カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. LegalTechの有名企業5選をご紹介!法律×ITの最先端サービスとは?法務系転職なら要チェック!
  • 技術・テクノロジー

LegalTechの有名企業5選をご紹介!法律×ITの最先端サービスとは?法務系転職なら要チェック!

印鑑レスや電子契約が当たり前になってきている今、Legal(リーガル:法律)× Technology(テクノロジー:技術)が生み出すサービス「Leagal Tech(リーガルテック)」が目覚しく成長しています。この記事では、リーガルテクノロジーの流れの先頭を切っている企業や、これからの最先端テクノロジーについて紹介します。

法律

Legal Technology サービスの内容

 

法律

 

リーガルテックといえど、そのサービスの幅は広くあります。

電子契約書の締結や契約書作成といった事務的なサービスから、弁護士検索や証拠となる電子データの開示に関するサービスまで多岐に渡ります。

下記に代表的なリーガルテックの種類と概要を紹介します。

 

電子契約サービス

 

クラウド上で電子契約を交わすサービスです。

当事者がクラウド上にアップロードした契約書を互いに確認した上で、電子署名による同意をもとに契約を締結する仕組みです。

契約書の印刷代や郵送費がかからないことで経費の削減にも役立ちます。

お互いに契約書を確認して締結するまでの工程に時間を要しない点で、日本でも最近積極的に取り入れられています。

 

契約書作成サービス

 

契約書の作成や管理を効率よく行うサービスです。

ガイドに従い入力していくことで簡単に書類を作成することができます。

また、契約を交わした契約書をデータ化してデータベースに取り入れることで、効率よく検索・抽出することが可能となっています。

 

契約書レビューサービス(AI-CON)

 

契約

 

AIによって契約書をレビューするサービスです。

今まで熟練の弁護士が確認していた契約書を、弁護士の行動を学習したAIによってサポート・効率化してくれます。

AIを活用することでミス・不足・抜けを指摘し、修正例を提案するといった機能もあります。

さらに優先順位を企業ごとに設定することで、様々な問題に対して柔軟に提案するといったサービスも可能です。

 

弁護士検索

 

インターネット上で得意分野別に弁護士を検索・マッチングするサービスです。

地域別・内容別に条件指定することで簡単に弁護士を探すことができる上に金額の比較もできます。

弁護士側では顧客の傾向を把握したり自身の宣伝にもなるため、受注の機会を増やすきっかけにもなります。

 

登記・申請

 

各種法人登記で必要な書類を自動精製するサービスです。

会社の設立・店舗の移転・不動産登記・商標登録といった申請に対応しています。

ガイドに従いデータ入力するだけで書類の作成から申請までできることもメリットです。

 

Legal Technologyとは

 

六法全書

 

そもそもLegal Technology(リーガルテクノロジー)とは何かということです。

法務系企業に勤めている人間であれば聞いたことのある言葉ではあるかと思います。

これから法務系企業へ初めて転職を考えている方には少し馴染みの少ない言葉であるかと思います。

一概に印鑑レスであるとか、電子上で契約ができるだけがリーガルテクノロジーではないのです。

弁護士を検索・法律の手続きを行う・企業の法務部の業務を管理するといった、言葉通り「法律」に関する業務の効率化を目指したものである。

 

今を取り巻くLegal Technology 〜昔と今〜

 

本

 

リーガルテック発達の背景はアメリカの民事訴訟から始まります。

アメリカの民事訴訟では事前に論点の根拠となる情報を互いに開示する制度があります。

近年になるにつれインターネットが発達したことにより、大量の電子データを開示する必要に迫られました。

そのため法律においても、ITサービス化が進んでいったといわれています。

日本では最近テレビコマーシャルでも有名な「印鑑不要で効率よく契約を進める」といった契約に関するものが多くみられるようになりました。

こうした流れは、印刷代の節約や時間短縮効果といった、環境への配慮や業務のスピーディさを意識した業務形態へと移り変わっているのです。

また上記だけではなく、AIによるデータの集計・確認・分析を行うことで機械的で論理的なデータの自動化が進んでいます。

人間の手で行うことにより時間がかかっていた業務も、ミスなく行える点でリーガルテックが一役かっているのです。

 

電子データの開示・復元

 

eディスカバリー

 

基盤

 

eディスカバリーとはElectronic Discovery(電子情報開示)という訴訟当事者同士が訴訟に関わるすべての資料を自ら集取・開示する制度を指します。

訴訟で関連する電子データの収集・管理・特定・分析を行うサービス。訴訟時に開示する際の書類作成のサポートを行うサービスです。

 

フォレンジック

 

削除された電子データを専門ツールを使用して復元させ、証拠を抽出するサービス(AOS)です。

訴訟時に提示・提供する際の証拠となる電子データから重要となる証拠を抽出することを目的としています。

 

無料転職相談に登録してリーガルテック業界に転職しよう

 

人事・マイナンバーの管理

 

握手

 

労働基準法に基づき労働時間や残業時間、休暇日数を管理するサービスです。

企業における社会保険の帳票作成や申請手続きの効率化を目指しています。

マイナンバーの取り扱いについてもクラウド上で収集・管理・削除を取り扱うサービスもあり、自社管理をするリスクの低減にも繋がります。

 

集団訴訟管理

 

インターネット上の被害において訴訟する際に、プロジェクト形式で管理するサービスとなっています。

被害情報を共有し、弁護士がその案件に立候補する形で被害者と弁護士がマッチングします。

マッチング後はプロジェクトとして発足され、原告の募集や訴訟準備が行われつつ、プロジェクトの進捗情報が管理されるのです。

 

有名企業5選

 

株式会社LegalForce

ビル群

 

AIによる契約書レビュー支援ソフトウェアです。

弁護士監修のもと開発され、提携法律事務所が常に最新の知見を提供してくれます。

契約書に潜むリスクを即座に洗い出し、修正の参考となる条例文を瞬時に検索するサービスです。

人手と時間をかけずに、契約書業務の品質を向上し徹底したセキュリティと、専任担当者による充実したサポート体制を敷いています。

約300以上の企業の法務部や法律事務所で導入されています。

 

リーガルテック株式会社

 

法律専門書のデータベースサービスです。

約10万ページにわたる信頼できる法律専門書や官公等の資料を横断的に検索・閲覧できます。

検索性に難があった法律専門書を、データベース化することにより、各種資料の本文から横断的に検索が可能です。

気になる書籍やページをお気に入り登録することやメモを残すことで簡単に参照できるようになっています。

 

Holmes

 

電子

 

クラウド上での電子契約サービスです。

確認・認証がボタンをクリックするのみで完結でき、捺印や承認までの時間を取られることなく、効率よく業務を進めることが可能となります。

クラウド上で契約することで、自宅や外出先など場所を囚われずに契約業務を完結させられます。

一連の業務がクラウドで完結するため、過去の契約書の保管や契約書の抜け・漏れを気にすることなく管理できるのです。

担当者不在によるプロジェクトの進捗や履歴の管理もクラウド上で管理を共有することでプロジェクトの属人化を防げます。

見える化することでスムーズな業務を実現。

 

GVA TECH

 

契約書のアップロード、チェックから修正までを行うサービスです。

売買契約・秘密保持契約・投資契約など全16種類の契約書のチェックが可能となります。

法律に詳しいでなくても、AI-CONを使用することで契約書の有利・不利を段階的に判定・表示し、会社にとって不利になるリスクを回避できます。

またリスクのある契約条文を指摘した上で修正例を提案。修正すべきかどうかの受け入れ判断もサポート可能となっているのです。

弁護士が通常チェックするトラブル多発事項を指摘し、契約書の見るポイントを絞ることができます。

約400社以上の企業や1000名以上のフリーランスが活用中です。

 

弁護士ドットコム

 

登録弁護士数17000人(弁護士の3人に1人)の日本最大級の法律相談ポータルサービスです。

離婚問題・借金・相続問題・企業法務からインターネットに関する問題まで、幅広く相談が可能です。

公開型無料相談で相談・過去の回答の確認・法律相談に最適な弁護士の検索、弁護士に関する詳細なプロフィールなどが閲覧可能となっています。

 

これからのリーガルテックサービス

 

法律

 

リーガルテックの先進国アメリカやイギリスでは、リーガルテクノロジーサービス提供企業が提供するリーガルテテックが増加しています。

ユーザーである企業がリーガルテックを積極的に取り入れて活用してきている例が増えてきているのです。

その背景に専門性へのアプローチやリソースの効率化、電子データの戦略的使用が挙げられています。

ますますインターネットが普及していき自社でリソースを抱えるコストやリスクを回避する上でも、これからリーガルテックは普及していく流れでしょう。

アメリカでは訴訟時の証拠開示手続きにおけるリーガルテックが一般化してきていることから、今後も無視できないサービスとなっています。

イギリスでは契約書や文書システムの効率化を図ることを目的に利用されてきています。

 

日本での動向

 

吉野家

 

日本では近年ますます契約書のクラウド上提携サービスが普及してきております。

そのため今後もこのようなリーガルテックが広まっていくことに違いないといえるでしょう。

しかし日本では弁護士法により弁護士でないものが業として法律事務所の取り扱いをすることを原則違法としています。

そういったこともあり完全な弁護士未参入のリーガルテックは難しいとされています。

弁護士とリーガルテック提供企業が手を取り合い、サービス展開されていくことが予想されるでしょう。

さらに日本国内のリーガルテック市場規模は今後ますます成長していくと考えられているのです。

2018年時点で推計された市場規模は228億円といわれていましたが、2023年では353億円に拡大すると予想されているためです。

徐々にリーガルテックの普及が当たり前になる時代も遠くないといえます。

この成長していく市場に転職をお考えの方は転職エージェントに相談をしてみましょう。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

Geekly Media
ライター

法律

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。