1. HOME
  2. Geekly Media
  3. SES企業大手や上位企業を一覧で解説!働き方を転職エージェントがガイド

SES企業大手や上位企業を一覧で解説!働き方を転職エージェントがガイド

IT業界では欠かせない人材となっているSES企業のエンジニア。しかし中には環境の良くない企業も存在します。ではもしSES企業に転職したいと思った場合、いったいどういった基準で探せばいいのでしょうか?今回本記事ではそんな疑問にお答えするべく、SES企業にありがちなブラックな部分とホワイトSES企業と呼ばれ優良なSES企業について解説していきます!

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

SES企業とは?

 

 

SES企業の働き方

 

SES企業で働くということは、SES企業からエンジニアとしてITベンダー(情報技術に関連する製品やサービスを提供する企業や団体)に客先常駐し、システム開発や運用・保守などを行うということです。

派遣契約とは違い準委任契約となります。これはSES契約とも呼ばれます。

 

派遣されたクライアント企業で決められた契約期間に労働力を提供することを業務としており、指揮命令権は派遣先のSES企業にありますが、成果物に対して責任を負う必要はありません。

 

ブラックと言われる理由

 

SES企業がブラック体質だとよく言われている理由は下請け、孫請けが多く収入が低い傾向にあることや、単純なタスクが続く現場が多いため仕事に対するモチベーションが保ちにくいなどが挙げられます。

 

また、SES契約で働く場合他社に常駐し業務に当たるため、評価をしづらい環境にあるのですが、そのために評価基準が分かりづらく、あいまいにされてしまう恐れもあります。

 

 

SES企業で働くメリット5選

 

 

専門的なスキルが身につく

 

頻繁に仕事の内容が変わることは、SES企業で働く上でデメリットだけではありません。専門性のある様々なスキルを身につけるチャンスも増えるということです。

 

数多くのプロジェクトに参画することで、幅広い知識とスキルを吸収できるため大きな財産になります。

この経験は、たとえば転職する時やフリーランスとして独立、また大手のSIerや自社開発企業などへの転職をするためのキャリア形成に役立てることができます。

有名企業で働くチャンスがある

 

SES企業で働いていると、有名企業のプロジェクトにも参画する機会に恵まれることもあります。

そこで大手有名ITベンダーの社員といわゆるコネクションを作る機会があれば、他社へ転職する時に大きなメリットの1つとなります。

さまざまな企業で働くことができる

 

SES企業で働くメリットの1つに人脈が広げやすいというメリットがあります。常駐先の開発現場には大手SIerで働く人もいたりと、様々な社員の方と知り合うチャンスがあります。

また常駐先で自分のスキルをアピールできれば、そこで培った人脈を通じて優良な転職先を見つけられる可能性もあります。

 

長時間の残業が少ない

 

SES企業で働く人は一般的に、働く前に決められた規定の労働時間以上働く必要はありません。あくまでSESの場合はエンジニアの労働力を提供するという契約形態になっているからです。

また成果物に対しての責任もなく、完成させるために残業しなければならないといったことが少ないのです。

 

人間関係に悩みにくい

 

SESのエンジニアは常駐先で1つの仕事が終了すれば、また別の勤務先に変わります。社内開発のエンジニアのように1つの場所に長い間常駐することはほとんどありません。

 

したがって周囲の人間関係も仕事が終わりたびにリセットされますから、仮に苦手な人がいる環境であっても開発などが終わればまた新しい環境、新しい人間関係の中で働けます

 

 

SES企業で働くデメリット4選

 

 

収入が低い傾向にある

 

SESは下流工程を任されることが多く、どんなに優れた成果物を作り上げても前もって結んでいる契約以上の報酬はもらえません。下請けの下請け、孫請けなど下流工程になると中間マージンが発生しさらに収入は減ります。

以上のようなことから、SESエンジニアは平均すると収入が低いと言われることがあります。

 

やりがいを感じにくい

 

自社開発のエンジニアのように立案から設計、開発から運用・保守といったような製品やサービスを一貫して任されるわけではありません。

 

SESとしてプロジェクトに参画したとしても、成果物の完成を見ることなく業務が終了してしまうことも多々あるため、達成感や責任感が希薄になりがちで、仕事に対してやりがいを感じにくいといった側面もあります

 

プロジェクトによる環境の変化が大きい

 

SES企業のエンジニアは契約期間が終れば、違う職場に配属されるため、その度に人間関係も0からのリスタートとなります。このように客先や案件が頻繁に変わることでストレスを感じる人もいます。

 

希望の案件を任せてもらえない

 

SESとして働いている以上、かならずしも希望の仕事・職場に回してもらえるとは限りません。担当する仕事は基本的に企業が選びます。

自分が磨きたいスキルがある開発現場の企業があっても希望は出せますが、そこで100%働けるという保証はありません。

自分のスキルアップなどを考えた場合、なかなか自分の希望する業務に携われないということは、キャリア形成の意味でもデメリットとなります。

 

 

SES企業の売上高TOP5

 

 

1位 富士ソフト

 

富士ソフトは売上高は2,787億円です。独立系SIerとして有名ですが、SESもある企業です。

インフラ基盤からアプリケーションまで実用的なシステム構築ができる点が特徴です。

将来的に大手SIerで働きたい人にもおすすめの企業といえます。

 

2位 システナ

 

売上高は652億円で、3000人を超える従業員を抱えており、規模としては富士ソフトに次いで2位という地位を築いています。

未経験からのエンジニアの育成にも力を入れている側面もあり、主な事業としてソリューションデザイン、フレームワークデザイン、ITサービス、クラウド事業を手掛けています。

また近年は車載向けソフトにも注力しています。

 

3位 コムチュア

 

売上高は290億円で、「クラウドソリューション」、「デジタルソリューション」、「ビジネスソリューション」「プラットフォーム・運用サービス」「デジタルラーニング」の5つの事業に取り組んでいます。

近年はクラウドソリューション事業に力を注いでおり、社内システムのクラウド化などの需要増加により売上が伸びています。

 

4位 システムサポート

 

売上高は161億円で、ICT(通信技術を活用したコミュニケーション)を活用したシステムコンサルティングから、企画・開発・構築、運用・保守、システムライフサイクルを支援する専門サービスを提供している企業です。

日本オラクル株式会社の「Partner Award」を受賞(インテル社とのビジネスパートナーとして高い実績を持つ企業に贈られる賞)しています。

 

5位 鈴与シンワート

 

売上高は144億円であり、主要事業は「システム開発」「サーバー、ネットワークの設計構築」「コンサルティング」です。

大きな特徴としては「S-Port」と呼ばれるデータセンサーで、これはたとえば紙媒体にコストを割くことなく、PC、スマホ、タブレット端末等があれば、あらゆる場所から給与や賞与の明細閲覧が可能になるクラウドサービスです。

 

SESの求人を紹介してもらう

 

 

SESの有名企業一覧

 

 

上述した売上高上位企業のほかに有名なSES企業をご紹介します。

 

ソルクシーズ

 

株式会社ソルクシーズは金融向けシステム開発を強みとする独立系のシステムインテグレータです。

顧客にはクレジット、証券、保険業界の企業が多く、インフラ構築からシステム開発までをワンストップで支援できる点が強みで、多くのソリューションを展開をしています。

日本初の「全社業務を対象にISMS(ISO27001)認証」を取得した上場企業です。

先ほどの売上高ランキングでは第6位に該当します。

 

昭和システムエンジニアリング

 

50年以上の歴史を持つ企業です。

システム開発全体の8割を金融分野が占めますが、幅広い分野に活躍を広げており、近年ではAI、IoTなどの最先端技術の活用も進められています。

エンジニアを育てる社風でも知られています。

 

ランドコンピュータ

 

ランドコンピュータには学校法人を母体に持つという特色があります。

そのため研修に定評があると言われる企業です。

資格取得も支援され、新人教育期間中に2つのベンダ資格に挑戦できる環境が整えられています。

 

フォーカスシステムズ

 

ITサービス、システムインテグレーション、情報セキュリティの3つを柱とする企業です。

歴史があり、中央官庁や地方自治体など公共のシステム開発を強みとするだけでなく、ドローン研究やIoT分野、AI分野にも力を入れています。

 

エクストリーム

 

ゲームなどのエンタメコンテンツと業務系アプリの開発を主軸に手掛ける企業です。

リクルート、楽天証券、日本郵便のような大手企業を取引先に持ちます。

クリエイターが多く在籍するほか、独自の福利厚生が充実しているという特徴もあります。

 

 

ホワイトなSES企業を見極めるポイント

 

 

元請や2次請けの案件が多い

 

元請けや2次請けの多いSES企業は営業に力を入れている企業ともいえます。一般的にSESのエンジニアがどのような仕事の案件に就けるかはこの営業が持ってくる仕事によります。

 

つまりSES企業の営業力が強ければ、SESエンジニアは待遇の良い仕事へ回してもらえる確率が上がるわけです。そんな中でも自分が希望する業務を回してもらいやすいSES企業はホワイトといえます。

 

30~40代のエンジニアが活躍している

 

中堅層と呼ばれる30~40代のエンジニアが多いと、優良なホワイトSES企業である可能性が高いです。

 

なぜなら20代ばかりの若手しかおらず、30代~40代のエンジニアが活躍していないということは、裏を返せば、すぐ辞めてしまう離職率の高いSES企業ということです。

同時に未経験者を多く雇っている可能性もあります。

 

また、同時にエンジニアのスキルも確認しておきます。たとえば、PM、PLといったチームリーダー的な役職を任される人が多いかどうかです。

実績をしっかり残していて、かつ年齢が中堅に差し掛かる人材の層が厚いSES企業は優良な可能性が高いです。

 

自社製品の開発をしている

 

ここで注目したいポイントは過去に自社製品の開発実績があったという企業というより、リアルタイムで自社製品を開発しているSES企業かどうか?という点です

現在進行系で自社製品を開発しているSES企業は、ホワイトな環境のSES企業が多い傾向にあります。

 

自社開発は自社の資金力を投資するものなので、当然自社に体力や技術がなければできません。社員を客先常駐させて収益を上げるよりもコストもリスクも高いということになります。

 

つまり、自社製品を現在進行形で開発しているSES企業は自社製品が売れているということであり、しいては「技術力がある」ことを意味します

こういったSES企業は、設備投資や社員に対する還元もしっかりしているホワイトなSES企業の可能性が高いです。

 

 

エンジニアの転職はIT専門のエージェントに相談してみよう

 

 

SES企業とその働き方、ブラックと呼ばれてしまう理由などについて解説してきました。

確かにSES企業の中にはブラックな環境の企業も存在します。しかし長い歴史を持つSES企業や新鋭のSES企業ながらも技術力に優れ、自社開発製品をヒットさせられるようなホワイトSES企業も存在します。

 

SNSやネットの口コミなどでSNS企業の情報はある程度把握できますが、実際に転職を考えるならSESの業界や企業、またITの専門知識にも精通したIT系転職エージェントに相談してみるのも有効です。

 

あなたの知らなかったエンジニア向けの情報や、非公開求人となっているような、ホワイトSES企業の求人案件を紹介してもらえるチャンスもあります。気軽にまず無料相談から気軽に初めてみてはいががでしょうか?

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事