カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職回数が多いと転職が難しくなる?転職回数が多い人の特徴とその改善方法についてご紹介します。
  • 転職準備

転職回数が多いと転職が難しくなる?転職回数が多い人の特徴とその改善方法についてご紹介します。

「転職回数が多いけどまた転職したい」そう思い転職に踏み出せない方もいるのではないでしょうか。実績を残していたとしても転職回数が多いと難易度は上がるのでしょうか。転職をしやすい人の特徴や改善方法はあるのでしょうか。転職をしたいと思ったときの対処法、キャリアの方向性なども含めて徹底解説します。

転職回数が多いと転職が難しくなるのか?

 

 

転職回数が多いと難易度が上がる

 

一般的には20代で3回以上、30代で5回以上、40代以降で7回以上の転職経験があると、転職回数が多いと判断される可能性があります。

年齢を重ねて転職回数が多くなると、選考突破の第一関門である書類選考の通過が難しくなることは事実です。企業によっては採用に関する規定があり、転職回数が3回以上の人は選考対象にならないとするケースもあります。転職回数が多い職歴は、本人の能力が優秀であっても採用選考の土俵に上がれないこともあるのです。転職したいと思った場合でも、自分のキャリアビジョンについて現職で叶えることができないかと慎重に判断することが大切です。

 

専門性の高い仕事は転職回数よりも実績重視

 

専門性を要求される業界・職種に関しては、転職回数は気にしない企業もあります。例を挙げると、専門性の高いサービスを提供しているコンサル企業外資系企業などです。転職回数を気にしない企業もあります。なかには転職回数を「キャリアアップ」とポジティブにとらえる企業もあります。一方で業務成果に対して高いレベルが要求されることは念頭に置いたほうがよいでしょう。

 

システムエンジニアやコンテンツディレクター弁護士・税理士といった士業のスペシャリストなどの職種も転職回数の影響は少ないでしょう。これらの職種は、フリーランスや個人事務所を立ち上げて仕事をしている人もいます。

 

そのため、職務経歴上の仕事の経歴は多くなり、転職活動も回数も多くみえますが、実績があれば企業側に評価されて、書類選考を通過する可能性もあります。

 

転職回数が多い人の特徴は?

 

 

現実と理想がかけ離れている人

 

仕事とプライベートなどで「現実」「理想」がかけ離れている人は転職回数が多くなる傾向があるかもしれません。「やりたい仕事」に挑戦したいというチャレンジ精神はよいことです。一方で、これまでのキャリア経験を踏まえて、実際に転職して「できる仕事」であるかという現実的な観点で考えてみることも大切です。現実と理想についてかけ離れないためには、自らの人生について冷静に分析することがよいでしょう。キャリアの棚卸しにもつながります。

 

ストレス耐性が強くない人

 

ストレス耐性が強くない人も転職やすい傾向があります。

会社組織というのは、経営者・役員の指示に従って業務を遂行することになります。社内外を含めてあらゆる立場の人が、様々な思惑を持ち、協力しながら業務を行うのです。意見がわかれることもあり、人間関係が悪くなることもあります。仕事の人間関係と割り切れる人はよいですが。割り切れない人もいることは事実です。人間は相性があるので、心理的負担がたまりストレスを抱え込む人もいます。結果として体調が回復せず、休職・退職することを選択する人もいます。

パワーハラスメントなどの捉え方は個人によって異なりますが、ストレスを感じやすい人は敏感になることも事実です。転職を繰り返さないために、入社前に社風・文化は確認するようにしましょう。面接時は選考官の言動も確認して、逆質問もしっかり行うことが大切です。

 

転職したいと思ったときの対処法は?

 

 

副業に挑戦してキャリア可能性を模索する

 

転職したいと思ったら自らのキャリアの可能性について模索することが大切です。

現在は、クラウドソーシングサイトを活用すれば、在宅で手軽に始められる副業があります。例としては、記事ライティングやExcelやGoogleスプレッドシートなどデータ入力などの仕事です。最近では、仕事の経験を伝えるスポットコンサルやSNSを利用したマーケティングなどの仕事もあります。

転職をしたいと思ったら、自らが今後望む領域での仕事で、副業に挑戦してみることはおススメです。仕事内容を知ることで正社員へ転職する場合に、ミスマッチのリスクをさげることにもつながります、

副業を始める大前提として、会社の就業規則をしっかり確認するようにしましょう。また社会的・倫理的に問題になりそうな副業の募集もあります。こうした募集へは応募しないことが大切です。

 

自己分析すること

 

転職したいという現状について自己分析してみることも大切です。自らが苦手としている業務で仕事をしていないか、進め方に問題があり人間関係が円滑に進んでいないかなどです。自己分析ができていない状況で転職活動を行ったとします。キャリアチェンジに成功したとしても、同じような壁の出来事に遭遇することもあります。転職するクセができている場合は、仕事の壁にぶつかったときにまた転職を考えてしまう可能性がでてきます。仕事でつらいときもあると思いますが、時には「耐える」「乗り越える」という考え方も大切です。

一方で、いつまでも耐え続けることが本当に良いのかを見極めることが大事です。仕事がつらい原因について自己分析して、転職をしない期間など目標値を設定するようにしましょう。その目標を乗り越えたとき、現職を続けるのか人事異動を希望するのか転職をするのか、今後のキャリアについて考えてみるとよいと思います。

 

転職回数の多い人のキャリアはどうすればよいか

 

イメージ画像_面接官

 

そもそも会社員にこだわる必要があるのか

 

転職回数が多い人は、会社員という「はたらきかた」について考えてみることも大切です。本記事で「現実と理想が離れている人」と「ストレス耐性が強くない人」については、転職回数が多くなりがちということを解説してきました。正社員ではたらくことは、経営者・管理者㋨もとで業務を遂行することになります。自らが希望しない仕事も時には遂行することも問われるのです。これができないという人は会社員ではないはたらきかたも模索することが必要になるでしょう。

 

選択肢として起業・フリーランスなどがあります。業界・職種にもよりますが、業務委託の求人も企業によっては存在します。正社員は福利厚生や給与が安定しているメリットはあります。一方で実力があればフリーランスも時間的拘束に縛られずに個人が仕事を選ぶチャンスもあります。

会社員が向いているのか、起業やフリーランスが向いているのか、個人のはたらき方についても考えてみることもよいでしょう。

 

独立経験を活かしてマネジメントクラスへの転職を目指す

 

会社員を辞めて独立したからといって、会社員に戻れないことはありません。独立後の仕事の進め方は、案件を受注できる「営業提案力」、時間を有効に活用して業務を遂行する「タイムマネジメント力」、時にパートナーへ協力を依頼する「マネジメント力」が問われてきます。

この経験は会社員に戻りたいと思ったときに加点されることもあります。独立後に会社員として戻る場合は、独立後の経営経験を活かして、マネジメントができるポジションへ転職することをおススメします。

まとめ

 

 

本記事では、転職回数が多い人や特徴、改善方法としてのキャリアについて解説してきました。

転職回数を重ねることで転職難易度は上がることは事実です。一方で、専門職では回数を気にしない可能性もあります。

転職回数が多くても、転職することは可能です。企業の懸念点としては、「入ってもすぐにやめてしまうのではないか」ということです。そのイメージを払しょくするためにも、しっかりと自己分析を行い転職理由を整理しましょう。そのうえで、「何故転職したいのか。」「今度の転職した場合しっかり腰を据えられるのか。」を伝えられるよう準備しましょう。

また、正社員以外の働き方も可能です。自らの「はたらきかた」について一度考えてみてはいかがてみましょう。自分にとっての最適なキャリアプランに悩んでいる方は、一度転職エージェントと一緒に今後のキャリアを考えてみるのはどうでしょうか?

MIKIRURI

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。