1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. HRテックとは?カオスマップとともに解説します!
  • 転職準備

HRテックとは?カオスマップとともに解説します!

近年では人事・マネージメント分野において最先端テクノロジーの活用が急速に広まっています。そこで今回は人材確保や人事マネジメントにおいて大きな変革をもたらしているHRテックについてご紹介します。HRテック業界ではどんなサービスが提供されているのか、その活用法と転職する際にどのように役に立つかをお伝えします。

変化の時

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

人事業務を大変革するHRテック

 

今が変化の時

 

最近急速に注目を集めているサービスHRテック。

「名前は聞いたことがあるけれど、一体どんなサービスなのだろう」「転職にどう関係するの?」

そう感じておられる方も多いかもしれません。

 

HRテック(Tech)とは?

 

HRテックは人材・人事を意味する「Human Resouces」と「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語です。

AIやクラウド・ビッグデータといったテクノロジーをHR分野に応用することで採用・人材管理業務を効率化できるサービスです。

具体的には、選考から採用までを一元的に管理する採用管理システムや、膨大なデータを一目で操作できる勤怠管理システムがあります。

また給与計算ソフト・エンゲージメントツールなどもHRテックに含まれ、人事分野に革命を起こしていると言っても過言ではありません。

 

HRテック(Tech)の導入が広がっている背景

 

解決策

 

HRテックが注目される理由の一つに、日本が直面している社会問題である少子高齢化による人材不足が挙げられます。

それにより、どの企業も優秀な人材の確保や今いる社員一人一人の能力をトレーニングしエンゲージメントを高める必要性に迫られています。

 

加えて、働き方改革の影響により労働環境の多様化が進んでおり、社員の勤怠管理や組織改善も求められています。

また、グローバル化の進展に伴い海外各地に拠点を持つ企業や、リモートで働く社員も増えてきています。

「従業員の基本情報が一致しない」「この人はどんな経歴で、どんなスキルを持っているか」などといった人材に関する情報の管理が煩雑になってしまいます。

ですが、HRテックを導入することにより、より効率的に人事に関するデータを一元的に管理することができます。

 

 

HRテックのメリット

 

右肩上がりのグラフ

 

様々なサービスが次々と生み出されているHRテックですが、そのメリットを理解しないと十分に活用することができません。

ここからはHRテックのメリットについてご紹介します。

 

人事の定形業務の削減とデータの一元管理・可視化

 

拳を合わせて協力

 

HRテックを活用すれば、人事の業務で膨大な時間と手間がかかっていた管理を自動化・大幅な定型業務削減が期待できます。

勤怠管理や採用管理システム・各種手続きなどの人事の定形業務にAIを活用することで、データを一元管理し自動で処理することができます。

また、人為的作業が削減されるため、入力ミスや企業と従業員が持っている情報にギャップがあるということも減らすことができます。

 

人事の提携業務の削減により、戦略的な人事業務に注力できる

上記のような定形業務の負担軽減・効率化により、人事はタレントマネジメントに力を注ぐことができるようになります。

人事戦略に注力できる時間が生まれるので、企業の経営目標の実現に貢献することができるでしょう。

企業の経営目標を達成するためには、必要な人材の調達・人材の育成・人材が最大限にパフォーマンスを発揮するための配置検討が必要です。

HRテックを活用するならば、人事の提携業務の削減により、戦略的視点から経営目標の実現に貢献することができます。

 

意思決定のスピードが上がる

 

HRテックを活用すれば、迅速な意思決定が可能となります。

例えば、ある部署に人材を配置したいとします。適切な人材を配置するために、従業員の経歴・能力・モチベーションなどを調査するとします。

紙媒体やExcelで人事業務を管理していると1人の従業員の情報を集めるだけでも多くの時間がかかります。

加えて、もし外部からタレントを採用しようとすると、世界という大海原から適切な人材を発掘する必要があります。

 

しかし、HRテックを活用すれば、従業員の情報をAIが分析し、配置後のパフォーマンスを予測・必要な人材を提案されます。

このように意思決定のプロセスにHRテックを用いればスピーディーに解決できるため、経営目標を達成しやすくなります。

これまでの勘や経験に基づいて行われていた人事評価や採用を、迅速かつ公正に意思決定することができようになります。

また、従業員側も適切な人事評価により適材適所に配置されるため、満足度やモチベーションといったエンゲージメントの向上も期待できます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

カオスマップを活用する

 

適切なツールを活用する

 

カオスマップ とはある業界の商品やサービスを提供する事業者をカテゴライズしたものです。

カオスマップ を分析することで、以下のような3つのことに気付くことができます。

 

1. その業界にはどんな企業があるのか

2. その企業は何に特化したサービスを提供しているのか

3. その分野での競合企業はどこか

 

カオスマップ を分析すると「今の自社に必要なサービスを提供する企業はどこか」を把握することができ、適切なサービスの選択ができます。

 

 

HRテックのカオスマップを解説

 

データ解析

 

HRTechナビと株式会社ウィルグループの共同企画によりHRテック業界が一目でわかるカオスマップ として公開されています。

https://hrtechnavi.jp/lab/hrtech-chaosmap/

 

大きく分けて9種類、449のサービスが提供されています。

 

・HCM(全体)

・求人

・採用

・エンゲージメント

・労務管理

・People analytics (サーベイ・分析ツール)

・アウトソーシング

・アルムナイ

・その他

 

HRテックの企業・サービスの一覧

 

HCM(全体)のHRテックサービス

 

高層ビル

 

AIなどを活用し組織や人事管理業務をサポート、勤怠・人事・工数をクラウド一元化し、マネジメントに特化したHRテックサービスです。

 

・Workdayヒューマンキャピタルマネジメント

・GrowOne 人事EX

・hue

・Oracle HCM Cloud

・ZOHO People

・コーナーストーン・HR

・サイレコ

 

などが多くの企業で活用されています。

 

求人に特化したHRテックサービス

 

中途採用や新卒採用などを支援し、優秀な人材発掘をするための求人やマッチングなどに特化したHRテックサービスです。

総合求人情報サイト、口コミサイト、リファラル採用サイトなどが含まれます。

見やすいUIで複数の求人媒体の応募者を一元管理することで、人事作業の業務の効率化・削減ができます。

女性の転職サポートやAIを活用して若手優秀層のマッチングに特化したサービス、新卒専門の就職支援サービスといったサービスがあります。

 

・求人カタログ

・LINEキャリア

・JAPAN WORK

・タイミー

・リクナビHRTech転職スカウト

・ミイダス

・楽採

・JOBドラフト

・PORTERS HR ビジネスクラウド

・Refcome

・ビズリーチ

・Wantedly

・OpenWork

 

などが多くの企業で導入されています。

 

採用に特化したHRテックサービス

 

新卒・中途・アルバイトなどの応募者の情報や採用までのプロセスを一元管理するといった採用に特化したHRテックサービスです。

応募受付から選考管理までの採用業務の全工程を網羅してくれるクラウド型採用管理システムといったサービスがあります。

また、タレントプール採用を支援するツールや採用面接をAIでデータ化することで応募者の情報を可視化してくれるといったものもあります。

 

・PRTable

・採用係長

・engage

・スタンバイカンパニー

・Indeed

・Jooto

・ジョブカン採用管理

・リクナビHRTech採用管理

・Talent Analytics

・3Eテスト

・Proff

・BioGraph

・オートークビズ

・CaLin

 

などが多くの企業で活用されています。

 

エンゲージメントに特化したHRテックサービス

 

社員の状態や企業の現状を可視化し、人材管理・人材評価といったエンゲージメントに特化したHRテックサービスです。

HRテックを活用することで、社員の経歴把握・人材の適材適所の配置・計画的な人材育成などが達成できます。

このサービスには、働きやすい環境をつくるクラウド型サービスや人事評価・eラーニングによる人材育成支援ツールがあります。

従業員の健康管理を一括管理できるツール・従業員の経歴や評価を可視化し組織の人材マネジメントを加速させるサービスなどもあります。

 

・Motivation Cloud

・HR OnBoard

・エアリーフレッシャーズクラウド

・gamba!

・Teachme Biz

・Talent Palette

・カオナビ

・ChatWork

・LINE WORKS

・ストレスチェッカー

 

などが多くの企業で活用されています。

 

労務管理に特化したHRテックサービス

 

勤怠管理や給与計算、保険手続きなどの事務作業の自動化といった労務管理に特化したHRテックサービスです。

労務を自動化し人事労務管理を効率化するクラウドサービスや労務データを一元的に管理するツール・勤怠管理システムがあります。

また、手入力作業を徹底的に削減することで人為的ミスを防止するクラウド型の給与計算ソフトなどもあります。

 

・SmartHR

・jinjer

・バイバイタイムカード

・ジョブカン勤怠管理

・ジョブカン給与計算

・Bulas

・速払いサービス

・ビザマネ

・年末調整シミュレーション

 

などが多くの企業で活用されています。

 

People Analytics(サーベイ・分析ツール)に特化したHRテックサービス

 

在宅ワークの際に活用できる労務実態の把握が可能となるサービスなど、People Analyticsに特化したHRテックサービスです。

 

・Tableau

・MITERAS仕事可視化

・サービスチーム力診断

・HIT

・PAT (People Analytics Transformation)

・Talent Viewer

 

などが多くの企業で活用されています。

 

アウトソーシングに特化したHRテックサービス

 

企業と人材採用会社をつなぐクラウド型採用支援サービスなどアウトソーシングに特化したHRテックサービスです。

 

・CrowdAgent

・JoBins

・CASTER BIZ

・CON-NECT

・社外人事部サービス

 

などが多くの企業で活用されています。

 

アルムナイに特化したHRテックサービス

 

OBやOGといったアルムナイとの関係を深めるため、アムルナイ・リレーション構築サービスに特化したHRテックサービスです。

 

・official-alumni.com

・MyRefer Alumni

・エアリーforアルムナイ

 

などが多くの企業で活用されています。

 

その他

 

提携業務を自動化できるクラウドソフトや仕事と介護の両立支援を行うことなどに特化したHRテック(Tech)サービスです。

 

・HRogチャート

・HRogリスト

・BizteX cobit

・LCAT

・タレンタ

 

などが多くの企業で活用されています。

 

HRテックのカオスマップ予想

 

壁に貼られた紙を見て検討中

 

少子高齢化の影響により、人材不足が顕在化してきている日本の社会。

加えて、新型コロナ感染症の影響で多くの企業でリモートワークが推進され、個人の働き方が多様化してきています。

今後は以下のようなHRテックサービスの導入が多くの業界でトレンドとなるでしょう。

 

・在宅ワークの際に活用できる、労務実態の把握が可能となるサービス

・社員のエンゲージメントを高め、離職リスクを削減するサービス

・タレントマネジメントに応用できるHRテックサービス

 

 

HRテックの活用

 

握手、契約

 

HRテックについては人事担当者や管理部だけでなく、マネジメントや事業における人材配置・育成から行う戦略立案などで活用できます。

 

終身雇用制や年功序列という考え方が弱まっている現代において、HRテックの導入は多くの企業で加速していくサービスです。

目前に迫っている「AIとの協働時代」に備えて、HRテックを活用して以下の役割を理解しておくことが大切です。

 

情報分析

 

HRテックサービスを活用しても、使う側に分析力がなければ十分に活用することができません。

データを正確に分析し、時には経営者に意見するなど適切なアクションを大胆に行える人材は、企業にとって貴重な資産となります。

 

経営戦力立案

 

HRテックを活用し、戦略的な視点から企業の経営目標を助ける人材が求められています。

「企業がどこに向かっているのか」を理解し、経営者と協力しながら経営戦略立案に積極的に関わることが期待されています。

「どのような人材が経営戦略を実現するために必要なのか」「どのような環境が従業員のパフォーマンスの向上につながるのか」

このような視点を持つ人材は、経営目標を議論する段階から経営者と一緒に協力でき、転職する企業で必ず有用な人材となれるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

 まとめ

 

打ち合わせ

 

この記事ではHRテックとは何か、HRテックのサービスの種類、HRテック時代に求められている人材をご紹介しました。

HRテック市場が今後急速に成長するという予測からも、転職を考えておられる方はHRテックの活用法を知っておくことが重要です。

経営者と協力して人事戦略を計画することで経営目標を実現したり、AIにはできない役割が求められています。

ぜひ、今期待されている人材は何かをよく考え、企業が「この人は必要だ」と思うスキルを身につけて転職を成功させてください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー