カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 【サーバーエンジニアのキャリアパス】得られるスキルやサーバーエンジニアから転職しやすい職種についてご紹介!
  • 職種・ポジション

【サーバーエンジニアのキャリアパス】得られるスキルやサーバーエンジニアから転職しやすい職種についてご紹介!

サーバーエンジニアとは、システムが動作する基盤となる、サーバーの設計・構築を担う職種です。サーバーエンジニアには、どのようなキャリアパスが用意されているかご存じでしょうか。今回は、サーバーエンジニアのキャリアパスと、サーバーエンジニアから転職しやすい職種について解説します。

サーバーエンジニアとは

 

技術, サーバー, サーバー

 

サーバーとは、アプリケーションが動作するための基盤で、WindowsやLinuxなどのOSが搭載されるハードウェアのことを指します。

サーバーエンジニアは、サーバーの設計、構築、運用保守を行うエンジニアです。

サーバー機器だけでなく、サーバー上で動作するOSや、ミドルウェアと呼ばれる特殊なソフトウェアなども担当範囲となります。

 

サーバーエンジニアの仕事内容

 

オフィス, ビジネス, 同僚

 

システム開発現場におけるサーバーエンジニアの仕事内容は下記の通りです。

 

・要件定義

設計

構築・テスト

運用保守

 

要件定義

 

要件定義は、一般的に上流工程と呼ばれるフェーズの最初の工程です。

顧客の要求に合わせて、サーバーのスペックや構成、システム障害時の振る舞いやセキュリティ対策、運用保守の方針などを取り決める、「非機能要件」を整理します。

 

設計

 

サーバーエンジニアの担当範囲である、OSやミドルウェアの設計を行います。

また、システム障害対策としての冗長化やセキュリティ対策、運用保守設計、性能設計など非機能要件の実装も担当範囲となります。

 

構築・テスト

 

設計の通りにサーバーを設置し、OSとミドルウェアの設定を行い、設計通りに動作するかを確認するためのテストを行います。

テスト中に故障やバグが発生した場合は速やかに原因究明を行い改修を行います。

 

運用保守

 

システムは構築して終わりではありません。

システムが長期間継続してサービスを提供できるよう、定期的な運用保守作業や、OS、ミドルウェアのメンテナンス、障害対応などを実施します。

 

サーバーエンジニアに求められるスキル

 

マーク, マーカー, 手

 

サーバーエンジニアに求められるスキルとはどのようなものでしょうか。

サーバーエンジニアの担当範囲は広く、下記のように様々なスキルが必要です。

 

・OS/ミドルウェアに関する知識
・仮想化/クラウドに関する知識
・コミュニケーションスキル

 

OS/ミドルウェアに関する知識

 

サーバーエンジニアの主な担当範囲となるOSとミドルウェアの知識は必須です。

Linux、WindowsなどOSの知識や、各種ミドルウェアの動作原理を理解することが必要です。

 

仮想化/クラウドに関する知識

 

近年は、コストパフォーマンスや運用性を高めるために、VMwareやZENなどの仮想化ミドルウェアを導入し、1つの物理サーバーの上に、いくつもの仮想OSを動作させることが当たり前となっています。

また、これまでは、物理的にサーバーを設置するオンプレミスが一般的でしたが、近年はAWSなどのクラウドを利用して、迅速かつ安価にシステムを構築する企業が増えてきました。

今後、市場価値の高いサーバーエンジニアとして活躍するためには、仮想化やクラウドの知識は必須と言えます。

 

コミュニケーションスキル

 

システム開発はひとりで行うことはできません。

顧客と良好な関係を築き、プロジェクトマネージャーやアプリケーション開発チームなど、数多くのメンバーとコミュニケーションを取りながら、足並みを揃えて開発を進める必要があります。

スムーズに開発を行うために、サーバーエンジニアにとってコミュニケーションスキルは重要です。

 

サーバーエンジニアのキャリアパス

 

ネクタイ, 調整, 調整します

 

サーバーエンジニアはどのようなキャリアパスが考えられるのでしょうか。

サーバーのスペシャリストを目指すイメージがあるかもしれませんが、実は下記のように様々なキャリアを歩むことが可能な職種です。

 

・サーバーのスペシャリスト

・管理職/マネージャ

・別の職種へのジョブチェンジ

 

サーバーのスペシャリスト

 

サーバーエンジニアのキャリアとして最もメジャーなものは、サーバーのスペシャリストになることです。

開発経験を積むことで、OSやミドルウェア、アーキテクチャの理解を深め、スペシャリストとして小規模なシステムから、難易度の高い大規模なシステムまで幅広く開発を行うことができるようになります。

 

管理職/マネージャー

 

システム開発はひとりでは行えず、チームを組んで行います。

サーバーエンジニアも同様で、チームを束ねるリーダー・マネージャーの役割が必要です。

また、会社員として、管理職に昇格し社員を束ねるキャリアも用意されています。

 

別の職種へのジョブチェンジ

 

サーバーエンジニアは、開発を行う際、ネットワークアーキテクチャ、マネジメントなど、他職種の担当範囲の知識も得ることができます。

実は、サーバーエンジニアとは、他の職種へのジョブチェンジがしやすい職種でもあるのです。

 

サーバーエンジニアから転職しやすい職種

 

人, 男, 男性

 

サーバーエンジニアは、どのような職種への転職が可能なのでしょうか。

サーバーエンジニアが転職しやすい職種は、下記の通りです。

 

・ネットワークエンジニア

・ITアーキテクト

・プロジェクトマネージャー

 

ネットワークエンジニア

 

ネットワークエンジニアは、サーバーやパソコンを結ぶネットワークの開発を担当するエンジニアです。

LANやWAN、インターネットへの接続といったネットワークの設計・構築・運用保守を行います。

サーバーエンジニアは、業務上、ネットワークの知識も必要となりますので、ネットワークエンジニアは転職しやすい職種と言えます。

 

ITアーキテクト

 

ITアーキテクトとは、システム開発の上流工程において、アプリケーションを適切かつ効率よく動作させるためのシステムアーキテクチャの設計を行う職種です。

サーバーエンジニアは、ITインフラの観点からシステムをデザインする役割を担っているため、ITアーキテクトとの親和性が高い職種です。

 

プロジェクトマネージャー

 

プロジェクトマネージャーは、システム開発プロジェクト全体の責任者であり、各種マネジメントを実行してプロジェクトを成功に導く役割を担います。

プロジェクトマネージャーは、経験を積んだアプリケーションエンジニアがなるイメージがあるかもしれませんが、インフラ開発が主体の案件や、大規模システムでアプリケーションとインフラ開発とでマネージャーを分ける場合もあり、サーバーエンジニアでも十分にプロジェクトマネージャーとして活躍することができます。

 

サーバーエンジニアになるには転職エージェントを頼ることが近道

 

信頼, 配置, 握手

 

サーバーエンジニアになるためにはどうすればよいのでしょうか。

経済産業省の「IT人材需給に関する調査報告書」によると、IT業界は2030年には40万人以上のIT人材が不足すると言われており、慢性的な人員不足に陥っている業界です。

そのため、ITエンジニアの需要は高く、サーバーエンジニアはその中でも専門性の強い、希少価値の高いエンジニアであるため、比較的転職しやすい職種と言えます。

しかし、転職活動は、企業の情報収集、書類作成、条件交渉など、普段業務では行わない不慣れなことを行う必要があり、自分ひとりでは思うようにいかず、転職しても「こんなはずじゃなかった」と転職を後悔することにもなりかねません。

転職活動を後悔なく成功させるためには、転職エージェントを頼ることが最も近道です。

転職エージェントを頼ることで、効果的な情報収集や、キャリアプランの相談や応募書類の添削といった転職活動全般に関わるアドバイスを受けることができ、応募や条件交渉の代行をしてもらうことができます。

転職エージェントを上手く活用することで、内定率が上がり、転職活動を後悔することなく成功させる可能性が高まるでしょう。

 

転職エージェントを活用してサーバーエンジニアのキャリアについて相談する

 

まとめ

 

ビジネス, 実業家, 椅子

 

サーバーエンジニアは、ITの根幹を担う重要な役割であり、今後も将来性の高い職種です。

しかし、時代の変化と技術の進歩に合わせ、必要とされるスキルやキャリアパスも変化していく職種でもあります。

サーバーエンジニアに転職して成功するためには、未来のビジョンを持ってキャリアパスを考えていくことが重要です。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。