1. HOME
  2. Geekly Media
  3. マーケターの市場価値を解説!大企業が積極採用する理由は?価値の高い人材の特徴を知って転職に役立てよう
マーケティング

マーケターの市場価値を解説!大企業が積極採用する理由は?価値の高い人材の特徴を知って転職に役立てよう

製品やサービスを商品化し、利益を出すにはマーケターの存在が必要不可欠です。今回は、そのマーケターの市場価値がどのぐらいあるのか、価値の高い人材にはどのような特徴があるのか徹底解説いたします。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

マーケターとは

 

マーケティング

 

昭和32年以降日本の営業の近代化や、産業の発展に貢献している組織に「公益社団法人日本マーケティング協会」があります。

同協会はマーケティングを、企業などが国際的な視野で顧客との相互理解を得ながら公正に行う市場創造のための活動であると定義しました。

具体的にいえば、クライアントに製品やサービスを提供するための戦略や、商品を売る仕組みをつくりだす作業がマーケティングといえます。

よって、マーケターとは事業会社がつくった製品やサービスを商品化し最終的に利益を生み出す職種だといえるでしょう。

具体的には、製品についての情報をあつめてニーズを調べ、消費者の分析などを行って販売促進活動をする仕事です。

最近ではスマートフォンなどの普及などにより、ホームページやアプなどのweb上やアプリ、SNSなどに広告を載せる企業が増えています。

それらは、Web上にデジタルマーケティングと呼ばれ、それを行う人をデジタルマーケターと呼ぶようになりました。

近年、デジタルマーケターが大企業から大注目されるようになっています。

 

マーケターの市場価値

 

棒グラフ

 

マーケティングはすべての企業が行っているといっても過言ではありません。

そのため、マーケターは非常に需要があり汎用性が高い職種です。

そして、マーケターの人材は不足しており、企業も優秀なマーケターの確保に力を入れています。

また、最近ではデジタルマーケティングを促進する企業が増えていますが、それを行える人材も不足しています。

このことから、マーケターの人材確保が企業の課題となっており、今後はより一層マーケターの市場価値は高まるといえるでしょう。

転職を考えている方で、マーケティングに興味がある方には是非検討してもらいたい職種です。

 

マーケターの年収

 

お金

 

市場価値が高いとされるマーケターの年収はどのぐらいなのでしょうか。

求人をみると、350万円から1,000万円を超えるものまで、幅広い金額となっていることが分かります。

1,000万円超えの年収を提示している企業は、マーケティングのみならず企画立案・デザインなど多岐にわたる業務を任せる責任者を募集しています。

このことから、マーケティング以外のスキルも無駄にならず、現職の経験と努力次第では高収入を得ることができます。

 

マーケターが積極採用される理由

 

握手

 

これまで、マーケターが注目されており市場価値が高いと説明しましたが、なぜ企業はマーケターを欲しがっているのかをご説明します。

 

良いものをつくれば売れる時代は終わった

 

以前までは良い商品をつくれば売れるという概念がありましたが、近年の消費者動向は変化し続けており、その時代は終わってしまいました。

良い製品をつくっても、顧客の目に留まらない限り売れることは難しくなったのです。

商品を売るためには戦略的なマーケティングを行い、いかに顧客の目に留まるかが大きな焦点となっています。

そのため、企業は戦略的にマーケティングできる人材を求めるようになりました。

 

買い手の購買意欲が低下している

 

お金と電卓

 

近年、日本市場は商品などを顧客購買に繋げることが難しくなってきています。

それには理由があり、日本は社会環境が非常に整備されており、各企業が提供する車・家電・家具など長年使用するものも耐久性が優れています。

よって、買い換える必要性が少なくなり需要が伸びにくくなったことが理由の1つといえます。

また、最近はものを買う際に選択肢過多となっていることで、迷ってしまい選択することが困難となり購買意欲が下がっている場合があります。

さらに、自分にとって対価を払う価値があるもの以外には、あまりお金を使わない人が増えているという背景があります。

このことにより、適切なマーケティングを行うことが重要課題となり、企業はマーケターを欲しがっています。

 

買い手が品質・価格に厳しくなった

 

近年、メディアの発達に伴い価格やサービスの比較サイトが増えています。

それにより、買い手側がさまざまな情報をすぐに集めることができ、品質や値段の比較も容易になりました。

つまり買い手は、コストパフォーマンスの高い製品やサービスを選ぶようになり、より一層の企業努力が必要となったのです。

そんな厳しい状況を打開するために、マーケティングに力を入れて解決したいという企業が増えています。

 

無料転職相談に登録して自分に合った企業を見つけよう

 

マーケターとして価値の高い人材になるには

 

市場価値が高いマーケターですが、マーケティング力を上げてさらに価値を高める方法をご説明します。

 

トレンドをいち早く嗅ぎ付ける

 

トレンド

 

現代の社会情勢は目まぐるしく変わり、広告を載せる媒体も多種多様であったり、マーケティングの手段も多岐にわたります。

時代に乗り遅れないためにも、マーケティングに関連した情報を常にキャッチする姿勢でいることはとても大切です。

そしてトレンドをいち早く嗅ぎ付け、他のマーケターに差をつけることができればマーケターとしての価値が上がります。

そのためにも、最新のマーケティング事情の本を読んだり関連記事をチェックするなど、日ごろから知識のアップデートを心がけましょう。

 

一流マーケターのセミナーで学ぶ

 

セミナー

 

一流のマーケターなど実績のある人や企業のセミナーを受け、有効なマーケティング手法を学ぶこともスキルアップには欠かせません。

独学で勉強するよりもすぐに疑問を解決でき、実際のポイントが掴みやすくなります。

実際に成果を上げている手法を直接学ぶことは非常に効率的です。

 

未経験でもマーケターになれるのか

 

データ グラフ

 

市場価値も高く、努力次第で高収入も狙えるマーケターですが、未経験でもマーケターに転職することは可能です。

求人を確認すると未経験者歓迎の企業も見受けられますし、未経験者の場合は斬新な発想や意見が欲しいという企業もあります。

また未経験者歓迎としている企業は、入社後の教育体制が整備されているところも多くあり、未経験者でも安心です。

ただし、未経験歓迎の求人は少なく狭き門になっているのも事実で、マーケティングの知識を事前に得ることが重要です。

企業へのアピールポイントを増やすため、未経験の場合は資格などの習得をおすすめします。

 

転職に有利な資格

 

ノートとパソコン

 

マーケティング関連の資格は以外と多くあり、取得することでマーケティングの知識・やる気をアピールすることができます。

マーケターへの転職を考えている方におすすめの資格を紹介します。

 

マーケティング、ビジネス実務検定

 

この検定は国際実務マーケティング協会が主催しており、マーケティングの基本知識及び、実践で使える知識を持っているかが問われます。

業種・業界を問わず共通のマーケティングの基礎知識が得られるのが特徴です。

マーケティングの基礎知識を学ぶということは、戦略的なマーケティングを行う上で必要な知識を手に入れることになります。

この検定はA級・B級・C級の3つに分かれており、未経験者でも取り掛かりやすい検定といえるでしょう。

 

マーケティング検定

 

この検定は公益社団法人日本マーケティング協会が主催しており、内閣府が認定しているというお墨付きの検定です。

マーケティング能力を測定するための試験で、マーケティングについて幅広い知識を身につけることができます。

また、社会で活躍するマーケーターとして認定できる実力を基準にしているため、実践的な知識が得られるのが特徴です。

 

ネットマーケティング検定

 

この検定は、ビジネス検定運営の大御所ともいえるサーティファイが主催しています。

インターネットマーケティング全般の知識を有するかどうかを認定している試験です。

勉強時間の目安が15時間程度と短く設定され、SEOの知識も身に着けられますので初心者におすすめの検定といえるでしょう。

 

ウェブ解析士

 

ウェブ解析士は、ウェブ解析士協会が運営しており、ウェブの解析やウェブマーケティングの知識を証明する資格です。

実践で使えるウェブ解析の知識を習得でき、取得後もフォローアップ試験を行っています。

そのため、最新の情報を学び続けられるのがこの資格の特徴です。

 

Webアナリスト検定

 

この検定は、一般社団法人日本Web協会が主催するもので、Googleアナリティクスの知識を習得し実践的なスキルを得られます。

また、この検定の最大の特徴は5時間で講座の受講を修了としている点です。

非常に短時間ではありますが、実践で役に立つ分析の具体的な方法や手順、考え方を中心に学ぶことができます。

そのため、初心者に非常におすすめの資格です。

 

中小企業診断士

 

中小企業診断士は国家資格で、難易度が高い資格です。

ですが、マーケティング理論の裏付けを理解できるようになるとともに、企業の経営課題の解決の知識を身につけることができます。

そのため、非常に重宝される資格になりますので、マーケターとしてこの資格をうまく活用すればキャリアアップにもつながります。

 

まとめ

 

ペンとノート

 

今は良い商品をつくっても売れない時代となり、より戦略的に売れる仕組みを作り上げなければ生き残れなくなりました。

そのため、製品に関する情報を集めてニーズを分析し、戦略的に製品が売れる仕組みを作り上げるマーケターの存在は欠かせません。

トレンドや最新技術の情報をいち早く嗅ぎ付ける力、企業が抱える問題に対して打開策を提案する力が、今のマーケターには求められています。

需要があり汎用性も高く、高収入も狙えるという注目の職種にもかかわらず、努力次第では未経験者でも転職することが可能です。

未経験者の場合は、マーケティングに関するさまざまな資格がありますので、知識を養うためにうまく活用していきましょう。

マーケターは人材不足もあり、今後も転職市場での価値が高くなると予想されますので、興味のある方は是非検討していただきたい職種です。

 

無料転職相談に登録して自分に合った企業に転職しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

マーケティング

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事