1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 若手エンジニアのキャリアチェンジとは?コツや求められるスキルをエージェントが解説

若手エンジニアのキャリアチェンジとは?コツや求められるスキルをエージェントが解説

「エンジニアから転職したい」エンジニアには35歳定年説もありますが、自分がその年齢になったとき後悔しない選択ができているか悩んで転職を選ぶ方も少なくないようです。今回はエンジニアからキャリアチェンジする方法やコツを解説します。

エンジニアの35歳定年説は本当?

 

 

他の業界ではようやく中堅と呼ばれるような年齢なのに、もう定年を意識するエンジニアという職種の特殊さが垣間見えます。

 

体力の衰え

 

エンジニアは常に納期を意識しています。プロジェクトの進行状況によっては残業続きということもあります。

またエンジニアはシステムを設計しコードを書く、というような集中力が必要です。

残業続きで身体が壊れないのも、集中力を維持するのも、体力が必要です。

 

常に学び続けるプレッシャー

 

IT技術の進化のスピードや労働環境、常に新しいスキルが求められる業界です。

求められるものがどんどん変化していく中、新しい時代にも自分はこの業界についていけているのだろうか。

成果主義が浸透しているエンジニアとして働けば働くほど、そんな不安が募るのでしょう。

 

管理職へのキャリアチェンジ

 

経験を重ねると管理職へのステップアップが始まります。

エンジニアも例外でなくプロジェクトマネージャーなど統括の仕事へ移行していきます。

そのためエンジニアとして現場に参加することは少なくなっていくのです。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

35歳定年説から、スペシャリストへ

 

 

急速に変化し今や必要不可欠なIT業界は、現在常に人手不足です。

即戦力としてのスペシャリストには高い報酬を払ってでも来て欲しい、そんなニーズも高まっています。

35歳前後で現場を離れるか、またスペシャリストとして働き続けることができるか。

5年後10年後に満足のいく結果を得られるよう、キャリアチェンジのタイミングが勝敗を分けることになるのです。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

若手エンジニアの転職事情

 

 

他の職種と比べると、比較的若手の転職が多いといわれるエンジニアですが、2年目から3年目の若手の転職も多い傾向にあります。

 

スペシャリストへの道

 

長く業界で働くために、多くの若者はスペシャリストを希望しているようです。

それは「手に職」という意識が強く、終身雇用制度が崩壊した昨今、同じ会社にずっと勤め続けるという考え方がないためでもあります。

 

若いうちに経験を積みたい

 

エンジニアは生涯学び続ける職種であり、経験も大切です。

自分の技術が磨ける、成長できる環境があれば転職にさほど躊躇いはないのです。

例えば安定している大手の会社に入っても、希望の部署に配属されず管理側になり、スキルが向上しないというケースもあります。

社内で部署の移動を希望するより、転職した方が早い、そう考えて移動する若手も多いようです。

社内での移動は、経験を重ねてしまうと、せっかく育てた人材を移動させるのを惜しまれて希望が通り難くなるためです。

 

とにかくスキルアップしたい

 

管理職を目指す場合でも、まずは技術を磨きエンジニアとして経験を積んでおく必要があります。

エンジニアの管理職に求められるのは、一定の技術もありマネジメント力もある万能型である場合が多いためです。

 

【合わせて読みたい】異業種からIT業界にキャリアチェンジした成功例はこちらから⇓

 

若手であるうちにキャリアチェンジ

 

社内での部署移動を願うより、転職のほうが良いと考える傾向にあります。

若手のうち、すなわち第二新卒や20代の転職のほうが未経験の業種にチェンジしやすいのです。

雇う方としては中途採用であっても、若手は長期的な育成を行うつもりで採用する場合が多いためスキルはさほど重視されないためです。

大きくキャリアチェンジを考えている人ほど、できるだけ早いうちにチャレンジするのが良いでしょう。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

キャリアチェンジを成功させるコツ

 

 

せっかくキャリアチェンジをするのですから満足のいく結果を得たいものです。成功させるためのコツをいくつかご紹介します。

 

キャリアパス診断を使ってキャリアの可能性を見てみる

 

 

自分が将来どうなりたいのか定まっていない、キャリアプランはあるが転職するべきか迷うなど、キャリアプランやキャリアパスの悩みは尽きないですよね。

ギークリーの「ChatGPT キャリアパス診断」は、簡単な情報を入力するだけで、現在の職種からどのようなキャリアを目指せるのか診断することができます。

診断後は、将来のキャリアやビジョンがイメージしやすくなるので、自分に合うキャリアや働き方を見つけることもできます。自分のキャリアについてお悩みの方は、是非お気軽にご利用ください。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

希望のキャリアに転職!診断利用から約1か月で転職成功した方の例

 

希望のキャリアに転職成功したAさんの例
  • ご年齢:30代前半
  • ご経歴:ネットワークエンジニア⇒システムエンジニア
  • 転職期間:1ヶ月ほどで転職成功

 

Aさんは元々介護業界に従事していましたが、IT化の遅れを実感しIT業界へ転職しました。

システム開発を希望して前職である企業に入社したものの、インフラ寄りの保守運用しか実施できず転職を希望されました。

 

入社後に思い描いていた業務とのギャップを感じてしまったAさんですが、キャリアパス診断によって自分が目指したいキャリアを確信し、診断から1ヶ月ほどでシステム開発エンジニアへ転職、年収は約60万円アップすることに成功しました。

 

【あわせて読みたい】転職でキャリアアップに成功した事例はこちら⇓

 

「ChatGPT キャリアパス診断」ご利用の流れ

 

「ChatGPT キャリアパス診断」は4つのステップで完結!

 

STEP1:以下のボタンからキャリアパス診断のページへ

 

STEP2:キャリアパス診断のページから氏名と連絡先を入力してスタート

 

STEP3:診断結果画面にてあなたのキャリアパスを確認

 

STEP4:キャリアアドバイザーがより詳細な疑問やお悩みを解決!

 

診断後にさらに具体的な悩みが出てきた場合は、市場動向や技術トレンドを網羅したIT専門のキャリアアドバイザーがあなたに合ったアドバイスをいたします。

たった3分ほどで診断できるので、ぜひ一度ご自身のキャリアパスを診断してみてください。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

未経験の仕事へチェンジする場合

 

年収などの目先の条件で転職先を決めてしまい、失敗するケースもあります。

提示された条件だけでなく評価制度などをしっかり確認しましょう。

また、入社前の仕事内容の確認が不十分で、想定とちがう職種を任されてしまうことも。

将来にまったく繋がらない業務や、今まで経験してきてキャリアアップにならない仕事を任されてしまうこともあります。

とにかく面接で、事前の研修でしっかり自分の意思を伝え、業務に関することは妥協しないようしましょう。

 

自分の目標に沿った技術を学ぶ

 

自分がやりたいことを学ぶという理由は間違っていません。しかしキャリアチェンジに不必要のものならそれは趣味にしておくべきです。

自分がやりたいことを使って仕事ができれば最高です。仕事も長く続けることができるでしょう。

しかしせっかく勉強しても、使われなければ無駄になってしまいます。

学ぶスキルもキャリアチェンジする先にむかって必要なものを選びましょう。

 

キャリアプランを立てる

 

どんな職種でもそうですが、長く活躍していくためにはプランが重要な役割を担います。

5年後10年後に後悔しないためにも、キャリアプランはしっかり考えておくことがおすすめです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

キャリアプランとは

 

 

成功するためのキャリアプランはどう立てるか。まずは自分がどうしたいかを明確にする必要があります。

しかし、しかしこのキャリアプランは絶対ではありません。目標の変化、生活環境・状況によって変化するのが常です。

何をもって成功とするか、それが経験によって変わってくるためです。

 

キャリアの流れ

 

多くのエンジニアはスペシャリストを希望します。その方が習得すべきスキルが明確で、多くの技術を得ることができるからです。

まずはキャリアをアップする流れをつかみましょう。若手のエンジニアは、下流工程で経験を積んでから上流工程に移ることが一般的です。

 

・プログラマーからスキルを学びシステムエンジニアへ(下流工程)

・システムエンジニアから経験を経てプロジェクトリーダーへ(上流工程)

・プロジェクトマネージャーからCTO(最高技術責任者)へ

 

また、インフラ系やネットワークエンジニアの場合だと、より特化した技術スペシャリストを目指す傾向が強いです。

 

・クライアントの要望に合わせて「提案・設計」する

・設計書に沿って、実際に「保守・構築」していく

・構築したインフラが正常に稼働するよう「運用・監視」します。

 

この場合は設計と構築が上流工程、運用と監視が下流工程になります。

 

自分の現在を知る

 

キャリアプランを立てる上で大切なのは、自分の立ち位置を知ることです。

入社してからどんなスキルを得たか。

入社してから望む仕事ができていなくて、開発の経験が全然得られていないというような場合は即行動しましょう。

しかしすぐ辞めるのは軽率です。

現在の業務を通じて主体的に自分のキャリアプランに向けた専門的なスキルを身につけることです。

またはプログラミングの学校などがありますので、通って資格と知識を身につけることも検討してください。

少しでも望む方向へチャレンジできるよう、上司に希望を出すなど動いてみましょう。

もしプログラミングや設計が未経験であっても、どんな努力をしたのかアピールできれば、キャリアチェンジへの道が拓けるでしょう。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

 

キャリアプランに沿ったスキルや経験を求める

 

 

例えば、事務系エンジニアから、ソーシャルゲームのプログラマに転職するとなると求められるスキルが大きく違います。

チェンジする先の技術をとにかく学び、自身のスキルとして経験を吸収しましょう。

 

システムエンジニア(SE)へキャリアチェンジ

 

あらゆる業務に精通しシステム開発において重要な役割を担うため、高い技術力が求められます。

しかしそれだけではなく設計からマネジメント、コミュニケーション能力まで多用な能力が求められます。

 

 

プログラマーへキャリアチェンジ

 

SEが設計したプログラムにプログラム言語を用いてシステムやソフトウェアを作成します。

プログラミング言語に対する知識が最も求められます。また、プログラミングを行うにあたり論理的思考力も必要です。

 

 

プロジェクトマネージャーへキャリアチェンジ

 

システム開発の全体管理をします。プロジェクトの企画・工数・人員や予算などを必要分確保し、納期まで滞りなく進める役職です。

システムエンジニアからキャリアアップした人が担うことが多いです。

リーダーシップ、マネジメント、コミュニケーションなど幅広いスキルが求められます。

 

 

Webエンジニアへキャリアチェンジ

 

Webサービスを中心に開発します。Webサイト、Webアプリの設計・開発、運用保守などを行います。

ショッピングサイトから企業コーポレートサイト、Webアプリケーション開発など、Webに関するあらゆることに対応できるスキルが必要です。

 

 

インフラエンジニアへキャリアチェンジ

 

ITインフラの設計構築や、保守運用などを行います。

ITインフラはITシステムの土台であり、これが整っていないとメールもブラウザも使用できない重要な役割です。

ネットワークやサーバーなどへの深い理解と、幅広い知識が必要です。

現状からさらに顧客のニーズを的確に反映し、更新し保守することを求められます。

 

 

社内システムエンジニアへキャリアチェンジ

 

自社システムの開発や運用保守、IT資産の管理など会社によって業務は様々です。

社内SEにはシステム全般、開発やネットワーク関連の知識、技術の全てが必要でさらに経営的視点も求められます。

自社でのシステムなので、システムに関する予算や人員などの見立ても要求される為です。

 

 

その他の職種

 

他にもネットワークエンジニア、セールスエンジニア、フィールドエンジニアなど多岐に渡ってエンジニアの仕事はあります。

どのようにキャリアチェンジをするにしても、進む先で求められるスキルを見極めて学んでいくのが大切です。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

キャリアチェンジの手段

 

 

引き抜いてもらう

 

これまでの仕事関係や、先に転職していった先輩などから転職先を紹介してもらう手段です。

派遣先に実力を買われて、そのままそこでというパターンも見受けられます。

あまり露骨に誘うのは体裁がよくないので、目立たないように引き抜いていったというケースは多いようです。

「必要とされた」という気持ちが転職者の気持ちを奮い立たせる面もあるようです。

 

フリーランスという選択

 

技術に特化し、現場主義を貫きたい場合は特に、フリーランスという考え方もあります。

個人事業主なので、自分で仕事を取れなければなりません。

定期的な仕事があるのなら問題ありませんが、やりたい仕事があるのなら自分を売り込む営業力が必要になります。

逆にいえば、自分の好きな仕事に対して貪欲に動くことができます。

日進月歩のエンジニアの技術ですが、好きな業種であれば学びも楽しいでしょう。

また、勤務形態を選ぶことができる場合もあります。職種にもよりますが、業務委託契約の形なので在宅勤務なども可能です。

個人情報や社外秘の情報を扱うようなシステムでは難しいかもしれません。

しかし昨今の新型コロナウィルスの影響などで、リモートワークは増えており、今後ますます増えていくでしょう。

 

IT業界に特化した転職エージェントに相談する

 

 

「未経験だけどIT業界に転職して年収を上げたい!」
「もっとモダンな環境で働きたい!」

 

大切なキャリアのご相談はぜひ「職種に理解のあるキャリアアドバイザー」にお任せください。
Geeklyでは職種専門のキャリアアドバイザーがどんなお悩みにも個別で対応し、あなたに合ったキャリアをご提案いたします。

 

Geeklyを利用して転職成功された方の事例

 

第一志望の企業に転職成功したSさんの例
  • ご年齢:30代前半
  • ご経歴:システムエンジニア⇒バックエンドエンジニア
  • 転職期間:サービス登録から約2ヶ月でご転職

 

Sさんは”ものづくり”にご興味があり、業務改善Webアプリケーションの開発を手がける企業で、システムエンジニアとしてキャリアをスタートされました。

 

転職を考えたきっかけは、当時関わっていたサービスやプロダクトに共感できなくなっていった点、使用していた言語やフレームワークなどが古く、新しいものへのキャッチアップも困難だったという点でした。

 

SさんはGeeklyに登録してから約2か月で第一志望の企業から内定を獲得し、迷うことなく入社を決断しました。
また複数社から内定をいただいたのですが、現職の条件や環境が自分と一番合っていたので納得感があったそうです。

 

【あわせて読みたい】第一志望への転職に成功した事例はこちら⇓

 

Geeklyのサービスご利用の流れ

 

STEP1:以下のボタンから転職支援サービスにご登録

 

STEP2:キャリアアドバイザーとのカウンセリング

 

STEP3:求人のご紹介

 

STEP4:書類選考/面接

 

STEP5:入社/入社後フォロー

 

IT特化の転職エージェントのGeeklyなら、専門職種ならではのお悩みも解決できる専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングから入社後まで全面サポートいたします!

 

サポートは全て無料でご利用いただけます。

転職に関して少しでも悩んでいる方は、以下のボタンからぜひお気軽にご相談ください。

 

転職活動の悩みを相談してみる

 

 

キャリアチェンジに悩んだら転職のプロに相談!

 

 

1人でキャリアプランを考えるとなると、キャリアの棚卸から、今後携わりたい仕事など整理することが多くて大変ですよね。

そのようなときは、是非IT転職のプロを頼ってください。

第三者と話すと考えが整理され、目指したいキャリアや携わりたい仕事が明確になることもあります。

1人で考えているけど答えが見つからない、長い期間悩んでいる、転職したいけどどのようなキャリアを目指せるのかプロから意見を聞きたいという方は是非お気軽にご相談ください。

 

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事