カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. MaaSの有名企業を紹介!各社のサービスの特徴は?国内・海外の事例を転職エージェントが解説します
  • 転職活動

MaaSの有名企業を紹介!各社のサービスの特徴は?国内・海外の事例を転職エージェントが解説します

2018年の国内市場規模が845億円だったMaaSは2030年には6兆円を超えると予想されています。世界規模では150兆円を超える市場への拡大が予想されており、現時点でも技術が発展すると同時に様々な新規事業が発表されている業界です。今回はMaaS関連企業への転職を視野に入れている方に向けて、MaaSの有名企業と国内外で公表されている事例をご紹介します。

モバイル

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

MaaS関連の転職で求められるスキル

 

ビル

 

最初に、MaaS関連の転職ではどのような業務が多く、どのような人材を求められているのかを解説します。

MaaSの関連事業で自分のスキルをどのように活かすのかを考えるための参考にしてください。

 

MaaS事業では幅広い求人がある

 

・営業マーケティングやPR職

・移動、予約などのサービス企画職

・広告商品企画

・提供アプリ開発および業者と連携管理

・海外進出する新規事業

 

上記のように、その職種は様々となっています。

専門的な技術を必要とする職種の求人が多くなっているようです。

具体的には、営業戦略の立案や推進を行うチームリーダーとしての業務や、新たなシステムを作るためのエンジニアなどがあります。

また、新サービスに伴い、世間へアピールするための広告関連の求人もあるので、広告運用の経験がある方も重宝されることでしょう。

他にも予約システムの開発や決済、移動サービスの構築や管理、利用連携システムの運用・管理などの業務に携わる人材が求められています。

 

技術職としてMaaS車両の機械エンジニアの求人募集もある

 

MaaSは実証実験を行っている企業も多く、開発部門の求人もあります。

募集している仕事内容としては、MaaS車両のE/Eアーキテクチャの設計や車両ガイシステムとのインターフェース設計などです。

また、利用する車両のメンテナンスや管理を行う求人も少数ですが、募集されている状況となっています。

今はそこまで多くありませんがMaaSの事業拡大に伴い利用者が増えると、機械エンジニアの求人も増加していくと予想されます。

 

株式会社MaaS Tech Japan

 

反射するビル

 

株式会社MaaS Tech Japan は、2018年に東京に設立された企業です。

「100年先の理想的な移動社会の基盤を構築し、移動社会を高みにシフトさせる」という企業理念を掲げています。

「プラットフォーム開発事業」「コンサルティング事業」「メディア事業」の3つが主な事業内容です。

MaaSの実装構築に向けて国内で最初に設立された会社として、様々な業者と連携してノウハウを活用しながらプロジェクトを支援しています。

 

直近での会社の動きについて

 

2020年3月にはMaaS事業の早期実現をするためのソリューション開発と実行するための社員採用強化を行う目的で、資金調達を行いました。

更に6月には東京海上日動とパートナーシップを契約。

自治体や交通事業者などと連携してMaaS移動サービスの研究や実証実験。

そして様々な活用方法を確立するための開発をするという発表もされました。

 

2020年10月時点での求人情報

 

現時点では多数の求人情報がありますので、公開されている情報の一部をご紹介します。

まず専門分野以外としてはスタートアップ企業の事業加速を目的とした、サポートメンバーの募集です。

様々なプロジェクトを進める上で手続きや書類も多く、それらをスピーディーに行える人材を募集しています。

フレックス制リモートでの勤務も可能なので、自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるでしょう。

法人営業や事務などの経験があり、書類整理が得意な方におすすめの求人です。

専門的な分野として鉄道やバス、タクシーなど交通機関のMobilityデータに関するソリューション開発企画部門の募集もあります。

必要なスキルはコンピューターサイエンスに精通していて、機械学習や統計分析の専門知識がある方です。

他にもエンジニア職やコンサル業などもあります。

 

ジョルダン株式会社

 

ラップトップ

 

乗換案内を手掛けていたジョルダンでは2018年7月にMaaS事業参入のために「J  MaaS 株式会社」という子会社を設立しました。

日本をMaaS先進国にするためにインフラの共通化を目指し、Maas関連事業者へのプラットフォーム提供を進めています。

 

J Maas株式会社の現状

 

2019年には公共交通チケットサービスを提供しているMasabi社と総代理店契約を締結。

スマホ上でチケットの購入から乗車までをスムーズに行うためのシステム構築を目指しています。

また、8月には愛知県豊田市では観光型MaaSとして「ENJOYとよたパス」というモバイルチケットを開発しました。

9月には、開催されたラグビー大会に合わせて多言語に対応した専用のアプリを開発。

バスや飲食店をそのチケット1つで利用できるサービスを導入した実績もあります。

 

2020年10月時点でのジョルダンの求人情報

 

ジョルダンでも多岐にわたる職種で求人募集しています。

具体的には、以下の職種です。

 

・エンジニア

・マーケティング

・デザイナー

・企画営業

・法務業務

・経理・財務

 

本社は東京ですが、岩手、大阪、青森に支店があります。

また、フレックス制度を導入しているので自分のライフスタイルを崩さずに勤務が可能です。

経験者だけではなく、新卒未経験者の募集も行っています。

 

無料転職相談に登録して最先端技術に携わる仕事をしよう

 

WHILL株式会社

 

会議室

 

WHILL株式会社は、バスやタクシーといった従来の交通手段を降りた後の新たな移動手段としてMobilityを提供しています。

電動車椅子型のMobilityの開発が有名で独自の自動運転システムを導入した「Model  CR」は実際にレンタルや購入が可能です。

WHILLは「すべての人の移動をスマートにする」というミッションを掲げています。

高齢社会に伴い、今後の時代に合わせたビジョンを見据えた事業を展開している企業です。

 

WHILLの最近の動き

 

最近では「WHILL  Model C2」という新製品を発表し、多くのメディアに取り上げられました。

また、自動運転システムを活用した病院内での移動に関する実証実験も慶應義塾大学院で開始。

Mobilityの運用が現実的になってきました。

 

2020年10月時点のWHILLの求人情報

 

公式ページに掲載されている職種は以下の通りです。

 

・デザイナー

・サービス企画・立案

・品質保証に携わる業務

・電気回路エンジニア

 

また、正社員としてだけではなく開発や実証実験に関する補助のアルバイトも募集中です。

WHILLは、MaaSの代表的な会社であり、今後も躍進を続けていくと考えられます。

 

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)

 

カンファレンスルーム

 

DeNAは2020年2月に日本交通ホールディングスの「Japan Taxi」とDeNAの「MOV」を統合すると発表。

MaaS事業に力を入れています。

また、MaaSだけではなくゲーム開発を中心に幅広い事業を展開しており、AIを用いた様々なサービスを提供している会社です。

また国内以外でも上海とソウルにも事業展開しています。

グローバルな活動がしたい方の転職先として最適な企業です。

 

代表的なMaaSの事業内容

 

DeNAでは、「Easy Ride」という日産と開発を進めているMaaS事業があります。

自動運転技術を導入して新しい交通サービスの実現を目指しているのです。

2017年から実証実験を重ねており、自動運転を取り入れた配車サービスも現実味を帯びてきています。

他にも、タクシー配車予約アプリ「GO」を開発。

このアプリにより、タクシーの配車から支払いまで全てを行うことが可能となりました。

カーシェアなどのサービス展開もしているので、今後の発展が期待できます。

 

2020年時点でのDeNAの求人情報

 

公式サイトで紹介されている転職の求人情報は以下の4つです。

 

・エンジニア

・クリエイター

・フロントエンジニア

・プロダクトマネージャー

 

デザイン関連の業務やAIを用いたシステムエンジニアなど専門的な職種が多く、その業務内容は多岐にわたります。

DeNAは、既存事業だけでなく積極的に新規事業への取り組みも行っている企業です。

実務経験がある即戦力の人材が求められています。

 

トヨタ自動車株式会社

 

トヨタ

 

トヨタ自動車は日本を代表する自動車メーカーです。

有名企業が提案する新技術は日本を代表する技術といっても過言ではありません。

そのため、トヨタへ転職することで日本国内だけでなく世界を飛び回る仕事も可能になるでしょう。

 

トヨタ自動車のMaaS関連事業

 

2018年1月にラスベガスで開催された「CES」内でトヨタ社長が今後の展望を語りました。

その内容とは、「車を作る会社から人々の様々な移動を助ける会社へと変革し、自由と喜びを与える会社を目指す」こと。

その言葉通り、様々な技術開発を行うと同時に、ソフトバンクと提携して「モネテクノロジーズ」を設立したのが同年の9月です。

トヨタが開発した「MSPF」とソフトバンクとの連携で、スマホなどのデバイスからのデータを収集・分析。

これを使った新しいMobilityサービスを目指しています。

 

2020年10月時点のトヨタ自動車の求人情報

 

MaaS関連の求人は新商品サービスの企画を実務とした人材を募集しています。

直接的にMaaS車両プロジェクトの商品企画に携わることができるため、MaaSに興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、システム開発の募集もあり、システムエンジニアの活躍も期待できます。

 

Maasの海外での事例

 

ノートブック

 

海外でのMaaS事業はかなり発展しており、実際に運用されている事例もあります。

その一部をご紹介しましょう。

 

フィンランドでの導入事例「Whim」

 

フィンランドでは「Whim」というアプリが一般的に使用されています。

このアプリでは、ヘルシンキ市内のバスなどの交通機関やタクシー、レンタカー、カーシェアリングなどの予約、決済を統合

行政主導で実現したMaaSサービスとして世界的にも注目されている事例です。

この事例では、公共交通の利用者が増加したという結果も出ています。

 

スウェーデンでの導入事例「UBIGO」

 

首都のストックホルムを中心に鉄道やバス、タクシー、レンタカーなどの予約から決済までを1つで完結させるアプリが「UBIGO」です。

特徴として公共機関の乗り放題とレンタカー・カーシェアをセットで10日間利用可能になるプランなどがあります。

ユーザーがそれぞれのスタイルに合わせて使用できるため、話題となっています。

 

アメリカでの導入事例「Uber」

 

タクシー

 

アメリカ国内だけではなく世界70カ国、45都市で利用されているMaaSサービスが「Uber」です。

自分の車の空き時間をタクシーとして提供したいユーザーと、配車を希望するユーザーを繋ぐアプリです。

操作も簡単で、アプリ内で予約や決済ができます。

 

Maasの国内での事例

 

字を書く人

 

日本国内では海外ほど発展してはいませんが、今後のサービス展開が発表されています。

その一部をご紹介します。

 

鉄道会社のMaaS導入事例

 

JR東日本では電車だけではなく、バスやタクシーと連携したMaaSシステムを予定しています。

小田急電鉄でも、バスやタクシーだけではなく宿泊施設の予約などを含めたサービスの展開を予定。

実現すればアプリだけで旅行全体の予約や決済手続きが可能です。

 

自動車メーカーによるMaaS導入事例

 

先程ご紹介したトヨタ自動車の事例には他の自動車メーカーも参入しています。

これにより今後、自動運転サービスは実用化に向けて更に加速していくことでしょう。

自動車メーカー以外の様々な業種も参加しているプロジェクトです。

自治体と連携しながら、地域連携型の交通サービスや企業向けサービスの実現を目指しています。

 

まとめ

 

コンピューター

 

リモートワークなどの新しい働き方が浸透しつつある中、MaaS関連の新しい事業の発展も成長を続けています。

MaaSの有名企業に転職することができれば、新技術を提供する会社の一員として自分の力を発揮できることでしょう。

転職活動に今回の内容を役立てていただけると嬉しいです。

 

無料転職相談に登録してMaaS関連企業へ転職しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

モバイル

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook