カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 20代の転職で求められることとは?転職を成功させるためのポイントについてご紹介!
  • 転職準備

20代の転職で求められることとは?転職を成功させるためのポイントについてご紹介!

新卒で入社してわずか数年で転職をしたい…と考える人は多いのではないでしょうか。現に新卒3年目で転職する人は非常多くいます。しかし、経験もスキルもない状態で雇ってくれるか不安なかたも多いのではないのではないでしょうか。そこで、今回は転職を考えている20代向けに転職を成功させるポイントや考え方を幅広くお伝えします。

2020年8月31日

  • twitter
  • facebook

20代の転職で求められること

 

 

転職市場における20代のイメージとしては、社会に出てからの経験がまだ浅く、スキルもあまり高くないというものです。しかし、若さというパワーや素直さといった点から、ポテンシャルを期待されることがしばしあります。企業からの採用枠も少なくありません。そんな20代の求職者に対して企業が求めている事についてご紹介します。

 

経験と実績

 

社会人経験は少ないといえど、前職でどのような仕事をしてどのような成果を残したかは見られます。

ですので自分が何を成したのかを話せることは非常に重要です。特に実績が具体的な数値で共有できると相手にも伝わりやすくなります。

 

「経験が浅く実績もないため、面接や履歴書で語ることがない。」と考えてしまう方もいるかもしれません。そういった場合、具体的にどういった考えで仕事に望んでいたのかを整理してみると良いでしょう。

例えばですが、

・業務スケジュールをどうやって立てこなしていたのか

・こういう失敗をして上司に怒られたので、自分のダメな部分を見直して改善できるようにした

・丸々に自発的に挑戦してみた

などです。

あなたは何ができて、仕事に対してはどのような価値観なのか伝えるようにしましょう。採用担当者は自社で活躍していける人材なのか知ろうとしています。活躍していける姿を太陽担当者に具体的にイメージしてもらえるよういしましょう。

 

自分のキャリアビジョンを言語化できるか

 

面接で今後のキャリアをどうしていきたいのかという質問は必ず聞かれます。

そこで、自分のキャリアプランをしっかりと言語化できるようになっておく必要があります。極力具体的に、「いつまでにどうなっていたいのか」を相手に伝えましょう。

ただ、ここでの注意点は「30歳で部長になります!」などと抽象的なものにならないように注意しましょう。業界トレンドがどうなのか、この業種で得られるスキルは何かといった点をしっかり考えます。その上で、部長というポジションに就いて、「どういう働きかけができるのか」「どう社会に対して役立てていくか」といった部分まで伝えられるとベストです。

 

どういったインプットがあったのか

 

先ほどの業界研究と関わる部分ですが、どういった勉強をしているのかは見られる部分です。

特に未経験ジャンルで就職をしたいと考えている場合は、なおさらその業界についての知識が必要です。20代のうちはポテンシャルに期待した採用の要素が大きいです。なので、自己研鑽の姿勢が重視されます。

ただ、〇〇がやってみたいから転職したい。というだけでは本気度がつたわりません。そのやりたいことに対して、直近でどのような働きかけをしているのかといった姿勢が見られます。

 

20代での転職の成功ポイント

 

 

では20代で満足いく転職を果たすためには何をするべきなのでしょうか。

 

自己分析

 

まずは、転職の理由を明確にし転職軸を定める必要があります。

20代の転職の場合、社会人になって何となく飽きてしまいやめてしまうという人も少なくありません。しかし、その「何となく」の部分が明確にならないと危険です。

・行きたい企業が見つからない

・どんなキャリアを進みたいか不明慮

・面接に通過しない

・ミスマッチになってしまい早期離職してしまう

といったような危険があります。

まずは、「何故転職を決意したのか」「どのような働き方を実現したいか」「最終的にどうなりたいか」という部分を明確にして動き始めましょう。

そうすることで、行きたい企業も絞れますし、面接でも自分の言葉で明確に伝えることができます。企業側としても、求職者に明確な軸があることで、自社で活躍できるかしっかりとした判断ができミスマッチを防げます。

 

業界研究と企業研究

 

自分の軸が定まったら行きたい業界や企業を絞ることができます。この部分も選考や転職の成功に大きく関わってきます。

業界研究や企業研究をおざなりにすると、自分のキャリアプランが実現できるのか曖昧な状態で進んでしまうことになりミスマッチにつながってしまうのです。

業界であれば「興味を持てる業界なのか」「今後伸びていく業界なのか」「今まで培った知識は活かせるのか」など吟味しましょう。企業も同様です。「企業理念やビジョンに共感できるのか」「今後自分が活躍していけるような業界なのか」「社風や働き方は自分にあっているのか」を予め把握しましょう。

20代の転職の場合、即戦力というよりはポテンシャルに期待されます。ですので経験やスキルもみられはしますが、それよりも自社の業界やサービスについてどれくらい熱量を持ってくれているかを重視します。しっかりと準備して挑みましょう。

 

自己研鑽

 

こちらもポテンシャル採用には重要な部分です。日ごろからインプットしようとする姿勢があるのとないのでは印象が大きく違います。

例えばエンジニアの場合、なんとなくエンジニアになりたいという人よりも、日ごろからプログラミングスクールに通ったり、WEBサイトを自分で立ち上げてみたりする人の方が圧倒的い熱意が伝わるでしょう。

漠然と転職を考えるのではなく、自分のなりたい像を定め、それに向けて何か行動することをおススメします。

 

軸が定まらない場合はどうすればいい?

 

 

軸を定めて、それに向けて行動する大切さについて言及しました。しかし、中には自分で軸を見つけられない人も多いかと思います。

その場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントであれば、まずはカウンセリングから行ってくれます。そのうえでその人にとって最適と考えられるキャリアプランを提案してくれるでしょう。

また、キャリアプランの提案だけでなく、求人の紹介や書類の書き方、面接の対策といった転職全般のサポートをしてくれます。転職が初めてで何から始めていいか分からない…..という方は是非活用ください。

 

まとめ

 

 

本記事では20代で転職を成功させるためのポイントについてご紹介しました。

今の仕事に悩んでいて転職すべきか迷っている20代の方は、まずは自己分析をしてみましょう。もしかすると、今の仕事でキャリアを詰む方がいいのかもしれません。

いざ転職しようと決めても何から始めていいか分からない….という方は転職エージェントを活用しましょう。転職のプロのコンサルタントがあなたを徹底的にサポートしてくれるでしょう。

キャリアとは生涯ついて回るものです。この記事を参考に、後悔しない転職が実現できれば幸いです。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。