1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. セールステックの企業9社を紹介!注目業界の大手/有力ベンチャーはどこ?
  • 技術・テクノロジー

セールステックの企業9社を紹介!注目業界の大手/有力ベンチャーはどこ?

セールステックの有名企業はご存知でしょうか?本記事では、注目のセールステック分野において、有名な大手企業やベンチャー企業をご紹介します。セールステックの市場は今後も伸びることが期待される市場です。有力企業を知って、キャリアの幅を広げましょう。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

セールステックとは

 

 

セールステックとは、営業を指す「Sales」とテクノロジーの組み合わせからできた造語です。テクノロジーを用いて営業活動の生産性向上・効率化を目指そうとする概念や手法・ツールのことを指します。

近年、コロナ禍により営業のオンライン化が進んだこともり、多くのIT企業が参画し盛り上がりを見せています。

 

セールステックの大手企業4社

 

 

Salesforce.com Co.,Ltd.

 

セールステックの先駆け的存在

セールスフォース・ドットコムはテクノロジーの力で人と人との関係をより良くすること目指し設立された、アメリカの会社です。1999年に米国で設立され、2000年には日本支社が創業となっています。

設立から20年近くたった現在では、セールステックとして最も有名な企業の一つとなっています。IT業界に従事している方なら、知らない方はほとんどいないでしょう。クラウド型のプロダクトであるSaaSの先駆け的存在ともいえる有名企業です。

 

世界中で利用されるCRM「Salesforce」

Salesforceは全世界で15万社以上(2020年時点)から利用されるプロダクトです。各システムで別々に管理されていたデータを一元管理することで、顧客管理を徹底することができます。

また、営業向けの機能だけでなく、コールセンターやマーケティング向けの機能も備えており、顧客との関係をシステム1つで網羅的に管理することが可能になります。

 

Zoom Video Communications, Inc.

 

ビデオ コミュニケーションで日々の業務をよりスムーズに

コロナ禍を経て一躍有名になったオンライン会議システムを提供するZoomもセールステック企業といえます。

Zomが普及したことにより、これまでリアルの部屋で行われていた会議はオンライン上で開催できるようになりました。遠隔でもミーティングを開催することができるため、テレワークや転職活動における面接において多くの企業が利用しています。

 

オンライン会議システム「Zoom」

Zoomはクラウド技術を用いたWeb会議システムです。オンライン商談やオンラインセミナー(ウェビナー)の開催等幅広い用途で用いられるツールとなっています。

同時接続可能な人数が多いことや、参加者はアカウント登録不要で会議に参加できること、チャットや画面共有、レコーディングといった機能が備わっていることも、多くの場面でZoomが利用される理由となっています。

 

Tableau Software

 

人と組織のデータドリブン実現を支援する

Tableauはスタンフォード大学の研究プロジェクトから誕生しました。2019年にSalesforceに買収されていますが、いまも多くの企業で導入されています。

Tableauは分析フローの改善とその可視化によって、データ利活用の推進を進めています。機械学習や統計といった専門知識の求められる分析において、誰でも使えるツールを提供しているのです。

 

BIに特化したデータ視覚化ツール「Tableau」

Tableau Software社が提供するツールTableauは、データ分析における専門知識がなくとも簡単に扱うことができ、データの加工・分析・レポート作成をすることができます。

これにより顧客データや営業指標の可視化・分析・共有ができるため、営業組織におけるデータドリブンな意思決定が可能になります

 

ソフトブレーン株式会社

 

目指すは顧客の生産性最大化

最後に、国内の大手有名セールステック企業を紹介します。ソフトブレーンはCRM/SFAツール「eセールスマネージャー」を提供する会社です。

今後労働人口が減少する日本に対して、テクノロジーで営業を中心とする顧客接点業務を科学することで、働き方の革新を提供しようとしています。

 

純国産No.1 SFA「eセールスマネージャー」

「eセールスマネージャー」は国内5500社以上の企業への導入実績を誇る、国内No.1の純国産CRM/SFAツールです。日本の営業スタイルに合わせてカスタマイズされているため、高いリピート率も特徴です。

伊藤園やパナソニック、東京ガスなど、大手企業でも多く導入されています。

セールステック企業の求人を紹介してもらう

 

セールステックの国内ベンチャー5社

 

 

ベルフェイス株式会社

 

勘と根性の営業をテクノロジーで解放し、企業に新たなビジネス機会をもたらす

数十年もの時間が経っても変革が生まれなかった「営業」にイノベーションを起こしているのがベルフェイスです。セールス・顧客サポート領域において、テクノロジーを持ち込み、あらゆるビジネスの可能性を広げています。

直近では、特に強力なセキュリティが求められる金融業界に向けて、高い技術力をもって導入を進めているのが同社です。

 

オンライン商談システム「bellFace」

bellFaceはオンライン商談システムとしての機能だけでなく、商談の映像や会話の記録機能も備えています。チームで共有・分析をすることで、営業組織のスキル向上やマネジメントの効率化も狙えます。

 

UPWARD株式会社

 

現場のラストワンマイルを革新する

同社は地域密着業務のイノベーションを実現するワンストップサービスを展開し、2013年3月に米国Salesforce.com社からも出資を受けているベンチャー企業です。

多くの大手企業にも導入されており、Salesforce(セールスフォース)連携の地図ソリューションとして最大の導入実績を誇っています。

 

位置情報を活用したCRM「UPWARD AGENT」

顧客情報に商談の進捗状況や訪問予定などの「時間軸」と、地図連携による「位置情報」を加えることで、営業員の顧客接点・アクションを最適化します。取引先や見込み顧客等のデータを地図上に表示する機能が特徴的で、最適な訪問戦略やルート計画の策定に役立ちます。

 

株式会社RevComm

 

コミュニケーションを再発明し人が人を想う社会を創る

同社は日本人の生産性向上のために、労働集約的かつ属人的な「営業」に対してテクノロジーの観点からメスを入れる企業です。ブラックボックス化しがちな営業トークや商談の場を、音声技術とAIによって可視化し、コミュニケーションの在り方の変革を目指しています。

 

音声データを可視化するAI搭載型クラウドIP電話サービス「MiiTel」

電話営業・顧客対応を人工知能で解析・可視化する事により企業の生産性を飛躍させるサービスです。電話営業や顧客対応の内容をAIがリアルタイムで解析することで、成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。

 

株式会社データX

 

スマートデータ社会の実現

ビッグデータ×人工知能を主軸に事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。現在は、マーケティングテクノロジー領域を中心に事業を展開しており、累計資金調達額は145億円にものぼっています。

顧客管理システムにおいて、世界的なシェアを誇るsalesforceに対抗する日本発のベンチャー企業です。

 

データマーケティングクラウドシステム「b→dash」

マーケティング領域において、集客・販促・顧客管理をAIを活用して横断できるサービスは同社のプロダクトが世界で初めてと言われています。3200万件を超える顧客IDや、年間1兆を超えるトランザクションオーダーデータをはじめとして、世界でも有数のビッグデータプラットフォームになりつつあります。

弁護士ドットコム株式会社

 

専門家を、もっと身近に。

同社は世界中の人達が「生きる知恵=知的情報」をより自由に活用できる社会を創り、 人々が幸せに暮らせる社会を創造するためのサービスを提供しています。司法を身近なものにするため、一般消費者と士業を繋ぐ「弁護士ドットコム」や「税理士ドットコム」を運営しています。

 

Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」

同社が展開する「クラウドサイン」は、企業間にてWeb上での契約締結から契約書管理までが可能になるプロダクトです。現在、電子契約サービス市場累計登録社数No.1となり、大手~ベンチャー企業まで様々な企業の導入実績があります。

紙よりスピーディーな契約手続き、改ざんや紛失リスクのないセキュアな環境での契約締結・管理改ざんを実現しています。

 

セールステック企業への転職メリット

 

キャリアの階段を登る男性の影

 

セールステック企業への転職は以下の3点から非常におすすめです。

・セールステックの市場規模は今後も拡大が見込める
・対象となる顧客が非常に多い
・高い技術力が身に着く

それぞれ見ていきましょう。

 

セールステックの市場規模は今後も拡大

 

セールステックはまだまだ新興の市場ということもあり、今後も注目の分野です。

労働人口の減少や生産性の向上は今後も日本社会にとって重要な課題であるため、セールステックの需要自体がなくなることは考えにくいです。国内の市場も拡大傾向にあり、右肩上がりの市場となっているのです。

またセールステックにおいては、まだ純国産のプロダクトで圧倒的な立ち位置を確立している企業も多くありません。群雄割拠ともいえる市場はエンジニア・クリエーターとしての技術やビジネスマンとしての能力を高めてくれるでしょう。

 

対象となる顧客が非常に多い

 

営利企業はどの企業でもマーケティングや営業を必要とします。つまり極端に言えば、セールステックのプロダクトにおいて対象となる顧客は全ての企業なのです。

医療業界を対象としたメドテックや建設業界を対象としたコンテックと比較すると、対象となる顧客の数は圧倒的に変わってきます。

これはセールステックの伸びしろとも言えるでしょう。

 

高い技術力が身に着く

 

セールステック企業では、最新技術を用いている企業も多いです。

・営業トークを解析するための音声認識技術
・顧客データを分析するためのアルゴリズム開発
・オンライン商談のための高トラフィック処理技術

成長市場に身を置きながらこういった技術力を身に着けることができるのは、セールステックの魅力と言えるでしょう。

 

まとめ~セールステック企業への転職はおすすめ~

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回はいま注目のセールステックについて、おすすめの企業を紹介しました。

 

弊社ギークリーは、IT/Web業界専門の転職エージェントとして、セールステック企業の求人も十分に取り揃えています。

サービスは完全無料で承っておりますので、求人を見てみたい、キャリアについて相談してみたいなど、少しでも気になる方はぜひご連絡ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー