カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. IT業界で将来性がある仕事を紹介!AIに代替されない仕事とは?長く続けられる仕事を選んで転職しよう!
  • 転職活動

IT業界で将来性がある仕事を紹介!AIに代替されない仕事とは?長く続けられる仕事を選んで転職しよう!

IT業界は成長が著しく新しい分野への挑戦が多いため、人気が高い業界です。しかし近年では、激務・人材の飽和・AIの台頭によって将来性を不安視する意見も生まれています。そこでこの記事では、人気のIT業界の中で将来性がありAIに代替されにくいと考えられる仕事をご紹介します。将来性がある職種を理解して選択することで、長く勤められる会社を選べるはずです。是非参考になさってください。

タブレットとAIやネットワークのイメージ

2020年11月19日

  • twitter
  • facebook

IT業界の現状とは

 

PCを操作する手元

 

コンピューターの普及や、働き方改革に影響を受け、世の中のIT化は非常に進みました。

Web上のマーケットはもちろん、メーカーの研究開発や企業の社内システム、小売業のサービスでも取り入れられています。

その市場規模は非常に大きく、ITを全く取り入れていない職種はほとんどないほどです。

市場自体が潤っていることも影響してIT関連職種の年収は比較的安定して高く、人気の職種といえるでしょう。

一方で市場拡大に伴い優秀な人材が取り合いになるなど、人手不足に悩まされている企業もあります。

人材の確保・育成が課題である点は、他の多くの業界や職種と大差ないとも考えられますね。

そのような問題の解決にもつながると、近年注目を集めているのがAI(人工知能)です。

AIを駆使したプラットフォームの構築でビジネスの幅を拡げたり、AIとIoTを組み合わせて生活をより便利にもできます。

IT業界とAIは、切っても切れない関係です。

 

IT業界に予測される今後の展開とは

 

ネットワークのイメージを指さす手

 

IT業界は人が利便性を追求する限りは発展し続ける業界です。今後も波はありつつも、成長が期待できる分野といえるでしょう。

しかしその分、競合他社との競争が激化するなど、スキルを磨き続けなければ淘汰される恐れも秘めています。

またAIの研究が進み質が向上するにつれ「人間よりもAIの方が優秀」と、人間の仕事がAIに取られる可能性も無視できません。

実際に、メガバンクで窓口業務にAIを搭載して人員を削減するなどの変化が起こっています。

IT業界においても、業務の一部がAIで代替されることは十分考えられるでしょう。

自分が作り出した子にすべてを奪われるような結末を迎えない為にも、スキルの向上や必要な努力を怠ってはいけませんね。

 

AIが得意なことや仕事の例

 

グーサイン

 

AIに取って代わられることが無いように自分を磨く…といっても、やみくもに手を出しても意味がありません。

学ぶべき・身に付けるべき技術を知るためには、まずAIのことを詳しく知る必要があります。

まずはAIが得意とする処理や仕事内容について知りましょう。

 

大量の数字やデータの解析

 

AIは数字の処理に非常に長けています。

スピードも正確性も、人間の仕事とは比較にもなりません。

例えば人間は、2つのモノを手に取り目で見てわかる違いなら探せますが、膨大なデータから瞬時に理論を読み取ることはできませんね。

それに対してAIは、優れた情報処理能力で目には見えない違いを数値に変えて可視化できます。

集めたデータや数字を分析して1つの答えを導き出すような作業は、AIの得意分野です。

 

ゴールが明確な作業

 

AIは抜群の情報処理能力を保有しているため、数字で結論が出る仕事を得意とします。

例えば「利益率が○%になれば達成」のように、ゴールが数値化された明確なものであれば正確性も期待できます。

 

AIが苦手なことや仕事の例

 

頭を抱える男性

 

AIの得意分野は数字やデータの解析であるとわかりました。

それでは続いて、苦手分野について言及しましょう。

 

答えが1つではない作業

 

AIはゴールが明確な仕事を得意とする一方、答えが複数あったり明確でない作業は苦手です。

例えば「良さそうなものを選んで」のような指示はAIにとって非常に困難な仕事といえるでしょう。

人間同士でも経験やセンスによって差が出る領域は、AIには処理しにくい分野です。

 

イチから作り出すクリエイティブな仕事

 

ビックリマーク

 

AIが書いた絵や小説が発表されるなど、クリエイティブな分野でも活躍が期待されるようになりつつあります。

しかし、まだまだ十分に得意とはいえません。

何かを作り出すにしても、その前には膨大な量のデータをAIに覚えさせる必要もあります。

作り出せたとしても、そこに面白みや一工夫といったスパイス的な要素を加えられるようになるまではまだ時間がかかりそうです。

 

コミュニケーションを必要とする仕事

 

AIは「Aが現れたらBの反応をする」のような定型化された処理は得意ですが、予測できないことへの対処は苦手です。

そのため、表情を読み取る、本音を読み取るなどのコミュニケーション力には長けていません。

人間がいつも嘘や建前の無い本音だけをいうのであればAIとも意思疎通が図れるかもしれませんが、残念ながら違いますね。

介護士のような思いやりが必要な仕事もAIには不向きです。

意見をまとめるような作業は得意ですから、任せる仕事の種類は吟味すると良いでしょう。

 

無料転職相談に登録して将来性あるIT業界の仕事を探そう

 

IT業界でAIに代替えされにくい将来性ある仕事とは

 

成功のイメージ

 

AIの得手不得手がわかったので、それを踏まえればAIでは替わりができない職種がわかりますね。

IT業界の仕事の中で、AIに代替えされにくいものを4つピックアップしてご紹介します。

 

AIエンジニア

 

AIエンジニアは文字通りAIを作り出すための研究開発を行う仕事です。

AIを作る職業の為、データ解析など部分的には力を借りるとしても、根本的に仕事を奪われるとは考えにくいでしょう。

プログラミング言語や統計学の知識・ディープラーニングなど、高いスキルを必要とする職種ですので、簡単ではありません。

しかし、さまざまな分野がAI化に積極的な社会において、とても需要が高い職業です。

IT業界で活躍したいと考えているのであれば、目指す価値のある職種でしょう。

 

Webライター

 

さまざまなWebコンテンツにおける文章を作成するWebライターの仕事を、AIに完全に頼るのは難しいでしょう。

AIにも文章作成は可能ですが、数多あるWebサイト上の他の記事に打ち勝つためには、独自性ある文章が必要です。

顧客や読者のニーズに応えつつ、他と差別化されたオリジナリティあふれる文章の作成は、AIより人間の方が長けています。

Webライターの仕事がすべてAI化されることは考えにくいですね。

 

システムエンジニア

 

チェスをする男性

 

システムエンジニアの仕事はただシステムを構築するだけではありません。

顧客のニーズのヒアリングからシステムの設計・予算や人材配置など、コミュニケーション力と管理能力が求められます。

そのためシステムエンジニアの仕事のすべてをAIが担うことは不可能に近いでしょう。

企業が新しくITやAIを取り入れる際には必須ともいえる職業ですから、需要は高く将来性も期待できます。

既にプログラマーやエンジニアとして活躍している方が、スキルアップして目指すべき職種です。

 

クリエイター

 

AIはゼロから新しいものを作り出すことが苦手です。

そのためデザイナーやイラストレーターのようなクリエイティブな仕事は得意ではありません。

顧客の要望や自分のイメージなど、データ化することが難しいものは表現しにくいのです。

今後もクリエイターの仕事が無くなるとは考えにくいですね。

新しいものを作り出すことに喜びを感じる方にはやりがいを感じられる仕事です。

ご自分のセンスに自信がある方は目指してみると良いかもしれませんね。

 

IT業界に転職するために必要なスキルとは

 

PC画面を見つめる女性

 

IT業界でも、AIに取られることがない仕事があるとわかりました。

それではIT企業に転職したい場合は、どのようなスキルを身に付ければ良いのでしょうか。

IT業界への転職を目指すのならば、次のようなスキルを身に付けておくと、転職活動にも有利に働きますよ。

 

・ITに関する基礎知識

・プログラミングスキル

・コンプライアンスについての知識

・コミュニケーション力

・英語力

・文章作成スキル

 

IT企業からIT企業への転職の場合、当然ながらITに関する基礎知識複数のプログラミング言語知識の保有を期待されます。

その他コンプライアンスに関する知識や感覚を持ち合わせていることも重要視されているので勉強しておきましょう。

また意外に思われるかもしれませんが、文章作成の機会が非常に多い職種です。

企画や構成・テスト仕様書など、ドキュメント資料の作成が得意なことは強みになります。

アピールポイントとして上げても良いですね。

IT業界以外からの転職でプログラミングスキルなどが無い場合でも、コミュニケーション力や文章スキルを磨いて準備しましょう。

 

AIと共存するために身に付けておくべきスキルとは

 

スキルのイメージと握手する手

 

IT業界の今後はAIと切り離しては考えられません。

AIと上手に共存するためには、どのようなスキルを身に付けておくべきでしょうか。

最後に解説しますので、ご自分を磨くためにお役立てください。

 

コミュニケーション力

 

AIに仕事を奪われない為には、AIの苦手な部分を伸ばすと良いでしょう。

その最たるものがコミュニケーション力です。

人見知りな方は強い不安を覚えておられるかもしれませんが、コミュニケーションとは会話するだけではありません。

自分がペラペラと話すよりも、聞き役に回って相手に気分よく話してもらうことも、重要なコミュニケーションです。

それによって、顧客のニーズをよりしっかり聞き出せます。

コミュニケーション力に自信がない方も、人の話の聞き方や相槌を工夫するだけで相手との距離は随分近くなるはずです。

転職面接に臨む前には、コミュニケーションについてもしっかり勉強すると良いですね。

 

AIに関する最新の知識

 

IT業界やAI技術は日々進歩しています。

技術に対する最新の知識を持っておくことは、AIの正しい活用新しい活用方法の発見につながるかもしれません。

自分で新しい活路を見出せる人は非常に重要な人材です。

AIにも人間のライバルにも打ち勝てるよう、普段からしっかりアンテナを張り、情報をキャッチしましょう。

 

まとめ

 

テクノロジーと握手する手

 

IT業界でAIに仕事を奪われない職種について解説してきました。

最後にわかったことを以下にまとめます。

 

・IT業界はAIと切っても切り離せない関係にある

・AIは大量のデータ処理や答えが明確な作業が得意

・AIは答えが1つではない作業やコミュニケーションが苦手

・クリエイター・Webライター・AIエンジニア・SEなどはAIに奪われない仕事

・AIと共存するために、AIの苦手分野を伸ばすと良い

 

AIは人間が作り出した、人間の生活を豊かにするための力強いパートナーです。

仕事を奪われるのではないかと戦々恐々するのではなく、共存の道を目指すと良いですね。

それぞれがお互いの得意分野で力を発揮し、より便利で快適な世の中を作り上げるのが理想のカタチでしょう。

 

無料転職相談に登録して長く続けられる仕事と出会おう

Geekly Media
ライター

タブレットとAIやネットワークのイメージ

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。