カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 2025年の崖でIT人材が不足する原因を解説!企業は転職者に何を求める?企業を支える人材として転職!
  • 技術・テクノロジー

2025年の崖でIT人材が不足する原因を解説!企業は転職者に何を求める?企業を支える人材として転職!

IT業界において大きな問題とされているのが2025年の崖です。特に人材の不足は深刻でありこの問題の根幹に関わっています。今回は2025年の崖に関して、人材が不足する原因や企業が転職者に求めることなどを中心にお届けしていきましょう。これからのIT業界を生き抜くためには何が必要なのでしょうか。

ノートブック

2025年の崖でIT人材が不足する原因

 

ビジネス

 

IT業界では2025年の崖と呼ばれる問題が話題となっています。

その名の通り、2025年に起こる出来事を指しているのです。

これは端的にいえばITの人材が不足するということを意味します。

何故2025年にIT人材が不足するのか、まずはその原因をご紹介しましょう。

 

レガシーシステム担当者の退職

 

2025年にIT人材が大きく不足するのには、今までシステムを担当していた人材の退職も関係しています。

こうした人材が退職することで単純に労働者人口が不足するという問題だけではないのです。

システムを担当してきた人材が退職するに伴い今まで運用してきたレガシーシステムに関するノウハウが失われてしまいました。

新たな人材がシステムを引き継ごうとしても、思うようにシステムを管理できず業務が効率的に行えないという問題が生じています。

長年にわたってシステムを改修し複雑化してしまった結果、内部がブラックボックス化したのです。

これにより新たな人材が管理することができなくなってしまったのです。

システムが老朽化していたにも関わらず改修を繰り返すことで対応してきたことで今になって業界全体でこうした問題が生じています。

 

ITエンジニアの不足

 

この問題の大きな原因は企業にITエンジニアが不足していることです。

ベンダーが多くのエンジニアを確保しており、ユーザー企業は慢性的に優秀なエンジニアが不足している状態となっています。

これが常態化したことにより、ユーザー企業はエンジニアから得られるノウハウを持っておらず、システムの最適化が行えていません。

DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していくためにこれは深刻な問題です。

システムを刷新できなければ先進的な技術を活用できる若いITエンジニア達が古いレガシーの管理に追われてしまいます。

DXを推進していく上でこうした環境を変えることは急務となっているのです。

 

対応が間に合わなければどうなるのか

 

ラップトップ

 

2025年の崖の対応が間に合わなかった場合に業界全体で起こり得る事態を具体的にご紹介します。

何故今この問題を解消しなければいけないのかお分かりいただけることでしょう。

 

システムの維持管理コストが増大

 

老朽化したシステムは今の最新技術により構築されたシステムよりも維持管理コストの面で大きく劣ってしまいます。

システムがブラックボックス化した状態のまま維持を続けていれば、今後維持管理することができなくなる可能性もあるでしょう。

こうしたリスクを避けるためにも今の内に老朽化したシステムを新しくすることが重要です。

 

システムの老朽化によってサイバーテロの標的にされるリスク

 

システムが老朽化するに伴ってセキュリティ面での穴も多くなってしまいます。

そうしたセキュリティの隙を突いて、サイバーテロの被害に遭う可能性も大きくなるでしょう。

個人情報が漏洩したりデータを盗まれたりといった問題が生じてしまった場合には、企業の信頼も大きく損なわれてしまいます。

こうしたことが起きないように今、対策をするべきなのです。

 

最新鋭の技術を生かせない

 

タイピング

 

老朽化・ブラックボックス化したシステムを使い続ければ、最先端のデータ技術を活用することも難しくなってしまいます。

大きな進歩を遂げている膨大なデータを分析する能力も扱えないとなれば、業務を最適化していくことも難しくなるでしょう。

これにより企業は多大な損失を被ることとなるでしょう。

 

2025年の崖に向けてDXの推進が急務

 

テック

 

2025年の崖を乗り越えるためにはDXを推進していくことが急務となります。

老朽化したレガシーシステムを刷新しデジタル化を進めることにより業務の効率化やデータの標準化を行えるのです。

効率的にデータを活用したり業務の自動化が行えるようになっていけば、IT人材の不足も改善されていくことでしょう。

DXの推進というのは2025年の崖を乗り越えるために必要不可欠です。

企業の損失を最小限に抑えるためにもDXに対しての取り組みが重要視されていきます。

 

2025年の崖に向けてやるべきこと

 

モニター

 

IT業界はDXに取り組んでいく中で、2025年の崖を乗り越えなければなりません。

これからのIT業界の成長を維持していくために何をやるべきなのでしょうか。

ここでは2025年の崖に向けて今からやっていくべきことを解説します。

 

業務の自動化

 

IT技術が進歩する中で様々な業務の自動化が進行しています。

そしてこの自動化というのが2025年の崖を乗り越えるためにやるべきことの1つといえるでしょう。

人材の不足が大きな問題とされていますが、業務の自動化によってそうした問題を乗り越えられると考えられています。

貴重な人材を有効に活用するために、人がやらなくても良い業務について自動化することで効率化を行うことが重要です。

DXの推進に向けて企業は業務に自動化を急務で行う必要があるでしょう。

 

社員育成・教育

 

IT人材の不足が深刻化する中、社員の育成・教育は欠かせません。

単純に優秀な人材を獲得するだけでは、人材の不足は解消することができないでしょう。

そのため現在所属している社員や新入社員に対して育成・教育をすることによって、優秀な人材を増やす必要があります。

これからのDXの流れに付いていける人材を増やすことで、多くの社員が期待以上の活躍を見せれば、IT人材の不足を回避できるかもしれません。

企業にとって社員の育成・教育も急務だといえるでしょう。

 

無料転職相談に登録して自分のスキルを活かせる職場を探そう

 

2025年の崖に対する企業の対策

 

ワークスペース

 

企業が2025年を回避するためのDX推進に向けて具体的にどのような対策を行なっていくと良いのでしょうか。

転職者もこうした対策方法を知っておくことで転職後の業務に役立てることができるかもしれません。

 

ITシステムの見える化

 

システムについての課題を解決するにあたって、システムの全体像を見えるようにすることは必要不可欠です。

具体的に既存のシステムに関して評価・分析を行って、どうすれば効率化が行えるのかを考えましょう。

システムをクラウドに移行したり、不要な機能を無くしたりといった判断を行うためにシステムを見える化することが重要です。

 

DXで何を目指すのかを共有する

 

デスク

 

企業全体でDXを推進していくためには、どういった方向性でやっていくのかを社内で共有する必要があります。

2025年の崖を乗り越えるためにはDXで何を目標としてやっていくのかを具体的にすることが重要です。

そうすることで解決すべき課題の優先順位や今後の業務をどのように改善していくべきなのかが自ずと分かってくることでしょう。

部署や役職に関係なく社内全体で目標を共有することでシステムの刷新も効率的に進んでいくはずです。

 

2025年の崖に伴って企業が転職者に求めること

 

ネクタイ

 

次は2025年の崖に向けて企業がどういった転職者を求めているのかをご紹介します。

次のようなことに気をつけて転職活動を行っていくことで企業からの評価もプラスになるでしょう。

 

主体性

 

DXを推進していく上で自分から主体的にプロジェクトに関わっていく人材を企業は求めています。

これからのIT業界を担っていく人材が主体性を持ってDXを推進していくことによって企業からも高い評価を得られるでしょう。

以前のようにトップダウン方式で企業の意思決定がされる企業というのは少なくなっています。

それぞれが主体的に業務に携わることによって、より良い化学反応が起きることを企業は求めているのです。

2025年の崖という大きな問題に自分ならどう取り組むか、具体的な考えを持つことで主体性のある人材であると認めてもらえるでしょう。

 

技術力の高さ

 

2025年の崖を乗り越えるために企業は優秀な技術者を探しています。

転職に伴い自身の技術力を磨くことで企業から求められる人材になれる可能性が格段に上がるでしょう。

この困難を乗り越えるために自分が企業に対してどういった面で貢献できるかを具体的にアピールすることが重要です。

技術者として企業から求められる人材になるには自分の技術力を向上させることが必要不可欠です。

 

改善に取り組む姿勢

 

DXを推進していく上で企業には様々な課題が生じてきます。

そうした状況下で少しずつでも改善に向けて取り組む姿勢というのは重要になってくることでしょう。

効率化できる業務やシステム改善に前向きであることを示すことが重要です。

そうすることで企業内にDX推進に対して前向きな空気を生み出すこともできるでしょう。

 

企業を支える人材になるためには

 

時計

 

これからのIT人材に必要なのは、DXを推進していくために必要となるAI・ビッグデータ・クラウドなどに対する技術的スキル

そしてコミュニケーションスキル・業務改革・ビジネスを創造する能力などのソフトスキルです。

以前までであれば技術的なスキルを重視される場合が多かったですが、現在ではその比重がソフトスキルに傾いてきています。

勿論、優秀なエンジニアは企業から求められていますがDXを推進するためにはソフトスキルがより重要になってくるのです。

企業は戦略的・組織的にDXについての方向性を決断していく必要があります。

そのためには主体性を持って業務改革・ビジネス創造を行っていける人材の存在が鍵となるからです。

今後、企業を支えていくためには自身のソフトスキルを磨いていくことも重要となっていくことでしょう。

 

まとめ

 

スタートアップ

 

今回は2025年の崖でIT人材が不足する理由や、この崖を乗り越えるために必要とされる人材になる方法をご紹介しました。

これから転職を考えている方は、IT業界の危機を救うことのできるような人材となれるようにスキルを磨いていきましょう。

今回の記事を参考にして、転職活動を有利に進めていただければ嬉しいです。

 

無料転職相談に登録して自分に合った企業に転職しよう

Geekly Media
ライター

ノートブック

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。