カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. FinTechの有名企業10社をご紹介!各社のサービスの特徴は?転職のおすすめポイントもお教えします
  • 技術・テクノロジー

FinTechの有名企業10社をご紹介!各社のサービスの特徴は?転職のおすすめポイントもお教えします

先進技術の発達に伴い、金融にも情報技術を取り入れたサービスが導入されており、「ファイナンス」と「テクノロジー」を組み合わせた造語であるフィンテック(Fin Tech)という言葉が近頃使われるようになりました。新たな金融サービスとして今後主流になっていくフィンテック業界においては、有能な人材を求めて積極的な求人活動が行われることが予想されます。そこで今回は、フィンテック企業について紹介していきます。現在の国内フィンテック業界にはどんな企業があり、またか各社ではどんなサービスや特徴を持っているのかを解説しながら、注目のフィンテック業界について深堀りしていきます。

お金

フィンテックの特徴

 

お金

 

フィンテック(Fintech)という言葉はファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)が融合した造語です。

皆さんも一度は聞いたことがあると思われる仮想通貨ブームが到来した2017年代にこの用語が使われるようになりました。

仮想通貨意外の面でも、金融と情報技術(IT)を組み合わせることでフィンテックは幅広く私達の生活に浸透しています。

例えば最近の主流になってきた「キャッシュレス決済」もフィンテックの一つです。

ソーシャルレンディングQR決済クラウドファンディングなどもフィンテックによりもたらされた新しいビジネスモデルとなっています。

つまりフィンテックが私達のお金のやりとりをもっと簡単かつあらゆる手段で可能になったということです。

 

フィンテック業界に求められる人材

 

スーツ

 

フィンテック業界はまさに今勢いのある業界として成長を遂げることは間違いありません。

求められる人材の数も増加していくことが予想されます。

当然この業界に注目されている方も多いはずですが、ではフィンテック業界に求められる人材とはどのような人材なのでしょうか?

フィンテックは金融と情報技術(IT)を組み合わせた新しい業界です。

この業界で活躍するにあたっては当然ながら資産運用や株式投資などの金融知識とITに関する知識を有することは必須です。

転職にあたって両者の知識を持っていることが望ましいというのはいうまでもありません。

どちらか一方に関する深い見識を持っている人でも、入社後にしっかりと知識を身につければ活躍することは十分に可能です。

金融知識については為替や投融資に関してはマストで身につける必要があります。

さらに、IT知識に関しては最近主流となっている機械学習を始めとした人工知能(AI)に関しての知識は必要となります。

機械学習を行うに際してはPythonなどのプログラミング言語を理解する必要があります。

しかし、必ずしも自分でコードが書けなくとも基本的なコードを理解する、アルゴリズムを把握するということは必要になってきます。

 

フィンテック企業に転職するには

 

握手

 

フィンテック業界に転職するにはどうすればいいのでしょうか?

まだまだ新しい業界であるがゆえにリサーチも難しく、各企業様々なサービスを提供しています。

どの企業であれば自分の能力を最大限に発揮できるのかがわからないということもあります。

 

転職サイトに登録する

 

まず手っ取り早い方法としては、転職サイトに登録するという方法があります。

プロフィールを登録し経歴や実績を元に企業からのスカウトを待ったり、自分で応募するという方法をとって企業と接触を図るという形式です。

増えてきているとはいえITリテラシーを持っている人材は日本国内にはまだまだ少ないのが現状です。

IT知識・能力・実績を持つ人に対しては企業側からも積極的にスカウトが来るというケースが多くなっています。

 

転職エージェントを利用する

 

スーツ

 

転職サイトの場合は、応募するにせよスカウトを待つにせよ、企業との折衝は登録者自らが行う必要があります。

本業をこなしつつも面接などの日程を調整し、その企業に関するリサーチや試験内容についても自分で調べるというのは少し大変です。

そこで、転職エージェントを利用するという方法があります。

転職エージェントは各業界に関して詳しい知識を持ったプロのコンサルタントがサポートしてくれます。

さらに、その人の能力に応じて最適な企業を紹介してくれることが最大のメリットです。

そのため、フィンテック業界でやっていく上で必要な能力がないと判断した場合には、他の適職を紹介してくれます。

適正が無いのに無理してフィンテック業界を受け、運良く内定となった場合にもその後苦労することにもなるでしょう。

本当に自分がフィンテック企業でやっていけるのかを見極めてくれるという点でも、転職エージェントの利用はおすすめです。

 

フィンテック企業の提供するサービス

 

ビル

 

フィンテック企業の提供するサービスは多岐に渡り、企業によって特定の分野に強み・特徴を持つといった形で差別化を図っています。

フィンテック企業の提供する一般的なサービスは以下の通りです。

 

投融資

 

金融業者が提供するサービスの代表格ともいえる投融資サービスは、フィンテック企業が提供するサービスでも主流となっています。

投資に関してはAIを用いた株価や市場の予測を行い、資産運用に効率的な運用を可能とするようなサービスを展開しています。

ITの力を使用し効率的に、かつ将来性を見越した上で融資を受ける企業、行う企業の双方にとってメリットとなるソーシャルレンディングを提供します。

また近年話題のクラウドファンディングも融資サービスの一つです。

有名人だけでなく一般人でも魅力ある商品やサービスを開発できれば不特定多数の人達から融資を受けることができます。

アイディアさえあれば幅広くビジネスチャンスを拡大させる要因にもなっています。

 

キャッシュレス決済

 

クレジットカード

 

現金を利用せずに飲食やサービスの決済を完了させることのできるキャッシュレス決済が世界で勢いを増しています。

日本でも〇〇ペイと呼ばれる各種のキャッシュレス決済システムの利用可能店舗が増加しています。

クレジットカードでの決済は増加傾向にあります。

しかし、日本は他の先進諸国と比較するとキャッシュレス決済受付率が低く、今後サービス拡大や対象店舗の増加が期待されています。

 

仮想通貨

 

フィンテックという言葉が現れる要因ともなったのがこの仮想通貨です。

ビットコインブームが世間を賑わせ、その後も様々な仮想通貨が登場しています。

この仮想通貨取引を可能にしているのがブロックチェーン技術であり、暗号化されたデータを記録しながら仮想通貨のやり取りが行われています。

そのため、今後ブロックチェーン技術を持った人材が市場での需要が高まってきます。

 

電子送金

 

お金を個人間でやり取りするという送金システムを可能にしているのもフィンテックです。

今までは個人間で口座情報を知らなければできなかった送金も、現在では簡単かつ気軽に行うことができるようになっています。

 

無料転職相談に登録してフィンテック業界へ転職しよう

 

フィンテックの将来性

 

財布

 

金融にとどまらず、今ではどの業界もテクノロジーの力なしに発展することはできません。

テクノロジーを用いた金融システムはここ数年で爆発的に飛躍し、今後もその勢いは続いていきます。

将来性という意味では間違いなく望みのある業界です。

しかし、今は存在していないような技術の導入により、今日の常識が明日には通用しなくなることもあります。

そういう意味で、フィンテック業界で働くには常に知識のアップデートが必要になるといえます。

 

フィンテック業界の年収は?

 

コイン

 

金融とITといった専門性の高い知識を要する業界であるがゆえに、フィンテック企業は誰でも働ける業界ではありません。

それ故に年収も他業種と比較すると高くなっております。

働く企業や能力にもよりますが、1,000万円を超えるような年収を稼ぐことも十分可能です。

 

フィンテック有名企業10社を紹介

 

街

 

以下では、国内のフィンテック有名企業について10社紹介していきます。

各社で取り扱うサービスや強みに違いがあり、求める人材についても微妙に異なります。

ご自身に合った企業を選ぶ上では闇雲に応募するのではなく見極めも大事になるので、是非参考にしてください。

 

READYFOR株式会社

 

READYFOR株式会社はクラウドファンディングに特化した企業です。

個人から企業、NPO団体などの様々な団体が資金援助を募ることのできるプラットフォームを用意しています。

キュレーターと呼ばれるプロジェクトを管理する人材が活躍しており、各団体や個人が持つプロジェクトを達成するためのサポートを行います。

多種多様な人材が揃う企業であり、前職のバックグラウンドも豊富。

女性社員の活躍も目立ち、様々な分野に興味関心を持てるような好奇心の強い人が活躍できる企業です。

クラウドファンディングを成功させるにあたり、プロジェクトに応じてその分野の専門的な知識を要します。

日々新しいことを勉強することができる人、そして資金調達する側と支援する側の橋渡し役としてのコミュニケーション能力も要求されます。

 

株式会社メタップス

 

テクノロジーを用いてお金と経済のあり方を考える企業、株式会社メタップス。

「世界を解き放つ」をテーマに様々なサービスを展開しています。

ファイナンス分野ではQR決済を始めとした決済サービスから、独自開発の24時間365日受取可能な給与即時払いサービスであるCRIA。

上記のようにユニークな決済サービスを提供しています。

人工知能(AI)とブロックチェーンを活用したサービスを強みとしており、AIに造詣のある人を求めています。

就業未経験の方も採用するポテンシャル採用という仕組みもあるので、向上心のある方にもチャンスはあります。

 

AlpacaJapan株式会社

 

AlpacaJapan株式会社はAIを駆使した金融サービスをメインに、マーケット予想や為替予測に特化したサービスを提供します。

ヘッジファンドマネージャーや外為ディーラー、証券会社を主なクライアントとしており、プロ向けの金融サービスを展開しています。

国内外の大手金融機関との取引実績多数で、国内メガバンク・保険会社・証券会社に対してAIを用いたサービス導入実績も豊富です。

そのため真に信頼できる集団として、入社には深い金融知識とIT知識を要します。

転職経験者も多く、金融機関以外にもデザイナーやデータサイエンティストなどの経験を持つ人材が活躍しています。

 

BASE株式会社

 

BASE株式会社は、ショッピングサイトアプリの開発・ネットショップ作成サービス・資金調達サービスを展開するフィンテック企業です。

さらにはオンライン決済サービスでありPAY.JPやID決済サービスのPAYIDといったサービスも展開しています。

QRコードを用いて支払いをより簡単に済ませることのできるサービス開発も実施していることで有名です。

アプリケーション開発エンジニアやファイナンスIR職など幅広く募集しています。

 

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社

 

様々な金融サービスを提供しながら、より便利に取引のできる世界を目指すGMOフィナンシャルホールディングス株式会社。

GMOコインと呼ばれる2016年に開始したサービスは暗号資産交換事業であり、いわゆる仮想通貨を用いた取引の場を提供しています。

すべてのデバイスからアクセスできるサービスを用意しています。

各種手数料が無料で利用できるなど、仮想通貨取引を気軽に行うことができキャンペーンも随時開催。

従業員が働きやすい場の提供を目指しており、ワークライフバランスの両立支援から健康支援、オフィス環境の整備にも力を入れています。

 

株式会社ZUU

 

ITを駆使したフィンテックサービスを展開する株式会社ZUU。

「90億人が夢にチャレンジできる世界」をミッションとし、ヒト・モノ・カネを最適化することを目指します。

フィンテック化支援に力を入れている企業です。

高い専門性を有したサービスの提供や、効率的なマーケティング手法を活用した金融機関の販売促進や営業支援を行います。

ウェブディレクター・エディター・マーケター・セールスなどの各ポジションでの採用を行っております。

ポジションごとに要求される能力も変わってきますが、成長意欲の強い人、金融サービスに興味関心のある人におすすめです。

 

株式会社エクサウィザーズ

 

株式会社エクサウィザーズはAIを用いた社会課題の解決を目指す企業であり、各種サービスの一つにフィンテック事業も含まれています。

高齢者などのネットリテラシーの低い人でも簡単に利用できる送金システムや、中小企業向けの取引可能性予測システムの運営を行っています。

そのため、企業ごとに細かくカスタマイズされた事業承継システムが強みです。

さらに金融サービスの利便性向上を目指して日々新しい機能の開発にも取り組んでいます。

専門性はもちろんチームワーク・プロ意識・情熱などの人間性も重視した採用を行なっています。

 

株式会社テコテック

 

「知恵と創造で社会の梃子(てこ)となる」をモットーとする株式会社テコテック。

IT技術を駆使したサービスの提供に注力しています。

ブロックチェーン事業・決済認証システム事業・株式取引管理事業などのフィンテック事業を展開します。

投資家が適切な判断を下し、資産形成及び資産運用を効率的に行えるような支援が有名です。

ブロックチェーン事業では暗号資産交換業認可を取得した実績を用いてネット取引や暗号資産管理をサポート。

システムエンジニア社員の半数以上を占めており、システム開発経験者が多く転職してくる点が特徴です。

 

株式会社ビットポイントジャパン

 

仮想通貨事業を展開する株式会社ビットポイントジャパンは仮想通貨をわかりやすく運用できるようなプラットフォームの提供を行なっています。

そのため、高い信頼性と使いやすさを特徴としたサービスが強みです。

ブロックチェーンサービスを構築するエンジニア・セキュリティエンジニア・金融サービス構築エンジニアなどの技術職がメインの求人となっています。

 

まとめ

 

まとめ

 

以上、フィンテックの有名企業について紹介してきました。

コロナウィルスの影響により対人でのコミュニケーションが敬遠されるようになっています。

それがフィンテック技術をさらに加速させることは間違いありません。

金融知識とともにITリテラシーを持つ人材が今後需要を高めていくことになります。

フィンテック業界は将来性のある業界として今後も成長・進化を遂げていくのです。

今回の内容を参考にして、ご自身の能力・目的に合った企業に転職できるようにしましょう。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

Geekly Media
ライター

お金

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。