カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. ブレインテックの事例を紹介!注目企業やカオスマップは?脳科学ビジネスの活用分野をエージェントが解説
  • 転職準備

ブレインテックの事例を紹介!注目企業やカオスマップは?脳科学ビジネスの活用分野をエージェントが解説

脳科学とITを融合させたブレインテックは、世界中から注目を集めています。アメリカやイスラエルは国が主体となってプロジェクトを進めており、日本でも各企業において研究が進められています。では具体的にどのような事例があるのか、ブレインテックのカオスマップとともにみていきましょう。

スマートホーム

ブレインテックの事例をご紹介

 

日の出

 

脳科学とITを融合させたブレインテックは、アメリカやイスラエルを中心に国家規模でプロジェクトが進められています。

各国で具体的にどのようなプロジェクトが進行しているのか、具体的な事例をみていきましょう。

 

アメリカの事例

 

2013年にオバマ前大統領が脳神経科学を推進する巨大プロジェクトであるBrain Initiativeを発表しました。

これをきっかけとし、シリコンバレ―を中心とした大手企業やスタートアップ企業が次々に市場へ参入しています。

アメリカで注目されているのは、Brain Machine Interface(BMI)と呼ばれる脳とコンピューターの連動です。

BMIに関して、大手企業マイクロソフトは頭で考えただけでアプリを動かす技術の特許を取得しました。

さらに、テスラ創業者のイーロン・マスク氏が設立したNeuralinkでは、脳で考えただけで電子機器を動かすサービスの臨床試験を始めています。

 

イスラエルの事例

 

シモン・ペレス前大統領がIsrael Brain Technologies(IBT)を設立したことで、多くのブレインテックプロジェクトが進行しています。

IBTが主催するカンファレンスは隔年で開催され、多くのスタートアップ企業や投資家、政府関係者が世界中から集まるのです。

また、IBTはブレインテックを活用した事業に関する資金援助のための活動や創業支援を積極的に行っています。

IBTの後押しもあり、イスラエルには100社以上のスタートアップ企業がプロジェクトを進めているようです。

 

欧州連合(EU)の事例

 

EUの旗

 

EUでは、Human Brain Projectと呼ばれる脳の仕組みを理解するプロジェクトが進行中です。

脳を理解することで、あらゆる面における社会問題の解決を目指しています。

予算規模は2013年からの10年間で約10億ユーロといわれており、脳の全容解明やシミュレーションなどに力を入れています。

 

中国、韓国の事例

 

中国では2016年から15年間にわたり、国の資金援助のもとChina Brain Projectと呼ばれる脳神経の研究を進めています。

脳神経科学が進歩することで、脳疾患の治療やBMIの研究に役立つことが期待できるのです。

韓国では、脳科学分野の研究として2016年からKorea Brain Initiativeというプロジェクトが始まりました。

 

日本が進めるニューロマーケティング

 

会議

 

世界各国でブレインテック業界が盛り上げっている中、日本国内でも徐々に動きが出てきました。

日本が力を入れて取り組んでいるブレインテックは、ニューロマーケティングと呼ばれる領域です。

ニューロマーケティングとは、ある商品を使用したときにおける脳の状態を計測し、その反応を商品開発などに生かす技術のこと。

これまでのマーケティング活動では、商品使用者を対象としたアンケートや口コミを商品開発に生かしてきました。

しかし、ニューロマーケティングを活用することで言葉にできない微妙な感情を脳波から読み取ることが期待できます。

その結果、従来にくらべ詳細なマーケティング活動ができ、テレビCMや商品パッケージにも生かせるのです。

実際の導入事例として、化粧品会社の資生堂が脳の血流反応測定を用いた口紅の使用感に関する評価法を開発しています。

ほかにもニューロマーケティングの導入事例は多数あり、今後ますます発展していく領域といえます。

 

ブレインテックのカオスマップ

 

アメリカの地図

 

ブレインテック関連事業を推進している株式会社メディアシークが、ブレインテックのカオスマップを作成しました。

ブレインテックには次の8つの領域があります。

 

・BMI、BCI、センサー

・教育、スポーツ

・睡眠、音楽、瞑想

・働き方、生産性

・ヘルスケア

・ニューロマーケティング

・エンタメ、コンテンツ

・研究開発、実証実験

 

それぞれの分野に力を入れている企業やサービスも公開されているので、続けてご紹介します。

 

ブレインテックの注目企業

 

スタートアップ

 

ブレインテックのカオスマップには、それぞれの領域に力を入れている45の企業やサービスが登場します。

国内、国外それぞれブレインテックを推進している注目企業をみていきましょう。

 

国内の注目企業

 

日本国内で注目されているのは、教育・スポーツ領域のCYBER YOGAや睡眠・音楽・瞑想領域の株式会社neumoなどです。

ほかにも、ニューロマーケティング領域のアース製薬、研究開発・実証実験領域の日産自動車や塩野義製薬など大手企業も参入しています。

アメリカのように国が音頭を取ってプロジェクトを進めているというわけではありませんが、企業ごとに市場へ参入している形です。

ブレインテックの市場規模はあと数年で5兆円規模になると言われていますから、ますます参入企業が増えるでしょう。

 

海外の注目企業

 

海外で注目されているのはBMI・BCI・センサー領域のNeuralinkやKernel、研究開発・実証実験領域のFacebookです。

Neuralinkはテスラ創業者のイーロン・マスク氏が設立したスタートアップ企業で、脳で考えるだけで電子機器を動かすサービスを開発中です。

アメリカでは、スタートアップ企業や大手企業がブレインテックのために設立した新部門が市場に参入するケースが多い傾向にあります。

これも、2013年にオバマ前大統領のもと始まったBRAIN Initiativeのおかげでしょう。

 

無料転職相談に登録してキャリアアップを目指そう

 

脳科学ビジネスの活用分野

 

脳

 

アメリカのBRAIN Initiativeでは、脳の全容を解明することで脳疾患の治療を確立することを目指しています。

また、選手の能力向上に役立てるため、ブレインテックサービスを練習に取り入れるプロチームも出ているようです。

プロスポーツ選手にとどまらず、私たちの生活と脳はあらゆる面で直結していますから、さまざまな分野に活用されています。

 

医療・ヘルスケア

 

ブレインテック最大の用途が、市場全体の8割以上を占める医療・ヘルスケア領域です。

脳波を読み取ることで、アルツハイマー病や認知症など脳疾患、うつ病などの神経疾患の治療や予防に役立てることが期待されます。

ブレインテックにより「脳が見える化」することで、治療が困難とされてきた病気にも対処できるかもしれないのです。

また、脳に直接磁気刺激を与え記憶力を改善する研究も行われています。

ブレインテックにより従来とは全く新しい治療法が生まれることで、更なる医療面の発展が期待されるのです。

 

教育・スポーツ

 

ニューロフィードバックと呼ばれる技術があります。

ニューロフィードバックとは、測定した脳の状態を映像や音で詳細に伝える技術のことで、教育・スポーツ領域で研究が進んでいます。

脳がどのような状態になっているか目や耳で把握することができるので、学習能力や競技能力向上に活用することができます。

既にアメリカでは、プロチームやオリンピックを狙うチームがブレインテックを練習に取り入れているようです。

日本にも教育・スポーツ領域に力を入れている企業がありますから、今後の進展に期待が高まります。

 

睡眠・音楽

 

ピアノと楽譜

 

睡眠や音楽とブレインテックも非常に相性が良いです。

脳波を測定することで質の高い睡眠を追求することが期待されます。

睡眠に関する悩みを抱えている人は多いので、快適な睡眠が実現できれば仕事や日常生活の質が上がること間違いありません。

また、音楽が脳に与える影響に着目した研究が多くなされています。

音楽を聴いてリラックスしたり気持ちを高めたりと、音楽が私たちに与える影響は計り知れません。

脳の状態に合わせたおすすめの音楽を教えてくれるなど、一歩進んだサービスの普及に期待が高まります。

 

マーケティング

 

日本が力を入れているニューロマーケティングも注目の1つです。

従来のアンケートや口コミ調査などのマーケティング活動では、言語化できない感情が散見されました。

しかし、脳の状態を直接読み取り微妙な感情の変化を察知できれば、より本質的なマーケティング活動が期待されるのです。

また、商品パッケージやテレビCMなどにも活用できるため、今後多くの企業が導入するとみられます。

ニューロマーケティングはブレインテックの中でまだ大きなシェア率はありませんが、今後伸びてくることは間違いないでしょう。

 

ブレインテックは幅広く活用できる技術

 

ビジネス

 

ブレインテックのカオスマップでみたように、主に8つの領域で研究が進められています。

医療・ヘルスケア・教育・スポーツ・睡眠・音楽などはいずれも脳と直結していることです。

脳の全容を解明する動きが活発化し、日常生活にも使えるサービスとして普及すれば、私たち人間の可能性が大きく広がります。

カオスマップでは45の企業とサービスが紹介されていましたが、今後参入する企業は増えるでしょう。

また、日本もアメリカやイスラエルのように国が主体となってプロジェクトを進めるようになるかもしれません。

そうなれば、ブレインテックが私たちの日常にどんどん浸透すると予想されます。

 

ブレインテック業界は未経験でも挑戦できる?

 

スタートアップ

 

ブレインテックは脳とITの融合なので、IT分野に少しでも知見があるのならチャンスです。

ブレインテックは、日本国内においてまだそれほどメジャーな分野とはいえません。

しかし、ブレインテックは将来性が期待できこれからどんどん大きくなる市場であることは間違いないのです。

市場規模が大きくなれば多くの人材を必要としますから、今のうちに行動を起こしましょう。

 

ブレインテック業界への転職を成功させるには

 

ビジネス

 

ブレインテックは今後ますます伸び続けると予測されます。

専門的な知識を発揮し業界で活躍するためにも、転職エージェントを活用しましょう。

エージェントは、これまで培った経験やノウハウを活かし、転職が成功するよう的確なアドバイスをくれます。

あなたに合った企業を見つけることにもつながるので、キャリアアップやスキルアップを狙うならエージェントを活用しない手はありません。

 

無料転職相談に登録して時代の流れに乗ろう

Geekly Media
ライター

スマートホーム

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。