カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. エンジニアの睡眠トラブルの改善法を解説!睡眠不足解消のカギとは?心身ともに万全な状態で転職成功へ!
  • 職種・ポジション

エンジニアの睡眠トラブルの改善法を解説!睡眠不足解消のカギとは?心身ともに万全な状態で転職成功へ!

転職によるキャリアアップを目指すエンジニアにとって睡眠トラブルは大敵です。また、転職の面接の際に面接官の好印象を得るためにも見た目の印象力のアップは欠かせません。そこで今回はエンジニアの睡眠トラブルの改善法を解説します。

エンジニア

エンジニアの転職における心身の健康維持の重要性

 

健康茶

 

現職を通じて確実にスキルアップし心身の健康を維持することは何よりも大切です。

そのためには何よりも日頃の生活リズムを整えることが基本にあり、その鍵を握るのが正しい睡眠でしょう。

しかし、エンジニアは身心ともに万全な状態で仕事をするのが難しい仕事でもあります。

どんな仕事においても体は資本なので、睡眠のトラブルは是非ともここで解消しておきましょう。

 

エンジニアにとって必要な仕事力とは何か?

 

睡眠トラブルを探る前に、そもそもエンジニアにはどのような仕事力が必要なのでしょうか?

そしてその仕事力と睡眠トラブルとがどう関連するのかを見ていきます。

 

エンジニアに必要な3要素

 

エンジニア

 

エンジニアの仕事で大事な3つの要素は以下の通りです。

 

・高い作業力:効率面を含む質・量ともに高いレベルの作業を遂行出来る能力

・現場での高度な学習能力:新たに求められる技術や課題に迅速かつ的確に応えていけるだけの記憶力を含めた学習能力

・コミュニケーション能力:上司や同僚などの仕事仲間はもちろん特にクライアントと良い関係を築くためのコミュニケーション能力

 

睡眠不足はエンジニアのパフォーマンスを低下させる

 

睡眠

 

これらのエンジニアの仕事力を向上させるには特に常日頃からの睡眠の質を良く保つことが必要です。

睡眠の質如何によって働く人の心や体の状態が左右されます。

睡眠不足は短期ならともかく長期で見ると思っている以上のマイナスの影響を与えます。

特にエンジニアなどのミスの許されない緻密な作業と高度なクリエイティビティが要求される職種は尚更のことです。

 

無料転職相談に登録してIT業界に転職しよう

 

そもそも睡眠はなぜ大切か?

 

私達の活動で睡眠が重要であることの理由については以下の3つが挙げられます。

 

脳の疲労回復

 

脳

 

脳は昼間の活動によってストレスが蓄積されるので、睡眠だけが脳の蓄積疲労を回復することができます。

日頃の睡眠不足によって身体の健康はもちろん気づかない内にうつ病などの心の病気も引き起こすのです。

思っている以上に人間は普段脳に負担をかけていることを肝に命じておかないといけません。

 

睡眠中にも脳は活発に働いている

 

活性化した脳

 

睡眠中でも脳は決してその動きを止めているわけではなく、睡眠中にも実は働かせているのです。

脳は寝ている間にこそ昼間の活動を通じて学習したことの整理・定着を行っています。

正に質の高い睡眠は脳の力を向上させ活性化させることが出来るカギを握っているのです。

 

睡眠こそが健康を維持・向上には不可欠

 

健康維持

 

睡眠中に私達の健康維持にとって必要なホルモンが分泌されます。

昼間の活動によって壊れた細胞を修復したり、心のバランスを保つための物質が生成されているのです。

特にエンジニアは常に強いストレスに晒される仕事なので、脳内での昼間のストレスの解消は睡眠によって行われています。

 

恐ろしい睡眠負債

 

睡眠不足を続けているとその内「睡眠負債」という恐ろしい病に見舞われます。

ここではその睡眠負債について解説していきましょう。

 

睡眠負債とは何か?

 

負債

 

「日頃の睡眠不足は休みの日に寝溜めすることで解消される」と世間一般にいわれていますが、これは大きな間違いです。

日頃の睡眠不足の蓄積は脳と身体に回復不能のダメージを与えるのであり、それを「睡眠負債」といいます。

気づかないうちに睡眠負債が蓄積すると、速やかな生活改善を図っても心身に受けた深刻なダメージは解消しません。

この睡眠負債によってエンジニアが被る業務上の効率・質の低下とはいかなるものでしょうか。

 

睡眠負債は飲酒運転以上のリスクがある

 

飲酒運転

 

睡眠負債を抱えたまま業務を行うことは飲酒運転と同等か、あるいはそれ以上のリスクがあります。

睡眠負債があると昼間の活動においても全ての機能が正常に働いていないという研究結果があります。

特にそれが顕著に現れるのは「マイクロスリープ(瞬間的居眠り)」といわれる現象です。

表面上起きているように見えても、実は1秒から10秒程度の眠りを引き起こし、それが活動中頻繁に現れます。

ソフトウェア開発・工程管理・オペレータなどを始めとするエンジニア業務は瞬間の少しのミスも許されません。

このような「睡眠負債」により引き起こされる業務上のミスはそのキャリアにとって致命傷にもなりかねないのです。

それ故に無理は絶対の禁物であり、時には重大な人身事故にも繋がります。

 

規則正しい生活で睡眠の質の向上を

 

睡眠

 

残業やストレスの多いエンジニアは生活が不規則になりがちです。

しかし時間に不規則な生活は慢性的な睡眠不足を引き起こしかねず、結果的に仕事の質を落としてしまいます。

また、マイナス2時間の睡眠時間を2週間続けることは2晩徹夜するも同然です。

やはり規則正しい生活に努めることが結果的にエンジニアの生産性の向上につながります。

心身の健康を長期にわたり維持するのみならず、大きなプロジェクトの成功のための必須の条件です。

また、いうまでもなくエンジニアの長期的なキャリアアップのために必要不可欠でもあります。

 

何故エンジニアは睡眠不足になりがちなのか?

 

エンジニアリング

 

エンジニアは納期の厳しい仕事や急な会議、時には営業接待なども日常茶飯事の業務です。

連日残業しなければならないこともしばしばあり、どうしても生活習慣が不規則になります。

またパソコンやスマートフォンのブルーライトは目の健康を害し、その結果睡眠障害に陥ってしまいがちです。

その為にも規則正しい生活リズムを意識することは体内時計を正常に保つためには欠かせません。

 

忙しいエンジニアのための睡眠トラブルの具体的な改善法

 

エンジニアは職業柄どうしても睡眠トラブルを避けられない仕事です。

しかし、原因が分かっていれば改善を行うことは出来ます。

ここでは睡眠トラブルをエンジニアの人たちが回避できる具体的な方法を解説しましょう。

 

睡眠障害となるものをなるべく避ける

 

避ける

 

仕事熱心なエンジニアは帰宅した後も就寝前に気になる仕事を行いがちです。

しかし、パソコンから出ているブルーライトは眠りのスイッチを妨げる要因となります。

眠りを促進するホルモンとしてメラトニンがよく知られており、朝の光で吸収できます。

そして、メラトニンは夜になると分泌が促進されるという性質があります。

とはいえブルーライトが悪いわけではなく、人間の覚醒度と作業の生産性を向上させる力があるのです。

要は使い分けであり、寝る前にはパソコンやスマホなどの作業は避けるようにしましょう。

特に就寝前に真っ暗な部屋で長時間見る行為は興奮を高めてしまい睡眠障害を引き起こす原因となります。

 

仕事の合間のストレッチ

 

ストレッチ

 

ソフトウエア開発者やウェブ開発者などのエンジニアは長時間同じ姿勢で行うデスクワークによる不調に悩まされます。

また昼間のパソコン作業を原因とする肩こりや目の疲れは寝つきの悪さを起因とする睡眠障害の原因ともなるのです。

そのような方にオススメなのが仕事の合間にデスクで行う簡単なストレッチであり、是非実践してみてください。

首を回したり肩を上下させたりすることは職場環境に合わせて簡単に出来ます。

ストレッチは全身の血行を改善し交感神経を活発化させ、気分を爽快にさせる効果があるのです。

また仕事中に作業効率の低下を感じた時は、デスクでの1分間の仮眠をおすすめします。

体をリラックスさせることで作業の質と効率性の向上に繋がっていくでしょう。

 

ストレスからくる睡眠不足の解消法

 

睡眠

 

早番・遅番を交互にこなすシステム管理者やオペレーター系のエンジニアは生活リズムが乱れがちです。

仕事のプレッシャーが強く辛い場合などは睡眠導入剤などを処方してもらっているケースもあります。

このような場合の対処法を解説していきましょう。

 

身近な所から改善する

 

まず手始めに身近に出来ることから取り組んでいきましょう。

例えば月1回でもいいので生活リズムを整える為に早寝早起きする日を決めて取り組むことをおすすめします。

また、寝るまえにリラックス出来る習慣を作ることや就寝前のハーブティーなどもおすすめです。

ハーブの香りがリラックス効果を高めスムーズな睡眠に導いてくれるでしょう。

いきなり生活習慣を変えるのは無理でも、身近な所からであれば少しずつ変えることができます。

 

生活リズムを一定させ、休日には体を動かす

 

運動

 

身近な所からの改善が少しずつ出来てきたら、今度はその規則正しい生活リズムを一定させていきましょう。

平日と休日の不規則な就寝や起床時間を改めていつも決まった時間に就寝・起床することが大切です。

その時最低5〜6時間はしっかり睡眠を取るようにすると、脳も体も休めることが出来ます。

また休日も昼寝はせいぜい30分程度に抑え、朝起きたら日の光を浴びてメラトニンを体に吸収してください。

スポーツや買物など外で活動するというのも有効な手段なので、体にいい刺激を与えることが大切です。

そうした生活リズムの定着と休日の過ごし方の工夫によって、寝つきも良くなり質の高い睡眠を確保できます。

 

リラックスする時間と趣味をしっかり作る

 

リラックス

 

エンジニアは常に臨戦態勢で気分が仕事モードという人が多く、このような方は自律神経が乱れがちです。

心地よい睡眠に入るためには交感神経から副交感神経優位の状態になることが必要でしょう。

寝る前の僅かな時間でも良いので、リラックスした時間と趣味をしっかり作ってください。

好きなことをするのも良いし、39度のぬるめのお風呂に10分から20分程度ゆっくりとつかるのもおすすめです。

オンオフのスイッチの切り替えをしっかり行いけじめをつけることも立派な自己管理能力となります。

常に働き続けるのではなく、働く時と休む時の区別がしっかりつけられてこそ生産性のある仕事が可能です。

 

印象力を高めること

 

見た目

 

技術の進歩の速度は日々加速しており、エンジニアは絶え間無いスキルアップが要求されます。

しかし、そうした仕事で求められるものの為に自分が身を壊すことがあっては本末転倒です。

そうならない為にも何よりも心身の健康維持が重要であり、その基本となるものに正しい睡眠があります。

また、エンジニアの仕事は技術ばかりではなく、チームワークやクライアントとのコミュニケーション能力も必要です。

他者に与える印象力の高さも求められますので、尚更のこと規則正しい睡眠を心がける必要があります。

転職の際面接官は印象力の高さもしっかりと審査していますので、どう見られても恥ずかしくない自分を心がけてください。

やはり、印象力を高める基本となるのが日々の正しい睡眠にあることがご理解いただけたことと思います。

 

まとめ

 

プログラム

 

いかがでしたでしょうか?

今回はエンジニアにおける睡眠トラブルについてその対処法や改善策と共にお伝えしました。

生活リズムが不規則になりがちな現代社会において、エンジニア職はそのリスクに晒されやすい仕事だといえます。

だからこそ睡眠不足をはじめ徹底した健康管理こそが大切であり、それが生産性の高い仕事につながるのです。

転職に際しても常に心身共に万全な状態で臨むことを忘れないようにしましょう。

 

無料転職相談に登録して理想のキャリアを実現しよう

Geekly Media
ライター

エンジニア

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。