々よく用いられてきた採用形式の1つです。

 

交友関係がきっかけとなる場合

 

人,影, 夕日

 

親しい友人・知人などがきっかけになる転職で縁故転職の中で最もイメージしやすいケースです。

取引先企業やパートナー企業などとの付き合いから派生した人脈を活かせるケースもあります。

直接的に紹介を依頼するのではなく、転職の相談から紹介に至ることが多いようです。

地方の企業では今でもよく用いられている採用手法ですが、最近は首都圏の大手上場企業でも戦略的に縁故採用を導入する企業が増えています。

ただし、社員の血縁者や取引先企業からの紹介などで採用に至る場合、コネ採用と認識されやすいデメリットもあります。

 

転職エージェントがきっかけとなる場合

 

ノートパソコン,コンピューター,ブラウザ

 

実は、転職エージェントを利用した転職やヘッドハンティングも縁故転職の1つです。

転職のプロフェッショナルによるサポートならではのメリットがあります。

 

・スキルやキャリアにマッチした企業を紹介

・ホームページやパンフレットには掲載されていない企業情報を提供

・転職プランや履歴書・職務経歴書、面接対応などのブラッシュアップをサポート

・企業と求職者の間に入り待遇面の要望交渉や面接の日程調整を行う など

 

初めて転職する場合や自分では収集できない業界情報が必要な場合、転職可能性を高めたい場合に有効な方法です。

 

リファラル採用

 

手,友情,友だち

 

リファラル採用も広い意味で縁故採用に該当します。

リファラルの意味は推薦・紹介。

つまり、すでに働いている社員からの紹介・推薦で採用に至るお友だち紹介採用のことでリファラルリクルーティングとして注目されています。

アメリカ企業では雇用形態にかかわらず良く用いられる採用手法で、ビジネスパーソンの3人に1人はリファラル採用といわれています。

最近は、日本でもベンチャー企業を中心にリファラル採用を導入する企業が増えている傾向です。

応募者・紹介者にインセンティブが発生したり面接をお食事会形式にしたりするなど、採用活動に企業の独自色を出しやすいのが特徴です。

 

企業側の縁故採用メリット

 

企業側から見て縁故採用を取り入れるメリットは様々あります。

そのため、縁故採用をポジティブに捉える企業や積極的に導入する企業も多くあります。

 

採用活動のコスト適正化

 

電卓,ピンク,事務所

 

縁故採用は通常の採用活動に比べて採用までに必要な人数・工数が圧倒的に少ないことが特徴です。

そのため、採用コストを見直し適切な予算の割り振りができます。

例えば、本当に必要な求人媒体を厳選でき広告媒体に掲載するための広告費用を削減できます。

また、採用活動を担当する社員の時間的なコスト削減も間接的に人件費の適切な割り振りにつながっているといえるでしょう。

 

求めている人材像との一致率が高い

 

秘書,使用中,眼鏡

 

縁故採用の場合、企業側が求めている人材像と応募者のミスマッチが少ないのも特徴です。

企業・応募者・紹介者のつながりがあるので情報の風通しが良く企業側から求める人材像について正確に伝えやすいメリットがあります。

通常の採用活動の場合、人柄や社員との性格的な相性を数十分の面接で判断する必要があります。

対して、縁故採用の場合は紹介者を通じて応募者がどのような人材なのか事前に確認できることが魅力です。

また、企業姿勢を理解してもらいやすく機密漏洩などトラブルのリスクが少ないこともメリットといって良いでしょう。

 

安心感・信頼性

 

握手,手,契約

 

縁故採用を重視している企業の場合、優秀な社員からの紹介は特に喜ぶべきものです。

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、企業の採用活動という視点から見ると実は理にかなっている場合も多くあります。

なぜなら、優秀な人の友人は優秀であることが多いため優秀な人材をたどっていけば優秀な人材を獲得できる可能性が高いからです。

多くの場合、交友関係はお互いに良い刺激を与えあえる人や共感できる人同士で広がるものです。

つまり、優秀な人に良い刺激を与えられる人や共感できる人も当然、優秀である確率が高く企業にとっては人材の鉱脈として期待できます。

 

求職者から見たメリット

 

縁故転職によるメリットは求職者の側にも数多くあります。

つまり、企業と求職者双方にとってWin-Winの採用手法であり求職者にとっては大きなチャンスです。

 

長く続けやすい

 

冒険,高所,クライミング

 

縁故転職が成功した場合、業務のフォローや新しい職場での人脈構築サポートを紹介者に期待できます。

そのため、採用後のミスマッチリスクを気にせず新しい環境に飛び込みやすいメリットがあります。

また、推薦されている・自分が求められているという実感もモチベーションアップにつながる要素の1つです。

 

推薦・紹介の安心感

 

事務所,ミーティング,ビジネスパートナー

 

信頼している人から紹介してもらう安心感は求職者側も同様にあります。

優秀な人が勤めている会社や相性の良い友人が勤めている会社は自分とも相性が良い確率が高いからです。

 

選考過程がショートカットされる場合がある

 

ビジネス,ビジネスパーソン,成功

 

一般的に採用に至るまでは書類選考を通過した上で面接を行う流れですが、縁故転職の場合、書類選考がないこともあります。

また、企業側の温度感や本気度によってはすでに内定している状態で面接が行われることもあり採用可能性が高い転職方法といえるでしょう。

仕事内容や勤務形態など、待遇面の要望を提案しやすい点も求職者にとって安心材料です。

 

大手企業へ挑戦できる可能性がある

 

ロンドン,超高層ビル,視点

 

縁故転職はスキル・キャリア次第で経営が安定した大企業に採用される可能性もあります。

新卒の時点では狭き門だった人気企業や業界も十分なスキルやキャリアを持っていれば中途採用で転職できる可能性が期待できます。

特に転職エージェントを利用した縁故転職の場合、このメリットを享受しやすい傾向です。

 

無料転職相談に登録して信頼関係を構築できる企業に転職しよう

 

縁故転職を成功させるには

 

縁故転職を成功させるには入社後のスムーズな業務遂行まで見据えた準備が必要です。

特に、人間関係への配慮は転職エージェントや周囲の人を積極的に頼ってみてください。

 

実力をしっかりとアピールする

 

仕事,事務所,設計

 

ここで問題にするコネ入社とはスキルやキャリアが採用基準を満たしていないのにもかかわらず入社まで至っている場合のことです。

実力を認められての採用だったとしても、事情を知らない人に勘違いされてしまう可能性も否めません。

紹介・推薦を受けた上で採用基準を満たしていたことをアピールできるチャンスは全力で逃さないようにしましょう。

例えば、Webデザイナー職であれば初めて担当するデザインはしっかりアピールするチャンスです。

また、場合によっては人事担当者・上司の協力が必要になるため転職エージェントを利用しているのであれば相談してみてください。

 

採用後の社内コミュニケーションに気を配る

 

人,少女,女性

 

縁故転職後の仕事を円滑に行う方法として入社後の人間関係構築にも気を配ってみてください。

新しい形の縁故転職が増えてきてはいるものの、縁故採用=コネ入社とイメージしてしまう人もいるかもしれないからです。

誤解を生まないように社内の人間関係には特に気を配るようにしましょう。

運よく昇進の機会があった時には定量的な評価の上でのことなのかを確認しておくと社内の人間関係を円滑に保ちやすくなります。

 

紹介者に配慮

 

起業,ビジネス,人

 

縁故転職の場合、入社後の失敗が紹介者に迷惑をかけてしまう可能性があります。

特に、自らの交友関係や親類縁者などのつながりで転職した場合にその傾向があるようです。

まずは、勤務態度や挨拶などビジネスパーソンとしての基本をしっかり踏まえ初日から全力で取り組むようにしましょう。

 

面接の内容

 

チェックリスト,目標,ボックス

 

結論、縁故転職の場合でも面接の内容は通常の転職と変わりません。

そのため、面接対策は通常の転職と同様かそれ以上の分析をする必要があります。

 

・志望動機、なぜその企業を希望したのか?

・その企業で行っている事業、業務内容を知っているか?

・自分の短所と長所は?

・入社後はどのような仕事を担当したいか?

・入社後に取り組んでみたいプロジェクトは?

・現職ではどのような仕事を担当しているのか?

・現職での実績は?

・競合他社や業界全体に対する認識

・仕事に対するコンセプト

・将来を見据えたキャリアプラン

・社風、社内の雰囲気との相性

 

例えば、志望動機にフォーカスしてみると「縁故転職の声かけをいただいたから」というだけでは動機として弱く感じられます。

その企業・業界に転職したい理由をしっかり述べた上で「ちょうどありがたいお話をいただいたので」という展開に落とし込むと良いでしょう。

また、志望動機がしっかりしているのであれば紹介を受けたことをきっかけに興味を持ったため、という展開でも構いません。

 

面接で注意すべきポイント

 

コンセプト,男性,書類

 

面接と同様に、企業研究・業界研究も他企業と同程度かそれ以上の掘り下げが必要となります。

実は縁故採用の場合、内定が前提となることも多いため企業研究をあまり行わない応募者も少なくありません。

企業研究・業界研究を通常かそれ以上に対策して臨めば他の候補者に差をつけられるチャンスでもあります。

 

縁故転職をポジティブに捉えよう

 

手,指,ポジティブ

 

そもそも縁故転職で面接を受ける機会があるということはスキル・キャリア・人柄を見て採用を考えてくれる企業があるということです。

縁故転職の機会があること自体、自信を持つきっかけやポジティブなアピールポイントにできます。

また、求職者自身が縁故採用に対してネガティブに捉えてしまうと採用活動や入社後に影響してしまうので注意が必要です。

 

縁故転職の可能性

 

握手,手,ノートパソコン

 

特に新型コロナウイルスの感染拡大後、これまでのような採用活動は求職者側企業側もやりづらい状況が続いています。

各企業も優秀な人材と出会えるタイミングを逃さないように通年での応募に切り替えるケースが増えてきました。

そのため、優秀な人材と出会える確率が高い縁故採用に注目する人事担当者も少なくありません。

転職を考えている人にとってもメリットが多い転職方法であるため今後、様々な縁故転職の形が登場するでしょう。

自分にとってベストと思える企業への転職を目指すなら転職エージェントを利用した縁故転職も検討してみてください。

 

無料転職相談に登録してベストな転職先と縁を結ぼう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー