1. HOME
  2. Geekly Media
  3. キャリアチェンジは難しい?キャリアチェンジのリスクや成功のコツを転職エージェントがご紹介します

キャリアチェンジは難しい?キャリアチェンジのリスクや成功のコツを転職エージェントがご紹介します

転職を機にキャリアチェンジをする人は多くいます。キャリアを変えない転職に比べてキャリアチェンジを伴う転職は難しそうですが、実際はどうなのでしょうか?今回はキャリアチェンジについて、転職エージェントが詳しく解説します。キャリアチェンジをする時のリスクや、成功させるコツを紹介しますので、キャリアチェンジを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

キャリアチェンジは難しい?

 

 

キャリアチェンジをすることは、漠然と難しく感じるかもしれません。

そもそもキャリアチェンジがどういうものか理解し、難易度について考えてみましょう。

 

キャリアチェンジとは

 

キャリアチェンジとは、これまでの職務経験(=キャリア)とは違う職務に転職すること(=チェンジ)を意味します。

キャリアチェンジには大きく分けて、下記3パターンがあります。

 

①前職と同じ業界の未経験職種への転職

【例】Web制作のエンジニアから、Web制作のディレクターへ転職

 

②前職と同じ職種で未経験の業界への転職

【例】文具メーカーの営業職から、IT企業の営業職へ転職

 

③業界・職種共に未経験での転職

【例】飲食店の調理担当から、ソフトウェア開発企業のエンジニアへ転職

 

キャリアチェンジの難易度

 

キャリアチェンジをする場合、「これまでの経験を活かして転職できるのか」が難易度を左右するポイントでしょう。

①のように業界の経験があれば、未経験の職種に対しても知識があると見なされます。

また②のように職種の経験があれば、業界の知識をつけると即戦力になり得る人材です。これらの場合は、キャリアチェンジへの難易度は低くなると考えられるでしょう。

一方で③のような業界・職種どちらも未経験の場合は、キャリアチェンジの難易度がかなり高くなります。

 

 

 

キャリアチェンジが難しいとされる理由

 

 

キャリアチェンジは、業界か職種のどちらかを経験している場合でもどちらも未経験の場合でも、難しいことが共通します。

キャリアチェンジが難しいとされる理由について探ってみましょう。

 

経験値が壁となる=即戦力として活躍しにくい

 

キャリアチェンジが難しいとされる理由に、経験値が壁となることが考えられます。

業界や職種で未経験の分野が存在するため、企業は中途採用した社員に何らかの教育を実施しなければいけません。

そのため「即戦力として活躍しにくい」という評価につながり、市場価値が下がってしまいます。

 

年齢が壁となる

 

キャリアチェンジの難易度は、転職時の年齢も大きな壁となります。

例えば20代がキャリアチェンジする場合は、ポテンシャルを評価されて未経験でも転職が成功するパターンも多く見られるでしょう。

しかし30代以降の転職は、企業側がその人の経験値を重視し即戦力になることを期待します。

そのため30代以降の人材がキャリアチェンジをすると、即戦力として期待できずに市場価値が下がる原因になります。

 

 

 

ケース別に見るキャリアチェンジのリスク

 

 

キャリアチェンジを伴う転職は、的確な判断と行動ができなければ様々なリスクに見舞われます。

実際の転職失敗例を確認しながら、キャリアチェンジにどのようなリスクがあるのか考えましょう。

 

企業の求人選定で迷いやすい

 

受動的な姿勢でキャリアチェンジをしようとすると、企業の求人選定時に迷いやすくなり転職失敗につながります。

例えば、キャリアチェンジをする理由が不明確であったり、本気度が足りない状態だったりすると、自身もどのような企業を選べばいいのかわからなくなるはずです。

企業選びがわからないからと転職エージェントにまかせたところで、転職エージェントも求職者が本当にマッチする企業を紹介することができません。

また「現職から逃げたい」という思いが先行してキャリアチェンジする場合も、明確な企業選びができずに迷ってしまう原因になるでしょう。

 

新しい仕事が自分に向いているか判断しにくい

 

自己分析が甘いままキャリアチェンジに臨むと、新しい仕事が自分に向いているか判断しにくく、選考通過率が下がるでしょう。

キャリアチェンジをするにあたり、重要になるのは自己分析です。

未経験の業界や職種の中で、自分が活かせる経験やスキルを洗い出し選考でアピールができなければ、転職は成功する確率が下がってしまいます。

 

経験値が足りず選考に通過しにくくなる

 

企業は中途社員に即戦力を求めるため、キャリアチェンジよる転職は経験値が足りないと判断されれば選考が通過しにくくなります。

キャリアチェンジは、「新しい仕事に対して未経験である」ということが付き物となるため、どうしても経験値の低さが否めません。

キャリアチェンジをすることに対して、経験値が足りないと評価する企業が多いことも、転職の中に潜むリスクです。

 

年収が下がる可能性がある

 

未経験分野へキャリアチェンジを目指すということは、現職より年収が下がる可能性が高くなります。

企業にとってキャリアチェンジで入社した社員は即戦力を見込めないため、転職に成功しても新卒並みの年収を提示されるかもしれません。

その後の活躍によって年収を上げることは可能ですが、キャリアチェンジは年収が下がるリスクをはらむことは覚悟するべきでしょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

キャリアチェンジを成功させるコツ

 

 

キャリアチェンジを紐解いていくと、未経験分野への転職のために難易度が高く、リスクも多いことがわかります。

しかしキャリアチェンジは、コツをしっかり押さえて行動すれば確実に成功させることが可能です。

キャリアチェンジを成功させるコツを解説します。

 

明確なキャリアプランを設計する

 

「なぜ現職のキャリアを変える必要があるのか」「キャリアチェンジをすることで将来はどうなりたいのか」といった明確なキャリアプランを設計することから始めましょう。

キャリアチェンジをする目的が曖昧なまま転職活動をスタートさせては、本当に転職するべき企業を見つけられません。

キャリアチェンジは自身にとっても採用する企業にとってもリスクが高い転職であるからこそ、明確なキャリアプランが必要となります。

 

まずは、自身の希望する将来像を考えてみることがおすすめです。

例えば「10年後にどのような姿になっていたいのか」と考えて、そのために必要なキャリアプランを設計し、目的が明確にしてキャリアチェンジへ挑むと良いでしょう。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

経験が活かせる職種や業界を探す

 

キャリアプランが設計できれば、次は自分の職務経験に親和性があり、その親和性を強みとしてアピールできる仕事を探しましょう。

キャリアチェンジは未経験分野への転職ですが、未経験の中でも自分の経験が活かせる職種や業界を探すことが成功への鍵となります。

例えば、メーカーの営業職からWeb制作のディレクターへ転職する場合、業界も職種もまったく違うため、難易度が高く見えるかもしれません。

 

しかし営業職のように社内の商品やサービスを管理してクライアントへ営業する仕事は、制作現場を管理してクライアントの希望を形にするディレクターの仕事に通ずる部分が多くあります。

「会社のHPの更新を担当していた」といった経験もあればWebの知識があると評価され、案外難なく営業職からWebディレクターへのキャリアチェンジは叶います。

このように活かせる経験があることは、重要なポイントとなります

 

幅広く応募する

 

キャリチェンジしたい職種や業界が定まるといよいよ応募段階ですが、応募は幅広く行って自身の可能性を狭めないようにしましょう。

自分の経験を活かせる仕事を探していく中で、もしかすると思い入れの強い職種や業界、企業などができるかもしれません。

もちろんそれが自身の経験が活かせる仕事で、順調に内定が決まれば良いのですが、キャリアチェンジは見送られる可能性の方が高いのが現実です。

 

例えば未経験でゲーム業界のエンジニアになりたいと考えて、ゲーム制作会社だけを応募し続けるのではなく、ゲーム制作エンジニアが使うプログラミング言語に近い言語を扱うITエンジニア全般に幅を広げて応募すると良いでしょう。

特定の職種や業界にこだわって最初から目指そうとするのではなく、近くて難易度が下がる職種や業界から徐々に目的の仕事を目指すと、確実にキャリアチェンジを成功させられます。

 

キャリアチェンジができる求人を紹介してもらう

 

 

エージェントに相談し、キャリアチェンジ転職を成功させよう

 

 

キャリアチェンジは未経験の職種か、未経験の業界か、あるいはどちらもなのか、パターンによって難易度は変わります。

しかし、いずれにしても未経験分野が発生するため、現職の同職種・同業界の転職に比べると難しい転職と言えるでしょう。

 

キャリアチェンジを成功させるためにはコツを押さえて行動することは大切ですが、転職エージェントに相談して進めることもおすすめです。

キャリアプランの設計段階からエージェントに相談すれば、第三者視点のプロによるアドバイスで自分にマッチする仕事を見つけられるはずです。

エージェントに相談して、キャリアチェンジ転職を確実に成功させましょう。

 

IT・Web・ゲーム業界に特化した株式会社ギークリーでは、専任のエージェントが転職サポートを行っています。

キャリアチェンジについて転職エージェントに相談したい時は、お気軽にギークリーへお問い合わせください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事