カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職の面接前のアンケートの目的を解説!合否への影響は?採用側が見るポイントを転職エージェントが紹介!
  • 転職活動

転職の面接前のアンケートの目的を解説!合否への影響は?採用側が見るポイントを転職エージェントが紹介!

転職の面接では面接前のアンケートを行う企業があります。これから面接をするのになぜアンケートを実施するのでしょうか。今回はそんな面接前のアンケートについて、採用側がチェックするポイントも含めて詳しく解説していきます。

転職活動

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

面接前にアンケートを行う理由は?

 

疑問を抱える人

 

転職の面接では面接前にアンケートを実施することがあります。

これから面接なのにどうして直接聞かずにアンケート?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

まずは面接前にアンケートを行う理由について見ていきましょう。

 

面接で聞きにくいことをアンケートで確認したい

 

アンケート用紙

 

面接の場とはいっても面接官が応募者に対して直接聞きにくいこともあります。

そういった質問については面接では聞かずにアンケートで確認するのです。

面接官からしても限られた時間で聞きにくいことを質問するより、他のことを質問する方がいいのでしょう。

 

面接の時の質問材料にする

 

面接

 

転職の面接では志望動機や自己PRなどは必ずといっていいほどよく聞かれます。

それ以外の質問材料にするために面接前のアンケートを実施する会社もあります。

面接官がアンケートの回答の中で掘り下げて聞きたいことを質問していくのです。

 

どのような人柄なのかを知りたい

 

考える男性

 

面接前アンケートを実施する理由のひとつに応募者の人柄を知りたいということもあります。

限られた面接時間の中では、面接官は応募者のことを十分に知ることはできないでしょう。

どのような人柄でどういった人材なのかを知るためにアンケートで情報を補っているのです。

 

面接前のアンケートではどんな質問をされるの?

 

記入する男性

 

面接前のアンケートでどのようなことを質問されるのかをご紹介します。

アンケートがあるかも!と思うと不安になる人も多いのではないでしょうか。

どのような質問があるのかを知り、不安を軽くして面接に臨んでください。

 

年収に関すること

 

転職の面接前アンケートでは現在の仕事の年収に関する質問をされることがあります。

現職でどれくらい勤務しているのか、どのような部署でどのようなスキルをもっているのかも問われるでしょう。

経験やスキルは面接でも聞かれることが多いですが、面接の場で年収は聞きにくいことのひとつです。

そのためアンケートで確認しておくのです。

また転職後の希望年収の記入を求められることもあるでしょう。

 

希望する部署

 

面接で聞かれることの多い希望する部署ですが、面接前のアンケートでも質問されることがあります。

これは前もって希望する部署と理由を記入してもらうことで面接の質問材料にするためです。

ここで注意したいのは「特に希望はありません」という回答は避けることです。

書いたからとって必ずしもそれが通るわけではありませんが、面接官は求職者の希望を知りたいのです。

自分の希望とその理由はしっかりとアピールできるように準備しておいてくださいね。

 

入社したらやりたいこと

 

面接前アンケートでは入社してからやりたいことを聞かれることもあるでしょう。

ここでも経験やスキルをアピールしながらやりたいことを伝えていくことをおすすめします。

面接官は前もってアンケートで聞いておくことで面接の場で踏み込んだ質問をすることができます。

そのためこの質問があったらアピールのチャンスだと思ってくださいね。

 

企業に対する印象

 

企業に対する印象を面接前のアンケートで質問されることもあります。

「我が社の印象を教えてください」「我が社について知っていることを教えてください」といった感じです。

この質問は応募者がどの程度企業に興味をもち情報収集をしているかが試されると思ってください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

面接前のアンケートではプライベートなことも聞かれるの?

 

プライベートな時間

 

面接前のアンケートではプライベートに関することを聞かれることがあります。

仕事とプライベートは関係ないのでは?どうして聞くの?と不安になる人もいるでしょう。

確かに仕事とプライベートは別物なので転職の面接でそこまで聞かれると理由を知りたくなりますね。

もちろん仕事にプライベートを持ち込まないという人の方が多いでしょう。

しかし中には休日の行動が仕事に影響する人もいるのです。

また本人だけでなく家族関係が仕事に関わってくるということも。

求職者のそういった部分を知るために面接前アンケートではプライベートな質問があります。

いくら転職の面接のためとはいってもアンケートに家族のことや私生活について記入するのは抵抗がある人もいるでしょう。

面接前のアンケートは応募者の個人情報のひとつなので会社の中で厳重に管理されます。

どこかで噂が広まるようなことはないので安心してくださいね。

 

面接前のアンケートで聞かれるプライベートな質問!

 

プライベートのイメージ

 

面接前のアンケートではプライべートなことについてどのような質問をされるのでしょうか。

質問される可能性があるものを知っておけば、アンケートの時に慌てずにすむでしょう。

 

家族構成

 

家族構成は面接前のアンケートで聞かれやすいことのひとつです。

自分の親と住んでいるのか、配偶者や子供はいるのかなど答えます。

家族は転職や仕事にあまり関係ないのではないかと思う人もいるでしょう。

例えば子供が小学生なら転勤は難しそうとか、親が高齢だと介護が必要になるかもといった判断材料になることがあるのです。

 

休日の過ごし方

 

休日の過ごし方というような完全にプライベートに踏み込んだ質問をする企業もあります。

休みの日なんだから…と思うかもしれませんがプライベートが仕事に影響しないかを確認することにつながるのです。

またこの質問は応募者の人柄を知るためでもあります。

休みの日に趣味に費やす人もいれば家族サービスをする人もいるでしょう。

どのように過ごすかでその人の人柄や時間の使い方が見えてくるのです。

 

現在興味のあること

 

今あなたはどのようなことに興味をもっているでしょうか?

そんなことを突然聞かれたら回答に困る人もいるのではないでしょうか。

そのような質問も面接前のアンケートで問われることがあります。

仕事をする上で大切なのは経験やスキルだけではありません。

どれだけ仕事を追求し成長するかも重要ですね。

興味のあることを聞くことでその人がどれだけ物事に関心を抱くことができるのかを確認することができます。

この質問への回答は趣味のことでもいいですし時事問題でもいいでしょう。

とにかく何かに興味関心を持っていることのアピールが必要なのです。

 

面接前のアンケートの注意点は?

 

注意喚起をする人

 

ここまでは面接前のアンケートを行う理由やよくある質問についてご紹介してきました。

それでは実際にアンケートに回答する時の注意点を見ていきます。

注意点を押さえておけばいざ面接前のアンケートに回答する時に落ち着いた対応ができるでしょう。

 

できるだけ丁寧な字で書く

 

字を書く人

 

アンケートの回答は面接官が読めるように丁寧な字を心がけてください。

転職の面接のために企業へ行った時にアンケートのことを知らされる場合もあります。

またアンケートの時間は15~30分程度のことが多く時間を気にしながらの記入になることも。

突然の面接前のアンケートに戸惑うかもしれませんが面接官が読めない字では意味がありません。

「字は人を現す」ともいうように応募者の字で人柄を見る面接官もいるのです。

 

正直に回答する

 

OKサイン

 

面接前のアンケートの回答は面接と同じく正直に答えるのが基本です。

特に家族構成は入社してからも関わってくることなので偽りのないようにしましょう。

興味のあることや入社後にやりたいことなども正直に考えていることを書くようにしてください。

アンケートは面接の質問材料になります。

そのアンケートに書かれた内容に嘘偽りがあると面接の時に面接官が不審に思う場合もあるでしょう。

そういった事態にならないためにも偽りや自分を飾りすぎることのないように気をつけてくださいね。

 

ネガティブな内容は避ける

 

前向きに進む人

 

アンケートは正直に書く必要がありますがネガティブな内容は避けた方がいいです。

例えば退職理由や転職を考えている理由を聞かれた時の回答です。

キャリアアップやスキルアップのための転職なら前向きな印象です。

しかし前の会社の不満人間関係の悪さなどを記載すると面接官はどのように捉えるでしょうか。

やはりネガティブな内容が多いと応募者に対していい印象は持たないでしょう。

志望動機や自分の希望などをアピールしながらポジティブな内容の回答をするのがおすすめです。

 

採用側が面接前アンケートで見るポイントは?

 

チェックリスト

 

面接前のアンケートでは面接官はどのようなことをチェックしているのでしょうか。

チェックしているポイントを知っておけば、アンケートに回答する時の不安を軽くすることができるでしょう。

 

応募者の企業への志望度

 

企業側が面接で知りたいことのひとつが企業への志望度です。

転職活動中の求職者が「どうしてもこの会社がいい」と思っているのと「いくつか応募した企業のひとつ」では志望度が違いますね。

企業としては入社したらともに会社を成長させることのできる人材を求めているのです。

そのため面接だけでなくアンケートでも志望度の高さを確認していることが多いでしょう。

 

すぐに退職する要素はないか

 

転職してもすぐに退職しそうな人は企業側は避けたいでしょう。

そのため面接前のアンケートの内容から、すぐに退職する要素はないかを確認しています。

この確認は志望動機ややりたいこと、年収に関することなど様々な内容から読み取ることができるでしょう。

企業への志望度があまり高くなく希望通りの部署・年収でなければ退職する可能性もあるでしょう。

これは求職者と企業のミスマッチを防ぐためでもあるのです。

 

仕事に悪影響を及ぼすものはないか

 

プライベートな質問の中では仕事に悪影響を及ぼすものはないかを確認していることがあります。

休日の過ごし方や趣味について「ギャンブル」と回答した場合は要注意です。

パチンコや競馬が悪いわけではありませんが、借金を抱えるほどだと企業としても不安視するでしょう。

また社会人なのでお酒を飲む機会もあります。

しかし飲み過ぎて仕事に遅刻したり集中できないなどの悪影響があるのは企業側も避けたいところです。

このように仕事に影響しそうなプライベートがないかもアンケートからチェックされている可能性があるのです。

 

アンケートの内容は合否に影響するの?

 

面接で不安に思うこと

 

面接前のアンケートの回答は嘘偽りなく正直に答えるのがポイントのひとつです。

しかしアンケートの内容が合否に影響することがあるのか不安に思う求職者も多いのではないでしょうか。

実際のところアンケートの内容が合否に影響することはあります。

企業への志望度の高さが面接官に伝わったり、必要な人材だと思ってもらえれば合格に結びつく可能性が高くなります。

反対に入社してもすぐに退職しそう、私生活が仕事に影響するという印象を与えてしまうと不合格の可能性が出てくるのです。

合否に影響するとなるとアンケートの回答に不安があるかもしれませんが、自分をアピールするチャンスだと思ってください。

上手くいけば面接だけでは伝えきれないことをアンケートでアピールすることができるのです。

 

最後に

 

前向きな男性

 

今回は面接前のアンケートについてご紹介しました。

転職の面接では当日面接会場でアンケートを実施することがあります。

このアンケートでは面接の質問材料にするだけでなく応募者の人柄を見るものでもあります。

内容によっては合否に関わるとなると不安になる人もいるでしょう。

しかしアンケートには丁寧な字で正直に答えることが大切です。

 

また企業への志望度はどれだけ情報収集しているかで試されることもあります。

事前に情報を集めておくためには無料の転職相談に登録することをおすすめします。

自分で調べるだけではわからない情報も転職エージェントが知っていることも多いです。

また面接対策の相談もできるのでアンケートについても確認しておくことができるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

転職活動

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook