カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. モビリティ×ITの有名企業5社を紹介!各社MaaSの特徴は?ITから自動車業界への転職も検討しよう
  • 技術・テクノロジー

モビリティ×ITの有名企業5社を紹介!各社MaaSの特徴は?ITから自動車業界への転職も検討しよう

今回は移動手段に関するITサービスであるMaaS(Mobility as a Service)有名企業5社をご紹介いたします。移動手段の代表となる車業界は、100年に1度の変革期を迎え、今後インターネットを活用したモビリティのサービスが広まっていくことが予想されます。中でもMaasにはIT技術が必要不可欠です。IT技術者の転職の参考にも、ぜひ活用してみてください。

車を運転する

 車業界にイノベーションが起きつつある

 

車

 

近年ディープラーニングなどにより、現在ITを中心にAI技術が急速に発展してきています。

こうしたAI技術を積極的に取り入れようとしているのが車業界です。詳しく見てみましょう。

 

100年に1度の変革が起きている車業界

 

自動車産業は現在、100年に一度の変革期を迎えているといわれています。

その最中に注目を集めているのが、インターネットを活用したモビリティサービス「MaaS」です。

その証拠に東京モーターショー2019では、トヨタが一人乗りのMaaS車両「e-4me」を発表しました。

また今年2020年9月には、北京モーターショーで中国のメーカーが最先端技術を搭載した車両を公開しています。

それが「特定の条件下で人が操作しなくても良い」レベル4の自動運転車です。

日本では2020年4月から、「特定の条件下で緊急時に人の操作が必要」なレベル3の自動運転車が公道の走行が可能になりました。

しかし今後はレベル4、 レベル5へと進んでいくでしょう。

このように政府を始め車業界は積極的にIT技術を取り入れた自動運転車を開発し、サービス拡充に向けて動いています。

 

自動運転車の可能性

 

車のミラー

 

自動運転技術はAIにより支えられることから、それを制作・アップグレードできるIT技術者は不可欠です。

こうした自動運転技術が、「あらゆる条件下で人の操作を必要としない」レベル5まで到達すれば、世界のあり方はガラリと変わるでしょう。

自動運転技術とMaasが加われば、信号でも複数の車が連携して発進することも可能となり、交通渋滞は無くなります。

スマホ一台あればアプリを操作していつでも自分の車、あるいはシェアされた車を呼び出し、好きな場所へ移動することも可能です。

全ての車が自動運転になれば遅延もほとんど無くなり、配車はスムーズになるため、移動はとても快適なものとなります。

もちろん移動中は車内でゆっくり休憩したり、友人とネットを介して話をしたり、仕事だって出来るでしょう。

このように、自動運転車は人々の移動をより快適なものにします。

 

移動体験を変えるMaas

 

トラック

 

自動車業界が盛り上がっている一方、消費者目線ではどうでしょう。

 

ネットが発達しても車の必要性はなくならない

 

旅行やショッピング、ライブ鑑賞などは移動を伴わず、オンラインサービスで済ませられる事もよくあるのではないでしょうか。

しかしながらその場所へ行くことで得られる空気感や臨場感、人の温かみなどは、アプリでは味わうことは出来ません。

友人との会話も、パソコンやタブレットのディスプレイ越しよりも、実際に会って食事でもしながら話した方が、遥かに記憶に残る体験となるでしょう。

またいくら自宅でショッピングが出来るといっても、実際に物資を運んでいるのはインターネットではありません

生きていくのに必要な食料や家具、嗜好品などは、飛行機などで運んでいるのが現状です。

どれだけインターネットサービスが発展しても、人々が移動を止めることはありません

いくらオンライン技術が発展しても行きたい場所はいくらでもあるし、運ばなければならない物もたくさんあります。

 

Maas市場規模は確実に伸び続けている

 

2018年にインドの企業「ワイズガイ・リサーチ・コンサルタント」の発表では、Maas市場規模は2017年に約2兆7000億円でした。

そして8年後の2025年には、25兆円になると予測されています。

その他にも様々な企業の研究所が、Maas市場は拡大する予測を立てています。

 

MaaSに携わる企業の求人情報をチェック

 

トヨタ自動車

 

スポーツカー

 

1937年に工場を設立し、日本のみならず世界に影響を与えるトヨタは、近年の自動車IT化にも積極的です。

 

my route

 

典型的なMaasともいえるサービスが、トヨタの「my route」です。

これまではGoogleマップなどのアプリが、目的地へのルート検索を担ってきました。

しかしそれは、単に電車やバス・飛行機やその他の移動手段で、目的地へどう行けば良いかを検索するのみでした。

一方「my route」ではそうしたマルチモーダルルート検索の他に、予約・決済機能もついています。

具体的にはタクシーの予約・決済や、西鉄バス・電車のデジタルフリー乗車券の購入が可能となっています。

これにより利用者は、「my route」アプリ一つさえあれば全ての移動をシームレスに行うことが可能となりました。

あたかも一つの移動手段で目的を達成出来るかのような、一歩上の利便性を得られます。

 

MONET Technologies

 

トヨタがソフトバンクと共同出資して立ち上げたのがMONET Technologies(モネ テクノロジーズ)です。

オンデマンド通勤シャトルや医療Maas、予約型バスなど、今後のMaasを見据えて様々な実証実験を行っています。

またMONETは大阪府、浜松市、越前市など多くの都市とモビリティ分野での連携協定を結んでいます。

こうした事から、今後のMaasサービスに大きな影響を与えるでしょう。

 

MONETマーケットプレイス

 

MONETで特筆すべきは、APIを提供するマーケットプレイスがある点でしょう。

Googleやその他有名IT企業が独自システムのAPIを広く開放し、発展していったのはよく知られた所です。

MONET以外の様々なMaas企業がそのAPIを使用してサービスを構築した場合、中心にあるのは常にMONETです。

現在行われている実証実験や研究により、今後こうしたAPIが拡充されていく事も充分に考えられます。

 

日産

 

ハンドル

 

日産とDeNAの手掛ける「Easy Ride」は、自動運転車を活用した配車サービスです。

スマートフォン1つで呼び出すことが可能で、人工知能に話しかければおすすめの場所をサジェストしてもらうことも出来ます。

一般的な大人はもちろん、運転免許のない子供や免許を返納したお年寄りも利用することが出来ます。

確実に人々の移動手段を変えるサービスとなるでしょう。

 

ナイル株式会社

 

車

 

iPhoneやiPadのアプリを探せる「appliv」で有名な会社です。

モビリティにも力を入れており、定額でマイカーを持てる「定額カルモくん」というサービスも行っています。

「定額カルモくん」は、月々定額でマイカーを持てるサービスです。契約満了後には、その車を所有することも可能となっています。

今後の技術発展に伴って自動運転タクシーやカーシェアリングなども増えてくるでしょう.

しかしそうした共用の車ではなく、やはり自分の車を持ちたいという需要は無くならない可能性が高いです。

自動運転となればスマートフォンでいつでも呼び出せるため、車庫を持つ必要も無くなります。

そのため月々定額さえ払えば、どんな場所や家に住んでいたとしても、近くの車庫に置いておくだけで車を所有することが可能です。

 

株式会社Sun Asterisk

 

トラックのタイヤ

 

様々な業種と結びつくIT企業です。

 

様々な事業をIT化

 

スポーツやライフスタイルといった、一見コンピュータとは関係のなさそうな事業にもITサービスをかけ合わせています。

もちろん物流事業とも繋がっており、トラック配送の予約・受付サービスの立ち上げにも関わっています。

 

トラック簿

 

Sun Asteriskの手掛けた「トラック簿」

こちらは物流プラットフォームカンパニーであるGLP(Global Logistic Platform)の子会社、株式会社モノフルのサービスです。

物流に不可欠なトラックやバスの管理を一元化し、ドライバーや物流に関わる人達の負担を軽減します。

利便性の向上により、物流のホワイト化を進める事にも寄与しています。

 

株式会社じげん

 

中古車

 

多くのサービスを運営している会社です。

転職やアルバイト、賃貸や引っ越しなどの物件関連、クリーンエネルギー導入サポートサービスなど様々な事業を展開しています。

車では車両自体の取引を行っています。

 

中古車EX

 

車を安く手に入れるには、中古車が一番です。

じげんの手掛ける中古車EXでは、全国約40万台の中古車情報からまとめて検索見積依頼が出来ます。

さらには複数の中古車の一括確認、検索条件の保存、新着通知も受け取ることが可能です。

自動運転技術が発達しても、中古車の需要が無くなることはないでしょう。

 

車買取EX

 

じげんは中古車販売のみならず、買い取りも行っています。

一度の入力で、複数査定会社の車査定価格を一気に比較することが可能です。こうした利便性は、IT技術ならではでしょう。

 

TCV

 

日本の中古車を、国内のみならず海外に輸出するサービスがTCVです。

全世界200以上の国や地域の人々に、日本の中古車を輸出しています。

 

Waymo One

 

タクシー

 

番外編となりますが、アメリカの企業Waymoが提供する「Waymo One」も合わせて紹介します。

Waymo One(ウェイモ・ワン)は、Waymoが手掛ける世界初の自動運転タクシーサービスです。

2018年12月からアリゾナ州で開始され、ドライバーの乗った状態でのサービスでした。

しかし2020年現在、一部のユーザーに対してはドライバー無しの完全無人タクシーとなっています。

 

まとめ

 

黒い車

 

100年に1度の変革期を迎えている自動車産業。その核となるのはエンジンでもボディーでもなく、IT技術です。

IT技術によって自動車産業は今後革新的に飛躍し、人々の生活を大きく変えるでしょう。

世界的大手企業だけでなく、その他のあまり知られていない企業もMaasに取り組み始めています。

これまでインターネットでSNSや動画など様々なサービスが生まれ、人々の生活を豊かにしてきました。

これからは移動手段である自動車産業において、こうした革新的飛躍が起こることとなるでしょう。

このような変革期に、IT技術者が自動車産業に転職するのも、有効な選択肢の一つであるのは間違いありません。

 

無料転職相談に登録して自動車業界へ転職しよう

Geekly Media
ライター

車を運転する

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。