カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 物流テックとは?物流の効率化で起きている変化を解説!物流業界への転職希望者必見の将来性も紹介します
  • 技術・テクノロジー

物流テックとは?物流の効率化で起きている変化を解説!物流業界への転職希望者必見の将来性も紹介します

物流業界が変革の時代へと突入しあらゆる業務がITやAIを使ったオートメーション化へと変わりつつあります。そのIT技術と物流を融合させて業務効率をあげるために開発されたテクノロジーが物流テックです。一言で物流といってもモノの入出荷・配送・保管など業務内容は多岐にわかれています。その一つ一つの業務をヒトがおこなっていた物流業界ですが、ついにその古い体質から脱出しシステム化へと変化しつつあります。物流業界の変革を見ていきましょう。

物流テックとは?物流業界の変革時代

 

物流

 

通販サイトやフリーマーケットアプリの台頭により物流業界がより激化している一方で人手不足は深刻な問題となっています。

この人手問題を解決すべく様々な企業が物流業界の自動化・配送業者との連携システム・ロボット開発を行なっていますので一部を紹介いたします。

 

労働者がヒトからロボットへシフトしたRPA

 

注文の商品を倉庫から探しだし出荷できる状態にする作業をピッキングといいます。

その仕事をロボットが代わりにおこなってくれるシステム開発が進んでいます。

その代表的なのがRPAと呼ばれるソフトフェアロボットです。

まだ小規な倉庫で取り扱う商品も小さくて軽いモノであればヒトが十分行える作業です。

しかし大きなモノや重たいモノはロボットの任せた方がスピーディーに作業をおこなってくれますし何よりも安全です。

注文した商品がすぐ手元に届くようになったのもRPA技術の進歩が大きく貢献しています。

 

EC業界が拍車をかけたIT技術開発の発展

 

ネットショッピングの利用者が増加する昨今、物流業界で起こった問題点は人手不足でした。

注文を受けるオペレーター・商品のピッキングや梱包作業・配送車への荷積めなどすべてヒトが行なっていました

しかし今までのように人員を増やすのではなくIT技術によって機械やロボットが作業をおこなうシステム開発に力を入れました。

そのIT技術開発のおかげで、物流業界は飛躍的にコスト削減と時間短縮を実現したのです。

 

ライバーの運行状況をロジスティックオペレーションが管理

 

物流

 

モノを早く手元に届けるためには貨物を運転するドライバーの存在は欠かせません。

そのドライバーの運行状況を把握し効率よく輸送ができるように調整するシステムのことをロジスティックオペレーションといいます。

このシステム開発により渋滞を避けた最短ルートを知らせてくれるのです。

また近くの物流センターからの配送依頼を瞬時に受けることも可能になりました。

物流業者と配送業者共にメリットのある嬉しいシステムです。

 

物流の作業効率化を目指し新事業へと乗り出したスタートアップ企業

 

会社

 

物流業界の業務を飛躍的に進化させた企業があります。

それが社会的貢献を目的に新しい事業をおこなうスタートアップ企業と呼ばれる企業形態で今注目を集めています。

世界各国のスタートアップ企業の逸材が物流テックを可能にしました。

物流業界を飛躍的に成長させたスタートアップ企業をいくつかご紹介します。

 

PickGo社

 

ドライバーと荷主をマッチングさせるアプリを開発したスタートアップ企業です。

このマッチングアプリにより以前よりもスピーディーにモノを運ぶことができるようになりました。

モノを送りたい側と運びたい側が直接交渉をできるため仲介料の削減と時間短縮に成功したのです。

このシステムを導入することによって個人経営のドライバーと取引外の配送業者へ依頼ができる物流会社の双方にメリットがあります。

この技術は自分がいる場所から一番近いタクシーを呼ぶアプリにも使用されています。

 

Grey Orange社

 

巨大な倉庫から棚ごと動かすことができる自動化ロボットを開発したスタートアップ企業です。

倉庫内の貨物をロボットが棚ごと動かし必要な場所へ運ぶことができます。

この技術は大手企業のニトリも採用したシステムとして話題になりました。

ピッキング作業をロボットが行うことによりヒトが怪我をすることがなくなり、重い荷物の移動も楽になるため安全性が高まりました。

 

Infinium Robotics社

 

倉庫内専用のドローンを開発したスタートアップ企業です。

シンガポールに本社がありドローンを使い在庫管理やピッキング作業ができると世界中で注目を集めている企業です。

ドローンを使用することにより素早く商品を探しだすだけでなく在庫管理もできるので、作業時間短縮と経費削減が可能になります。

他にもドローンを使った夜間のビル警備など室内における活躍の場がこれからも増えそうです。

 

無料転職相談に登録して物流の知識を生かそう

 

作業効率化によって変わりつつある物流業界の仕事内容とは

 

物流

 

倉庫内スタッフの主な仕事に在庫管理・配送手配・商品保管などがありますが、今まではすべてヒトが行なってきました。

物流テックの導入で多くの企業が倉庫内作業をオートメーション化に変更しつつあります。

現在、倉庫内の主な仕事は、会社独自のシステムの操作をおこなうことです。

倉庫の広さや取り扱うモノによって異なりますが、昔のように注文表から商品を探しに走り回ることは少ないでしょう。

現在は、人はパソコン操作で注文書を見ながら必要な商品を選ぶだけ。

あとは実行ボタンを押せばベルトコンベアーに乗って梱包場までモノが届くシステムなども開発されています。

モノが重たい場合や大きい場合はロボットを活用している会社も多いようです。

 

ネットショッピングの拡大により物流業界の需要増加

 

ショッピング

 

コロナ禍で加速した宅配やネット販売ビジネスの需要は急速に進んでいます。

ステイホームで家から出られなくなった昨今、ネットで何でも注文できる手軽さの裏には物流業界の存在は欠かせません。

ネットショッピングの追い風を受けたのが配送業です。

物流テックで提携の物流倉庫の位置情報を確認し各プラットフォームに近い配送車を探し出し配達を委託するサービスの提供が始まっています。

しかし自社の配送車だけでは間に合わないのが現状です。

そこで個人の配送車に委託をしてスピーディーに荷物を届けるニーズが高まっています。

このサービスは受荷業者と個人配送業者のどちらにもメリットがあるため今後もドライバーの需要は増えるでしょう。

 

今更聞けない物流業界とは?大手物流企業から業界を知ろう

 

物流

 

物流業界の売上高によるベスト3の企業をみてみましょう。

 

第一位 日本郵船

 

日本郵船は、海路の輸出入の運搬をおこなう大手企業です。主な輸送物は石油や自動車など大きなモノを運んでいます。

海外との取引が多く国籍を問わない職場環境はグローバルな環境で働きたい人におすすめです。

 

第二位 日本通運

 

日通の名でおなじみの大手物流企業です。

主に陸送を中心に行なっていますが、最近では空路や海路を使った輸送もおこない、個人のモノから世界各国の美術品まで幅広く輸送をしています。

国内倉庫面積ナンバーワンの保管場所と多数のネットワークを有するのが大きな特徴です。

そのため国内外輸送のサポート拠点として日本と海外の架け橋となる仕事に携わることができます。

 

第三位 ヤマトHD

 

黒猫のキャラクターで有名なヤマト運輸を傘下にもつ大手企業です。

陸送を主に行い個人・法人・行政機関などあらゆるニーズに対応しながら輸送をおこなっています。

また輸送手段は車の他にも電車やバスを使った輸送もおこなっているのが特徴です。

そのため様々な業種の会社と仕事をする機会が多く今までのビジネススキルが活かせる職場でもあります。

 

未経験者からできる物流の仕事とは

 

簡単なパソコン操作でおこなう倉庫内作業

 

 

倉庫内の作業で必要となる人材はシステム管理ができる人材です。機械やロボットの監視や不具合の微調節などが求められます。

しかし、だからといってプログラミングの知識が必要なほど難しいシステムではありませんので安心してください。

専用のアプリケーションの操作を覚えれば簡単にできることが多いです。

 

配送車両のドライバー

 

配送ドライバーは4t以上ですと大型自動車免許が必要ですが、それ以外は普通自動車免許があればできる仕事です。

物流業界全体的にまだまだ人手が不足しているのがドライバーです。配送ドライバーの需要はまだまだ増えそうです。

 

物流業界で働くために必要なスキルは

 

物流

 

物流業界の仕事内容はその会社によって様々です。

例えば陸送、海運、空輸などの輸送方法によっても必要なスキルが違ってきますし、取引先が国内か海外によっても異なります。

今はどんな仕事もボーダレスになりつつあるので、海外も視野に入れたスキルを身につけた方がよさそうです。

 

まだまだ現役、フォークリフト作業

 

倉庫

 

倉庫内のコンテナや積み重なった重たいモノを運ぶのに使用するフォークリフトの操作ができると仕事の幅が広がります。

フォークリフトを操作するには国家資格「フォークリフト運転技能講習修了書」が必要です。

免許の取り方は都道府県労働局の登録した教習所などで取得できます。

 

国際輸送で必要な書類を作成する貿易事務

 

国内から海外へモノを輸入出するときには手続きが必要です。その手続きなどをおこなう事務を貿易事務といいます。

特に資格はいりませんが、海外とのやりとりも多く、英語によるメールや電話での英会話など英語力に自信がある人におすすめです。

 

物流テックを使いこなすシステム管理

 

物流業界のシステム化やオートメーション化はこれからも続くでしょう。そういった現状で必要になるのはシステムを管理できる人材です。

これは会社ごとに多少違うアプリケーションになるため経験がものを言います。

もしも前職が物流業界ならば近しいシステムが多いため操作も早く覚えられることでしょう。

経験というスキルが即戦力となるため、早く上を目指したい人におすすめです。

 

物流業界の将来性は

 

船

 

昨今、テレワークを導入するあらゆる分野の業種が増えています。

これから家にいる時間が増えネットショッピングの需要がこれからも高まるでしょう。

物流業界はこれから先もニーズが高まる傾向にあります。人手不足から求人も多く無資格者や未経験者でもチャレンジできる職種も多いです。

また多種多様な業種と切っても切れない関係性があります。

ビジネスインフラとして無くてはならない役割を担っている物流ビジネスは、そうそう淘汰される業種とは考えづらく将来のある業種といえるでしょう。

 

まとめ

 

コンテナ

 

転職探しは自分の未来を左右する大切な決断です。

大げさですが会社と結婚するようなもので、長い時間その場所で仲間と過ごすライフステージとなります。

転職探しをしていると年収や待遇ばかりを気にしがちですがまず重要視してほしい点があります。

「その会社は自分の興味のあるモノや自分の好きなモノを取り扱っている会社かどうか」という点です。

自分の興味があるモノや好きなモノが身近にあると多少嫌な気持ちになっても頑張れるモチベーションへと繋がります。

好きと仕事を結びつける何かがあるとないとではやる気に違いがでてきます。

まずは自分の好きを見つけることも転職さがしのコツかもしれません。

 

無料転職相談に登録して物流テックの知識を活かせる会社に転職しよう

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。