カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 「キャリアに傷がつく」具体的にどんな人が転職しづらくなる?気を付けるべきポイントについて転職エージェントが解説します。
  • 転職準備

「キャリアに傷がつく」具体的にどんな人が転職しづらくなる?気を付けるべきポイントについて転職エージェントが解説します。

転職を考えたとき、「キャリアに傷がつく」という言葉を耳にすることがあります。いったいどのような経歴だと「傷がついた状態」と見なされるのでしょうか?キャリアの傷つき方によっては、転職での評価が低くなる可能性も考えられます。具体的にどんな人が転職しづらくなるのか、気を付けるポイントとともに、転職エージェントが解説します。

2021年2月28日

  • twitter
  • facebook

「キャリアに傷がつく」とは?どうしたら起こる?

 

risk, balance, tightrope

 

「キャリア」について考えてみよう

 

「キャリア」は、今まで自分が歩んできた経歴を意味します。学歴もキャリアの一種ですが、転職活動では職務経歴が重要な評価ポイントです。つまり「キャリアに傷がつく」とは、積み重ねた職務経歴の評価を下げてしまう行為と言えるでしょう。

もしトップエンジニアになることを目標に、プログラミング学習をして未経験からエンジニアになり、12年と着実に実務経験を積んでいたとします。

しかし評価を下げるような行為をした瞬間に、努力して重ねてきたその経歴の一瞬で評価の対象から外れる可能性があるのです。

 

少し前は転職自体が傷つく行為だった?

 

ひと昔前は「終身雇用」と叫ばれていたこともあり、一つの職場に長くいることが良いとされていました。同じ仕事をコツコツ長く勤めることが正義で、転職をすること自体が職務経歴の評価を下げる行為だったのです。キャリアプランの考え方も、同じ会社で係長、部長と昇進していくというのが一般的でした。

 

現代ではキャリアにいつ傷つくのか?

 

時代は変わり、現代では転職をすることで評価が下がることはありません。むしろ計画的に転職をすることで、キャリアアップを目指すことも可能です。

では、現代の働き方でキャリアに傷がつく瞬間は、いつ訪れるのでしょうか?大きく考えられるのは、以下の3点です。

 

・退職の仕方

・在籍期間が見合わない

・意味なく長い無職期間

 

それぞれに問題が生じたり、意味が見出せなかったりしたときに、キャリアに傷がついてしまうでしょう。実際に、これらが原因で転職時の評価が下げている人もいます。

キャリアに傷をつけてしまい、転職がしづらくなる人の特徴を詳しく確認していきましょう。

 

転職市場で評価が下がる?転職しづらくなる人とは

 

hustle and bustle, woman, face

 

退職の仕方に問題がある人

 

退職の仕方によっては、転職時の評価が下がり、転職活動が難航する可能性があります。

例えば、遅刻や欠勤が多かったり勤務態度が悪かったりすることで、会社都合の退職をした人が当てはまるでしょう。自己都合退職だったとしても、仕事の失敗などで逃げるように突然会社を辞めたというような、円満ではない退職の仕方は転職活動に困るかもしれません。

 

早期退職をしている人

 

1年以内の早期退職をしている人の評価も、転職市場では低くなる可能性があります。1年の経験があると、会社の期末決算なども経験していると見なされキャリアとしての評価が得られますが、1年未満の場合は経験値が不十分と見なされることが多いです。

特に3ヶ月や半年など数ヶ月で退職している場合は、転職した会社でも同じことをすると考えられて不利になります。

 

在籍年数が長いのに結果がない人

 

会社に在籍している年数が長ければ長いほど評価される時代は終わりました。

例えば3年在籍してプロジェクトリーダーになり、大きなプロジェクトを統括したと言ったように、今は在籍年数に対して自分がどんな結果を残せているか示すことが、転職市場では重要です。

在籍年数が長くても特にアピールできる結果がない人は、だらだらと会社に居続けたと評価を下げる可能性があります。

 

転職回数が意味なく多い人

 

転職回数が多すぎる人は、転職市場では要注意人物となります。

転職回数が多いということは、各社での在籍年数も必然的に短くなり、経験が不十分な可能性があります。

キャリアアップのプランとして、意味がある転職をしているのなら良いのですが、年齢に対して転職回数が意味もなく多い人は、転職がしづらくなっていくでしょう。

 

無職期間が意味なく長い人

 

もし無職期間がある人は、その期間の長さが転職活動でも評価のポイントです。スキルアップの学習のためといった理由があれば良いですが、無職期間が特に意味もなく長くなっている人は評価が下がる恐れがあります。無職でいる時間が積み重なっていけばいくほど、キャリアに傷をつけていくことにつながるでしょう。

 

キャリアに傷をつけないために気をつけるポイント

 

startup, start-up, people

 

円満退職を心がける

 

キャリアを守り転職活動をするためには、現職を円満に退職することが必須条件となります。なぜなら転職活動で面接をするときに、必ず前職についての質問を受けるためです。前職でどのような業務につきキャリアを積んで、なぜ退職をすることになったのかといったことを企業が理解して、自社に合う人柄かどうかの判断材料の一つにします。

今までのキャリアを面接官にアピールし高評価を得るためには、「勤務態度が悪くクビになった」「逃げるように辞めたためにろくに引き継ぎもできていない」といった退職にならないようにしましょう。「目指すキャリアのため、転職が必要になった」など、前向きな退職理由になると転職市場での評価も高まります。

 

意味のある在籍期間と無職期間を作る

 

意味もなく在籍期間が長くなっていたり、あるいは無職期間が長くなっていたりするようなことは避けましょう。こちらも転職での面接で、重要な判断材料となります。

現職での在籍期間が長くなっている人は、今の自分にどのような成果が残せているのか、どのようなスキルが身についているのか、改めて振り返ることをおすすめします。もし、在籍期間が長いのに役職についていない場合でも、在籍の長さに見合った仕事ができていれば問題はないでしょう。逆に意味がなくなってしまっているような人は、自分のキャリアを見直す時期かもしれません。

意味なく無職期間を延ばしている人は言語道断、1日でも早く動き出すことが大切です。無職期間が長引けば長引くほど、キャリアが傷ついていきます。キャリアチェンジのために、未経験の業界にまずはアルバイトで就職して実務経験を積んでいるというような場合は、無職期間としても問題はないでしょう。転職市場ではプラスに評価される行動です。

 

将来を見据えたキャリアプランを考えよう

 

concept, man, papers

 

今すぐ転職しなくてもキャリアプランは重要

 

現時点で転職を考えている人も、逆に転職の予定がない人も、将来を見据えた自分のキャリアプランを考えることは重要です。今のキャリアで、将来はどのようなキャリアアップが望めるのか、どのような業界でどのような仕事をしていたいのか、具体的に考えるようにしましょう。

今の仕事を何も考えずにコツコツ続けると、自然とキャリアアップができる人もいるかもしれません。しかし、それが本当に自分が望んでいるキャリアなのでしょうか。キャリアとは自分の意思で積み重ねていくものです。

転職するしないに関わらず、将来どのようなキャリアでいたいのか、まずは目標を決めましょう。

 

自分が積み重ねるべきキャリアがわかる

 

将来のキャリア目標が定まれば、おのずと自分がこれから積み重ねるべきキャリアプランが見えてくるようになるのではないでしょうか。目標とするキャリアのために、どんなスキルを身につけどんなキャリアが必要になるのかがわかります。そうなれば、今の会社で働き続けるべきか、転職をするべきなのかもわかるでしょう。

キャリアに傷をつけないためには、しっかりとしたキャリアプランを持つことが大切なのです。

 

キャリアプランに悩んでいるときは、転職エージェントに相談することも一つの方法です。GeeklyではITWeb・ゲーム業界に特化して、専任のコンサルタントによる1to1のキャリアカウンセリングを行っております。転職エージェントを利用したいときは、お気軽にGeeklyまでご相談くださいね!

 

【簡単1分!】転職エージェントにキャリアを相談をする

 

キャリアを武器にできたら傷をつけない?

 

weapon, knife, blade

 

転職市場においてキャリアは武器である

 

キャリアというものは、転職市場という場所において、自分が持てる最高の「武器」です。どのような状況でも戦える立派な武器を持つためには、武器をしっかり育てることが必要です。しかし育てて強くなったはずの自慢の武器は、一方で簡単に傷もつき自分を苦しめる諸刃の剣にもなります。

キャリアが武器になるという考えができれば、キャリアを傷つける行動を理解できるかもしれません。いざ転職を考えたときに、キャリアを武器として実装できるように意識してみましょう。

 

まとめ

 

arm, hand, desk

 

キャリアに傷をつける瞬間として、退職時の問題行動を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実際はそれ以外にもキャリアに傷をつける瞬間があることがわかりました。働いていること自体も、もしかしてキャリアに傷をつけているかもしれず要注意となるのです。どのような立場でも、この機会に一度自分のキャリアプランについて考えてみて、転職がしづらいという状況にならないようにしましょう。

 

Geeklyの転職エージェントでは、オンラインでも対面でも対応が可能です。お気軽にご相談ください!

 

転職エージェントにキャリアを相談する
michika

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。