カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. ドローンビジネスの市場規模を解説!国内外の事例や業界の今後は?転職エージェントがビジネスモデルを紹介
  • 技術・テクノロジー

ドローンビジネスの市場規模を解説!国内外の事例や業界の今後は?転職エージェントがビジネスモデルを紹介

今までの常識を覆せると期待されているのがドローンによる運用です。ドローンビジネスが軌道に乗ればあらゆる業種や分野が革新的に飛躍できると予想されています。今回はドローンビジネスの現状や今後の予想などを踏まえて解説していきます。

カメラ付きドローンの画像

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

ドローンビジネスの成長度合い

 

ドローンが飛ぶ画像

 

今さまざまなビジネスシーンでの導入に積極的なのがドローンです。

2015年に法的規制や許可が成立されたことでドローンビジネスは動き出したばかりです。

2018年度での日本国内のドローンビジネス市場規模は約931億円にまで成長しています。

ドローンビジネスは年々驚異的なスピードで成長をし続けている現状です。

2019年度では1,409億円、2020年度には1,932億円にまで市場規模は拡大しています。

この傾向は当面の間は続くとみられ、2024年を迎える頃には順調にいけば5,000億円を上回るだろうと予測されるほどです。

 

ドローンビジネスをするためのポイント

 

夕日とドローンの画像

 

市場規模が広がるドローンビジネスへの参入を試みるとしたらどのようなことをポイントにしておけばよいのでしょうか?

誰でも気軽に参入できるものなのかが気になるところです。ここではドローンビジネスにおける大切な要素を3つ解説していきましょう。

 

ドローンのすべてを理解しておく

 

ドローンを導入するということはドローンに関するすべてを把握しておくことが前提です。

それは機器としての取り扱いや実践での操縦テクニックに留まらず、ドローンを利用するにあたっての法的規制の理解も含まれています。

どのようなビジネスにも規定があるのと同様にドローン1つ作動させるにもルールや仕組みを知っておくことが最優先です。

現在は既に各所にてドローンスクールが開催されています。スクールでの講習を受ければほぼ網羅された内容を勉強できるのでおすすめです。

 

どのような分野で活用するのか?

 

ドローンを活用して何をビジネスとして成立させたいのかをはっきり決めることも必要です。

ドローンはすべての用途に対応してはいません。例えば農薬散布には散布用ドローンを使ってルールに基づいて行われます。

自分がどのジャンルや分野でドローンビジネスを展開して特化させるのかを考えておくことです。

 

最新情報を入手する

 

ドローンビジネスを始めるにあたって既存ビジネスのことを事前に調べておく必要があります。

ドローンを使ってどの分野のビジネスに関わるのか分かった上で業界や競合・海外事情などの情報入手が大切です。

ドローンはトレンドにも関連していますので、自分らしいプランを成立させる意味でもしておきましょう。

 

ドローンの飛行レベル

 

空撮の画像

 

ドローンビジネスを始めようといきなりドローンを購入するのは早合点です。

機体を所持することと同じくらい大切なのは規制の理解をしていくことでしょう。

実はドローンを飛ばすための決められた飛行レベルが存在します。

 

空は4段階レベルに分けられている

 

ドローンを飛ばすには飛行レベルを理解しておく必要があります。

政府によって「空の産業革命に向けたロードマップ」という決まりが設けられていてそのルールに則った飛行をしなければなりません。

レベル1は目視内での操縦飛行・レベル2は目視内での自動と自律飛行が可能です。

レベル3では無人地帯での目視外飛行・レベル4は有人地帯での目視外飛行という区分がされています。

ドローンに限らずそれぞれのレベル内にあったビジネスを展開していくよう、空のルールとして成立しているのです。

 

国内ではレベル1から3までが対象

 

旋回するドローンの画像

 

例えばレベル1は農薬散布・空撮・橋梁や送電線などのインフラ点検での飛行をします。

レベル2では空中写真測量・ソーラーパネル設備点検などです。

そしてレベル3では離島や山間部への荷物配送・被災状況調査・行方不明者捜索・巨大インフラ点検・河川測量ができます。

レベル4になると都市物流・警備・救助および避難誘導・消火活動支援、都市部インフラ点検といった規模の大きな業務です。

現在のところ国内ではレベル1~2が既に稼働中で、最近になりレベル3に到達した段階です。

 

国内ドローンビジネスの市場規模と状況

 

ドローンとスマホの画像

 

現在の国内ドローンビジネスで可能なレベルは3段階目までになっていますが、これも徐々に解禁されています。

レベル4の目視外の自動操縦飛行への試みも始まっている現状です。規制緩和や技術開発が水面下で進められ期待が寄せられています。

中でも国内需要が高く見込まれているのが測量分野です。

ドローンでの測量は国内で今後大きな改革をすると予測されています。

日本の国土は傾斜も激しい場所も多く人が踏み込めない場所も点在しています。

上空から地表面のデータを今まで以上に得やすくなることでしょう。

 

無料転職相談に登録して次の仕事を見つけよう

 

海外ドローンビジネスの市場規模と状況

 

ドローン操縦の画像

 

海外のドローンビジネス市場規模の状況予測は大きく軍用目的での需要と産業用や個人の娯楽用での需要が見込まれています。

2018年度の合計では約1.6兆円となり、これが2025年になる頃には約2.9兆円の予測です。

軍需用ドローンの市場規模は一定平均にとどまるとされていますが、産業と個人合わせた民間でのドローンの需要は上昇傾向にあるとされています。

とくに商用サービスで伸びるのが点検や検査分野などの社会インフラの保全活動と災害時のさまざまな活動支援の分野です。

他にも輸送・配送サービス分野は2025年になると現在よりも30%近い普及率が予測されています。

 

今後見込めるドローンビジネスモデル

 

ドローンと操縦桿の画像

 

ドローン活用でのビジネスモデルは独自研究が始まったばかりで、さまざまな分野の業種が取り組んでいる最中です。

その中でも医療・教育分野は積極的に考えています。まだまだ未開発でありつつも今後の急激な拡大が期待された分野です。

他にも今後のドローンビジネスが見込める分野がありますのでさらに詳しく見ていきましょう。

 

各種点検分野

 

あらゆる業種・分野にて現状よりも強固にしたいと願っているのはセキュリティについてです。

とくに建築物やインフラ設備についての定期点検は義務化されてもいるため必須業務といえるでしょう。

従来の方法では人員によるアナログな点検のままです。しかもスタッフの安全確保も課題になります。

そこでドローン活用による点検作業が日常化できれば、作業コストの削減や効率化・安全性も高まるでしょう。

いずれ高性能なセンサーを搭載したドローンで複雑な点検も可能な時代になります。

 

建築物や地形などの測量分野

 

操縦する画像

 

人手不足を始めとした諸々の課題が山積されている建設業界にてドローンでの測量技術の向上も期待が寄せられています。

実は2015年から国土交通省が測量・設計を始め施工・検査・管理の事業プロセスにて情報通信技術の導入計画を公表しました。

「i-Construction(アイ・コンストラクション)」と名付けられた計画を推進中です。

その行方次第ではドローンの導入について義務化の動きもみせています。

 

農業分野

 

農業の分野ではドローンによる農薬散布の働きが注目されています。

すでに農薬散布はヘリコプターなどで行なわれていますが無人ではありません。

今後はドローンを活用した無人での運用が期待されています。

また農薬には液体・粒状・粉末など種類がありますが、散布時の事故やトラブル防止が課題です。

ドローンへのセンサー搭載は必須となり生育状況や土壌状況の分析も伴うようになるでしょう。

ますますの生産性向上が図れると期待されています。

 

物流分野

 

現在国内でもドローンでの荷物配送の実現に向けた動きが活発です。

目視できない範囲にて飛行することや私有地上空での飛行の規制についての改訂を進行しています。

おそらく将来的には宅配をドローンが代行する時代も来るかもしれません。

既に米国Amazon社にてドローン配送サービス「Prime Air」の試験飛行も行なわれています。

ただし所要時間が読めないことや悪天候での対応ができないことなど課題はまだまだ多いのも事実です。

実用化に至るには時間がかかるだろうと考えられています。

 

報道分野

 

より敏速な詳細が入手できるので、ドローンは報道分野での有効な手段になる可能性があります。

前人未到な場所に踏み込めるメリットを生かして、事故発生時の現場や台風などの災害での現況報告が容易くできるようになるでしょう。

今までは報道記者によって現場で中継をするという流れにドローンも加わることでより細密な情報提供が期待できます。

 

不動産分野

 

不動産や住宅分野でのドローンの活用も期待されています。上空より撮影される視覚映像にて遠隔地にいても物件の見学も可能です。

建物全体や周辺の様子についてもドローンを使えば現行よりも詳細な情報提供ができます。

 

ドローンビジネスの今後の課題

 

家屋とドローンの画像

 

徐々にドローンの運用が日常的になりきっとその姿を見かけることも普通になっていくことでしょう。

しかし現行ではまだまだドローンに対する認識や制度も整っていません。いくつかの課題も考えられます。

 

万が一の事故対策

 

ドロービジネスの市場規模が広がると最も課題になるのは落下や接触などによる事故です。

ドローン同士に限らず建造物や動植物についても考えられます。

器物破損の責任の所在などが問われ対処する必要もあるでしょう。とくにビジネスでドローンを飛ばすともなれば信用にもかかわります。

作業環境の安全性やドローン操縦士の力量も向上させる工夫が重要です。

 

ビジネス向けな法整備が必要

 

市場規模の拡大とともに早急な法整備も必要です。今でもドローンには規制があります。

改正航空法によって特定空域での飛行には事前の許可申請をしなくてはなりません。

とくにビジネスでの活用なら今後も規制は細かく適用されることでしょう。

例えば運搬用でのドローン活用をする場合、不法な物資を運んでしまう恐れも考えられます。

ドローンビジネスを念頭に置いた法整備が行われていくはずです。

 

まとめ

 

低空飛行するドローン画像

 

ドローン運用の市場規模として農業・物流・点検業務・測量の分野が主流となりつつあります。

他にも地質解析・生態調査・スポーツ中継など多岐にわたっていくことでしょう。

これから幅広いフィールドにて普通にドローンが飛び回っていく社会が訪れると予想できるのです。

ドローンビジネスはまだ始まったばかりなので、諸問題もこれから浮上するでしょう。

それらを1つずつ検証して改善策を練っていくのも必要です。これからもドローンビジネスの市場規模の拡大に注目してください。

 

無料転職相談に登録して転職を実現させよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

カメラ付きドローンの画像

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook