カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 地方創生×ITの有名企業5社を紹介!各社の取り組みや工夫とは?IT転職を成功させて地方を活気づけよう
  • 技術・テクノロジー

地方創生×ITの有名企業5社を紹介!各社の取り組みや工夫とは?IT転職を成功させて地方を活気づけよう

昨今様々な業界でITが参入している中、地方創生にもITの導入が進んでいっています。一見地方創生とITは関係ないように思えるかもしれません。しかし現在、地方創生とITは大企業も参入しており、注目を集める取り組みです。地方創生に取り組む有名企業とその事業、また提供しているサービスを紹介します。加えて地方創生そのものについても説明するので、転職先として興味のある人は参考にしてみてください。

地方

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

地方創生とは

 

線路

 

地方創生という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。しかしあまり深く考えたことがある人はそれほど多くないかもしれません。

そもそも地方創生とは何でしょうか。

簡単にいえば首都圏への人口の集中を是正し、地方の人口を増加させることで、日本全体を活性化させていく取り組みのことを指します。

今その地方創生に多くの企業が参入する動きが加速しているのです。

少し前までは地方の中小企業が取り組んでいましたが、今は大手企業が参加し、さらに注目を集めています。

これまでの地方創生は地方の自治体が大企業に働きかけることで、その自治体に大企業の資本を少しでも落としてもらうことが主流でした。

しかし近年の地方創生は変わってきています。

大企業が自治体の働きを全面的にバックアップをしたり、ビジネス支援などを積極的に行ったりする動きに変わりつつあるのです。

今の地方創生は大企業が地方に積極的に関わる時代になりました。

企業それぞれの得意分野や開発力、資本などを使って地方が活性化するように活動しています。

 

地方創生×ITの有名企業5社

 

 

実際に地方創生を行なっているIT企業を5社紹介していきます。

 

地方創生×ITの有名企業
  • auコマース&ライフ株式会社
  • SBプレイヤーズ株式会社
  • LINE株式会社
  • 株式会社日立システムズ
  • ユニリタグループ

 

auコマース&ライフ株式会社

 

1社目に紹介するのはauコマース&ライフ株式会社です。

au PAYマーケットLUXAau WALLET Marketなどインターネット上で様々な物を検討し購入できる事業を展開しています。

特に地方創生と関わりが深い事業が「LUXAふるさと納税」です。

この事業は全国20以上の自治体から、ふるさと納税先をインターネット上で選ぶことができます。

そして自治体への寄付を行った際に、税金の控除などを受けることができるというものです。

地域の名産品のブランド力向上と地方自治体の活性化を目的として行っており、厳選された返礼品の提供を行っています。

地域の生産者と消費者を繋ぐことにより、地域の活性化を行い、人口の流出などに歯止めをかけることに寄与している事業です。

 

SBプレイヤーズ株式会社

 

次に紹介するのはSBプレイヤーズ株式会社

「さとふる」というふるさと納税サービス事業を展開しています。

さとふるは2014年に始まったふるさと納税制度で、「ITで地域社会に活力をもたらす」をコンセプトに事業を拡大している状態です。

このさとふるもLUXAふるさと納税と同様に、全国90以上の自治体から名産品をインターネット上で購入することができます。

地方の活性化に一役買っている事業となっています。

これまでも、ポータルサイトを使う発想がなかった地域の事業者のサポートもしていました。

全国に知られていなかった名産品を日本全国に幅広く知ってもらえる活動も行なっています。

さらにふるさと納税で集まった寄付金の使い道までもアドバイスを行い、地域の事業がさらに活性化していくように道筋を示しています。

 

LINE株式会社

 

野菜

 

LINEで有名なLINE株式会社も、「LINEマルシェ」というサービスで地方創生に貢献しています。

このLINEマルシェは、農作物魚介類などを生産者から直接購入できるサービスです。

生産者とLINE MALLが契約を結ぶことで、とれたての農作物や新鮮な魚介類などをインターネット上で購入することができます。

現地に行かないと買えないような食材を手に入れられるのが魅力なサービスです。

ユーザーと生産者を直接結ぶことにより、消費者はより新鮮な食材を購入することができます。

そして生産者は中間業者を通さないため、より多くの利益を得ることが可能なのです。

双方に大きな利益があり、より全国に地方の名産品を知ってもらうこともできるサービスといえます。

十分な収益を得ることができるため、まさに地方創生に一役かっている事業です。

 

株式会社日立システムズ

 

株式会社日立システムズでは、ICTを活用した地方創生事業を行なっています。

例えば山形県の河北町では、人口流出や職人の減少により名産品の紅花栽培の衰退が問題視されてきました。

そこで現状では通年栽培が難しいとされている紅花を環境制御システムなどのICTを活用することにより一年中栽培できる方法を実験。

現在は安定栽培に向けてより一層実験を進めている段階です。

さらにデジタルコンテンツによる観光客誘致なども実践しています。

このように今まで知られていなかった層にも、ICTを活用することで知ってもらえるよう活動をしている企業です。

さらに農業や観光などの地域産業の担い手育成など、長期的な目線での活動も行なっています。

 

ユニリタグループ

 

ユニリタグループでは移動体事業データを活かして地方創生を行なっています。

人口減少が著しい地方では様々な事業が苦境に立たされていますが、その中でも非常に重要なのが地方の「公共交通」です。

中でもバス事業の経営は、非常に厳しい状態が続いています。

しかし交通があまり発達していない地方では、バスは大切な移動手段です。地元の人々にとっては欠かせません。

そんな大切な移動手段を、ユニリタグループではITを活用することで課題を明確にしました。

そして地域に住む方々の不安を解消しつつ、事業を立て直すきっかけを作っています。

具体的な内容としては

 

・ロケーションの検証サービスや事業者向けの決済サービス

・運行ダイヤの編成サービス

 

などの各種クラウドサービスを次々にリリースし、膨大な情報を集めています。

その集めた情報を分析し、地方の現場の意見やノウハウと合わせることにより、より地域の活性化に寄与していく狙いがあるのです。

情報を元に、より便利で住みやすい地域を作ることにより、地域に人を集め活性化させていく。

そんな未来を創っていくサービスです。

 

IT転職のプロに情報を聞いてみる

地方創生が必要な理由

 

東京

 

地方創生が必要な理由
  • 都市部と地方の格差を埋めるため
  • 地方からの人口流出を防ぐため
  • 東京への一極集中を防ぐため
  • 日本全体を活性化するため

 

なぜ地方創生が必要なのか。

それは東京への一極化により地方の人口が減り、都市部と地方で大きな格差が生まれてしまうからです。

特に東京や神奈川、埼玉などの東京圏では転入者が年々増え続けており、他の県に比べてずば抜けて高い数字を誇っています。

日本の人口が減り続けている中で首都圏の人口が増え続けているということは、それだけ地方からの人口流出は加速しているということです。

そのために地方はどんどん力を失い、やがて町としての機能が成り立たなくなってしまいます。

そうなることで日本全体の活力が下がってしまい、やがて日本全体の力も落ちていってしまうでしょう。

それを防ぐために地方創生を行い、再び地方に人口を行き渡らせ東京への一極化を防ぐことで日本全体を活性化していく必要があるのです。

 

地方活性化への取り組みは以前からあった

 

夕方の東京

 

地方創生自体は今に始まったことではありません。

戦後から高度経済成長期以降、日本では東京への人口一極化が進み、地方との格差が広がっています。

これまでも様々な形で地方を活性化させたいという動きはありました。

町おこしや村おこしといった活動が全国の自治体で行われ、それぞれの名産品や観光などを全面に押し出す自治体もありました。

子育て支援や新婚の支援の面で積極的に行っていく自治体もあります。

このように多種多様の方法で地方創生は進められてきました。

こういった取り組みは都市部からの若者の招聘に一役買い、一定の成果を上げています。

しかしそれでもなお東京を始めとする首都圏への一極化は一向に改善しません。

地方には東京にはない魅力がありますが、もちろん逆もあるのが実情です。

仕事の少なさや施設などの充実度の低さ、若者の流出などで悪循環を改善しきれていないことが続いています。

車がなければ地方での生活が難しいという点も、一極集中が止まらない要因といえるでしょう。何故なら若い世代の車離れが進んでいるからです。

とはいえ、日本は高齢化社会がさらに進むといわれています。

そのため地方のみならず都会でも人口減少により、町自体がなくなってしまう現象に見舞われると予測されているのです。

 

何故今、地方創生に関わる企業が多いのか

 

段々畑

 

今では地方の中小企業だけでなく、ある程度名の通った企業でさえも地方創生に関わってきています。

何故すでにある程度名の通った企業が地方創生に関わってくるのでしょうか。

その理由には以下のようなものがあります。

 

企業が地方創生に関わる理由
  • 社会貢献によるイメージアップ
  • 人材育成
  • 企業活動への相乗効果

 

社会貢献によるイメージアップ

 

まず社会貢献によるイメージアップを目的としたものがあります。

首都圏を中心に活動する大企業が地方の活性化の支援をすることで、消費者のイメージをよくすることが可能です。

特に国際社会では大企業ほど社会貢献に積極的で敏感になっています。

日本でもそういった企業が地方創生に積極的に参加することにより、イメージアップは十分可能です。

そういった取り組みによって、地方もどんどん活性化していくことができます。

また都市部以外の消費者にも名前を覚えてもらえる、といったメリットも同時にあります。

 

人材育成

 

企業が地方創生に積極的に関わることで地方の人材と都市部の人材の交流が生まれます。

そういった交流が生まれることで、地方の良さと都市部の良さが合わさり、新たな価値やビジネスを生み出すきっかけにもなるのです。

地方の成長のみならず、企業側の人材も共に考え成長していくといったことが可能になります。

またそういった事業が進むにつれて地方での雇用も進むことになるでしょう。

そうすることで地方の優秀な人材が育ち、いずれか会社の成長に大きく関わる人材の育成に繋がるのです。

 

企業活動への相乗効果

 

地方創生に都市部の企業が取り組むことにより、今までにない価値観が生まれることがあります。

そういった価値観が生まれることにより、今まで気づかなかったビジネスや新規事業が発足しました。

それがいずれか会社の柱になる可能性もあるのです。

また地域のニーズを掘り起こすことにも繋がり、既存のビジネスのさらなる成長にもつなげることができます。

地方創生への参加はそういった地方の商圏を広げていく意味でも非常に効果があるものとなっているのです。

 

地方創生に企業が関わることで得られるものとは

 

握手

 

地方創生に企業が関わることで得られるもの
  • マクロ的観点
  • 財政的なバックアップ
  • 戦略的な課題解決の支援

 

では地方創生に大手企業が参加することによりその地域にはどういった恩恵があるのでしょうか。

地方に大手企業が関わることによる地方が得られるものについて見ていきましょう。

 

マクロ的観点が加えられる

 

まずマクロ的な観点が加えられる点があります。

大手企業は様々な事業を展開し、地方に比べると経験やノウハウも多大にあります。

そんな大手企業が地方に関わることにより、今まで気づかなかった強み新たなビジネスチャンスを見つけるきっかけになるのです。

魅力を再発見し、それを活性化させていくサポートを大手企業がしてくれるようになるのです。

 

財政的なバックアップ

 

お金

 

次に財政的なバックアップがあります。

当然ながら大手の企業になればなるほど、その資本は大きくなるものです。

その額は地方の中小企業では、なかなか捻出できないほどの額になることもあるでしょう。

地方創生にはどうしても資金が多くかかってしまうことが多々あります。

そんな時に大手企業はアドバイザーとしてだけでなく、財政面でも大きな力になるでしょう。

 

戦略的な課題解決の支援

 

最後に戦略的な課題解決の支援です。

大手企業は日々様々なビジネスに取り組み、ノウハウを作り上げていっています。

そのような経験から地方をどのように盛り上げていったら良いのでしょうか。

どのようにして収益につなげていくのか。などを戦略的に支援してくれることが可能になります。

その地域性に合わせたプラン作成を行い、それを実現させるための道しるべとなってくれるでしょう。

 

IT活用で地方が主役になる?

 

リモートワーク

 

さらにITを活用することにより、今までは都市部でしかできなかった仕事地方で行うことが可能になります。

特に企業の活性化や働き方改革などは、地方ほどITを活用することで大きく改善が見込めるのです。

以前は経理処理や労務処理などは人の手がないとなかなか上手く進みませんでした。

それではただでさえ人が少ない地方の中小企業では人も集まらず、仮に雇えたとしても人件費が大きなネックになってしまいます。

しかし現在はクラウドサービスなども充実しており、低コストで外注することもできるようになりました

ITを活用することで事業を営むためのハードルが大きく下がるのです。

またインターネットは物理的な場所を気にすることなく仕事ができます。

地方にいながらも都会にいるのと遜色なく働ける点もIT活用の強みです。

現在は都市部でもリモートワークを推奨する声が増えてきているので、ITの活用によりさらに地方での働きも増えることになるでしょう。

 

まとめ

 

日本の街並み

 

  • 地方の名産品の販売や公共交通の課題解決といったIT技術での地方創生事業に乗り出す企業が数多くある
  • 企業にとって地方創生はイメージアップや人材育成のチャンスであり、企業活動との相乗効果が期待できる
  • 地方にとっても企業のバックアップを得て課題を解決するチャンス

 

さらに高齢化が進む日本。

地方創生にITが得意な企業が加わることで、大きなイノベーションがもたらされます。

今後はより一層、地方創生の動きは活発化され参入する企業も増えていくでしょう。

地方創生は日本の未来に大きく関わっていく事業です。

そのような時代だからこそ、世界に先立てて地方創生を行なっている企業に転職する、という選択肢もあるのではないでしょうか。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

Geekly Media
ライター

地方

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook