カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【必見!】企業がもとめる即戦力とは?!その意味から身に付け方まで幅広く徹底解説!
  • 転職準備

【必見!】企業がもとめる即戦力とは?!その意味から身に付け方まで幅広く徹底解説!

多くの人が履歴書の志望動機や面接のときに使ったり、さらには企業の採用担当者も使うことが多い即戦力という言葉。しかし皆さんは即戦力とはどういうものか理解していますか。即戦力といっても、会社の思う即戦力は企業によって様々です。今回はそんな即戦力の意味から、本当の意味での即戦力を身につける術まで解説していきます。

その即戦力の使い方合ってる?

 

即戦力の意味

 

 

多くの人は、即戦力という言葉を聞いたことがあるはずです。特に転職の際、履歴書などに即戦力という言葉を使ったり、面接のときに貴社の即戦力となるよう全力を尽くしたい、というようなことを言ったことのある人も多いはずです。しかし中には、その即戦力の使い方は本当に合っているのか、と感じてしまう使い方をする人も少なくありません。

本来即戦力という言葉の意味は、特別な訓練を受けなくてもすぐに戦力となる存在、という意味があります。つまり、あれこれ教えなくても参加したその日に周りと同じように仕事をこなし、あっという間に成果を上げてしまう人のことを言います。

 

戦力とはどういう意味か

 

とはいえ今働いている全ての人が即戦力であるのかと言うと、そうでもありません。中には入社して間もない頃は即戦力とは言えない人でも、仕事をこなしていくうちに会社を支える大きな戦力として君臨している、という人も居ます。

戦力というのは、戦争に関わる全ての作業を総合的に遂行する能力を言います。現在は昔ほど戦争は起こっていないため、主にスポーツの世界や仕事などにおいて、会社やチームに大きく貢献してくれている人のことを戦力としていることが多いです。

 

企業の求める即戦力とは

 

企業にとっての即戦力の意味

 

 

なぜ多くの人が志望動機や面接のときに即戦力という言葉を使用するのか、それは企業が即戦力となる人を募集しているためです。この即戦力という言葉は、多くの企業でも求人を出す際などに用いています。では企業が求める即戦力とはどういうものでしょうか。

結論から言いますと、先程説明した意味と同じような人材です。つまり、研修などをしなくてもすぐに仕事を任せることができる人を企業は募集しています。ではなぜ企業はそのような人材を欲しているのでしょうか。その理由については次の部分で解説します。

 

なぜ企業は即戦力を求めるのか

 

なぜ多くの企業は即戦力となる人材を求めるのか、その理由は主に2つあります。一つは会社の負担を最小限に抑えたいためです。企業によっては未経験者のために研修期間を設ける企業もあります。しかし研修を設けるとなると、時間や手間、そして人員を研修に割く必要が出てきてしまうため、それだけ企業にとっては負担となってしまいます

そしてもう一つの理由は、企業間の競争が激化しているためです。IT業界を始め、毎年多くの企業が参入しています。当然参入する企業が増えれば増えるほど、競争も激化していきます。そのような時代において、入社してすぐ戦力となる人材というのは企業にとってかなり強力な武器となるのです。

 

即戦力となるものは?

 

資格や実務経験

 

 

即戦力となるよう全力を尽くします、と言って本当に即戦力となった人というのはかなり少ないです。そもそも即戦力となる要素としてどのようなものがあるのか、知っている人はかなり少ないのが現状です。

即戦力となるものとして最も多いものが、資格や実務経験です。よく資格は持っているといろいろ有利になるということが言われています。それは資格があるということは、専門的な分野についてかなり詳しいという証明になるためです。そして実務経験は、実際にその業務を経験したことがあるという証になります。これら2つの要素があるだけでも、かなり差をつけることができます。

 

基本的な人間力

 

 

しかし、資格と実務経験だけでは即戦力とはなれません。その他にも根本的に必要なものがあります。それこそが人間力です。具体的に説明しますと、コミュニケーション能力適応性が最も重要です。資格や実務経験もかなり強力な武器とはなりますが、最終的にはこの基本的な人間力が最も重要です。

例え資格取得のために学んで来たことが、全ての企業の業務で通用するのかというと、残念ながらそうでもありません。実務経験もいくら経験があるからと言っても、企業ごとに業務の進み方というのは異なるものです。そのため、最終的にはその企業に適応する力とコミュニケーション能力が必須となるのです。

 

即戦力は全ての年代に必要?

 

若い人は即戦力なくてもOK?

 

ここまで即戦力とはどういうものかについて説明しました。しかしこの記事を読んでいる人の中には、20代の若い人もいるはずです。若い人でも実務経験が豊富だという人も稀に居ますが、ほとんどの若者は実務経験という部分だけで見るとかなり不利です。しかしご安心ください。若者の場合は基本的に企業は即戦力を求めていません

理由としては、若者の場合適応力やコミュニケーション能力に優れていることが多く、さらには柔軟性という部分で圧倒的に有利なのです。例え即戦力にならなくても、企業の教育次第では早い段階で戦力となることが多いため、若い人は特に即戦力について気にしなくても問題ありません。

 

即戦力が重要になる年代

 

 

では逆に即戦力が重要となる年代はどのような人なのか、ということになります。基本的に即戦力が重要視される年代は30代より上の年代です。30代以上になると、企業は即戦力を重視するようになります。

人間というのは年齢とともに衰えていくものです。特に30代になると、20代の頃と比べて柔軟性などの人間力での成長スピードが遅くなり始めます。そのため、30代になると企業で育ててもらうのではなく、能力や経験を活かすことができるフィールドに移るというほうがおすすめです。

 

今すぐに即戦力を身につける術

 

自発的に動くべし

 

 

先程の部分で若者は即戦力は求められていないと説明しましたが、その若者も当然年を取ってしまいます。今のうちから即戦力を身に付けておくのがベストです。具体的に即戦力を身に付ける方法としては、常に自発的に動くことがおすすめです。

若いうちから受動的な生活をしていると、それが当たり前となってしまいます。年を取れば取るほど、行動を変えるということは難しくなってきます。そのためもしも受動的だなと感じている場合は、今のうちに自発的に動くという習慣を身につけておきましょう。意識して行動するようにすれば、いずれ無意識に行動することができるようになります。

 

実用的な資格を取得すべし

 

 

行動を変えるのはちょっと厳しい、そう感じる人も多いはずです。そんな人は資格取得をすると良いでしょう。先程も少し述べましたが、資格を持っているということはその分野についてかなり詳しいという証明になります。費用などはかかってしまいますが、その分転職などではかなり有利になります。

しかしここで注意すべきこととして、実用的な資格を中心に取得するようにしましょう。資格といっても様々なものがあります。中には専門的なものもありますが、いくら専門的な資格であっても実用的でなければ意味がありません。そのため、取得する資格選びにも注意が必要です。

 

30代に備えて即戦力を仕込んでおこう

 

今回は多くの人がよく使う即戦力について、本来の意味や身に付け方などを徹底的に解説しました。

 

サービスや業種選びも重要

 

 

即戦力を身に付けることも非常に大事ですが、実際に30代から転職などをする場合は、転職に関するサービスや転職先の業種選びにもこだわるようにしましょう。たとえ即戦力に自信がなくても、サービスや業種の選び方に気をつけるだけでも、十分有利に転職を進めることができます。

特にギークリーをはじめとする転職エージェントは、その人の経歴や資格を元におすすめの仕事を紹介してくれるため、労力をかけずに転職を進めることができます。ぜひこのようなサービスにこだわって転職をしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

即戦力という言葉は、確かにインパクトがあります。しかし、だからといって乱用すれば良いのかというとそうでもありません。よく志望動機などで即戦力という言葉を使う人が居ますが、その多くはとにかく企業に良いように見られたい一心で使っているという人が多いです。

変に志望動機などで嘘を並べたとしても、必ず受かるとは限りません。むしろ、その状態で内定をもらった場合、その嘘の自分を会社にいる限り演じ続けなければいけません。これから転職などをする人は、嘘偽りなく等身大の自分で攻めていきましょう。もちろん、さらけ出しすぎるのもよくありません。

 

即戦力として活躍できる企業について聞いてみる☞

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。