カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. リーガルテックの市場規模を解説!サービスや注目される背景は?カオスマップと共に転職エージェントが紹介
  • 技術・テクノロジー

リーガルテックの市場規模を解説!サービスや注目される背景は?カオスマップと共に転職エージェントが紹介

最新のテクノロジーとして話題となっている「リーガルテック」。その気になる市場規模や、今注目されている理由について解説します。さらに、リーガルテックが生み出している新しいサービスも一挙にご紹介していきます。

法

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

リーガルテックとは

 

法律

 

リーガルテック(LegalTech)とは、法律(Legal)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。

AI・ITなどの技術を駆使して、法務事務関係の作業を効率化することをいいます。

今までは紙の書類が主流で、事務手続きが煩雑でしたが、最新の技術を活用することで作業効率化を図ることができました。

また、難しい法律を分かりやすくするなど、社会に貢献しています。

今、日本ではこのリーガルテック市場が注目を集めており、この記事ではさまざまな角度からリーガルテックについて解説していきます。

 

リーガルテックの市場規模

 

グラフ

 

リーガルテックは、世界で1.8兆円規模の市場を持っているとされており、多数のスタートアップ企業が参入しています。

そして、日本においてもリーガルテックの市場規模は拡大を続けていますが、扱っている企業は少なく、世界と比べると少ない印象です。

市場調査を主な事業とする株式会社矢野経済研究所の調査では、リーガルテックの国内市場規模は2020年に287億円に上ると予想されました。

さらに市場規模は、22年には331億円、23年には353億円にも達すると予測され、日本でも急成長していることが分かります。

政府においても行政関係の諸手続きをデジタル化する動きがでてきており、特に契約書関連においてリーガルテックの需要が伸びています。

また、現代ではさまざまなサービスが生まれて続けているので、契約書においても複雑化している傾向があります。

その複雑さゆえのミスが起きることを防いだり、迅速に対応するためにも、リーガルテックが非常に重要な役割をはたします。

 

リーガルテックの歴史

 

辞書

 

リーガルテックの始まりは訴訟大国とも呼ばれるアメリカからでした。

アメリカの民事訴訟の際の証拠開示では電子情報も対象となっており、これに対応するためにリーガルテックの必要性が高まったのです。

そして、2010年ごろから大手企業がリーガルテック事業を始めるなど、急激に市場が広がっていきました。

対して日本はというと、数年遅れである2014年ごろから、少しずつリーガルテック事業に取り組む企業が増えていきました。

そして2015年には、たくさんのベンチャー企業が参入しています。

日本は、世界に比べると少し出遅れている印象ですが、今後はますますリーガルテックを扱う企業が増えていくと予想できるでしょう。

 

リーガルテックのカオスマップ

 

鉛筆と定規

 

昨今、さまざまなニーズに応えるために、各企業が次々にリーガルテックのサービスを生み出しています。

そのなか、電子契約サービスで業界トップシェアを誇るのクラウドサインが、リーガルテック企業のカオスマップ 2021を公開しました。

次々と参入する企業が増えていくリーガルテック業界の中でも、優れている企業43社が掲載されています。

2020年はテレワークなど、各企業のデジタルシフトが進み、ハンコの廃止化も進んだため本格的に最新の技術が必要となりました。

このカオスマップの契約書関連枠の密度が高いところを見ても、企業間でサービスを競い合っていることが分かります。

 

リーガルテックのサービス具体例

 

契約書

 

では、実際に既に提供されているリーガルテックの主なサービスについてご説明します。

 

弁護士ドットコム

 

弁護士ドットコム株式会社が運営し、18,600人以上(2020年12月17日時点)の登録弁護士数を誇る法律相談のポータルサイトです。

一般ユーザは質問を投稿することができ、登録弁護士が質問に対する回答をするというサービスで、他のユーザも閲覧することができます。

サービスによっては無料で利用することができ、さまざまな分野の弁護士や法律事務所を探すこともできます。

 

CLUDSIGN

 

こちらも弁護士ドットコム株式会社が運営しているサービスで、契約の締結をクラウド上で行うことができるサービスです。

すべてクラウド上にて完結するため、数分で契約締結をすることが可能で、契約書もクラウド上に保管されます。

そのため、紛失や破損の心配もなく安心して保管することが可能で、契約書の検索も非常に効率的です。

 

AOS Fast Forensics

 

AOS Fast ForensicsはAOSデータ株式会社が提供するサービスです。

USBメモリを挿入してプログラムを実行するだけで、調査対象のパソコンにインストールせずともデータ収集できるサービスです。

そのため、調査対象パソコンのデータ改変を最小限に抑えられます。

 

無料転職相談に登録して最新のテクノロジーを駆使したサービスに携わろう

 

残業証拠レコーダー

 

スマホ、地図

 

残業証拠レコーダーは、株式会社日本リーガルネットワークが提供するサービスです。

スマホにアプリをダウンロードし、勤務先などをマップ上で登録することで、あとはGPS情報により滞在時間を自動で記録する仕組みです。

そのためこのアプリさえ登録すれば、自分で記録する手間もなく正確に記録が残り、労働時間の証拠として扱うことができます。

そしてこの「残残業証拠レコーダー」は、最後まで完全無料で利用でき、ユーザーにとって魅力的なサービスです。

 

Graffer スマート申請

 

Graffer スマート申請は、株式会社グラファーが手掛けているサービスです。

さまざまな行政関係の手続を、スマートフォンひとつで完結するデジタル行政プラットフォームで、優れた行政サービスを実現しました。

マイナンバーカードで本人確認を行い、手数料などの費用もキャッシュレスで行うなど、住民の利便性・行政事務の効率化を図っています。

 

り~が~るチェック

 

り~が~るチェックは株式会社リセが手掛けるリーガルテックのサービスです。

AIを活用してスピーディーかつ正確に契約書を確認し、契約書作成が出来るため手作業で行っていたそれらの業務の効率化を実現しています。

さらに英文の契約書であっても、独自AIによって英訳や和訳が可能で、スムーズに契約書の作成が可能です。

 

I-CON 登記

 

書類

 

I-CON 登記は、GVA TECH株式会社が運営する、法人登記の必要書類を自動で作成するサービスです。

手間のかかる、変更登記申請書類の作成・郵送申請・登記反映後の登記簿謄本の取得など、商業変更登記申請を、くまなくサポートしています。

登記申請を、安く・早く・簡単に完了できるため、企業には心強いサービスといえます。

 

遺言書ドットコム

 

遺言書ドットコムは、株式会社Documentary Technologiesが提供するリーガルテックのサービスです。

相続する人・財産・振り分けを入力することで遺言書の原稿が作成でき、そこまでは利用料が無料です。

そして、遺言書の原稿作成後に公証人へ公正証書遺言作成の依頼を行ってくれる仕組みです。

 

リーガルファンディング

 

リーガルファンディングとは、一般社団法人リーガルファンディングが運営しているサービスです。

訴訟を起こしたけれど、高額な訴訟活動資金が用意できなくて困っている人をインターネット上の募金で応援します。

大きな問題であればあるほど訴訟は長びくため、その過程で費用を用意できなくなった場合は、途中でも訴訟を諦めるざるを得ません。

また、訴訟に勝利した場合でも、最終的には赤字になってしまうというケースもあり、被害者が報われないこともあります。

リーガルファンディングではそんな被害者の為に、資金を募るだけではなく担当の弁護士が必ずつきます。

そして、審査委員会の審査を経ているため、安心して利用できるサービスです。

 

判例秘書INTERNET

 

判例秘書INTERNETは、株式会社 LICが提供しているサービスです。

公式判例集に掲載された判例や、裁判所から独自入手した重要判例をデータベースに収録しており、さまざまな判例を検索することが出来ます。

さらに年・月を指定することで法令条文をピンポイントで検索することができ、改正履歴も一目でわかるような仕組みです。

 

リーガルテックが注目されている背景

 

法律、指

 

昨今、政府は働き方改革を推進していますが、長時間の残業制限や少子高齢化が理由で、企業は人手不足となり業務効率化が必須課題です。

この業務効率化推進の波は法務業務にも及び、その人手不足の解消を目的としてAIなどを用いたリーガルテックのニーズが広がりました。

そして、感染症予防の観点からテレワークも急速に広がりましたが、捺印が必要な書類や契約書がある場合にはテレワークは難しくなります。

そのような弊害が起きないようにと、リーガルテックの需要が高まったことで、今リーガルテックは注目され始めています。

 

リーガルテックの今後

 

グラフ

 

最近では、大手企業や大学が書類に関する押印を廃止すると公表しています。

その流れに乗り、今後はさらに多くの企業・団体で書類のデジタル化が進むと考えられるでしょう。

また、昨今はデジタル化のための法改正がさまざまな分野で行われていますし、テレワークも今後は普及が拡大すると考えられます。

アメリカでは既にリーガルテックが一般化しており、日本においても今後は更にリーガルテック業界が発展していくと予想できるでしょう。

 

まとめ

 

ノート、ペン

 

法務事務関係の作業を効率化に一役買うなど、私たちの暮らしを便利にするサービスを生み出しているリーガルテック。

世界ではリーガルテック市場の規模は非常に大きくなっているため、日本でも今後の成長が期待されている分野です。

現在、日本でもさまざまな企業が参入し始めており、企業間の競争も始まりつつあるため、リーガルテックはこれからも発展していくといえます。

リーガルテックなど最新の技術を要する業界で活躍するために、転職が成功するためのアドバイスをくれる転職エージェントを活用しましょう。

 

無料転職相談に登録して最新のサービスを生み出す企業に転職しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

法

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook