カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 介護・保育×ITの有名企業5社を紹介!ITを活用した各社のサービスとは?転職エージェントが解説します
  • 技術・テクノロジー

介護・保育×ITの有名企業5社を紹介!ITを活用した各社のサービスとは?転職エージェントが解説します

介護や保育など、人に関わりたい、大切な想いを守りたい、人助けができる仕事がしたいという優しい心を持っているのに、ワークライフバランスは取れるのだろうか、今後その業種で働き続けられるだろうか、などと考えて足踏みをしていませんか?今回は、介護や保育の業界へ新しい風を送り込んでいる有名企業と、その取り組みなどについて紹介していきます。

介護中

2020年10月1日

  • twitter
  • facebook

 介護業界への転職の不安とは

 

不安

 

介護業界に興味はあるものの、未経験だったり自分でしっかりと業務をこなせるかだったり様々な不安があるでしょう。

それでも介護業界に一歩足を踏み入れたいのであれば、そういった不安は払拭し勇気を出してみませんか。

 

未経験からの転職の場合

 

まず、肝に銘じておかなければならないことは「親の介護」とは全くの別物であること。

親の介護の経験がある、やりがいがあったと感じて介護業界へ乗り出そうとすると、大きな違いに気がつきます。

自分の家族の介護は、自分のやり方、その家族のやり方で行えるでしょう。

しかし介護施設での仕事となると、利用者やその家族の気持ちを一番に考えることが大切です。

それぞれの家族のやり方、希望などが1人1人違うのが当たり前になります。

各利用者に合わせたサポートを心を込めて日々行なっていくことは、自分の家族の介護とは全く異なるのです。

 

資格は持っているけど不安がある

 

自分の希望している働き方に合った職場を見つけることが大変じゃないかという不安が、まずあるでしょう。

その際にチェックしておきたいことは、職員の数は十分であるかという点になります。

なぜなら人材不足で手が回らない職場だと、自分の思うような働き方ができないことがほとんどです。

お休みが取れなかったり、残業ばかりだったりとプライベートを脅かすものとなり自分の家庭を蔑ろにするのは避けたいところでしょう。

そのためシフト管理はしっかりしているか、業務に対して人手は足りているのかという点は知っておきたいところです。

また、訪問介護の場合は”訪問するエリアが広すぎないか”ということも、職場探しの時点でチェックしておくべきです。

移動だけでもたくさんの時間を費やす場合、訪問先への移動時間もきちんと勤務時間として給料に反映してくれるかどうかチェックしましょう。

更に自分が働ける時間などもしっかりと設定し、採用担当者に事前に伝えておくことも大切です。

 

業界でやっていけるか自信がない

 

介護職の経験はあるけれども、ブランクがあって自信がないという方もいるでしょう。

職場の人と上手にコミュニケーションを取れるかどうか、現状で自分には足りない知識や経験を学べる時間はあるかなどと不安要素は様々です。

業界誌や求人サイトなどで施設や現場の雰囲気などの情報を調べ、安心して仕事に臨めるような会社かどうかは事前に知っておく必要があります。

 

自分の希望勤務体系をはっきりと決めておけば大丈夫

 

スケジュール帳

 

介護業界は、なんと言っても将来性があり、募集案件も多いのでたくさんの施設から選べることも魅力です。

多種多様な介護施設があるので、幅広い求人から自分に合った職場を選べるかどうかが転職成功の鍵になりるでしょう。

 

保育業界への転職の不安とは

 

親子の手

 

資格を持っていれば、転職は難しいことではありません。

しかし、これは介護業界にも言えることですが、新しい職場へ行けばどんなに長年の経験があっても「新人」です。

新しい職場で上手に馴染んで行けるだろうか、家庭と仕事とのバランスに柔軟に対応してくれるかなど、職場毎に考え方も違ってくるでしょう。

 

子育てや家庭との両立ができるか

 

保育士の転職の上での不安は子育てや家庭との両立と公私のバランスがきちんと取れた働き方ができるかといった点が挙げられます。

他にも産休、育休は取れるかなどのワークライフバランスについての不安もあるでしょう。

 

子供たちと向き合える体力があるか

 

労働条件や体力などが必要な業種で子供たちと全力で向き合える体力が自分にはあるかと悩む方もいます。

また、子供の命を預かるという責任を全うできるかなどの不安も多いようです。

 

職場の人間関係への不安

 

職場の人間関係に関してはできるだけ気持ちよく働けるかどうかという不安点も見受けられます。

仕事内容は施設によって微妙に異なるので、今までの経験が全て活きるとは限りません。

また待機児童問題の大きな原因とされているのが「施設が足りないこと」と、それ以上に「保育士が足りない」といった点が挙げられます。

不安なく転職をしたいのであれば、転職先の施設の保育士の年齢層が比較的自分に近いかどうか確認しましょう。

 

給料とシフトの希望が通るか

 

寂しい子供

 

給料や労働時間などの条件は自分の希望に合っているだろうかという点も重要ポイントです。

給料が多くても残業などによって労働時間が増えれば自分の時間があまり取れません。

自分の子供がいる家庭であれば、他の家庭の子供と接する時間が増えてばかりで、自分の子供との時間が無くなってしまうでしょう。

介護や保育は沢山の人々に貢献した素晴らしい仕事ではありますが、まずは自分の人生に重点をおくことを忘れないでください。

 

ITを活用した介護・保育業種の有名企業

 

スマートフォン

 

様々な不安をどのように解決していくかが大きな課題となってきますが、ITを使うことで職場にも大きな変化が現れています。

画期的な介護・保育をITを活用することで介護や保育事業のサポートを展開している有名企業もあり、メリットも沢山あります。

転職を考える際に不安要素を取り除けるでしょう。

 

株式会社ウェルモ

 

老人の手

 

介護業界の課題をテクノロジーで解決し、家族を大切にするという信条の会社です。

 

ミルモネット

 

「ミルモネット」は保険内・保険外介護サービス、ケアマネージャー、行政を非収益で行いそれぞれを公平につなぐWebサービスです。

ケアマネージャーが、ご高齢者やそのご家族のニーズにぴったりの事業者や団体を探し、わかりやすく提案することを可能にしました。

そのためケアマネージャー目線のわかりやすい利用者本位のサービスです。

事務所に一件一件問い合わせをしたり、今では閉鎖してしまった施設があったりなど、紙作業では把握きれなかった莫大な量の情報があります。

そんな沢山の情報や作業に対して簡単に検索することを可能とし、大幅な業務削減につなげているのです。

 

ケアプランアシスタント

 

日々の忙しさの中で、不十分だと思うことがたくさんあるのが現状でしょう。

「ケアプランアシスタント」は必要な事務作業や情報収集などのケアプランの作成をサポートしてくれます。

よって相談支援業務(利用者とのコミュニケーションの時間)に集中することや、介護・看護・リハビリなどの学習をする時間を作れます。

新しい学びを得ることやコミュニケーション業務をすることにも集中でき、働きがいが得られる環境作りが可能です。

 

ユニファ株式会社

 

子供の後ろ姿

 

保育現場にテクノロジーを取り入れITを活用し、人手不足による保護者や子供達の不安を解消つつ子供と向き合う時間を増やします。

「ルクミー」というサービスはシフト管理や帳票管理(成長記録や指導案の作成)をサポートしてくれます。

それによって時間と手間を大幅に削減できるでしょう。

また、スマホから登園記録をスムーズに行えたり、センサーで子供の動きを検知する”午睡チェック”などを行います。

更に見逃しがちなうつ伏せ寝なども自動で記録してくれるのです。

検温記録や先生ならではのベストショットを記録する機能も備わっており、保護者も子供の様子を施設とシェアできるため安心でしょう。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

 

株式会社じげん

 

介護

 

インターネットを通じて、つながる「場」を提供し会との調和を図り、共に発展していくことを追求しています。

社会や業界、業種の課題を事業を通じて解決することで、より良い社会現実に貢献している企業です。

美容、ヘルスケア、介護の求人サイトの会社で、その中でも介護業界に特化している「リジョブ介護」があります。

「リジョブ介護」では最適な募集案件の提案を実現しています。

長く働き続けるかどうか、産休・育休など休みは取りやすいかなどと取材調査を徹底的に行っているのも特徴です。

こうした取材調査によって求職者を丁寧にサポートします。

 

株式会社プロトメディカルケア

 

マガジン

 

業界最大級の介護総合誌として「ハートページ」を提供しています。

各自治体の介護窓口、地域包括センタ・保険福祉相談所、市区内関連施設で見ることが出来るでしょう。

インターネットでも閲覧できる「ハートページナビ」もあるので、業界の現状などを幅広く詳細まで知っておきたい方は必見です。

 

株式会社ネクストビート

 

親子の後ろ姿

 

結婚や子育て、グローバル化、地域作りなど日々変わっていく現状にどう向き合っていくかをモットーにしています。

人に関わる全てをテクノロジーで解決し、もっと社会や現実と向き合いやすくしたいという願いの元生まれました。

今後将来を担っていく子供達のため、子育てのアドバイスをスムーズに行えるサイトを提供しています。

「KIDSNA(キズナ)」では教育、健康、遊びなど、子育てに役立つ情報を提供し、親の子育てに対する不安を解消してくれるでしょう。

その中の「キズナコネクト」は保育士の業務効率を改善し、現場での悩みを解決するための施設向け事業支援システムです。

シンプルで簡単な操作なのでインターネットが苦手でも使いやすく、ipadのリースも行っているので事前の準備は必要ありません。

労務管理や事務作業などの簡略化、職員シフト、児童台帳、保育料の管理なども支援してくれて子供たちや保護者と向き合う時間を増やします。

 

終わりに

 

親子の手

 

ITを上手に取り入れることで、仕事とプライベートのメリハリやワークライフバランス意識の高い会社が増えてきました。

また昨今では家庭のある保育士や介護士も増えてきている現状です。

仕事と家庭を上手に両立できれば転職への不安も取り除けるのではないでしょうか。

こうした不安を取り除いてしまえば、また現場で生き生きと働けるはずです。

未経験の方でもしっかり自分の時間も大切にして沢山の人を助けられる人材になりましょう。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

 

Geekly Media
ライター

介護中

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。