1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 組み込みエンジニアから転職しやすい職種とは│キャリアパス事例も紹介

組み込みエンジニアから転職しやすい職種とは│キャリアパス事例も紹介

AI・IoT分野の発展により、近年は組み込みエンジニアの需要が高まっています。そこで今回は、組み込みエンジニアになるためで得られるスキルやキャリアパスについて、IT専門の転職エージェントが紹介します!組み込みエンジニアになることに興味のある方は、役立つ資格を参考にしてください。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

組み込みエンジニアとは

 

white board, startup, start-up

 

組み込みエンジニアとは、さまざまな機器を動かすために必要な、組み込み・制御システムを開発するエンジニアのこと。

私たちの身の回りにある家電製品や情報機器などは、組み込みエンジニアが開発したシステムのおかげで動作しているのです。

ここでは、組み込みエンジニアの将来性や仕事内容について解説します。

 

組み込みエンジニアの仕事内容

 

組み込みエンジニアの仕事内容は、以下の通りです。

・基本設計、詳細設計
・開発、実装
・テスト

上記の仕事内容を見ると、一般的なシステム開発と大きな違いはありません。

しかし組み込みシステムは、Webサービスのようにリリース後の修正ができないため、不具合が発生しないようなシステムを開発しなければならないのです。

また組み込みエンジニアには以下3つの種類があり、それぞれによって、扱う機器の分野が異なります。

・小型機器型組み込み系(スマートフォンや小型家電製品などを扱う)
・通信型組み込み系(ネットワーク系のシステムや機器を扱う)
・プラント型組み込み系(産業機器や産業ロボットを扱う)

 

組み込みエンジニアの将来性

 

「組み込みエンジニアになりたい」と思っていても、将来性について気になる方も多いでしょう。

組み込みエンジニアは、今後も将来性があると言えます。

その理由は、IoTやAI技術を活用した製品の発展により、組み込みエンジニアの需要が増加しているからです。

たとえば自動運転技術を搭載した車や、外出先から操作できる家電製品を製造するためには、組み込みエンジニアの存在が欠かせません。

今後もIoTやAI技術を活用した製品の増加が予想されるため、組み込みエンジニアの需要も増加していくでしょう。

 

 

組み込みエンジニアで得られるスキル

 

training, businesswoman, suit

 

組み込みエンジニアとして働くことで、以下のようなスキルが得られます。

・プログラミングスキル
・組み込みOSのスキル

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

プログラミングスキル

 

組み込みシステムを開発する際は、C言語やC++、Javaやアセンブリなどの言語を使用します

そのため、組み込みシステムを開発するなかで、プログラミング言語の知識が身につくのです。

JavaやC言語は習得難易度が高いものの汎用性も高いため、身につけることでエンジニアとしてのキャリアの幅が広がるでしょう。

 

組み込みOSのスキル

 

組み込みシステムの開発では、プログラミング言語以外にも組み込みOSを使用します。

組み込みOSとは、さまざまな機器(家電製品や情報機器など)に組み込みこまれているシステムを、制御するために必要なOSのこと。

複雑な処理や動作を実現するためには、組み込みOSの存在が不可欠です。

組み込みシステムの開発でよく使われるOSとして、「TRON(トロン)」や「Linux(リナックス)」が挙げられます。

よって、組み込みエンジニアの仕事をこなすことで、上記のような組み込みOSのスキルが身につくでしょう。

 

 

組み込みエンジニアのキャリアパス4例

 

running man, glass floor, reflection

 

一般的な組み込みエンジニアのキャリアパスとして、以下が4つが挙げられます。

・テストエンジニア
・プログラマ
・システムエンジニア(SE)
・プロジェクトマネージャー(PM)

未経験から組み込みエンジニアとして働く場合は、テストエンジニアからキャリアをスタートするケースが多いです。

テストエンジニアとして経験を積み、組み込みシステムの開発を行うプログラマや、設計を行うシステムエンジニアにキャリアアップしていきます。

上記のキャリアパスは、あくまで一般的な例です。

場合によっては別の職種に転職する方も多いため、つぎは組み込みエンジニアから転職しやすい職種について見ていきましょう。

 

キャリアパス診断を使ってキャリアの可能性を見ることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけでChatGPTがキャリアについて診断するコンテンツを展開しております。

将来描ける可能性のあるキャリアについて、職種・年収・要求されるスキルの項目から知ることが出来る、完全無料で利用可能な診断コンテンツです。

診断結果の閲覧に加え、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、キャリアについてお悩みをお持ちの方はぜひ活用してみてください。以下のボタンより診断が行えます。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

組み込みエンジニアから転職しやすい職種

 

entrepreneur, startup, start-up

 

組み込みエンジニアとして経験を積むと、どのような職種に転職できるのか。

ここでは組み込みエンジニアから転職しやすい職種を、2つ紹介します。

 

IoTエンジニア

 

組み込みエンジニアから転職しやすい職種として、IoTエンジニアが挙げられます。

IoTエンジニアとは、さまざまな機器同士をインターネットで繋ぐ「IoTシステム」を開発するエンジニアです。

IoTエンジニアはシステムの開発以外にも、システムの組み込みやネットワーク構築、セキュリティ対策などの業務を行います。

組み込み業務を行うため、組み込みエンジニアの仕事で身についた、C言語や組み込みOSの知識が活かせるのです。

 

Web系エンジニア

 

Web系エンジニアは、組み込みエンジニアと比べて仕事内容や重要視する点などは違うものの、全くのIT未経験者よりは転職しやすいです。

なぜなら、Web開発においてもJavaを使う機会が多いからです。

組み込みエンジニアとしてJavaのスキルを身につけておけば、Web系エンジニアに転職する際のアピールになります。

Web系エンジニアはJava以外にも、HTML/CSS、PHPなどの言語を頻繁に使うため、それらのスキルも勉強しておくと良いでしょう。

 

ソフトウエアエンジニア

 

ITシステムやスマートフォン、タブレット、PCのソフトウェアの設計・開発を担う仕事です。

組み込みエンジニアの仕事で培ったプログラミングスキルが活かせます。

要件定義や設計といった上流工程から運用・保守まで幅広く担当するため、幅広い知識や技術への深い理解が求められます。

 

AIエンジニア

 

AI(人工知能)を活用したシステムの設計・開発を手がける技術者です。

機械学習やディープラーニング、データ分析といった知識はもちろん、数学的知見や論理的な思考も求められます。

AI開発にはPythonやR言語が用いられるため、組み込みエンジニアとして使った経験があれば活かすことができます。

 

フルスタックエンジニア

 

フルスタックエンジニアはその名の通り、通常では複数人で手掛けるプロジェクトを一気通貫して行える人材です。

広い分野においてスペシャリストとして活躍できるだけの実力を持つうえに、企業にとっては人件費の削減につながるため、市場価値が高く、近年需要が高まっています。

組み込みエンジニアとして身につけたスキルをさらに掘り下げ、たくさんのプロジェクトを経験しながら貪欲に学ぶ姿勢が必要です。

 

システムアーキテクト

 

システム企画や要件定義、基本設計、詳細設計などシステム開発における上流工程を担当するのがシステムアーキテクトです。

クライアントのニーズを正しく把握する力、プロジェクトを管理する力、全体像を俯瞰する力などを磨くことで目指せるでしょう。

組み込みエンジニアの仕事を通して、ニーズにマッチしたシステムとは何かを追求する力を身につける必要があります。

QAエンジニア

 

製品やサービスが求められる品質を保証するために、確認や品質管理を行う仕事です。

QAエンジニアによってテストやレビューを繰り返されリリースの可否が判断されます。

製品やサービスに関する全般的な知識・スキルが求められる点は組み込みエンジニアと同じです。

 

 

組み込みエンジニアが活躍できる業界

 

 

自動車業界

 

自動運転や予防安全システムなどの普及により、組み込みエンジニアの需要が高まっています。

自動車制御に関するシステムを車載組込みシステムと呼び、開発には組み込みエンジニアが欠かせません。

飛行機などの移動手段においても活躍できる職種です。

 

家電業界

 

IoT技術の普及は、エアコン、電子レンジ、洗濯機やテレビ、ビデオデッキ、チューナーといったAV機器やゲームなどの娯楽機器にも影響を与えています。

IoT家電にはセンサーやそれを制御する機能、それに通信機能も必要です。

組み込みエンジニアの活躍への期待が大きい業界だと言えるでしょう。

 

製造業界

 

製造業の工業用ロボット市場は拡大を続けています。

他にもIoT化が進む産業機械業界においては、総務省が進める「Industry 4.0」の影響もあり、組み込みエンジニアの活躍は特に期待されています。

IoTやAI活用の知見を持つ人材が特に重宝される業界です。

 

住宅設備業界

 

近年、住宅設備においてもIoT化が顕著です。

例えばスマートキーや、家にいなくてもエアコンや給湯器を操作する技術に代表されます。

IoT住宅は増加しており、普及するにつれて組み込みエンジニアの需要はさらに高まるでしょう。

 

医療業界

 

医療業界とITは親和性が高く、さまざまな分野において技術の活用が進められています。

例えばレントゲンやMRといった医療機器や測定機器など、組み込みエンジニアが活用できる領域は今後ますます広がると考えられます。

 

 

未経験から組み込みエンジニアへ転職する方法

 

idea, competence, vision

 

未経験から「組み込みエンジニアに転職したい」と考えている方に向けて、転職の方法を紹介します。

 

転職サイトを利用する

 

未経験から組み込みエンジニアに転職する方法、1つ目は転職サイトを利用する方法です。

組み込みエンジニアは人手不足であるため、転職サイトには「未経験可」「未経験歓迎」といった求人も掲載されています

それらの求人を探し、自分に合った企業を見つけましょう。

ただし転職サイトを利用する場合は、自ら企業と連絡を取って日程調整を行ったり、面接対策を行う必要があります

業界や企業に合った面接対策ができていないと、長期にわたって内定を獲得できない可能性もあるため、注意が必要です。

 

転職エージェントに相談する

 

未経験から組み込みエンジニアに転職する方法、2つ目は転職エージェントに相談する方法です。

転職エージェントとは、転職におけるさまざまなサポートが受けられるサービス。

具体的には、求人の紹介や面接対策のアドバイス、企業との日程調整の代行などといったサポートが受けられます

自ら求人を探したり、企業と連絡を取る必要がないため「求人探しが苦手」「仕事が忙しい」という方におすすめです。

面接対策のアドバイスも受けられるため、面接に不安がある方でも安心して利用できます。

興味のある方は、まずは気軽に無料の転職相談からはじめてみましょう。

 

組み込みエンジニアの求人について相談してみる

 

 

組み込みエンジニアへの転職で役立つ資格

 

young, woman, girl

 

組み込みエンジニアへの転職で役立つ資格として、「基本情報技術者試験」や「ETEC」などが挙げられます。

基本情報技術者試験は「IPA」が運営している国家資格で、ITに関する幅広い知識が身につきます。

ETEC(組み込み技術者試験制度)は、一般社団法人組み込みシステム技術協会が実施している資格。

組み込み分野に特化した資格であり、合格・不合格という基準では判定されない点が特徴です。

獲得した点数に応じて、グレードが判定・算出される仕組みとなっています。

 

 

まとめ

 

binary, one, cyborg

 

組み込みエンジニアのキャリアパスは、未経験の場合、テストエンジニアからスタートすることが多いです。

テストエンジニアとして経験を積むことで、プログラマやシステムエンジニアなどにステップアップできます。

また、組み込みエンジニアから転職しやすい職種は、「IoTエンジニア」や「Web系エンジニア」などです。

未経験から組み込みエンジニアに転職したいなら、転職エージェントへの相談をおすすめします。

求人探しや面接対策などのサポートが無料で受けられるため、内定を獲得できる可能性が上がるからです。

「どんな求人があるかを見たい」「情報収集したい」という方も利用できますので、興味のある方は相談してみることをおすすめします。

 

【簡単1分!】相談をする

この記事の監修者

松村達哉

新卒で総合人材紹介会社に入社し、6年半の間、プレイングマネージャーとして、キャリアカウンセラーと法人企業へのコンサルタントを兼務。2011年12月にIT・インターネット業界に特化した株式会社ギークリーの立ち上げに参画し現在に至ります。カウンセリング人数は述べ4000名にのぼり、某転職サイトのキャリアカウンセラーランキングで、3位(2500名中)を獲得した実績もございます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事