1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Androidエンジニアとは?今後の需要はある?詳しく解説します
コーディング

Androidエンジニアとは?今後の需要はある?詳しく解説します

Androidエンジニアは、世界でもシェア率が高いAndroid OSを開発しています。
今後もAndroidが普及していくことにより、Androidエンジニアの需要は更に高まっていくでしょう。本記事ではAndroidエンジニアの仕事内容や年収、将来性だけでなく、未経験から転職する方法や必要なスキルについても解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

Androidエンジニアとは

 

 

そもそもAndroidとは

 

Androidと聞いてスマホをイメージする方は多いかと思います。しかし、iPhoneなどの製品もスマホに入ります。ではAndroidとは具体的に何を指すのでしょうか。

AndroidとはAndroid OS(アンドロイドオーエス)が搭載されたスマートフォンを指します。ちなみにiOS(アイオーエス)を搭載したスマートフォンがiPhoneです。

Android OSはGoogleが開発したOSで、スマホ以外でもタブレットなどのデバイスでも活用されています。
OSのアップグレードが無料対応という事もあり、多くのメーカーのスマホがAndroid OSを搭載しています。

アウンコンサルティング株式会社の調査によると世界でのAndroidのシェア率は下記の通りです。

 

1位 Android OS:72.2%(-2.23%)
2位 iOS:26.99%(+2.0%)

世界40カ国、主要OS・機種シェア状況

70%を超えていることからも、非常に需要が高いことが分かります。

 

Androidエンジニアとは

 

Androidエンジニアとは上で説明した、Android OSで動作するアプリを開発するエンジニアです。

日本ではiOSの方が普及していますが、Android OSもシェア率が30%近くあり、需要が高い職種です。

Androidエンジニアのイメージとしては基本的にはアプリを開発するプログラマーのイメージが強いと思います。しかし仕事内容はプログラマーだけではなく、「アプリの企画」や「アプリを動かす土台の設計や運用」などと多岐に渡ります。

以下では、具体的な仕事内容・将来性・年収・未経験からの転職の仕方について詳しく解説します。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

Androidエンジニアの仕事内容3つ

 

モニター

 

日本国内におけるスマートフォンの利用者はiPhoneかAndroidに二極化しています。

Androidは、主に検索エンジンや地図などさまざまなサービスを提供しているGoogleと連動しているのが特徴です。

Androidアプリの開発を手掛けるAndroidエンジニアの具体的な仕事内容を紹介します。

 

市場調査

 

Androidエンジニアの1つ目の仕事は市場調査です。

Google Playでは日々新作アプリがリリースされており、Androidアプリを開発する企業は多く存在します。アプリの開発において市場調査は欠かせません。

競合他社がどのようなアプリを開発しているのか、利便性やデザインはどうかなど調査します。その上で作成するアプリに活かすことで、競合に負けないアプリを目指します。

また、アプリやシステムの分析だけでなく直近のダウンロード数や口コミ、各種SNS上での評判を確認することで改善点を探ることも重要な仕事です。

 

アプリの開発

 

実際にアプリの開発を行う、つまり仕様を検討してコーディングする仕事です。

Androidエンジニアが使用するプログラミング言語は主にJavaやKotlin。アプリの設計やコーディング、仕様テストもAndroidエンジニアの仕事内容の一環です。

既存アプリの場合は、市場調査の結果を元に改善点を探りアップデートなどの業務も担います。また、OS自体がアップデートされる場合は、それに合わせてアプリを対応させていく必要もあります。

 

アプリの運用及び保守

 

アプリが作動するためのインフラ部分である、サーバーの構築やシステムの保守もAndroidエンジニアの仕事内容です。

Androidアプリは開発して終わりではありません。運用する上で障害は起こりえることです。障害が起こらないように常に運用することも重要ですが、発生してしまった障害に対して迅速に対応することが非常に重要です。

アクセスエラーや外部からの攻撃などあらゆるアクシデントを想定して、ユーザーが不利益を被らないように運用・保守をする必要があります。

 

 

Androidエンジニアが使う開発環境と言語

 

プログラミング

 

開発環境

 

Androidアプリの開発環境は、Googleが提供しているAndroid Studioです。

Android Studioは自分のパソコンへ簡単にインストールできるため、副業として自作のAndroidアプリを開発している人もいます。

開発環境さえ整えれば独学でプログラミングを勉強したうでアプリ作成ができるということ。

未経験からAndroidエンジニアにチャレンジしたい人は、まずAndroid Studioをインストールしてみましょう。

 

開発言語

 

AndroidアプリはJavaもしくはKotlinで開発されます。

どちらかの言語が使えればアプリを開発することができますが、両方扱える方がAndroidエンジニアとしての能力が高く評価されるでしょう。

これまでAndroidアプリはJavaがメイン言語として使われてきましたが、2017年頃からAndroidStudioでKotlinが公式サポートされました。

これをきっかけに、新規アプリはKotlinを使用して開発されるケースが増えています。

Androidエンジニアに未経験から挑戦するなら、使用頻度が増えてきたKotlinから学び始めるといいかもしれません。

 

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

Androidエンジニアの平均年収

 

お金

 

Androidエンジニアの平均年収は500万円から600万円とされています。

未経験から挑戦する場合や転職してすぐの頃は、平均よりも年収が低くなると予想されます。

しかし、Androidエンジニアとして経験を積み重ね実績を作ることで、年収が1,000万円に届くことも期待できるのです。

人手不足が続くエンジニア業界ですから、未経験からでもどんどんチャレンジしましょう。

 

Androidエンジニアとして年収を上げる方法

 

他エンジニアと同様に、要件定義や設計などの上流工程に携わることで年収アップが期待できます。

そのためにはスキル・経験の蓄積が必須です。

またAndroidエンジニアに求められる具体的なスキルについては後ほど解説しますが、その幅が広いほど業務の幅も広がり高年収につながります。

例えばデザインやUI/UXの経験があればより重宝されるエンジニアとして活躍の場が広がるでしょう。

 

自分の適正年収を知りたい方は「IT人材年収診断」でぜひ調べてみてください。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

Androidエンジニアの需要と将来性

 

起業家

 

日本国内だけでなく、世界的にスマートフォンの利用者が急増しています。

特に日本ではiPhoneとAndroidの利用者が大半を占めており、今後もAndroidは普及していくでしょう。

したがって、Androidアプリを開発できるAndroidエンジニアの需要はますます増えていくと予想されます。

技術職であるエンジニアは人手不足が懸念されており、プログラミングが扱える人材は貴重です。

企業側としてもアプリを開発できるエンジニアを欲しがっていますから、ニーズが高い傾向にあります。

 

Android市場の動向とエンジニアの将来性

 

スマートフォン市場が拡大する限り、エンジニアの需要はなくならないと考えられます。

特に世界のモバイルアプリ開発市場規模は2021年に100億米ドルに達し、2030年までに410億米ドルにまで拡大すると予測されています。

つまり2022年から2030年までの期間においても年間成長率(CAGR)は21%にものぼる計算です。

このモバイルアプリ市場で最も人気のあるモバイルオペレーティングシステムのひとつがアンドロイドです。

拡大の背景にはIoT市場、ゲーム、メディア、電子商取引、ソーシャルネットワークなどの最新アプリケーションが幅広く普及し、使用されているうえに需要が増え続けていることが挙げられるでしょう。

参考:PR TIMES

 

Androidエンジニアがいない・足りないと言われる理由

 

一般的に iOSに比べるとAndroidアプリ開発はハードルが高いと言われています。

その理由が、iOSには「少ないコード量でプログラミングできるSwift」が用いられるのに対し、Androidエンジニアが扱うJavaの習得難易度が高いことにあります。

そしてJavaは汎用性が高いという特徴もあり、扱えるエンジニアにとってはAndroidエンジニア以外の選択肢も豊富です。

さらに、Googleが2019年から推奨言語として設定しているKotlinを習得しているエンジニアが少ないという背景も影響しています。

Androidアプリ開発に用いる言語の習得難易度が高い、習得者が他の仕事に流れてしまうといった理由からAndroidエンジニアは常にいない・足りないと言われているのです。

 

より市場価値を高める方法

 

AndroidとiOSのマルチ開発に対応できる人材は重宝されます。

例えばSwiftを含むiOSアプリ、サーバなどの知識・スキルがあると、AndroidアプリからiOSアプリへのコンバートやその逆といった案件であったり、同時開発にも対応できる人材です。

マルチプラットフォーム開発が叶えば、企業は工数や人件費を大幅に削減することができるでしょう。

市場価値を高めることで年収アップも期待できます。

 

 

Androidエンジニアが活躍する企業例

 

 

Androidエンジニアの求人を出している企業は多くあります。その中でも企業の種類を大きく分けて3つに分けてご紹介いたします。

 

事業会社

 

事業会社とは「営利を目的として経済活動をする会社」のことです。つまり「商品を製造・生産する事業」を行って、利益を上げている会社を指します。

代表例としては、Yahoo、楽天といったインターネットサービスを提供する企業、トヨタ自動車といった自動車メーカー、パナソニックといった家電製品メーカーなどがあります。

 

事業会社がスマホアプリを開発する際には外注することが多いですが、自社内で作成したいと考える企業は多いです。そいういった企業がAndroidエンジニアの求人を出すことが多いです。

自社サービスに携わり成長させていきたいという方におすすめの企業です。

 

SES企業

 

SES(システムエンジニアリングサービス)は委託契約の一種で、ソフトウエアやシステムの開発・保守・運用などの特定の業務に対して技術者を派遣する技術支援サービスのことを指します。そのサービスを提供するのがSES企業です。

SES企業には多くの案件があるためもちろんAndroidアプリ開発の依頼もあります。SESとして働く上では基本的に手を動かす力、つまり技術力が求められることが多いです。

しかし案件の難易度もピンキリあるため比較的経験が浅い方でも転職しやすい傾向にあります。

これからAndroidエンジニアとして技術力を磨いていきたい方におすすめの企業です。

 

SIer

 

SIerとはシステムインテグレーターのことで、社会に必要不可欠なあらゆる「しくみ」をITを使って構築する情報サービス企業を指します。

クライアントから解決したい課題をヒアリングしそれに合致したシステムを開発を行いますが、それがスマホアプリであるケースもあります。その際に活躍するのがAndroidエンジニアです。

Androidエンジニアとして、多岐に渡る案件に携わりたい方にはおすすめの企業と言えるでしょう。

 

Androidエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

Androidエンジニアに転職するために必要なスキル3選

 

ホームオフィス

 

Androidエンジニアに転職するために必要なスキルは大きく3つあります。

転職を成功させるためにどれも重要ですから、しっかり確認していきましょう。

 

Androidアプリに関しての知識

 

Androidエンジニアになるためには、Androidアプリの知識が必要不可欠です。大前提として、AndroidアプリはiOSやパソコンとは動作環境が異なり、仕組みもまったく違います。

Androidアプリを開発するエンジニアとして、Androidアプリが動く仕組みなどの知識はもちろん、実際にAndroid製品を使用・体感しておくことが重要です。

また、AndroidアプリがインストールされるGoogle Playの仕様も理解しておくと良いでしょう。

 

プログラミングスキル

 

開発を行う上でプログラミングスキルはエンジニアとしてなくてはならないスキルです。

特に、Androidアプリ開発に使われる言語、JavaかKotlinのプログラミングスキルがあると需要が高いでしょう。

これまでAndroidアプリはJavaを使用して開発されてきました。

しかし2017年を境に、Kotlinを使って開発されるケースが増えているので、最低でもKotlinは扱えるようになっておきましょう。

また、Kotlinと一緒にJavaも扱えるとなるとAndroidエンジニアとしての評価が高まることが期待されます。

 

コミュニケーションスキル

 

Androidアプリはチームを作って開発されることが多いためコミュニケーションスキルも重要です。

企画立案担当やQAエンジニアなど、さまざまな人と関わる必要があるため、スムーズにコミュニケーションが求められます。

自分の思い通りにいかないからとマイナスの感情を表現すれば、雰囲気が悪くなります。

チーム全体の目的は同じで、ユーザーのためになるアプリを開発すること。

そのためには、チーム一丸となり全員で協力して開発からリリースまで進めていく必要があるのです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

未経験からAndroidエンジニアへ転職するには

 

ネクタイ

 

人手不足が懸念されるAndroidエンジニアは、未経験からでも挑戦できますがハードルは高いです。

Androidエンジニアへの転職を成功させるためにも必要な事をである以下3点は抑えておきましょう。

 

Android開発に必要なプログラミングスキルを身に付ける

 

Androidアプリの開発に必要な言語はJavaかKotlinです。以前はJavaが開発言語として利用されていましたが、2017年以降はKotlinがメイン言語となりました。

したがって、未経験からプログラミング言語を学ぶならKotlinがおすすめです。

独学で学ぶことも可能ですが、途中で挫折したり分からないことをすぐ解消したりするため、プログラミングスクールに通いましょう。

未経験者の中には、転職が成功してプログラミングを学びながら成長していきたいという人がいます。

しかしそれでは、成長スピードが遅くなりますし他の転職志望者と差別化できません。

企業側が未経験OKという求人を出していたとしても、最低限プログラミングスキルは持っておきたいところ。

Kotlinなどを扱える人材は重宝されますから、あらかじめプログラミングは学んでおきましょう。

 

スキルを証明できる資格を取得する

 

ITに関する基本的な知識の証明に役立つのが、ITパスポートや基本情報技術者試験です。

もしもIT業界未経験であれば、取得を目指すことで体系的に学べるでしょう。

Androidエンジニアとしては、以下のような資格がおすすめです。

 

Android™技術者認定試験制度

Androidのアプリケーションやプラットフォームの開発スキルが問われます。

領域ごとに「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」が、さらにベーシックとプロフェッショナルの2段階のレベルがそれぞれ設定されています。

難易度はベーシックで偏差値55程度、合格率は約40%台とされており、プロフェッショナルの合格率は公表されていないものの偏差値が59程度となっていることから、その難易度の高さが伺えます。

 

Associate Android Developer試験

現在Androidアプリで推奨されているプログラミング言語Kotlinのスキルが問われます。

Androidデベロッパーの初級レベルに設定されている試験です。しかしアプリの機能開発からユーザーインターフェース、データ管理、デバッグ、テストといった幅広い範囲から出題されるため、一連の流れを把握している必要があります。

なお、英語で出題されるため英語力が必須です。オンラインでいつでも受験可能で、13歳以上であればどなたでも受けることができます。

 

ポートフォリオとして自作のアプリを作る

 

Androidエンジニアとして未経験でも採用されるには、実際にアプリ作成の経験が必要です。

いくら書籍やスクールでプログラミングを学んだとしても、自分でアプリを作った経験があるのとないのとでは大きな差が生まれます。

Androidアプリの開発環境であるAndroid Studioは簡単にインストールできますから、アプリの作成はそれほど難しくありません。

サンプルコードが書かれた書籍を参考に、簡単なものでいいのでアプリを作ってみましょう。

未経験とはいえアプリ作成の経験があるなら、企業側としてもエンジニアに対する熱意を読み取ってくれます。

もし可能であれば、アプリを作成したらGoogle Playで公開するのもおすすめです。

開発環境を整え実際にアプリを作成し公開する。どんなに簡単なものでも、一連の流れを経験することは大きな武器になります。

 

システム開発の流れを理解する

 

アプリやシステムの開発ではさまざまな工程を踏みます。

開発案件を受注したらすぐに取りかかるわけではありませんし、開発が終わってもすぐにリリースされるわけでもありません。

アプリの設計やコーディング・仕様テスト・リリース・メンテナンスなど、一つひとつ丁寧に行う必要があるのです。

どこかに穴が開いてしまえばユーザーにアプリを届けることはできませんから、開発に至るすべての流れを理解しましょう。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

Androidエンジニアへの転職のコツ

 

 

転職エージェントを活用する

 

転職エージェントを活用することで、現在持っているスキルで転職可能なAndroidエンジニアの求人を見つけることができます。

もし開発経験が長い方であれば、更に上の年収の求人や、面白い事業の求人を紹介することができます。

 

未経験の方であれば、未経験歓迎の求人を紹介可能です。

もちろん開発経験がない方の場合、いきなりAndroid開発に携わるのは難しい可能性があります。しかし、転職が的確なアドバイスをしてくれるのもエージェントを活用する強みです。

Androidエンジニアになるためには、どのようにキャリアを築いていけばよいかアドバイスが可能です。

 

IT特化型の転職エージェントがおすすめ

 

Androidエンジニアの求人やキャリアプランについて相談する場合は、IT特化型の転職エージェントがおすすめです。

一概に転職エージェントといっても様々な種類があります。大きく2種類に分けると「総合型」と「特化型」です。

総合型の転職エージェントであれば、幅広い求人を取り揃えているため、広い条件の中で探すには向いています。一方、特化型の転職エージェントは条件がある程度決まっている方に向いています。特化している分、該当の分野に対してコンサルタントの知見が深く、保有している求人数も多い可能性があります。

 

そのため「ITに携わりたい。」「Androidエンジニアになりたい。」といった願望がある方であれば、IT特化型エージェントがおすすめです。

例えば、Androidエンジニアに必要なプログラミング言語であるJavaやKotlinといった専門的な知識に関しても、IT特化型エージェントのコンサルタントなら理解しており、スムーズに話が進みます。

そのため、IT業界でのキャリア形成に関してもより詳しいアドバイスが可能です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

Androidエンジニアへの転職に向け、エージェントに相談しよう

 

ノートパソコン

 

Androidエンジニアは、市場調査やAndroidアプリの開発・保守・運用を手がける仕事です。

人手不足が懸念されているエンジニアは、あらゆる企業において求人ニーズが高い傾向にあります。

Android Studioという開発環境で、JavaやKotlinといったプログラミング言語を扱えれば未経験でも挑戦できることは間違いありません。

また、簡単なものでいいのでAndroidアプリの自作経験があれば未経験でも採用される可能性が高くなります。

転職が成功してから学ぶのではなく、あらかじめプログラミングスキルなどを身に付け、他の志望者と差別化して転職活動を始めましょう。

 

IT・Web・ゲーム業界に強みを持つ株式ギークリーでは、Androidエンジニアへのご転職活動もご支援しております。

情報収集やキャリアチェンジをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

コーディング

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事