カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. スーパーバイザーに未経験で転職する方法を解説!向いている人の特徴は?必要なスキルをエージェントが紹介
  • 職種・ポジション

スーパーバイザーに未経験で転職する方法を解説!向いている人の特徴は?必要なスキルをエージェントが紹介

企業の発展に貢献する「スーパーバイザー」はさまざまな分野で活躍する人材です。そんなスーパーバイザーに向いている人とはどんな人なのでしょうか?その特徴から必要なスキルまで、未経験からスーパーバイザーに転職する方法をご紹介します。

ノートPCを持つ手

企業の発展に貢献するスーパーバイザー

 

青空の下の大企業ビル

 

職場の管理者や監督者である「スーパーバイザー」は略して「SV(supervisor)」とも呼ばれる職種です。

近年、耳にするようになった肩書ですが多くの業界で「企業の発展に貢献する人材」として活躍しています。

そんなスーパーバイザーの仕事内容や向いている人の特徴、必要なスキルなどをご紹介!

未経験からスーパーバイザーへ転職する方法について詳しく解説いたします。

 

スーパーバイザーのフィールドは広い

 

スーパーバイザーの活躍するフィールドや仕事内容など詳しく解説しましょう。

 

「スーパーバイザー」の市場ニーズ

 

上昇傾向とビジネスマン

 

管理者である「スーパーバイザー」は多種多様な分野で歓迎される人材です。

主なスーパーバイザーのフィールドは以下のようになります。

 

・コールセンターのSV(カスタマーサポートの上級職)

・出版業のSV(監督や監修者)

・テレビ業界のSV(外部スタッフのアドバイザー)

・サービス業のSV(店長など現場の責任者)

・小売業のSV(本部と店舗のパイプ兼指導役)

 

このように「スーパーバイザー」の活躍できるフィールドは限りなく広いといえます。

複数のチームでプロジェクトにあたるIT業界でもスーパーバイザーは重要なポジションです。

またIT分野におけるスーパーバイザーには「コンピュータ用語」としての側面も持ちます。

そのため職種とコンピュータ用語を混同しないよう会話の時は注意してください。

 

「スーパーバイザー」の仕事内容

 

executiveを持つ女性

 

管理職である「スーパーバイザー」は一般的な肩書ならば部長クラスかそれ以上の役職になります。

その仕事内容や求められる役割は業種や勤める企業によって異なるのも特徴的です。

スーパーバイザーに主に求められる仕事として以下のものが挙げられます。

 

・スタッフの指導とマネジメント

・業務環境を整え組織力を向上させる

・部門間の円滑な連携をとる

 

幅広いフィールドで活躍するスーパーバイザーはその役割も多岐にわたります。

しかし、スーパーバイザーの基本的な仕事は売上などの数字を元にした指導と管理です。

これはさまざまな分野に共通したスーパーバイザーの「根本的な役割」といえます。

 

平均年収とキャリアパス

 

増えるお金のイメージ

 

気になるスーパーバイザーの平均年収は400万円~600万円前後、最高値は約1,200万円です。

業種や企業によって仕事内容が異なるためスーパーバイザーの平均年収にも違いが出てきます。

通常は一般社員からスーパーバイザーに昇格した時にその年収はアップします。

しかし上位職にあたるスーパーバイザーは昇格後の年収にはあまり変化がありません。

多くの社員がスーパーバイザーを目標にするのは会社内で高い年収と役職になるためです。

スーパーバイザーに昇格した後、キャリアアップを図るなら他企業への転職が有効でしょう。

企業や業種によって平均年収が異なるため希望の年収を提示できる企業へ転職するのです。

スーパーバイザーとしての「経験」と「実績」は異なる分野の企業でも歓迎されます。

つまり、さまざまな企業で実績を積むことがスーパーバイザーのキャリアパスに繋がるのです。

 

スーパーバイザーの求人一覧をチェック

 

スーパーバイザーに向いている人の特徴は?

 

スーパーバイザーの適性がある人とは一体どのような人でしょうか?

「スーパーバイザー」に向いている人の特徴について解説します。

 

人を動かすことができる人物

 

話し合う二人の男性

 

業務環境の改善と売り上げ向上を担うスーパーバイザーは他部門や他店舗と関わることもしばしばです。

統計などのデータを基に改善などの対策をオーナーや店長らと話し合うのです。

論理的に説明しても責任者によっては対策をなかなか受け入れて貰えないこともあるでしょう。

このためスーパーバイザーには高いコミュニケーション能力が必要になります。

また相手に納得して動いてもらうには仕事に対しての高い意識と情熱も必要でしょう。

これらの特徴を持ち合わせた人は「スーパーバイザー」に向いている人だといえます。

 

フットワークの軽い人

 

スーパーバイザーは本部に所属したまま各店舗に赴くなど勤務地が度々変わることがあります。

このため環境の変化にすぐに対応できる適応能力が高い人や物事の切り替えが上手な人に適任です。

柔軟な思考と素早い判断で普段から「フットワークが軽い」と言われる人には最適でしょう。

 

スーパーバイザーは未経験からの転職もOK?

 

現場の打ち合わせ

 

通常、実務経験やこれまでの実績はスーパーバイザーの評価に繋がるポイントです。

では未経験から「スーパーバイザー」を目指すには一体どうすれば良いのでしょうか?

そのヒントはスーパーバイザーの業務内容にあります。

運営に関わるスーパーバイザーには、まずロジカルシンキング(論理的思考)が大切です。

さらに成果を上げるには管理・指導者としてのマネジメント能力も重要になります。

これらスーパーバイザーの要素を持ち合わせた人は未経験でも採用される傾向です。

またスーパーバイザーにはこれまで「現場」の責任者としての強いイメージがありました。

しかし、近年では「プロジェクトの管理者」としての意味や役割が強くなっています。

このため‟現場に出ない”スーパーバイザーの求人情報も着実に増えてきました。

つまり未経験でもスキルのある人ならスーパーバイザーへの転職がしやすくなったといえるでしょう。

 

「スーパーバイザー」に必要なスキルとは?

 

リーダーシップが重要と思われがちな管理職ですが、その土台となるスキルこそ最も必要です。

「スーパーバイザー」に必要なスキルについて解説していきましょう。

 

マネジメント能力

 

マーカーを持つ手

 

管理者には必須スキルといえる能力に「マネジメント能力」があります。

マネジメント能力について以下にまとめてみましょう。

 

・目標設定力

・企画力と実行力

・組織化力

・問題解決力

 

このようにマネジメント能力とは目的などのゴールを設定する目標設定力。

そして目標までのプロセスを明確にすると共に発生した課題に対する問題解決力などが含まれます。

 

コミュニケーション能力

 

モニターを見る二人の女性

 

スーパーバイザーに必要なスキルとして「コミュニケーション能力」があります。

コミュニケーション能力はさまざまな分野において重要視されるスキルです。

またスーパーバイザーが組織の期待する成果を出すにはこの能力が大きく左右します。

スーパーバイザーの仕事でコミュニケーションの効果が発揮されるのは以下のシーンです。

 

・スタッフの業務成果を評価する時

・継続的かつ計画的にスタッフを育成する時

・スタッフの感情への配慮と意欲を高める時

 

このように適切なコミュニケーションを取ることでスタッフのモチベーションを高める効果があります。

 

「スーパーバイザー」に必要なスキルのまとめ

 

スーツの男性が指差すProjectの文字、周りにはstrategy、team、planなどの文字

 

プロジェクトを行うにあたり、まず目的(ゴール)を明確にする必要があります。

そこからスーパーバイザーは目標設定に基づくプロセスや課題を定義していくのです。

たとえば納期までのスケジュールや時間とコスト、スタッフのスキルに合わせた役割分担。

また労働環境の改善などさまざまな課題に対して解決していく問題解決能力も必要になります。

組織が期待する「成果」を出すためには、もちろんスタッフのモチベーションも大切です。

育成力が必要なスーパーバイザーには相手の感情へ意識を向けることが求められます。

これらの土台となるスキルがあって初めて「リーダーシップ」も発揮されるのです。

 

未経験から「スーパーバイザー」を目指すには

 

未経験からスーパーバイザーを目指すなら、上記でご紹介した必要スキルを身につけましょう。

こちらではスーパーバイザーに役立つスキル習得法やツールをご紹介します。

 

マネジメント資格を取得する

 

開かれた本

 

管理者に必要なマネジメント能力の向上にはマネジメント資格の取得が有効でしょう。

マネジメントの国家資格にあたる「情報処理技術者試験」。

また公的資格の「ビジネスマネージャー検定」や「プロジェクトマネージャー試験」などです。

中でも「ビジネスマネージャー検定」はマネジメントの基本土台に重点を置いています。

あらゆるマネジメントで必要な基礎的な知識が学べるため未経験からトライする方にもお勧めです。

 

ナレッジ共有ツールの活用

 

Googleが表示されたタブレット

 

スーパーバイザーの仕事で役立つのが「ナレッジ共有ツール」の活用です。

ナレッジマネジメントツールとも呼ばれ組織内の情報共有や業務環境の改善に役立ちます。

ナレッジ共有ツールは本格的なものは有料であったり、導入環境を整えるコストが問題にされるでしょう。

しかし「Googleドライブ」や「Googleドキュメント」のように無料で使用可能なツールもあります。

部門間のスムーズな連携や各スタッフの業務を可視化するなどメリットは多数です。

チャットタイプやwikiタイプなど複数のツールがあるため目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

ナレッジ共有ツールの活用は未経験からスーパーバイザーを目指す人の心強い味方になります。

 

日常的にスキルの向上を図るには?

 

腕時計を確認する人

 

未経験からスーパーバイザーを目指すなら、まずロジカルシンキング(論理的思考)を向上させましょう。

コミュニケーション能力も向上するロジカルシンキングを鍛えることはスーパーバイザーにとって一石二鳥です。

具体的には普段の会話から”抽象的”な要素を省き明確に伝えるようにします。

たとえば「できるだけ早く連絡します」を「○○時までには連絡します」と具体的に伝えましょう。

このように普段のちょっとしたトレーニングでも論理的な思考と正しく伝えるスキルが向上します。

 

スーパーバイザーはやり甲斐のある仕事

 

ガッツポーズするビジネスマン

 

組織の中で現場と本部のパイプ役を務めるスーパーバイザーはやり甲斐のある仕事です。

運営者である本部の考えをただ伝えただけでは現場のスタッフを動かせことはできません。

本部の意思を明確に伝えると共に現場のさまざまな現実と向き合い双方のズレを修正していくのです。

スーパーバイザーは現場のスタッフを通した間接的な関りによって企業の発展に貢献します。

育成に関わったスタッフの成長もスーパーバイザーとしてやり甲斐を感じる一瞬でしょう。

あなたも是非、スーパーバイザーとして理想の企業で活躍してください。

 

無料転職相談に登録して理想の企業で働こう

Geekly Media
ライター

ノートPCを持つ手

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。