1. HOME
  2. Geekly Media
  3. フードテックとは?企業での事例や解決できる5つの社会問題を解説

フードテックとは?企業での事例や解決できる5つの社会問題を解説

フードテックとは「Food」と「Technology」を合わせた言葉であり、テクノロジーを利用して食の問題解決や可能性の拡大を目指す概念・技術等の総称です。今回はフードテックが解決する食糧問題・地球温暖化などの社会問題や企業例を解説します。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

フードテック(FoodTech)とは?

 

 

フードテック(FoodTech)とは食の領域を表す「Food」と「Technology」を掛け合わせた言葉です。
テクノロジーを利用して食の問題の解決や食の持つ可能性の拡大などを目指す概念・サービス等を総称してフードテックと呼びます。

外食産業に限らず、農業・流通・外食産業・食品開発などあらゆる「食」分野にITを導入するフードテックが注目されています。

幅広い食分野の課題を解決するフードテックビジネスについて、紹介していきます。

 

フードテックの市場規模

 

現在フードテック市場は世界的に注目度が高くなっており、その市場規模は2025年には世界全体で700兆円にものぼるとされています。

「食」は生きるために必須の領域であり、全世界・全ての人がビジネスターゲットになることから元々の市場が大きいです。

それらがテクノロジーによってアップデートされることが期待されており、フードテックをテーマとしたファンドも国内外で次々誕生しています。

フードテックとは、世界の投資家達も一目置いているビジネスなのです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

フードテックが注目されている背景

 

 

世界的な飲食料市場の拡大

 

世界34カ国で飲食料の市場規模は拡大傾向にあり、今後も続く見込みです。

この拡大傾向は特にアジアが顕著だといわれています。

もともと規模自体が大きく、そのうえ成長が予想される飲食料市場は多くの企業が参入しています。

大手企業の参入事例もあり、フードテックビジネスは今後より注目を集めるでしょう。

 

SDGsとの深い関係性

 

フードテックが今後大きく伸びるとされている理由として、成長産業として日本政府が後押ししている事が挙げられます。

加えて先述の通り、食品産業自体の市場規模が大変大きいこと、世界的な人口増加と新興国含めた経済の発展によりさらなる拡大が見込まれること、そしてSDGsとの関連が強いことも理由になっています。

SDGs(持続可能な開発目標)は国際社会で共通目標となっている指標であり、今後も政府や企業を筆頭に様々な取り組みが展開されることが予想されます。

 

フードテック官民協議会の発足

 

フードテックを推進するために、2020年10月に日本では農林水産省により「フードテック官民協議会」が発足しています。

農林水産省によると、フードテック官民協議会の目的として、フードテック領域への研究開発・投資を促進することが挙げられています。

資源循環型の食料供給システムの構築など、技術基盤を国内に確保することが重要であるため、民間活力を最大限活用し、協調領域の課題解決や新市場開拓が早急に求められると言えます。

このように、フードテックは企業のみならず政府も注目している領域であり、現在進行形で発展している技術の一つだと言えます。

参考:農林水産省『フードテック等を活用した持続可能な産業育成』

 

日本のフードテック展示会

 

日本では、RX Japan株式会社主催のフードテックに関連するさまざまな技術が出店する「フードテックweek東京」が開催されています。

食品工場の自動化・DXに関する「フードテックジャパン」、飲食店の自動化・DXに関する「スマートレストランEXPO」は、食品業界の自動化・省人化を実現するための展示会です。

食品工場向けのロボット、IoT・AI、製造・包装・検査装置や飲食店向けの調理・飲料ロボット、注文・配膳ロボット、自動レジシステム、デリバリーシステムなどの技術をもつ企業が一堂に会します。

また飲料や液状食品にまつわる「ドリンクジャパン」も同時開催しています。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

フードテックが解決のカギとなる5つの社会問題

 

 

フードテックは世界で起きている、あるいはこれから起きると予想される食にまつわる問題を解決する手段として、世界中から期待を寄せられています。

フードテックによる解決が期待されている世界の問題を紹介します。

 

世界の食糧危機・栄養不足

 

2055年に100億人に達すると予想されるほど、世界の人口は急激な増加傾向にあります。

人口増加・新興国の経済発展と比例して食糧の需要が増加するのに対し、供給が追いつかないことが予想されています。

フードテックによる効率的な食物生産によって、供給不足が解決されることが期待されています。

 

農林水産省が推進する昆虫ビジネス

日本でフードテックが広まったきっかけのひとつに、昆虫食が話題にのぼったことが挙げられます。

実は食料不足のなかでも特に危機をされているタンパク質の供給不足に対し、期待されているのが昆虫なのです。コオロギは牛に対し1/1000の水や食物で発育することや成長が早いことで持続可能性の高い栄養素であるとされています。

産業としてスタートしやすい反面、アレルギーへの懸念や日本ではまだ需要が少ないこともあり、今後の動向が注目されます。

 

フードロス問題

 

売れ残りや賞味期限切れにより、本来は食べられる食糧を捨ててしまうフードロス(食品ロス)。

食糧不足が叫ばれる一方で、世界の全ての食糧のうち3割はフードロス化しているといわれます。

フードロスを減らすために生産・流通の過程でフードテックを用いてフードロスを減少させようという動きが生まれており、SDGsの観点からも注目されています。

 

地球温暖化

 

家畜による地球温暖化への悪影響、特に牛の牧畜による植物への被害や温室効果ガスの発生が注目されています。牛のゲップにはメタンガスが含まれているというものです。

これに対し、フードテックでは代替肉の開発が進められており、すでに大豆やえんどう豆から人工の代替肉を生成することに成功しています。

この代替肉は地球温暖化への対策だけでなく、先に述べた世界の食糧不足の解消や、菜食主義者へのたんぱく質の供給など、世界の食糧問題に対して多くの好影響が期待されています。

 

食の安全性担保

 

海外の食品に農薬が混入していた、大手食品会社の食品に異物が混入していた等、食の安全性の問題は常に発生しています。

食の安全性が脅かされないよう、ITの力で生産から流通・消費に至るまで管理する動きが進んでいます。

食品が供給されるまでを追跡調査する仕組みを整え、食品の安全性を担保しようという試みです。

食品会社としては一度食の問題が発生すると風評被害が大きくなり、会社の存続問題にも発展する可能性があります。

そのためフードテックによる食の安全性担保は非常にニーズが高いでしょう。

 

労働力不足

 

農業や外食産業など食に関わるビジネスが常に悩まされている問題が人材不足です。

冒頭でご紹介した注文システムも含め、フードテックは食品関連業界で起きている人材不足を助けています。

また最近では外食産業のみならず、農業・畜産業・漁業といった第一次産業の人材不足にもフードテック技術が生かされています。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

身近なフードテック事例

 

 

フードデリバリーサービス

 

日本でもすでに生活に密着したサービスと言えるのがフードデリバリーです。

消費者にとっては、店舗を訪れなくても好きな時に好きな場所でお店の味を楽しむことができます。

一方で店舗としてもフードロスや店舗運営のコストを削減できる点がメリットです。

アメリカで誕生した「ゴーストレストラン」とも呼ばれるデリバリー専門店は日本でも広まっており、まとめサイトなどもリリースされています。

 

モバイルオーダー

 

フードデリバリーサービスで活用されているフードテックの技術がモバイルオーダーです。

スマートフォンで商品を選び、注文と決済までを済ませたい消費者と、店舗、配達員をマッチングさせます。

店舗にとっては営業時間中いつでも手を止めることなく注文を受け、レジ業務などが不要で人の負担を削減することができる点がメリットです。

消費者にとっては待ち時間がなくなり、時間を有効活用できるうえに電子決済で事前に支払いを済ませることで支払いの手間を省くことができます。

テイクアウト需要の増加にマッチしたサービスとして、急速に普及しました。

 

配膳ロボット

 

食品の製造や調理、配膳を担当するロボットもフードテックの事例のひとつです。

ホテルやファミリーレストランでは配膳を担当するロボットを見かけるようになりました。

また大規模調理施設などにおいては調理をロボットと協働することもめずらしくありません。

 

完全栄養食

 

「ベースフード」に代表されるような1食に必要な栄養素がすべて必要量以上含まれる食品も誕生しています。

豆など植物由来の原材料で作られた代替肉や陸上養殖、物理現象や化学反応からなる新たな調理法「分子ガストロノミー(分子美食学)」もフードテックの事例です。

 

活用されている先端技術

 

フードテックでは上記の他にもさまざまな最新科学技術が取り入れられています。

例えば経験値が成果を左右する農家業を、学習とデータの収集で最適化するのはAIの得意分野です。

「モノのインターネット」と呼ばれるIoT技術は、これまで目視が必須だった土や水の状態、作物の生育状況、土壌成分の過不足を検知して知らせることに役立っています。

天候の情報なども同様に、最新技術のデータを利用することによって確実性が増すようになりました。

農薬散布ドローンや無人農機といった第一次産業の人手不足解消や効率化だけでなく、フードテックの技術は第二次産業、第三次産業にも活躍の場を広げています。

 

非公開求人を紹介してもらう

 

 

フードテックビジネスに携わる会社の事例

 

 

フードテックビジネスに携わっている会社をご紹介します。

 

ニップン

 

ニップンが開発を手掛けたのが、大豆をベースに豆腐の加工技術を応用した新素材のプラントベースフード「ソイルプロ」です。

ヴィーガン用としてだけでなく、世界的な人口増加によるたんぱく質不足解消など、持続可能な食生活を実現可能にする食材として注目されています。

 

Uber Eats

 

フードテックビジネスを手掛ける企業で注目度が高いのがUber Eatsです。

専用アプリで提携している店舗に料理を注文し、パートナーと呼ばれる配達員が注文者の希望する場所に料理を運ぶシステムです。

コロナウイルスの影響により需要が増えたこともあり、日本に中食カルチャーを根付かせたといえます。

 

ベースフード

 

ベースフード株式会社では主な事業として、完全栄養食を販売しています。

完全栄養パン「BASE BREAD」、完全栄養パスタ「BASE PASTA」、完全栄養クッキー「BASE Cookies」等を自社のECサイトでの直販や、他サイトでのセット販売をしています。

 

ECプラットフォームとして「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などに出店して売上を伸ばし、2022年11月15日には東証グロース市場に上場しました。

 

ヤンマー

 

エンジンや農機、船舶を扱うヤンマーは、農業のロボット化も進めています。

すでに発売されている「オートトラクター」に加え、無人走行のテクノロジーを駆使した「ロボットトラクター」を北海道大学と協同で実証実験中です。

タブレット端末で遠隔操作でき、人手不足解消への貢献が期待されます。

 

PLANTX

 

PLANTXは千葉県柏市に本社を置くベンチャー企業で、人工光型植物工場に特化したサービスを行っています。

人工光型植物工場に特化したサービスを提供している会社です。

植物や野菜を栽培するには露地栽培やハウス栽培など、太陽光を必要とします。

しかしPLANTXの「人工光型植物工場」では太陽光の代わりに人工の光で植物を育てることが可能です。

そのために必要な室温や水分などの環境調整もを整えるサービスもを行っています。

植物が育つ環境を全てITの力で作り上げる、画期的な仕組みを提供するベンチャー企業です。

 

その他のフードテック企業についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

 

上場企業は、こちらをご覧ください。

 

フードテックの求人を紹介してもらう

 

 

フードテックの6つのビジネス領域

 

 

フードテックは具体的にどの領域でビジネス化されているのでしょうか。

6つの領域について解説します。

 

生産領域

 

食料を生産する農業や漁業に関わる領域です。

フードテックの中でも農業に関わるビジネスは「アグリテック(アグリカルチャー+テクノロジー)」と呼ばれ、農業人口の減少・高齢化に対する救世主として期待されています。

漁業においては人工的に創設した環境下で養殖を行う「陸上養殖」が注目されています。

 

アグリテックについてより詳しく知りたい方はこちら!

 

流通領域

 

情報通信技術を用いて、食品の品質を損なわずに需給バランスに合わせた効率的な物流を実現する仕組みを作る領域です。

流通というと生産者から小売への流れをイメージしますが、現在はこれに限りません。

フードテックにより生産者から直接消費者に向かう流通ルートも生まれ、注目されています。

 

中食・外食領域

 

居酒屋やファミリーレストランの注文システムは外食分野に特化したフードテックビジネスの代表例です。

また最近はUber Eatsのようにスマホアプリを用いた注文・配達システムが発達し、レストランでしか楽しめなかった食事を自宅で楽しめるようになりました。

こうした「中食」領域を成長させたこともフードテックの功績といえます。

 

次世代食品領域

 

ITの力を使って、代替肉と呼ばれる人工肉などの新しい食品を作り上げていく領域です。

例えば人工肉は大豆やえんどう豆から本物の肉に似せて作られていますし、バッタからプロテインを生成する技術も生まれています。

他にも3Dプリンターを用いた食品も登場するなど、フードテックによって従来の食品の概念が変わりつつあるのです。

 

健康食品領域

 

パスタのように従来からある食品に対しIT技術で栄養計算を行い、不足している栄養素を加えた新たな健康食品が作られています。

IT技術で食品をコントロールし、世界の栄養不足を助ける画期的なビジネスです。

 

調理技術領域

 

調理機械においてはロボットの技術が用いられています。

人間と同じ動きように盛り付け・配膳を行ったり、ITの力で調理をコントロールしたりします。飲食店において人が関与する時間を減らす技術が主軸となっています。

 

フードテックの求人を紹介してもらう

 

 

フードテックは成長と安定が望める新しいビジネスです

 

 

フードテックビジネスは、社会貢献性が高くかつ成長性が認められるビジネスです。

ビジネスの形態から収益化が難しいケースもありますが、需要は溢れています。

食のビジネスは一度軌道に乗れば人の生に最も近いビジネスであり、成長と安定が望める分野です。それゆえに世界の投資家がフードテックビジネスにを投資しています。

フードテックという新しいビジネスに着目した企業に転職して食の改革に携わりましょう。

 

IT・Web・ゲーム業界に強みを持つ株式会社ギークリーでは、フードテックに興味がある方のご支援も行っております。

転職や情報収集をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事