1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web開発とは?Web開発をするために必要なスキルや準備を解説

Web開発とは?Web開発をするために必要なスキルや準備を解説

WEBシステムやアプリケーションの開発に興味があるものの、何から始めるべきか悩んでいる方も多いでしょう。本記事ではWEB開発が未経験の方に向けて、WEB開発をするために必要なスキルや準備、キャリアパスなどを解説します。WEB開発企業への転職方法も紹介しますので「未経験からWEB開発をしたい」という方は、ぜひご覧ください。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

WEB開発とは

 

 

そもそもWeb開発とはWebアプリケーションのプログラミングやWebシステム、Webサービス、Webソフトウェアなどの開発を行うことです。

Webサイトを開発する「Web制作」とは異なりますので注意が必要です。

 

WEB開発の流れ

 

1.要件定義

まず必要な機能やターゲット、ユーザーの目的に沿った要件定義書を作成します。

予算・人員・期間を元に作業工程を決める段階です。

 

2.外部設計

続いてユーザーインターフェースを作成します。

画面の見やすさや操作性がユーザーにとって良いものか確認しながら行います。

 

3.内部設計

外部設計が終わったら内部設計を行います。

システム内部の動作や機能、物理データなどの設計を行う段階です。

ここまでが上流工程と言われる作業です。

 

4.開発

設計に基づいたプログラムの作成を進めていきます。

システム開発は外注する企業も多く、その場合依頼を受けたベンダー側が行います。

 

5.各種テストの実施

開発が終わり次第、各種テストを行います。

プログラムの要件確認のための「単体テスト」、複数のプログラムでも異常が起こらないか確認する「結合テスト」、その2つをクリアしたら「システムテスト」で動作確認、最後に「運用テスト」という順番です。

 

6.リリース

リリースには一斉移行と順次移行の2つの方法があります。

テストが完了した成果物を現場に移動する作業です。

 

7.運用・保守

Web開発した成果物の運用にあたり、異常を防ぐ対策をしたり、何かあればすぐに対処する工程です。

 

WEB開発案件の種類

 

BtoB系システム

企業から企業へサービスや商品を提供するビジネスモデルです。Web開発においては会計システム、生産管理システム、人事システムなどのようなバックオフィス系と呼ばれるシステムに代表されますが、近年増加するマッチングサービスもこちらに該当します。

大規模で複雑なものが多く、定期的なメンテナンスが発生するという特徴があります。

 

BtoC系システム

企業から消費者へサービスや商品を提供するビジネスモデルです。例えばECサイトやスマホゲームなどがこちらに該当します。

納品後、リリースしてから売り上げを伸ばすことを目標にユーザーの反応を見ながら適宜アップデートを繰り返します。

 

社内システム

在庫や勤怠の管理のような基幹システムもWeb開発案件のひとつです。近年、システムを導入して業務の効率化をはかる企業が増えています。

 

CMSサイト

WordPressを用いたCMSサイトの開発案件は、需要が増加傾向にあります。

店舗や企業が運営するWebサイトなどが該当します。

 

 

未経験からWEB開発をするために必要な準備

 

office work, studying, office

 

未経験からWEB開発をするためには、必要な知識を学び、開発環境を整える必要があります。

WEB開発をするための準備を、以下3つのポイントごとに見ていきましょう。

 

WEB開発に関する知識を学ぶ

 

まずは、WEB開発に関する知識を学びましょう。

具体的には以下のような知識を勉強する必要があります。

 

・WEBアプリケーションやシステムの仕組み
・「フロントエンド」「バックエンド」などの業界用語
・WEBプログラミング

 

WEBシステムの仕組みを知っておかないと、WEBアプリケーションやシステムの開発は難しいです。また、未経験からWEB開発を行う場合、さまざまな業界用語に触れる機会があるでしょう。

そのため、「はじめて見る業界用語があればその都度調べる」など、積極的に勉強することをおすすめします。

WEBプログラミングの学習内容については、後述します。

 

WEB開発の環境を整える

 

WEB開発をするためにはPCはもちろん、開発環境やツールの準備が必要です。

開発環境・ツールは、大きく分けて「統合開発環境(IDE)」と「テキストエディタ」の2つに分類できます。

統合開発環境(IDE)はWEB開発を行うための機能が豊富に用意されていますが、初心者にとってはインストールの難易度が高い場合があります。一方で、テキストエディタは統合開発環境よりも機能面で劣るものの、WEB開発は十分可能です。

そのため、未経験から簡単なWEB開発をするのであれば、テキストエディタでも問題ないでしょう。

WEB開発におすすめなテキストエディタとしては、「Visual Studio Code」や「Sublime Text」などが挙げられます。

 

 

WEB開発をするために必要なスキル

 

 

実際にWEB開発を行うためには、以下3つのスキルが必要とされています。

 

プログラミングスキル

 

WEBアプリケーションやシステムは、プログラミング言語を記述することにより作成されます。WEB開発をするにはプログラミングスキルが必須なのです。

WEB開発で主に使用されるプログラミング言語として、以下が挙げられます。

 

・HTML/CSS(Webサイト制作)
・JavaScript(フロントエンド開発・モバイルアプリ開発・ゲーム開発)
・Java(モバイルアプリ開発・業務系システム開発・金融機関のシステム開発)
・PHP(BtoCのWebサービス関連の開発・WordPressを使用したCMSサイトの開発)
・Ruby(Ruby on RailsによるWeb系の開発)
・Python(Webアプリ開発)

 

上記のうち、「HTML/CSS」と「JavaScript」はWEB開発の基本となる言語であるため、習得は必須です。

「JavaScript」はプロジェクトホスティングサイト「GitHub」の利用状況で第1位をキープしています。(参考:「2022年第1四半期のプログラミング言語ランキング」)

Java、PHP、Ruby、Pythonについては上記の言語よりも難易度が高く、一つ習得すれば応用が利くので、どれか一つの言語を習得すると良いでしょう。中でもPHP、Rubyは習得難易度が低めで、WEB開発に使用されるケースが多いため未経験者におすすめできます。

 

フレームワークに関するスキル

 

フレームワークとは、WEB開発をするために必要な機能などをテンプレート化したもののこと。

実際のWEB開発現場では、フレームワークを使った開発が主流となっているため、フレームワークのスキルも必要です。

フレームワークは、使用するプログラミング言語によって異なります。あなたが選んだプログラミング言語に合ったフレームワークを学びましょう。

 

【プログラミング言語ごとのフレームワーク例】

・Java:Java EE
・PHP:CakePHP
・Ruby:Ruby on Rails
・Python:Django

 

データベースに関するスキル

 

データベースとは、WEBアプリケーションやシステムに関わるデータを管理するためのシステム

Amazonや楽天などのインターネットショッピングサイトにおいても、顧客情報などをデータベースで管理しています。

データベースのスキルを身につけるなら、未経験からでも学習しやすいと言われている「MySQL」を勉強すると良いでしょう。

 

初心者が知っておきたいバックエンド(サーバーサイド)プログラミング言語

 

WEB開発はデザインやUI(ユーザーインターフェース)といった表面の部分とサーバー・データベースなどの内部の開発業務を担当する人によって必要なスキルは変わってきます。

しかし、WEB開発に携わりたい人、初心者の方なら共通して知っておきたい基本のプログラミング言語があります。

それが上の項目でも紹介したJavaPHPです。

 

Java

Javaはプログラミングをする上で少々乱暴に言うと、Javaを知っていれば他はなんとかなるといった存在のプログラミング言語です。Javaを使用したWeb開発業務が多くあるのも魅力の一つです。

Javaで一番のポイントは、プログラミングをする上でその入門書の多さや、WEB上でも多くの情報やコンテンツが公開されていることでしょう。

 

また、Javaはサーバープログラムの中心として活躍してきた面があり、金融や大規模な製造業のシステムに主流として取り入れられています。ですから、Java言語を抑えておけば規模の大きい業務に携われる機会もあるでしょう。

WEB開発もエンジニアは人材不足であり、WEB系のエンジニアを目指すならJavaを習得しておいて損はありません。

 

PHP

PHPはJavaと違いプログラミング言語の基礎を学ぶといった面よりも、とりあえずモノを開発してみたいといった手軽さが特徴です。しかし、Javaより簡単に始められるという人も多い反面、PHPしか使用できないといった人も増えています。

PHPはJavaより小規模な業務に適しており、頻繁に更新が必要なWEBサービスに向きのプログラミング言語ともいえます。

ソーシャルゲームなどアップデートやユーザーの要望を取り入れて頻繁に早いサイクルで更新するサービスには、サーバープログラムにPHPが取り入れられています。

 

ソーシャルゲームやスマートフォン向けゲームを開発しているベンチャー企業は増えています。もし、そういった企業に転職を考えているなら、PHPを覚えておくことをおすすめします。

 

 

未経験からWEB開発企業に転職する3つの方法

 

decision making, direction, career

 

未経験からWEB開発をするなら、実際にWEB開発企業に入社して経験を積むことで、さらにステップアップが可能です。

そこでここでは、未経験からWEB開発企業に転職する方法を3つ紹介します。

 

転職サイトを利用する

 

自力でお金をかけずに転職したいなら、転職サイトを利用しましょう。

転職サイトでは未経験向けの求人も掲載されているため、「未経験OK」「未経験歓迎」などが記載されている求人を探し、応募していきます。

ただし転職サイトを利用する場合、応募書類の作成や面接対策などは、全て自身で行わなければなりません。

未経験から転職する方の中には、「どんな志望動機を書けばいいか」「面接ではなにを聞かれるか」などの不安を持っている方も多いでしょう。

上記のように、転職活動に少しでも不安があるなら、手厚いサポートが受けられる転職エージェントの利用がおすすめです。

 

転職エージェントを利用する

 

転職エージェントを利用すれば、WEB業界や企業に詳しいアドバイザーが、あなたの転職をサポートしてくれます。

以下のようなサポートが無料で受けられるため、自力で転職活動を進めるよりも転職成功率がアップするでしょう。

・応募書類の添削
・応募する企業に特化した面接対策
・面接などの日程調整
・給与の交渉

転職サイトには掲載されていない企業の内部情報を把握しているケースも多く、転職後のミスマッチを減らすことも可能です。

「WEB開発企業への転職に失敗したくない」という方は、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

 

WEB開発エンジニアの求人を紹介してもらう

 

プログラミングスクールに通う

 

プログラミング学習に不安があるなら、プログラミングスクールに通うのも一つの手段です。

未経験からWEB開発企業に転職するためには、プログラミングスキルを身につける必要があるため「独学で続ける自信がない」という方におすすめできます。

ただし、プログラミングスクールは数万円~数十万円の受講料がかかるケースが多く、「あまりお金をかけたくない」という方にはおすすめできません。

プログラミングスクールによって受講期間も異なります。スクール選びは慎重に行いましょう。

 

 

WEB開発は独学で習得できる?

 

 

独学でWEB開発を学ぶ手順

 

①システムの基礎知識を学ぶ

エンジニアの情報は多く、独学でも習得は可能です。

まずはHTML・CSSを習得しましょう。WEBシステムの基礎知識であり、WEBアプリ開発以外でも必須となるスキルです。

習得難易度は低く、パソコンの基礎知識がある人なら1~2週間程度で習得可能とされています。

基本をおさえたら実践で身に付けましょう。Windowsならコマンドプロンプトウィンドウ、Macならターミナルを開き、コマンドを使用して動作を試してみるのがおすすめです。

 

②必要なプログラミング言語を学習する

続いてアプリ開発に必要なプログラミング言語を決めます。

例えばWEBアプリならRubyやPHP、iOSアプリはSwift、AndroidアプリはKotlin、WEBページに簡単な動きをつけるならJavaScriptといったそれぞれ適したプログラミング言語が異なりますので、何を作りたいかを決めてから必要な言語の習得を始めると良いでしょう。

プログラミングの履歴を保存できるGitや、データベース管理システムのMySQL、フレームワークなども学習が必要です。基礎で300時間、さらに実務に必要なスキルや関連スキルの習得には500時間以上かかると言われています。

 

③アプリを作ってみる

必要なスキルを習得したら、サンプルアプリを作ってみましょう。

関連書籍やサイトを参考に真似するかたちで構いません。開発における全体の流れを把握することや、事前に納期を決めて計画的に進捗を管理することも身に付けられると良いです。

 

 

WEB開発エンジニアの需要

 

 

WEB開発エンジニアは、システムエンジニアやネットワークエンジニアなどの他のエンジニアよりも需要が高いとされています。

アプリケーション市場は消費者向けのゲームが牽引するかたちで拡大を続けており、今後も成長が見込まれる市場です。

その背景には、学習や翻訳、健康管理、SNSなどのアプリケーションへの成長見込みも含まれています。

(参考:総務省『 情報通信白書令和3年版』)

 

WEB開発の将来性

 

生活のオンラインシフトが進むなか、DXの推進と相まってWeb関連システムに対する需要は今後も高まることが予想されます。

ほぼすべての業界でWebシステム・アプリケーションが使用され、Web活用による新しいビジネスモデルの導入も進められています。

例えば流通業や小売業、金融業です。

オフラインの店舗をオンラインとつなぎ顧客体験を高める「OMO」はフードデリバリーサービスや無人レジに代表されます。

またオンラインからオフラインへ購買行動を促すマーケティング手法としての「O2O」は、オンライン上の顧客体験を高めることが目的です。

このような取り組みは今後さらに増え、WEB開発の需要は引き続き高まるでしょう。

 

需要の高いWEB人材になるためには?

 

将来性が高いWEB開発業界ですが、市場価値を高める工夫も必要です。

WEB開発エンジニアにはプログラミングスキルだけでなく、UI/UXの考え方やセキュリティ、デザイン、フレームワークやライブラリ広範囲の知識・スキルが求められます。

分業化が進んでいるため、専門性を高めて市場価値を高める方法もあります。

一方では全領域を網羅したフルスタックな人材も需要があるため、自分が望むキャリアパスに沿って選択する必要があるでしょう。

 

トレンドの移り変わりが激しい業界ですので、求められるプログラミング言語も変遷します。

WEB業界自体のトレンドは大きく変わることがありますが、企業やプロジェクト単位で見れば使用言語が頻繁に変わるということはありません。

ただし全体のトレンドの推移を見ながら新しい情報のキャッチアップを続けることは必須です。

まずは業務に関連するスキルを深めながら、トレンドにも目を向け、自己研鑽を怠らないことがWEB人材として市場価値を高めることにつながります。

 

 

WEB開発エンジニアのキャリアパス

 

career, success, path

 

さいごに、WEB開発エンジニアのキャリアパスを3つ紹介していきます。

 

WEBディレクター

 

WEBディレクターとは、WEB開発プロジェクトの管理や進行などを行う職種です。

具体的な仕事内容としては、クライアントとのやり取りをはじめ、プロジェクトの進捗や開発メンバーの管理などが挙げられます。

 

WEB開発エンジニアとは異なり、WEBディレクターは開発業務をほとんど行わない点が特徴です。

しかし、WEB開発エンジニアをまとめる中で技術的な質問をされる可能性もあるため、開発スキルは持っておいて損はないでしょう。

 

フルスタックエンジニア

 

フルスタックエンジニアとは、WEBシステム開発におけるすべての工程(設計・開発・運用など)を担当できるエンジニアです。WEB開発に限らず、システムを開発する際は設計や開発ごとにチームを分け、別々のメンバーが作業を行います。

その点フルスタックエンジニアなら、すべての工程に関する知識があるため、開発現場からは非常に重宝されるのです。さらにWEB開発における幅広い知識が求められる分、市場価値や年収も高い傾向にあります。

そのため「WEB開発のプロフェッショナルとして活躍したい」という方におすすめです。

 

WEBコンサルト

 

WEBコンサルタントの業務内容はクライアントから相談を受け問題解決や施策の提案を行うことです。

昔は新聞やチラシ、雑誌といった紙媒体やテレビのCMが主流だった広告媒体でしたが、現在はSNSやYouTubeとマーケティング方法も多様化しています。ソーシャルゲームとのコラボやWEB広告なども多く見受けられます。

 

そんな中「どのような広告媒体でマーケティングを行えば良いのか?」「広告を出しても効果が出ない。」と困っている企業も少なくありません。

そこでWEBコンサルタントは企業戦略やサービス・製品にマッチしたWEBマーケティングを提案し、コンテンツを作成します。WEB開発でUI(ユーザーインターフェース)などに携わった経験が活かせる業務といっても良いでしょう。

 

WEB系フリーランス

 

WEB開発のスキルを身につけ、豊富な実務経験を積めばフリーランスエンジニアになることも可能です。

WEB系フリーランスになれば時間や場所に縛られない働き方ができるため、自由な働き方をしたい方におすすめできます。

ただしWEB系フリーランスになるためには豊富な実務経験や、案件を獲得するための営業力も必要となるので、難易度は高めです。

近年はリモートワークを推奨している企業が増えています。WEB系フリーランスになる前にリモートワーク可の企業への転職も検討してみましょう。

 

キャリアパス診断を使ってキャリアの可能性を見ることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけでChatGPTがキャリアについて診断するコンテンツを展開しております。

将来描ける可能性のあるキャリアについて、職種・年収・要求されるスキルの項目から知ることが出来る、完全無料で利用可能な診断コンテンツです。

診断結果の閲覧に加え、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、キャリアについてお悩みをお持ちの方はぜひ活用してみてください。以下のボタンより診断が行えます。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

まとめ

 

typing, computer, desk

 

今回は、未経験からWEB開発をするための準備や必要なスキル、転職方法について解説しました。

未経験からWEB開発をするためには、以下のような準備やスキルが必要になります。

 

【必要な準備】

・WEB開発に関する知識を学ぶ
・WEB開発の環境を整える

 

【必要なスキル】

・プログラミングスキル
・フレームワークに関するスキル
・データベースに関するスキル

 

WEB開発エンジニアへの転職を考えているなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用することで、応募書類の添削や面接対策などのサポートが受けられるため、転職成功率がアップするでしょう。

 

この記事の監修者

松村達哉

新卒で総合人材紹介会社に入社し、6年半の間、プレイングマネージャーとして、キャリアカウンセラーと法人企業へのコンサルタントを兼務。2011年12月にIT・インターネット業界に特化した株式会社ギークリーの立ち上げに参画し現在に至ります。カウンセリング人数は述べ4000名にのぼり、某転職サイトのキャリアカウンセラーランキングで、3位(2500名中)を獲得した実績もございます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事