カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. エンジニアとデザイナー両方のスキルを持つメリット解説!どんな領域を担当できる?転職エージェントが紹介
  • 職種・ポジション

エンジニアとデザイナー両方のスキルを持つメリット解説!どんな領域を担当できる?転職エージェントが紹介

エンジニアとデザイナーの両方のスキルを持っていると市場での価値をアップさせることができます。それぞれの仕事にどのような特徴がありどのような関わりがあるのでしょうか。この記事ではエンジニアとデザイナーの両方のスキルを保有していることによるメリットについて解説します。

パソコン画面

エンジニアとは

 

パソコンで作業する人

 

エンジニアと一言でいっても職種はさまざまです。

プログラマー、システムエンジニア、Webエンジニアなどがこれにあたります。

IT業界でも大きな役割をになっているのがエンジニアです。

エンジニア所属する企業や部署によって仕事が異なります。

また雇用形態によって年収も大きく変動するという特徴があります。

平均は年収600万円以上とされています。

フリーランスであれば安定して仕事が受注できれば年収1000万円以上も目指せます。

これがエンジニアの特徴です。

 

エンジニアの仕事内容

 

打ち合わせの様子

 

エンジニアは主にシステム開発を仕事とします。

クライアントから要望されたシステム要件を取りまとめます。

この際必要となるのはクライアントの求めるシステム要件をうまく引き出す能力です。

これらをもとに開発するシステムの基本設計を行います。

設計を行うにあたり詳細を記載した設計書を作成する必要があります。

基本設計書と詳細設計書を基準としてプログラミングを行い、仕上がったシステムのテストを行い納品します。

ここまでがエンジニアの仕事です。

設計からテストまでの範囲はプログラマーが担当することもあります。

 

エンジニアに必要なスキル

 

パソコンとペン立て

 

エンジニアにはさまざまなスキルが必要となります。

プログラマー、システムエンジニアなど職種によって異なるスキルが求められるからです。

ただ、資格よりも経験や向上心を重視する企業も多いため転職希望者にとっては比較的チャレンジしやすい分野ともいえます。

 

プログラミングスキル

 

プログラミングスキルは、プログラミングだけでなくシステム設計にも必要なスキルです。

システムエンジニアのなかにはプログラミング経験がないという人もいます。

経験がなくても基本的な知識は必要です。

プログラミング言語については2つ以上を取得しておくと転職に有利です。

 

コミュニケーション能力

 

握手する人

 

エンジニアは1人でコツコツ作業するというよりもチームでひとつの作品を作り上げていくことが多い職種です。

コミュニケーション能力が高い人ほどキャリアアップしやすいといえます。

仕様書を確認しながらシステムを構築していくには各所で確認作業を行う必要があります。

最低限のコミュニケーションを取ることができなければシステムのトラブルにつながる可能性も考えられます。

 

ITに関する基本的な知識

 

プログラミングの技術だけでなくITに関連した全般的な知識についても必要となるスキルです。

システムが動作する環境に関しての知識がなければテスト段階で正誤性について判断することが難しいケースもあるでしょう。

システム開発にはネットワークやデータベースなども関連するためITパスポートや基本情報技術者試験などを習得しておくと有利です。

 

デザイナーとは

 

パソコンで作業する人

 

Webデザイナーは、企業や個人から依頼されたWebサイトのデザインを作成します。

つまりWebサイトの見た目を整える作業を行うことになります。

エンジニアと比較すると残業は少なめです。

平均年収は企業や雇用形態によって異なりますが平均で400万円以上とされています。

 

デザイナーの仕事内容

 

パソコンとノート

 

Webデザイナーは、明確に仕事の範囲が決まっているわけではありません。

基本的にはWebコンテンツの制作になりますがデザインだけを行う人もいれば、HTML・CSSを使ったコーディングを行う人もいます。

デザインとプログラミングを同時に行う人もいます。

両方の技術を持っていれば1人でいくつもの仕事を同時にこなすことができます。

 

無料転職相談に登録してキャリアアップしよう

 

デザイナーに必要なスキル

 

付箋が貼られたパソコン

 

デザイナーは単純にデザインを行うだけでなくさまざまなスキルが求められる仕事でもあります。

デザインの知識があることは大前提です。

プラスしてIT関連、プログラミング関連のスキルがあれば転職にも有利です。

デザイナーに求められるスキルは次のとおりです。

 

デザインの知識

 

Webデザイナーに求められるのは、デザインに関する知識のなかでもカラーに関する知識です。

視覚に訴えるデザインを作成するにはカラー配置などの知識も重要となります。

またデザインには流行も関係してくるため常に最先端の情報にアンテナを張っておく必要もあります。

Webデザイン技能検定と呼ばれるWebデザイン全般の知識が身につく国家資格を保有しておくと有利です。

 

HTML・CSSのスキル

 

パソコンの画面

 

WebデザインをWeb上で表現するためにはHTMLとCSSのスキルが必要となります。

コーディングを行わないデザイナーであってもどのような表現が可能になるかを理解することは大切です。

そのため最低限のHTML・CSSのスキルは保有しておく必要があります。

 

JavaScriptのスキル

 

Webデザイナーとしての仕事の幅を広げたい場合にはJavaScriptのスキルも取得しておくとよいでしょう。

自身でプログラミングが行えれば仕事の幅はかなり広がります。

プログラミングを行わない場合でも、エンジニアとの意思疎通がスムーズに行えるという点ではとても便利です。

JavaScript以外にもphpなどの言語も把握しておくとなおよいでしょう。

 

Adobe製品の知識

 

パソコンの画面

 

Webデザイナーとして仕事をする上で必須となるのがAdobe社製品を扱うスキルです。

特にPhotoshopとillustratorの知識については必須です。

イラストロゴの作成や画像の編集を行うためにはこれらの取り扱い方法についてはしっかり理解する必要があります。

 

エンジニアとデザイナー両方のスキルを持つメリット

 

パソコンと小物

 

エンジニアとデザイナーそれぞれの特徴について解説してきました。

これらの両方を取得することのメリットについてみていきます。

エンジニアとデザイナーの両方のスキルを持つことで多くのメリットを得ることができます。

 

デザインの重要性が高くなる

 

最近ではデザイン思考という言葉が複数の業界で使われるようになってきました。

デザイン思考は、デザイナーがクリエイティブな活動を行う上での考え方そのものを指します。

さまざまな業界でデザイン思考が叫ばれるようになった背景には顧客満足度の向上があります。

ニーズの分析や動向分析だけでは顧客を満足させる製品やサービスの開発が難しくなっています。

そのようななかでデザイナー型のアプローチをしていくことで顧客の満足度をアップさせるという方法に注目が集まっています。

デザイン思考は市場にとっての正解よりも顧客の満足度を重視します。

エンジニアとしてプログラムやツールを作成する際にデザイン性にも着目できるということはとても有利です。

デザイン思考を持ったエンジニアは業界でもまだ希少な存在です。

両方のスキルを持った存在であれば転職の際にも有利な条件で求人を探すことができるでしょう。

 

コードが書けるデザイナーの希少性

 

Webクリエイターの需要が高まるなかで、人材不足も課題となっています。

Webデザイナーでもエンジニアとしてコードが書ける人材の価値が高騰しています。

たとえばプロトタイプ開発では、開発工程の途中で実装された機能を部分的に備えたプロトタイプを作成します。

そうすることで問題点やクライアントの要望を製品に反映させることができます。

この方法では、デザイナー自身がコードを書くことで作成が容易になると同時に開発速度をあげることができるメリットがあります。

開発速度をあげることができれば開発期間の短縮になります。

デザイナーがコードを書くことができればエンジニアに発注する必要がなくなります。

つまり結果的に開発コストを下げることができるようになるのです。

さらにはエンジニアの負担を減らせるという点もメリットといえるでしょう。

 

スキルを増やす重要性

 

専門性の強い業界では専門職の需要もありますが、最近で多くのスキルを持つマルチエンジニアの需要も高まっています。

複数のスキルを持っていることは自分の市場価値を高めることにつながります。

エンジニアとデザイナーの両方のスキルを持っているということは2つの分野からのオファーを受けることができるということです。

あたひとつの仕事を分業することが多いクリエィティブ業界において1人で複数の作業がこなせる人材は貴重です。

片方の作業しかできない人よりも両方できたほうが作業効率は格段に上がります。

さらに人件費の削減や開発期間の短縮にもつながります。

このようにマルチにスキルを保有しておくことで仕事の幅を広げることも可能です。

開発工程において全体を見ることができるという点でリーダーポジションへの昇格も期待できるでしょう。

市場でも需要が高まっているマルチエンジニアを目指して転職してみるのもキャリアアップへの近道といえるでしょう。

 

エンジニアとデザイナのスキルで市場価値をあげよう

 

メモを取る人

 

エンジニアとデザイナーの両方のスキルを持つことは転職活動においても非常に有利です。

マルチに活躍できる人材として市場での価値も高まるため報酬条件のよい求人に応募することも可能です。

現場で実績を積んでいくことでいずれはチームリーダーのポジションにキャリアアップすることも期待できます。

時代の変改にあわせて必要とされるスキルも変化します。

ひとつでも多くのスキルを身につけておくことがクリエイティブ業界でキャリアアップを目指すために大切なポイントとなります。

もちろん働きながらスキルを身につけることも可能です。

働きながら複数のスキルを身につけることでキャリアアップしている人もたくさんいます。

未経験者も同業からの転職も転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは企業と直接取引をしているため、それぞれの現状にあった求人を丁寧に提案してくれます。

市場の動向や求められている人材についてもしっかりと情報を把握している点でも転職をスムーズに進めることができるでしょう。

転職エージェントを利用することで自分の市場価値を客観的に把握し、希望の企業にチャレンジすることができます。

 

無料転職相談に登録してスムーズに転職しよう

Geekly Media
ライター

パソコン画面

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook