カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. エドテック(EdTech)の市場規模と今後を予測!世界企業が日本に参入する理由は?転職前にチェック!
  • 技術・テクノロジー

エドテック(EdTech)の市場規模と今後を予測!世界企業が日本に参入する理由は?転職前にチェック!

2019年末から2020年にかけ、新型コロナウィルスによってリモートワークのインフラ整備の必要性を痛感した企業が続出したのは記憶に新しいのではないでしょうか。IT活用やセキュリティなどITスキルを求められる時代を生き抜くために、転職前に知っておきたい注目のEdTech(エドテック)市場規模や今後の展望についてご紹介します。

本

EdTech(エドテック)市場の現状

 

本

 

米国で2000年に誕生したEdTech(エドテック)は(Education)×(Technology)の造語です。

EdTech(エドテック)を簡単に説明するとITTechnology)を使った教育Education学習コンテンツのことを指します。

幼児から大人まであらゆる学びの場をITコンテンツとして使用できるサービスです。

米国を筆頭に活発な世界のEdTech(エドテック)市場日本の現状について見ていきましょう。

 

世界のEdTech(エドテック)市場の現状

 

すでにEdTech(エドテック)市場が発展しているのが主に米国、そのほかにイギリス中国インド等があげられます。

EdTech(エドテック)が誕生した米国では、国の政策で教育環境にEdTech(エドテック)サービスを推進するよう目標を定めました。

そのため2015年から初等教育のカリキュラムにプログラミング教育に力を入れています

他国の初等教育のプログラミング教育ではイギリス2014年より中国では各省により差があるようですが2015年より強化を進めています。

教育機関Wi-Fi普及率をみても日本よりもIT環境が整っているようです。

 

日本のEdTech(エドテック)市場の現状

 

日本のEdTech(エドテック)市場は、2007年頃から教育機関でのEdTech(エドテック)学習コンテンツの普及率は低迷していました。

その要因は教育現場のIT環境の整備の格差、教師のITスキル格差などがあります。

日本のEdTech(エドテック)市場拡大の足枷となり難航していました。

その後、英会話教材学習塾アプリといったスマートフォンやタブレット、PCを使った民間企業のサービスとして普及し始めたのです。

EdTech(エドテック)を活用する動きが波及する形で広がりを見せているのが現状です。

 

EdTech(エドテック)市場規模の今後の展望

 

パソコン

 

EdTech(エドテック)により教育の地域格差をなくし、初等教育から高度な教育までサービスが提供できるようになりました。

学習コンテンツを生み出すEdTech(エドテック)市場は新型コロナの影響もあり需要が高まっています。

 

世界のEdTech(エドテック)市場規模と今後の展望

 

EdTech(エドテック)の市場規模は拡大路線を歩んでいます。2017年から2022年の間の平均予想成長率18.3%と予測され注目の市場です。

世界のEdTech(エドテック)の市場規模は日本円で約4兆2500億円約400億ドル)といわれています。

今後も更に拡大が見込まれています。

 

日本のEdTech(エドテック)市場規模と今後の展望

 

ビル

 

日本では2020年から初等教育でのプログラミング学習義務教育になりました。

プログラミング学習を国の政策として推進することで、IT環境のさらなる整備やIT人材の充実が見込まれます。

初等教育から高度な専門分野、社会人学習など更に多岐にわたって活用する場が広がるでしょう。

今後2023年までに日本のEdTech(エドテック)市場は日本円約3300億円と市場拡大が見込まれています。

 

EdTech(エドテック)市場規模拡大に見る世界企業が日本に参入する理由

 

日本

 

EdTech(エドテック)の学習コンテンツサービスはボーダレスなサービスのため、言語の問題を除けば市場拡大を狙える市場です。

世界企業が日本に参入するチャンスがある市場でもあります。

 

日本のEdTech(エドテック)市場に参入している世界企業

 

すでに参入が進んでいるのはEdTech(エドテック)のサービスの中でプラットフォームサービスの分野を指します。

EdTech(エドテック)の支援プログラムであるAWS Edstartはエドテック学習コンテンツの土台を支援するサービスです。

特にEdTech(エドテック)のスタートアップ企業が自社開発せずに効率的に商品化ができるサービスを提供しています。

2015年からアマゾンAWS Educateが提供しております。

その中で2018年からAWS Edstartでは日本語対応のサービスをスタートしています。

 

世界のEdTech(エドテック)市場で活躍する各国のEdTech(エドテック)企業

 

IT技術が進化している世界のEdTech(エドテック)市場では、学習コンテンツにAI・VR・ゲームコンテンツなどの特化したサービスを提供しています。

使い方を教わらなくても感覚的に使用できるコンテンツなど学習がしやすいコンテンツが多数あるようです。

知名度が高い世界の企業

 

・米国

instructure.com

 

・インド

BYJU’S

 

・中国

Yuanfudao

iTutorGroup

 

無料転職相談に登録してエドテック業界に転職する

 

日本のEdTech(エドテック)市場に参入障壁はあるのか

 

男性

 

アマゾンが日本語対応を始めたように、言語の問題が障壁になるのでしょうか。

企業側が多言語対応をサービスとして提供することや翻訳ツールがより高性能になれば問題なく参入できることが予想されます。

 

EdTech(エドテック)市場拡大のための日本の課題

 

国内の英会話や学習塾など民間企業のサービスから広がりをみせている日本のEdTech(エドテック)市場。

期待が大きい反面、コンテンツ利用のためのスマートフォンタブレットPC端末の普及とインフラ環境整備が前提です。

スマートフォンの普及率は高いですが、タブレットやPC端末、IT環境に世帯ごとでの格差がまだあるのが現状です。

 

EdTech(エドテック)市場規模の拡大に必要なこと

 

・Wi-Fi環境の整備

・高速インターネット回線の普及

・スマートフォン、タブレット、PCを一人一台所有する環境

・ユーザーのインターネットセキュリティースキル

 

EdTech(エドテック)市場に参入している日本の企業

 

ビル

 

日本企業のEdTech(エドテック)サービスが海外で使用され人気の学習コンテンツを生み出すことも実現可能な市場です。

国内のEdTech(エドテック)市場に参入している分野ごとに日本企業をいくつかご紹介しましょう。

 

EdTech(エドテック)市場に参入している主な分野

 

EdTech(エドテック)の学習ツールタイプ別に紹介します。

 

・教師側 授業支援ツール…Classi

・生徒側 学習支援ツール…FLENS

キャリア支援ツール…サイバー大学

経営支援ツール…abl.

学習プラットフォームツール…mana.bo

 

大手企業のEdTech(エドテック)サービス

 

教育業界大手の参入はすでに始まっております。

学習塾系や英会話教室・Z会 ・スタディサプリ・チャレンジタッチなどスマートフォンとタブレットを使った学習ツールです。

オブジェクトを仮想世界の中で表現できるVRが更に進化すれば、日本のエドテック市場が拡大すると予想されます。

 

EdTech(エドテック)市場規模が拡大することで何ができるのか

 

男の子

 

これからの社会は職種や働き方が時代背景とともにテクノロジーの進化に沿って変わっていきます。

私たちはそれに順応していく適応力が必要です。

EdTech(エドテック)市場規模が拡大することで、どんなことが期待できるのでしょうか。

 

EdTech(エドテック)市場規模が拡大することで実現できること

 

EdTech(エドテック)市場規模の拡大で学びの環境が変わります。

 

・地域格差・所得格差などの教育格差の解消

・各個人のレベルにあったカスタマイズされた学習の場の提供

・必要なスキルを身につける場の提供

・語学力などグローバルで活躍できる人材育成

・教育現場の教え方が効率的な環境

 

これからの時代に求められることSTREAM教育

 

streamから未来の技術力を養う

 

・Sサイエンス

・Tテクノロジー

・Rロボテックス

・Eエンジニアリング

・Aアート

・Mマスマティックス

 

上記の頭文字です。

創造から仮想世界へそして現実世界との融合を可能にする社会をつくる人材はstreamから生まれる。

新しい勉強にEdTech(エドテック)の学習コンテンツをつかって学びの場に参加しましょう。

 

学習コンテンツサービスのMOOC

 

MOOCは、インターネット環境で世界中の有名な大学講義が受講できるコンテンツです。

国内外の大学の授業を配信しています。だれでもどこでもいつでも学ぶ環境が整ってきているのです。

 

EdTech(エドテック)市場規模からみた転職に必要なこと

 

スーツ

 

EdTech(エドテック)の学習コンテンツを利用し、新時代を生き抜くスキルを身に着ける事が可能です。

学習機会が平等になるため個々の遅れを取り戻すチャンスがあります。

遠隔地など環境の格差も生じないのがEdTechの強みといえるでしょう。

 

社会人になっても学ぶ楽しさを見つけよう

 

・IT環境を整えるには、スマートフォン、タブレット、PC端末を使いスキルを高めよう

・セキュリティー知識を持つこと安全な環境を整えよう

・学んでみたい分野を探してみよう

 

EdTech(エドテック)を活用する人になろう

 

男性

 

転職前には、職業実習などポリテクセンターへ行き研修を受けスキルを磨くことが可能です。

これからの研修スタイルやリモートワーク、人材育成の場ではEdTech(エドテック)市場の参入により環境がガラッと変わることが予想できます。

自ら学ぶ環境へなれることも大切です。

EdTech(エドテック)学習コンテンツを活用してスキルアップを目指すことで従来よりも効率的に学べます。

すでに英会話などアプリでされている方もスキルUPに励んでいきましょう。

 

EdTech(エドテック)市場の求められる人材

 

EdTech(エドテック)市場の教育現場で求められている職種をいくつかご紹介します。

教育とテクノロジーIT分野の知識が必須というこがわかります。

 

・AI(人工知能)教材のコンサル営業

・クラウド型の学習教材システム企画

・教育機関向けアプリのサーバーエンジニア

 

まとめ

 

ペン

 

EdTech(エドテック)導入は国内外問わず進んでおり、リモートワーク増加も追い風となりIT環境整備の重要性が高まりました。

EdTech(エドテック)関連企業に転職するには幅広いITスキルと知識が求められます。

今何が足りないのか、何が求められているのか考えるためにもIT関連の情報収集は積極的に行いましょう。

今後EdTech(エドテック)企業が増えていけば転職先の選択肢もどんどん広がっていきます。

自身のスキルや知識で活躍できるのはどういった企業なのか、考えてみましょう。

選択肢が増えればそれだけ迷いも生じます。そんなときはぜひ、転職エージェントにご相談ください。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

Geekly Media
ライター

本

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。