カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職サイトで届くスカウトメールになんて返信すればいいの?返信の必要性や注意点について徹底解説!
  • 転職活動

転職サイトで届くスカウトメールになんて返信すればいいの?返信の必要性や注意点について徹底解説!

最近では転職サイトに登録すると、企業からスカウトメールが来るものもあります。スカウトが来ることは非常にありがたいのですが、実際に来たときにどう返信すれば良いのかわからない人も少なくありません。今回はスカウトメールが来たときの返信や注意点などについて、徹底的に解説していきます。これでスカウトメールも怖くありません。

そもそもスカウトメールって?

 

 

企業からのスカウト

 

今までの転職というのは、転職したい企業に自分で履歴書などを送ったりなど、色々やることが多くありました。しかし最近は転職サイトなどから応募したりすることができるため、転職にかかる手間も少なくなります。特に最近では、転職サイトに登録するだけでスカウトメールが来ることもあります。

スカウトメールとはその名のとおり、うちにぜひとも来てほしいという思いや、ぜひともこの会社で働いてほしいという願いが込められているのです。これが来るということは、企業が採用に前向きだという証拠なのです。スカウトメールが来ると、転職もかなりスムーズなものになります

 

転職エージェントサイトから来ることも

 

ではそのようなメールはどういうところから来るのか、ということになります。基本的には自分が転職したい業界の人から直接来ることもありますが、別の転職エージェント会社から来ることも多いです。いずれの場合も、スカウトである旨とともに仕事内容などがまとめられていることがほとんどです。

基本的に自分が転職したい業界をもとに来るようになっています。しかし中には自分の理想に合わないものも含まれています。そのようなメールが来た場合はどうすれば良いのか、それについては後ほど解説します。

 

返信はしておこう!

 

社会人としてのマナーの一つ

 

そもそも企業からのスカウトは返信すべきなのかということなのですが、結論からいうと返信すべきです。理由は様々ありますが、一番は社会人としてのマナーであるためです。どんなことでも言えますが、基本的にメールは返信するようにしましょう。

もちろんなかなかすぐに返信できないこともあるはずです。その場合は返信する際に時間がかかってしまったことに対する謝罪文を簡単に入れるようにしましょう。返信という些細な行為でも、それが今後の転職活動において非常に良い結果につながるのです。

 

断る場合でも返信メールは必須

 

スカウトメールが来るのは嬉しいことです。しかし中には、自分がやりたいことと合わないこともあるのです。だからといって返信をしないのは、社会人としてはよくありません。このような場合返信しない人も少なくありませんが、基本的には断る場合でも返信メールを送るようにしましょう。

確かにスカウトを断るのは申し訳ないという気持ちになってしまいます。しかし断る場合でも、きちんと意思表示をすることで相手もわかってくれます。もし今転職活動中で条件が合わなかったものを放置しているのであれば、今すぐに返信をしてあげましょう。

転職サイトの中には、辞退ボタンというものが備わっている場合もあります。その場合は、辞退ボタンをもって相手に反応を返してもOK。とにかく、無視をするというのはマナー的にもNGですので、反応を返すようにしましょう。

 

本当にスカウトなの?メールの見分け方

 

 

スカウトメールには2種類ある

 

一口にメールと言っても、実は2種類あることをご存知でしょうか。

スカウトメールは基本に転職エージェントからのメール採用担当からのメールの2種類があります。転職サイトに登録してすぐに届くスカウトメールの多くは、転職エージェント会社によるメールであることが多いです。転職エージェントからのスカウトメールの場合、選考に全く関係が無い場合もあるので、しっかりと文章を確認しましょう。

とはいえ、転職エージェントからのスカウトメールも、送信相手を選んで送っています。自分の経歴が評価されて、良い求人を紹介してもらえる可能性もあるので、「どこを評価してメールを送っていただいたのでしょうか?」と質問をすることで探りを入れることもできます。

 

採用担当からのメールは要チェック

 

特に絶対に無視してはいけないメールが、採用担当からのメールです。理由としては、実際に採用担当者が書いていることがほとんどだからです。つまり、直接書くという手間をかけてでも採用したいという強い気持ちが出ているのです。

そうしたメールについては、きちんと気持ちを込めて返信をしましょう。万が一条件などが合わなくて辞退をする場合も、わざわざ手間をかけて送ってくれたということを意識して、丁寧な文章で辞退の気持ちを書きましょう。そうすることで信頼が生まれ、もしいつか何かの縁があった際に、良い影響を与えるでしょう。

 

無料転職相談に登録してGeeklyで転職しよう

 

失敗しないスカウトメールの返信方法

 

書かなければいけない5つのこと

 

 

メールは絶対に返信しなければいけないことはわかりました。しかし実際に返信するときどのように返信すればよいのかわからないという人も少なくありません。基本的な返信内容としては、スカウトを受ける意思があるかどうかをしっかりと書くことが重要です。

メールの内容としてはスカウトを送った人の名前自分の名前感謝の気持ちなども一緒に書きましょう。この4つの要素をしっかりと盛り込むだけで、十分誠意が伝わる返信となります。

 

辞退する場合もしっかり返信しよう

 

スカウトを受ける場合であれば先程の内容で問題ありませんが、辞退する場合はどうすればよいのでしょうか。辞退する場合も基本的には先程の内容とほぼ一緒です。唯一違うところはスカウトを受ける意思がなく、今回辞退するということを書くことです。

スカウトを辞退する理由で悩む人は多いのですが、これは特に深く考える必要がありません。転職のタイミングがずれたためスカウトを辞退する場合も、率直にそのことを書いても問題ありません。辞退する場合でも、しっかりとその意思が伝われば大丈夫なのです。

 

返信で気をつけるべきポイント

 

返信はお早めに

 

返信内容以外にも気をつけるべきことはいくつかあります。特に返信のタイミングについては、注意しなければいけません。スカウトが来たらなるべく早めに返信することを心がけましょう。

スカウトといっても自分一人に送っているとは限りません。場合によっては複数人に送っていることもあります。返信のタイミングが遅ければ遅いほど、チャンスを逃してしまうリスクも大きくなってしまいます。メールが来たらすぐに返信することを意識しましょう。

 

スカウトメールが来る=採用ではない

 

転職サイトを登録したあとに来るスカウトは、来たからと言って必ず採用されることはありません。書類選考が免除になるようなスカウトメールでも、面接で落ちてしまうことは十分に考えられますし、そもそも選考要素を含んでいないスカウトメールである可能性も大いにあります。

初めて転職サイトに登録した人というのは、このような落とし穴にはまってしまうことが多いです。それを防ぐためにはまず誰からメールが来ているのかをしっかりと確認しましょう。常に冷静に動くことが何よりも大事です。

 

スカウトメールは転職における最強アイテム

 

 

今回はスカウトメールの返信について解説しました。

 

転職サイトにはまめに訪れよう

 

最近では転職サイトも様々なものがあり、スマートフォン向けのアプリも増えてきました。スカウトメールを待つのも良いですが、なるべくはまめに転職サイトに訪れるようにしましょう。また、他の転職サイトなどに登録をして、複数のサイトをつかって転職をすすめるのもおすすめです。

特にアプリの場合は通知機能などもあるため、スカウトなどのメールもすぐに気づくことができます。すぐに気づくことができればそれだけ返信スピードも早くなるため、チャンスを逃すことも少なくなります。

 

まとめ

 

最近の転職サイトやアプリというのはかなり便利なものになっています。特にメールについては、例文などが用意されていることが多いです。そのためもしも良い文章が思い浮かばなかった場合は、その例文をベースにするのも良い方法です。

しかし本気で転職をする場合、基本的には自分で文章を考えるのがおすすめです。例文だと失敗はしませんが、自分の気持ちを込めることができないものです。相手に誠意を見せるためにも、自分で文章を考える癖を身につけておきましょう。

無料転職相談に登録して今までの知識や経験を活かせる会社に転職しよう

 

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。