カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 企業選びのポイント「ワークライフバランス編」
  • 転職活動

企業選びのポイント「ワークライフバランス編」

ワークライフバランスをご存知でしょうか。知っている人はおさらいも兼ねて、知らない人はこの記事で「ワークライフバランス」での「働く側」「企業側」のメリット&「向いている人」や「導入している企業の探し方」まで深堀りしていき、有益な情報をどこで吸収すればいいのかまで、徹底解説していきます!

ワークライフバランスとは?

 

ワークライフバランスの概念と意味

 

 

ワークライスバランスとは、働きながらも私生活を充実させて、生産性を高めていく働き方です。仕事と生活の調和が取れる働き方として、多くの企業も実践しており現在注目されています。

私生活の質が上がることにより、仕事への意欲も高まり、生産性が高まるとされています。現在日本でも、国からワークライフバランスを重視した働き方を推進しています。

具体的な国が行っていることで言うと、内閣府が「仕事と生活の調和憲章」を策定し、国民が健康的で効率よく仕事をしていくことを目的とした働き方を提言しています。

男性に育児休暇を取られるか代わりとして、育児に縛られていた多くの女性を雇用に繋げると言った「介護面」「育児面」でも良い効果が期待されている事により、ワークライフバランスを重視した転職軸が求められてきています。

 

社会的にも重視されてきている

 

少子高齢化社会が進んでいる日本では、若い働き手が減ってきています。更に女性に関しては、出産や子育てにより時間が取れず、メンタル的にも肉体的にも仕事ができない状態になっています。

他にも高齢化という背景により、介護側の人口不足が社会的にも問題になっています。こういった状況を打開するべく、国が「新3本の矢」を目標に掲げました

アベノミクスが掲げた3本の矢の内容は、このワークライフバランスに該当し、ワークライフバランスで「企業の生産の質を上げる」だけではなく、「社会の問題の解決」として捉えられています。

「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」つまり、この「新3本の矢」からもワークライフバランスを重視していることが分かると思います。

 

ワークライフバランスは転職の軸としても重要

 

転職でもワークライフバランスを意識することは重要です。

働き方が求めるものと相違で、会社を早期退職してしまうケースはよくあります。また、結婚や出産、子育てなどライフステージに合わせた働き方ができないケースもあります。その場合は私生活と仕事を両立できずどちらかを諦める必要がでてきます。

企業としてもワークライフバランスを意識した働き方を推奨することで、雇用が促進されていき、採用活動の成功に繋がってきます。

転職時には、自分がどのような働き方がしたいか明確にして、その働き方ができる企業を探しましょう

 

ワークライフバランスを重視するメリット

 

 

働く側のメリット

 

大きく「仕事の効率化」と「生活水準が向上し健康的な生活」が挙げられます。ワークライフバランスを意識した働き方により、業務を効率化できないか考える良い機会にも繋がります。それにより、多くの無駄を改善できるようになります。

また、会社の方針によっては「フレックスタイム」や「リモートワーク」などを導入しており、働く環境に縛られない働き方が可能です。

 

企業側のメリット

 

ワークライフバランスを取り入れることで、メンタルや健康にも良い影響を与え、労働力の質が向上し仕事の効率が上がります。

目標を下げすぎず、労働時間を削減することにより、自然と集中して作業をこなすため、仕事の質が上がります。また企業としても、無駄な残業代などの支出を削減できます。

ワークライフバランスの理解者が増えることで会社全体の一体感も高まりやすく、チーム力が企業全体で上がります。

また、「良い働き方ができる」と世間からの見方も変わり、応援してもらえる企業になります。それにより、多くの支持を集めることができるため、ビジネスとしてもスムーズに取り組めるでしょう。

 

ワークライフバランスを重視した企業に向いている人

 

要領よく仕事が出来る人

 

 

要領よく仕事ができる人は、自分でスケジュールを立てることができ、仕事の効率化を図るのが上手い傾向にあります。そのため、ワークライフバランスを重視した企業に働くことにより、限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮することができます。

普段から「限られた業務」を如何に「要領よく」こなすためにはと考えている人は、ワークライフバランスを重視した会社に入ることをおすすめします。それにより会社としても効率用働くことを推すため、さらなる効率化が期待できます。

 

趣味にも時間を使いたい人

 

「趣味の時間を作りたいけど、仕事が忙しくてできない人」や「1日休んでしまうと、趣味に使うお金を大幅削る必要がある人」など趣味に手が回らない人も多く聞きます。

休日を存分に楽しむことや、休日に予定があることで、仕事のモチベーションが上がる人は、実はワークライフバランスを重視した企業に向いているかもしれません。

生活と仕事の両立を重視する企業ですから、基本的には趣味のために時間を作りたいと思う気持ちに答えてくれる可能性は高いです。むしろ趣味に時間を費やし私生活を充実させることで、仕事にもメリハリが付き、効率化が「図れるのではないかと言う考えもあります。そのため、趣味に時間を使いたい人に向いている働き方だと言えます。

 

家族と仕事を両立して働きたい人

 

子供がいたり、親の介護があったりと、家庭の事情があり「家族と仕事を両立して働きたい人」は増えています。昔とは違い、共働きでお子さんを家に残して仕事をする人も多くいますが、ワークライフバランスを重視した会社に転職することにより、家族に費やせる時間も増える事で幸福度が高まります

更に家族との時間を作った分だけ、前向きな姿勢で日々仕事に取り組めるため、多くの企業にとっても経費削減と作業効率と言ったビジネスの軸となる考え方が自然と身につきます。

ワークライフバランスを導入している企業と、ワークライフバランスを意識した考え方の人材であれば、お互いにメリットを感じられるため、Win-Winな関係性でやっていけるでしょう。

 

ワークライフバランスを重視した企業の探し方

 

 

ワークライフバランスを重視した制度

 

ワークライフバランスを重視した制度を取り入れた企業として、東京都が「ライフワークバランス認定」として選定し公表している制度です。毎年13社が選定されており、対象企業は小企業、中企業を対象で、「会社」「NPO法人」「社団法人」「財団法人」などが該当します。

複数の条件を満たした企業や法人が認定され、また大きくライフワークバランス制度により促進されます。これらの「ワークライフバランス認定」を受けるために企業が取り組むべき制度が存在します。

 

【テレワーク】

会社に出社しないで、自宅で仕事をする働き方です。自宅や会社以外の場所で業務を遂行する勤務状態を示しています。重要なミーティングな時等決められたタイミングで

 

【フレックスタイム制度】

1日の業務時間を自分で決めることができる制度で、仕事を始める時間と時ごとを終わる時間を自分で設定することができます。

「育児」や「介護」の時間を増やせたり、生活と仕事の時間を無理なく調整できる制度になります。

上記のような制度や勤務状態を企業が導入することにより、一人ひとりの業務や負担を減らし業務の効率化を図っていくことが期待できます

 

企業の特徴とは?

 

ライフワークバランスを推奨する企業としては以下のポイントが挙げられます。

【福利厚生制度の導入】

「リモートワーク」や「フレックスタイム」など働き方や福利厚生に関する制度を導入しています。外部向けのサービスに目を向けるだけでなく、社員が働きやすくなる環境を如何に作るかを意識しています。

 

【仕事の仕組み化】

ライフワークバランスを意識している会社では、如何に仕事を仕組にするかを考えています。仕組化することで、仕事に掛かる時間を削減出来たり、外部に委託することで、その分社員はクリエイティブな仕事に専念することができます。

 

【副業の促進】

副業の促進を挙げている会社の多く、はワークライフバランスの長所を理解した上で副業を取り入れていることが多いです。副業を行う上で、本業をきっちりとこなす必要があります。そのメリハリの部分をきっちりさせるためにも促進している会社は多いです。

 

転職エージェントを活用した企業の情報収集

 

 

実際に「ワークライフバランスを重視している企業をどのように探すのか」についてのアドバイスとして、転職エージェントをおすすめします。転職えージェントを活用していく事で効率よく情報を収集できます。

おすすめ理由としては個人だけでは見つからない「非公開求人」を多数蓄えているため、個人で探すよりも多く、的確な情報を素早く紹介してもらえます。

転職エージェントはほとんどの場合、登録料は無料です。自分の希望条件を伝えた上で、仕事を紹介してもらえるため、まずはお試しで活用していきましょう!エージェントサイトを活用していくことで、「気になる企業の特徴」や、「知らないけど条件にピッタリの企業」など有益な情報源になるでしょう。

 

無料で聞いてみる!

 

最後に

 

 

ワークライフバランスを重視している会社は年々増えており、企業の選び方の重要な要素です。このワークライフバランスの変化に対応していく企業に転職することで仕事も私生活も充実してすごせるかもしれません。

企業を選ぶうえで、見るべきポイントは色々ありますが「ワークライフバランス」もその一つとして見てみるのはいかがでしょうか?

 

ワークライフバランスを重視した企業を探す

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。