1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 面接で退職理由を聞かれたら?よくある転職理由や印象の良い回答例を紹介します!
  • NEW
  • 転職活動

面接で退職理由を聞かれたら?よくある転職理由や印象の良い回答例を紹介します!

転職活動における面接の場で、よく聞かれる質問が「退職理由(転職理由)」です。成長やキャリアアップなどの前向きな退職理由もありますが、人間関係や給与や勤務時間といった待遇の不満など、答えづらい退職理由もあります。今回は、印象の良い退職理由の回答例や面接で退職理由を答えるときのポイントを紹介します。

公開日:

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

なぜ面接で退職理由を聞かれるのか?

 

 

「なぜ前職を退職したのか?」「転職をしようと思った理由は何か?」という質問は、

転職活動における面接の場でよく聞かれる質問のひとつです。

そもそも、なぜ企業側はこのような「転職理由」「退職理由」を知りたいのでしょうか?

 

仕事への考え方や価値観を知るため

 

転職をするということは、その人がキャリアを形成するにあたって、現職(退職済みであれば前職)は「仕事への考え方」や「働く上での価値観」が合わなかったということが考えられます。

退職理由から仕事への考え方や価値観を知ることで、自社との相性を確認しています。

 

仕事を早期退職してしまわないかの判断をするため

 

企業側は優秀な人材に入社してもらうために、長い時間と費用をかけて採用活動を行っています

それにも関わらず、入社してから前職と同じ理由で辞めてしまうと企業側は大きな損失になるため、採用する人材には長く自社で活躍してもらいたいという思いがあります。

「退職のきっかけとなった出来事」を繰り返し、早期退職になってしまわないように退職理由に関する質問をされると考えることができます。

 

責任をもって仕事ができるかを確認するため

 

面接官は、応募者の退職理由を聞くことで「責任を持って仕事をやり遂げられる人かどうか」を判断しています。

退職理由というものは、基本的にネガティブなイメージがあります。

このような答えにくい質問にどう答えるのかや、退職することを決めた出来事を環境などのせいにするような、他責思考が強くないか?などを見て、

仕事に責任感を持って働くことができる人であるかを確認しています。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

面接で退職理由を答えるときの4つのポイント

 

 

嘘はつかない

 

面接時に好印象を持たれたいからと、嘘の退職理由を作るのはやめましょう。

嘘の理由を答えると、他の質問との矛盾が生まれることがあり、うまく答えられなかった場合は結果として印象を悪くしてしまうからです。

企業側が退職理由を聞くのはあなたを責めたい訳ではなく、様々な意図があります。

退職理由で嘘をついてしまうことは、応募者にとって実はリスクが大きい行為なのです。

 

不満だけでなく、どのようなアクションをしたかを話す

 

どのような組織にも課題は生まれます。

その課題を解決するための当事者意識を持っているか、何かアクションに移せたかということが重要です。

前職になにかしらの不満や合わない部分があり、退職したということを企業側も理解しています。

そのため、退職理由を聞かれた際には、問題点のみを話すのではなく、それに対してどのように行動したかということも具体的に話しましょう。

問題点のみ話すと「他責思考な人」という印象を与えてしまう可能性があるからです。

 

前向きに自信をもって話す

 

働く上で、何かしらの批判・不満を持つこと自体は当たり前のことです。

しかし、それが退職理由になったとしても面接で全てを正直に伝える必要はありません。

これを踏まえて転職後はどうしていきたいのか、繰り返さないための対応策や今後の展望など、前向きな内容につなげていきましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

好印象を与える退職理由の回答例

 

 

給与の不満が退職理由の場合

 

給与や待遇への不満が、退職の理由となる場合は多くあります。

しかし、「給与が低かったから」という内容のみをストレートに伝えてしまうのは、良い印象を与えません。

なぜなら、報酬がアップすればどこでも良いのでは?という不信感を抱かれる場合もあるからです。

そのため、「成果が正当に評価され、給与に反映される職場で働くとモチベーションが上がる」「今後のキャリアを考え、収入を上げていきたい」などと言い方を工夫しましょう。

 

回答例:

「前職はtoBの営業職をしており、社内で表彰を受けるなど成果を出していました。

しかし、年功序列の企業風土だったため、自分の努力や成果が給与や待遇として評価されることが難しい環境でした。

年齢だけでなく、自分の成果を正当に評価してもらえる会社でキャリアを積んでいきたいと考え、転職を決意いたしました。」

 

パワハラ、人間関係が退職理由の場合

 

職場とは上司と部下、本人とその取引先、先輩後輩など、優位性に違いのある関係で構成されているため、パワハラや人間関係の問題が発生しやすい環境です。

これらの問題は心も体も傷つき、退職理由として話すのは難しいものです。

 

 

人間関係が退職の原因ということは、「もっと周囲と協力して仕事を進めたい」「チームワークを重要視して働きたい」という思いを持っているということです。

できるだけ前向きな文言で伝えられるように話しましょう。

 

回答例:

「前職は、成果主義の風土が徹底しており、チーム員がお互いに協力し合いながら情報共有をしたり、仲間内で戦略の壁打ちをすることが難しい環境でした。

私は周囲とコミュニケーションを取りながら連携して仕事を進めていきたかったのですが、風土としてそれが難しい状況でした。

もっと、積極的にコミュニケーションを取りながら有機的なチームを形成しつつ働いていきたいと考え、転職を決意いたしました。」

 

体調不良が退職理由の場合

 

自分の体調不良が原因で、退職を決めたというケースでは、

今は完治していて問題ない、あるいは業務に支障がない、ということをきちんと伝えることが大切です。

 

回答例:

「前職では長時間労働によって体調管理がおろそかになってしまい、体調を崩し退職いたしました。その後は通院し、静養を経て現在体調に問題はありません。

御社はワークライフバランスを重視しており、しっかりと体調管理をしつつ前職の経験を活かせるのではないかと考え、業務内容や環境に心惹かれました。

体調には十分気を付けながら、御社で存分に働くことが出来ればと考えております。

 

家庭の事情が退職理由の場合

 

結婚、出産・育児、子どもの病気、親の介護、パートナーの転勤、家業のサポート……など、

家庭の事情で退職を決意した場合、業務に支障が出ない範囲で対応できる、あるいは対策ができていることを伝える必要があります。

 

回答例:

「前職は企画職で、毎日やりがいを感じながら仕事に取り組んでおりましたが、母親が病気により介護が必要になりました。

今後も仕事を続けていきたいという気持ちが強くありましたが、今の会社はテレワーク制度やフレックスタイム制度などの勤怠制度が導入されておらず、やむを得ず退職致しました。

御社では、在宅勤務の制度が導入されており、これまでのマネジメント経験で培ってきたコミュニケーション能力を活かして、成果に貢献していけると考えています。」

 

短期で離職した場合

 

前職の在籍期間が短いと、企業側に「またすぐに辞めてしまうのでは?」という印象を抱かれがちです。

短期離職の場合、大切なのは前職でも自分なりに努力や行動したということ、早期で退社したのには正当な理由があるということ、さらに新しい仕事への意欲と自信をあわせて伝える必要があります。

 

回答例:

「前職はマーケティング職希望で入社しましたが、配属先は営業部署でした。

営業で成果を出すために努力し、コミュニケーション能力やプレゼン力に日々研鑽を積んでまいりました。

その後、希望していたマーケティング職へ異動を願い出ていましたが、会社が方針として営業強化を進めており、やむを得ず退職を決意しました。

 

 

退職理由は前向きかつ嘘はつかずに

 

 

前向きに自分をアピールしよう

 

「退職理由」というとどうしてもネガティブなものに聞こえがちです。

答えづらい質問という印象がありますが、伝え方を変えれば自己PRにすることができます。

前の職場での経験を活かし、次の職場ではどのような部分で貢献していきたいのか、どんな環境に期待しているのかを、明るく話すだけで企業側からの印象はぐっと良くなります。

 

嘘はつかずに自信をもって話そう

 

ネガティブな退職理由であるとき、それを伝えるのは後ろめたさを感じてしまうかもしれません。

しかし、だからといって面接の場でうそをつく必要はありません。

転職活動をするということは、前職と方向性が合わなかったり何らかの不満や不安があったことは、応募企業側も理解しています。

伝えづらいところまで全てを包み隠さず伝える必要はありませんが、基本的に退職理由はうそをつかずに、ポジティブに表現して自信をもって答えるようにしましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー