1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 「転職がうまくいかない・疲れた」状況を脱する方法

「転職がうまくいかない・疲れた」状況を脱する方法

いざ転職をしようと決めても、なかなか転職先が決まらないと精神的に疲れてしまいますよね。自信を無くしてしまい、転職活動の気力がなくなってしまうことも…。
本記事では転職のプロが転職活動に疲れを感じたときの対処法をご紹介します。そもそものストレス要因や、一息つく方法、見直すべきことを理解して、転職活動を好転させましょう。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

目次

転職活動に疲れたときの「休息と対策」

 

 

転職活動のストレスは異動や左遷と同程度

 

転職活動の際にかかるストレスは実際どの程度なのでしょうか?

ストレスの指標の一つに「ストレスマグニチュード」というものがあります。これは各ライフイベントにおけるストレスを数値化し、どれだけ蓄積しているかを視覚化したものです。

現在のストレスマグニチュードどれほどなのかを計測できるサイトも存在します。(参照:http://stressmountain.jp/)

 

ストレスマグニチュードを算出するうえで設定されている値を見ると、転職活動は異動や左遷といった「職場での責任の変化」と同等と見なされています。

つまり、実際の職場状況が変わっていなくとも、「職場を変えよう」「仕事を変えよう」と動く時点でもかなりのストレスがかかるということですね。

 

転職活動は普段の生活プラスアルファ

 

言うまでもなく、疲れの要因となるものは日常生活にもたくさんありますよね。転職活動はいつも通りの生活にプラスアルファで行う場合が少なくありません。となると、

普段感じている疲れ + 転職活動の疲れ

と疲れも転職活動の分だけ加算されてしまうのです。

これまでなかったストレスが加わるわけですから、転職活動中は精神的に疲弊しやすい状況になりやすいと言えるでしょう。

 

 

転職が決まらないときに「疲れ」を感じる要因

 

 

①キャリアの先行きが不透明

 

転職活動中は将来に不安を覚えやすい時期。

希望通りの転職ができるのか、そもそも転職自体可能なのか等、とにかく先行きが不透明で、情緒面でも不安定になりやすい傾向があります。

業種や職場環境にもよりますが、基本的には同じ仕事を続けている方が余裕をもってキャリアを考えることができるでしょう。

しかし、転職を視野に入れる場合には上記のような懸念がどうしても頭に浮かんでしまうのです。

 

②不採用が続き、自信がなくなる

 

転職しようと思ってもすぐに転職先が決まるとは限りません。人によっては何度も不採用の通知を受け取ることにもなります。

「たまたま企業とマッチングしなかっただけ」「縁がなかった」とわかっていても、不採用が続くと「自分に何か悪いところがあるのでは」「受け入れてくれる企業がないのではないか」などと、自分自身に対して否定的になってしまう場合もあるかもしれません。

 

③交通費など金銭面の負担が大きい

 

転職活動を行う上で切っても切り離せないのが金銭的負担。

履歴書などのこまごましたものから面接に行くための交通費、場合によっては衣服等にもお金がかかります。

既に退職してしまっている場合には、こういったちょっとした出費でも積もり積もって大きな負担となってしまいます。

最終面接以外はオンラインで行う企業も増えていますので、移動が負担に感じる場合は積極的に活用してみると良いかもしれません。

 

④休息が足りない

 

履歴書の記入や面接に時間を割いてしまい、十分に休めないのもストレスの蓄積に繋がります。転職活動前であれば趣味や息抜きに使えていた時間でも、転職のために使わなければならないことも。

するとこれまでストレスを解消していた手段がなくなってしまい、結果的に発散できていないストレスが溜まっていくのです。

 

➄求人案件数が不安定

 

コロナ渦で先が見えない、待っても求人案件がこれ以上出て来ないのではないかという焦りを抱えて疲れ切ってしまう人も増えています。

実は2021年9月には1.15倍だった都道府県別有効求人倍率は2022年9月には1.34倍となり、回復傾向にあるとされています。

もしもタイミングがはかれず迷ってしまう状態が続く事でストレスを感じているのであれば、希望に合う求人案件に応募してみるのもひとつの打開策になるかもしれません。(参考:職業紹介-都道府県別有効求人倍率

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

年代別の転職活動で「しんどさ」を感じるタイミング

 

 

20代は企業選びのタイミング

 

経験値だけでなくポテンシャルも評価される20代は、選択肢が豊富です。

同じ職種でキャリアアップのために転職するのか、キャリアチェンジを目指すのか、悩むタイミングでもあるでしょう。

企業選びの段階で絞り切れずにしんどさを感じるようであれば、もう一度転職軸を見直すことで解消されるかもしれません。

転職で何を実現したいのか、絶対に譲れない条件を決めるのはもちろんですが、譲歩できる幅も決めるとおのずと選択肢が絞られるはずです。

 

30代はライフイベントと重なるタイミング

 

30代は、男性女性ともにライフイベントが重なる年代です。

転職理由に結婚や出産といったライフイベントが関係する人も多いのではないでしょうか。

求職者にとって求める条件が多くなる一方で、企業側も30代には求めるスキル・経験が多くなります。そのためマッチしづらさを感じがちなのです。

 

今後の人生に大きく関わるタイミングでの転職だからこそ、自身の目指すキャリアパスを改めて明確にすると選択肢が定まることがあります。

どの強みを活かすべきなのか、迷った際には転職エージェントに相談することも検討してみてください。

 

40代は長期戦になりそうなタイミング

 

企業は40代の求職者に求める条件がはっきりしています。

そのため求人数も多くはなく、自身のスキルや希望に当てはまるものとなるとさらに狭まります。

この時点で焦りを感じてしまうことも多いうえに、転職活動が長期化しがちな傾向にあるのも40代の特徴です。

 

一方では人脈も広く、思いがけないところから声がかかる可能性も持っています。

30代以上に即戦力が求められる40代の転職では、億劫がらずにキャリアの棚卸しを徹底することです。

最後の転職になるかもしれませんので、焦ってミスマッチを起こさないよう双方の条件が合っているかしっかりと見極めましょう。

 

 

転職活動で溜まった疲れを和らげる方法5選

 

 

①疲れがたまっているサインを見逃さない

 

身体が休息を必要としているサインは、睡眠、食欲、普段の行動に現れます。

例えば空腹感を感じにくくなった、好きだった食べ物がおいしく感じないなどの食欲の変化。

疲れているのに寝つけない、眠りが浅く夜中に何度も起きてしまう、朝起きるのが辛くなったなどの睡眠の変化。

人の名前が思いだせない、一人で考え込むことが増えた、決断力が鈍ったと感じる、慣れているはずのことができないといった行動の変化。

このような変化に気づいたら、次のような方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

②プライベートの時間を確保しよう

 

まずはプライベートの時間を確保することから始めましょう。

あらかじめ転職活動に使う時間を決めておき、残りの空き時間を自分のために使うのがおすすめ。前もって時間を決めておくことで、ダラダラと作業を続けてしまうのを防げます。

プライベートの時間は一旦転職のことを忘れて、自分をケアすることに専念しましょう。

 

③好きなもの・ことに触れる時間を増やす

 

プライベートの時間にはぜひ好きなものや好きなことに触れる時間を増やしてください。

好きなことをしているうちに、いつの間にか嫌な出来事や疲れを忘れていたということはありませんか?また、好きなもののことを考えれば憂鬱な予定も乗り越えられたという経験をした人は少なくないと思います。

これらのことからわかるように、「楽しい」「嬉しい」といったポジティブな感情は、ストレスを緩和する効果が期待できます。

 

④食事・睡眠などの生活リズムを整える

 

基本的な部分でありながら、ついついおろそかにしてしまいがちなのは食事や睡眠です。

忙しいからといって朝食を抜いたり、夜遅くまで転職のための作業をしていたりすると、心身の疲れが取れず思考もネガティブな方向に引き寄せられてしまいます。

「そこまで気にする余裕がない!」という人は起床・就寝時間を決めるといった比較的簡単なところから変えてみましょう。

食事もグラノーラや既製品のような簡単に食べられるものを活用しても良いでしょう。

また、転職活動が自分のキャパシティーをオーバーしていないか改めて確認することも大事です。

 

⑤友人に話を聞いてもらう

 

誰かに話を聞いてもらうことはストレス解消に有効です。実際に言葉にすることによって自分の考えを整理・確認しやすくなります。

ぜひ息抜きを兼ねて、友人と会う時間を取りましょう。

その際は、友人側に余裕があるかどうかを確認しておくと良いです。

転職について相談できる間柄であるかどうか、また自分の相談以外にもどこかに出かけるといった点に注意してくださいね。自分が楽になるためだけに相手に負担を背負わせてしまうと、今後の関係にも響いてきます。

 

 

転職活動がうまくいかず疲れたときに見直してほしいこと

 

 

転職活動の「行動量」は十分か

 

「不合格」の連絡を受けることに委縮してしまう、もしくは現職が忙しいという理由から、数社しか応募しない方は多いです。転職活動の期間も細く長くなってしまうため、うまくいっていないように感じてしまうかもしれません。

しかし、その段階で「うまくいかない」と悩んでしまうのは早いです。

書類選考や面接の通過率はあくまでプロセス。転職活動で大事なのは、自分に合った企業を見つけ、その企業からの合格を勝ち取ることです。

 

まずは少しでも気になった企業があれば積極的に応募をしてみてはいかがでしょうか。多くの企業を比較することで、自身の転職軸や大事にしたい価値観も明確になっていきます。

結果的に面接にも慣れ、通過率も上がってくることでしょう。

 

有名な企業ばかり受けていないか

 

せっかく転職活動をするなら、有名な企業で働きたい。

そう思って、だれもが知る一流企業や有名企業の選考ばかりを受けているということはないでしょうか。また、そうは思っていなくとも、求人を探す際に自然と絞り込んでいたりしないでしょうか。

 

知名度の高い企業であれば、当然倍率も高くなります。企業としてのブランドや知名度、企業規模などが、本当に自分にとって最優先なのか、今一度見直してみましょう。

あなたにとってベストな企業は、全然違う条件かもしれません。

 

客観的に自己分析できているか

 

転職活動の要となる軸を再度見直してみても良いかもしれません。

具体的に再度確認したいポイントとしては、スキルの棚卸しと志望動機です。

これまで得た知識や経験は洗い出せているでしょうか。自身の強みは把握できていますか?

 

転職したいと思った理由、現職では叶わない、あなたが実現したい事をもう一度見つめ直してみましょう。

絶対に譲れない条件を無理に変える必要はありませんが、「ここまでは譲れる」というポイントを考え直す事で進む道が広がって感じる場合もあります。

 

 

 

面接対策はできているか

 

書類選考は通過するものの、面接がうまくいかない… そんな場合には、面接対策を見直しましょう。

特に注意したいのは、退職理由をネガティブなものや他責にしないということです。

「上司から理不尽な評価を受けた」「人間関係がうまくいかなかった」「残業が多すぎた」など、他責でしか捉えられていない転職理由を話す人と、一緒に働きたいと思うでしょうか。

事実だとしても、自身に非はなかったのか、やるべきことをやったのかなども振り返り、すべてを他責にしないようにしましょう。

 

 

IT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェントGeeklyでは、ご相談ベースでのキャリアカウンセリングから、ご希望に合わせた求人のご紹介、履歴書や職務経歴書の作成代行、企業との年収交渉など、ご転職活動を全面的にサポートしています。

サービスはすべて無料、自分で転職活動を進めることに疲れてしまった方もぜひご相談ください。

「転職の成功率は業界平均の約3倍!」「内定取得まで平均1か月!」「紹介可能求人数は一人当たりの平均約40件!」Geeklyにはこのような強みがあります。

まずはキャリアの相談をしてみる

 

転職活動がうまくいかない時のNG行動をとっていないか

 

疲れを感じた時にやってしまいがちなNG行動があります。

それが、内定を待たずに退職してしまうことです。

スケジュール調整がうまくいかずに、いっそ退職して短期集中で転職活動を終えた方が良いのではと考えるかもしれません。

その方法が合っている人もいるかもしれませんが、リスクは必ず理解しておきましょう。

退職して収入がなくなると、焦りや別のストレスの原因になりかねず、転職後にミスマッチを感じることになってしまうかもしれないのです。

無計画な退職は避けるべきです。

かと言って疲れを感じたまま転職活動を続けることもおすすめできません。

 

また、家族や友人など近しい人にストレス解消の目的で疲れを相談するのは構いませんが、転職活動のアドバイスを鵜呑みにしてしまうのも危険です。

不必要に視野を狭めることのないよう、転職の相談はプロにすると良いでしょう。

 

疲れをためない転職活動の進め方を知る

 

疲れをためない最も有効な手段のひとつが、短期で転職活動を終わらせることです。

長期化するとそれだけ疲労も蓄積するため、期間を決めて調整を行いましょう。

このスケジュール管理こそが、疲れをためず短期間で転職活動に臨む際に最大のポイントとなります。

 

せっかく一度立ち止まるのであれば、同時に今回の転職でどうしても譲れない条件と譲歩できる条件を決めなおすのも大事です。

期限と軸が定まっていれば逆算して転職活動を進められるようになるため、その分ストレスも軽減するはずです。

また、不採用通知をもらったからといってあなたが否定されたわけではありません。

「この企業とは合わなかっただけ」と捉え、気持ちを切り替えて次に進む考え方も、疲れをためないためには大事だと言えます。

 

転職活動期間の目安は3ヶ月

転職活動期間は平均3ヶ月と言われています。

何ヶ月耐えたら良いのかと考える人は参考にしてください。

ただし在職中ではスケジュール調整の関係で長引く可能性がありますし、年齢が上がれば活動期間は長くなる傾向にあります。その他にも長引く大きな要因は、事前準備不足とスケジュール調整がうまくいかないことです。

スムーズに転職活動を進めるためには、準備に時間をかけることが重要だと言えるでしょう。

 

転職活動を再開するタイミング

 

 

一度立ち止まった後、転職活動を再開するタイミングに適しているのはいつなのでしょうか。

ひとつの基準は上述した見直すべきポイントを見直し、新たなスケジューリングが固まった時です。

以前とは違う転職軸が見つかったり、譲れない条件と譲歩できる範囲が変わったからといって見直しを中断せず、その他一通りやり直すのがポイントです。

ネガティブだった考え方がポジティブに言い換えられるようになっていれば自信がついた証拠です。

 

もうひとつは、内定をもらえなかった企業ではなく新しい企業に気持ちが向き始めた時です。

前抜きに気持ちを切り替えられたということでしょう。

 

いずれにしても、見直しを行ったが故の根拠があれば、胸を張って転職活動を再開できるでしょう。

 

既に仕事を辞めている場合は自分に自信をつけることも大切

 

 

アルバイトやパートで達成感を得つつ、金銭面の不安を緩和

 

就業していないと常に金銭面での不安がつきまといます。加えて「何かを成し遂げている」実感がないため、焦りを感じてしまう人も存在します。

 

それを解消するためにも、転職活動に差し障らない程度にアルバイトやパートをすることを選択肢に入れてみてください。

短期雇用の求人もあるので、自分の状況に合ったものに応募してみましょう。場合によっては非正規雇用から正社員になる道も出てくるかもしれません。

応募する際には先方に「転職活動中であること」を伝えることを忘れずに行いましょう。

 

専門家の力を借りて、自分の強みを把握する

 

自信を失っていると感じたら、転職エージェントを活用するのも1つの手です。キャリアアドバイザーなどの力を借りることで、客観的な意見を取り入れることができます。

自己分析や自己アピールを見直してみましょう。見直す中で、これまで自分でも気づいていなかった強みを発見したり、自分の長所を再確認することができます。

そしてそこで洗い出した内容は、そのまま履歴書や面接に生かすことも可能です。

一人で抱え込まず、時には「誰かの力を借りる」のも転職活動の一環としておすすめです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職後も「疲れ」と向き合っていく必要がある

 

 

転職先に慣れるまでかなりのストレスがかかる

 

転職が決まっても、変化した環境に慣れるまでにはかなりのストレスがかかり疲れてしまうことが多いでしょう。

前の職場では当たり前だったことが次の職場ではそうではないケースは多々ありますし、その逆も然り。これまでと違う「当たり前」に適応するためには精神的に負荷がかかります。

いくら以前より良い環境であってもストレスが発生することを覚悟しておきましょう。

 

転職したからといってストレスがなくなるわけではない

 

このように、無事に転職できたとしても、またどれだけ職場に恵まれたとしてもストレスがなくなるわけではありません。

転職してからも、これまでとはまた違ったストレスと向き合っていく必要があります。転職活動が終わったからと言って、ストレスから完全に解放されるわけではないのです。

とはいえ、転職先が決まれば将来への不安や焦燥感が緩和されるのも事実。ポジティブな側面に目を向けながら、ストレスとうまく付き合っていきましょう。

 

転職を成功させている人は半数以上!

 

 

転職活動がうまくいかずに疲れを感じたら、成功させた人の割合にも目を向けてみましょう。

実は令和2年の厚生労働省の調査では、転職後の勤め先に「満足している」と回答した入職者の割合は53.4%と半数以上にのぼっています。

「不満足」が11.4%であることと比べるといかに多いかが分かるでしょう。

ストレスとうまく付き合い、工夫して転職活動を成功させましょう。

(参考:厚生労働『令和2年転職者実態調査の概況』)

 

まとめ~変化はストレッサーになりうる~

 

 

冒頭で触れたストレスマグニチュードが設定しているストレッサーには「結婚」「昇進」といった、一般的にはおめでたいことも含まれています。

つまり、どんなにいい出来事でも「変化」に対してストレスを抱き、精神的に疲弊してしまうということが想定され、悪い出来事であればなおさら疲れてしまいます。

日頃から上手くストレスを解消して、様々な「変化」に対処できるようにしておくのが重要です。

 

転職活動がうまくいかないとお悩みの方は、転職エージェントである株式会社ギークリーにご相談ください。

プロのキャリアアドバイザーが転職成功に向け、徹底的にサポートいたします。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事