1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 短期離職とみなされる期間は?転職活動への影響は?成功させるコツを解説

短期離職とみなされる期間は?転職活動への影響は?成功させるコツを解説

短期離職とは2~3年以内の離職を指します。転職先を探すにあたり、短期離職が転職活動に不利に働くのではないかと不安を抱いている人もいるのではないでしょうか。
今回は短期離職がどのように転職活動に影響しているのかや、転職活動を成功させるための秘訣を解説します。

  • twitter
  • facebook

目次

短期離職とはどのくらいの期間?

 

 

そもそも、一般的に「短期離職」とみなされる期間はどのくらいなのでしょうか。

短期離職とみなされる期間を知り、自分が短期離職であるか把握することで転職の成功率は大きく変化します。そのため、短期離職の期間を知っておくことはとても大切です。

 

【2~3年以内】短期離職とみなされる在職期間

 

一般的に、短期離職とみなされる在職期間は「2〜3年以内」が目安です。

しかし、企業や業種によって短期離職の年数は異なります

IT業界や飲食業界など、汎用的なスキルや経験を積むことができるとされている業界であれば、2〜3年で離職しても問題はありません。

一方で、インフラ業界や製造業などは一つの企業に長く勤めることが一般的であるため、3〜5年働いても短期離職として見られる可能性は考慮しなければなりません。

 

業界によって短期離職の線引きは様々なので、全ての業界を合わせると目安でしか測れないのが現状です。そのため、自分の勤めている業界の短期離職とみなされる期間は知っておきましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

価値観に合う仕事が見つかる「仕事タイプ診断」で自分に合う職場を調べてみる

 

 

今後のキャリアでマネージャーを目指すか、プレイヤーを極めるか悩んだり、転職したいけど自分の価値観に合う企業がわからない、次の職場選びで重視した方がいいことがわからないなど、職場選びで悩むことは多々ありますよね。

ギークリーの「IT人材 仕事タイプ診断」では、自分の適性だけではなく、自分に合う働き方、企業のタイプを知ることができるので、転職軸を決めるときや求人選びに役立ちます。

 

キャリアや仕事選びで悩んだら、一度ご自身の価値観に合う仕事のタイプや企業のタイプを調べてみませんか?自身の適性を知ることで、納得のいくキャリア選択や求人選びができるでしょう。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

短期離職は増加傾向にある

 

 

入社後ギャップの増加

 

短期離職の大きな原因のひとつが入社後に感じるミスマッチです。

一般的に、好景気の場合は企業が人材に投資できるために採用人数も増え、求職者にとっては希望条件を重視して就職しやすい傾向にあります。

これが好景気で離職率が低下する理由です。

ところが不況下では求人が減り採用基準が引き上げられるために、求職者は能力に見合う企業への就職が困難になります。

その結果として、入社後のギャップが大きくなり離職につながりやすい状況になるといえます。

 

日本型雇用の変化

 

日本的雇用慣行は「職能型」と言われ、「終身雇用」「年功賃金」「企業別労働組合」などの特徴が挙げられます。

日本独自で発展した雇用システムです。

近年では成果主義が台頭しつつあり、年齢や勤続年数に応じて賃金が上がることがなくなりました。

1社に長期間とどまることのメリットを感じづらくなったことも早期離職を選択する人を増加させていると考えられます。

 

価値観の変化

 

日本的雇用慣行の崩壊が始まった2000年頃から、新入社員の価値観が「会社重視」から「仕事重視」に変化したという調査結果もあります。

企業選びの基準が、入社後にスキルアップにつながるかどうかといった思考に変化しているのです。

そのため、理想とするキャリアプランが実現できないことが退職の動機につながるケースが増えています。

会社は将来を見据えて選ぶのではなく、成長するための通過点と見られるようになったといえるでしょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

採用担当は短期離職をしている求職者をどう見ている?

 

 

実際、企業の採用担当者は、短期離職をしている人に対してどのような印象を抱いているのでしょうか。悪い印象だけでなく、中には良いイメージを抱く可能性もあります。

採用担当は短期離職をしている求職者をどう見ているのかを具体的に見ていきます。

 

短期離職自体に懸念がある

 

企業としては、短期離職自体にあまり良い印象は抱いていません。

やはり短期離職者に対しては、「すぐに諦める」「続かない」といった印象を受けることでしょう。

しかし、面接などの選考を通して納得してもらえる退職理由を伝えることができれば、なんの問題もありません。

 

転職をキャリアアップの手段として上手く活用している

 

短期離職に対して、マイナス面ばかり受け取るわけではありません。

たとえ短期離職であったとしても、「次のキャリアに繋げるステップアップのため」などといった明確な転職の目的があれば、転職をキャリアアップの手段として上手く活用しているとプラスの面で受け取られます。

「この人は自分でキャリア形成できる人だ」と受け入れてくれれば、転職に有利になりえます。

 

短期間でも離職した方が良いケース

 

採用担当者としても「仕方ない」と考えるケースがあります。

例えば次のような事情の場合です。

 

・入社前と条件が異なっていた
・会社の都合で職務転換を言い渡された
・給与や待遇が大幅に変更した
・ハラスメントに遭った

 

雇用形態や勤務時間、勤務地、配属先などが入社前に提示された条件と著しく異なっていた場合や、企業の業績悪化やM&Aによって変更があった場合は仕方ないと言えるでしょう。

ただし退職理由を告げる際、事実を述べることに徹底し、感情を込めた不満や悪口になってしまわないよう注意が必要です。

 

【あわせて読みたい】ブラック企業に入社してしまったら?対処法はこちらから⇓

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

短期離職は転職で不利になることもある

 

 

短期離職の経験があっても、転職は可能です。

しかし不利に働くこともあると理解しておきましょう。

例えば、採用担当者にネガティブな印象を持たれ敬遠されてしまう、転職はできても条件が良くない、以降のキャリア形成に悪影響を及ぼす原因となる可能性などが考えられます。

短期離職の経歴によって転職活動が長期化しててしまうケースもありますが、一方で短期間であっても退職した方が良いケースや、前向きにとらえてもらいやすい離職の理由もあります。

転職面接において、短期離職はどのような印象を与え、実際にどの程度影響するのでしょうか。

 

【あわせて読みたい】早期退職の理由は?面接で不利にならない伝え方はこちらから⇓

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

短期離職は転職活動に具体的にどう影響する?

 

 

短期離職が今後のキャリアにどう影響するのかは気になるはずです。そこで、短期離職が転職活動にどう影響するのか、よくある懸念を解説します。

短期離職の懸念点を知り、転職活動の対策を練りましょう。

 

求人で求められているスキルと経験に達していない場合がある

 

業種にもよりますが、転職サイトに掲載されている多くの求人が、前職の実務経験が3年以上あると高く評価される傾向にあります。

そのため、2〜3年の実務経験しかない「短期離職」に該当する人は「スキルや経験が募集基準に達していない」とみなされることがあるため注意が必要です。

実際、実務経験が3年未満の場合、スキルや経験が十分に得られていない可能性も高いです。同じ業界に転職するにはハンデになるかもしれません。

 

書類選考が通りにくい可能性がある

 

短期離職をすると書類選考が通りにくくなり、転職成功率が下がってしまうリスクがあります。

というのも、企業の採用担当者から「採用してもすぐに退職してしまうのでは?」と思われるかです。

たとえ早期退職に正当な理由があったとしても、書類選考の時点で落とされてしまっては意味がありません。

書類選考が通りにくいのは、転職活動をスムーズに進める妨げになり得ます。

 

面接時に短期離職の理由を追及される場合がある

 

たとえ書類選考を通過できたとしても、面接で短期離職理由について尋ねられる可能性は非常に高いです。

企業側は、あなたに抱いている「この会社もすぐに辞めてしまうのだろうか。」といった不安を解決できないことには採用できないからです。

しかし、正当な退職理由がある人はチャンスでもあります。早期退職の理由を前向きに答え、印象アップにつなげましょう。

短期離職でも転職成功させるコツは後ほど詳しく解説します。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

短期離職でも諦めないで!転職活動を成功させるコツ5選

 

 

短期離職に悪いイメージも抱く可能性があると知ると、転職活動が不安になると思います。しかし、成功のコツが分かっていれば短期離職した人でも転職に成功することが可能です。

今回は、短期離職した人が転職に成功するコツを3つ紹介します。

 

①短期離職を考えた理由と向き合う

 

先述した通り、短期離職をした人が転職する際は、離職の理由を聞かれるケースが多いです。

この際きちんと質問に答えられるかどうかで、企業からの印象は大きく異なります。そのため、過去の自分を振り返って、会社を辞めようと思った理由と向き合うことが大切です。

振り返った退職理由は、志望動機として前向きに伝えられるようにしましょう

 

②キャリアプランと転職の軸を決める

 

短期離職をした人が転職を成功させるには、具体的なキャリアプランが必要です

転職の理由があなたのキャリアプランに必要な前向きな内容であれば、企業の採用担当者も気になりません。

むしろ、前向きな姿勢への評価に繋がる可能性が高いです。

先ほど説明した離職理由の自己分析を踏まえて、今後のキャリアプランは必ず明確にしましょう。

 

③転職で叶えたいことを明確にしてから求人に目を通す

 

「転職を考えているけど、何を基準に選べばいいかわからなくなってしまった。」と途方に暮れる人は結構多くいます。

特にスキルやキャリアがない状態で短期離職をしてしまった人は、過去の経験から次の仕事を見つけるのは難しいです。

そのため転職エージェントの求人に目を通す前に、今後転職を通して「叶えたい未来」や「なりたい自分」を明確にする必要があります

 

【あわせて読みたい】短期離職の職務経歴書で気をつけるポイントはこちらから⇓

 

④履歴書に短期離職の理由までは書かなくても良い

 

先ほど書類選考が通りにくい可能性について示唆しましたが、短期離職の理由がどんなものであれ、履歴書には書かなくても問題ありません。

ただし短期間であっても職歴は職歴です。

履歴書と職務経歴書にはすべての入退社を記載するという基本的なルールがありますので、転職回数の多さや短期離職への悪印象などへの懸念を理由に、職歴自体を伏せるべきではありません。

もしも内定後に伏せていた職歴が発覚した場合、内定取り消しになる可能性も考えられます。

理由は書かなくても、職歴はきちんとすべてを記載しましょう。

理由については面接での回答例をご紹介します。

 

⑤【回答例あり】転職面接で理由を聞かれた時の答え方

 

短期離職の理由として挙げられるものの多くが、人間関係、給与や待遇への不満、長時間労働や残業への不満に起因するものです。

転職面接で短期離職について尋ねられた場合の回答例をご紹介します。

回答のコツは、不満に終始しないこと転職後に貢献したいという姿勢を見せることです。

 

人間関係が理由の場合

「私は仕事をするうえでチームワークが大事だと思っています。前職では個人の成績を重んじる風潮があり、同僚間での情報共有が足りない印象を持っていました。顧客への影響を考え情報共有のツール導入を進言しましたが、上司も積極的ではありませんでした。御社では、社員同士のコミュニケーション活性化が顧客の利益につながるという理念をお持ちだと知り、深く共感したため志望しました。」

 

待遇への不満が理由の場合

「入社して2年、これまで会社から求められる売り上げ目標を達成して来ました。しかし年功序列の社風のため、実績と評価が伴っていないと感じております。挑戦し続けキャリアプランを叶えたいため、より個人の能力を評価してくれる企業ての転職を考えるようになりました。」

 

残業への不満が理由の場合

「勤続2年半ですが、入社1年目から週に3日は終電で帰宅している状況です。今年に入ってから会社で推奨されている資格取得の勉強を始めたものの、思うように勉強時間が確保できなかったことで予定より取得が遅れてしまいました。資格を取得したことで、業務に役立つセミナーなどへの参加も検討しており、スキルアップへもっと時間を使える環境へ身を置きたいと考えております。」

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

あなたの未来のキャリアを無料で診断!「ChatGPT キャリアパス診断」

 

 

自分が将来どうなりたいのか定まっていない、キャリアプランはあるが転職するべきか迷う、など、IT・Web・ゲーム業界で勤めている方が持つキャリアに関する悩みを解決する診断をご紹介します。

 

簡単な情報を入力するだけで、ChatGPTがキャリアパスを提示し、ギークリーが具体的なお悩みを個別に解決いたします!

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

「ChatGPT キャリアパス診断」は具体的な職種や必要なスキルまでわかる!

 

 

ギークリーの「ChatGPT キャリアパス診断」では、将来のキャリアやビジョンがイメージしやすくなります。

またキャリアの選択肢が広がり、本当に自分に合うキャリアや働き方を見つけることもできるでしょう。

キャリアアップのために取るべき行動が分かるため、市場価値を上げることにもつながります。

 

希望のキャリアに転職!診断利用から約1か月で転職成功した方の例

 

希望のキャリアに転職成功したAさんの例
  • ご年齢:30代前半
  • ご経歴:ネットワークエンジニア⇒システムエンジニア
  • 転職期間:1ヶ月ほどで転職成功

 

Aさんは元々介護業界に従事していましたが、IT化の遅れを実感しIT業界へ転職しました。

システム開発を希望して前職である企業に入社したものの、インフラ寄りの保守運用しか実施できず転職を希望されました。

 

入社後に思い描いていた業務とのギャップを感じてしまったAさんですが、キャリアパス診断によって自分が目指したいキャリアを確信し、診断から1ヶ月ほどでシステム開発エンジニアへ転職、年収は約60万円アップすることに成功しました。

 

【あわせて読みたい】転職でキャリアアップに成功した事例はこちら⇓

 

「ChatGPT キャリアパス診断」ご利用の流れ

 

「ChatGPT キャリアパス診断」は4つのステップで完結!

 

STEP1:以下のボタンからキャリアパス診断のページへ

 

STEP2:キャリアパス診断のページから氏名と連絡先を入力してスタート

 

STEP3:診断結果画面にてあなたのキャリアパスを確認

 

STEP4:キャリアアドバイザーがより詳細な疑問やお悩みを解決!

 

診断後にさらに具体的な悩みが出てきた場合は、市場動向や技術トレンドを網羅したIT専門のキャリアアドバイザーがあなたに合ったアドバイスをいたします。

たった3分ほどで診断できるので、ぜひ一度ご自身のキャリアパスを診断してみてください。

 

さっそくキャリアパス診断をしてみる

 

 

短期離職のメリット・デメリット

 

 

例えば労働環境をリセットし、改善するチャンスを得られることです。

短期間で離職を考えたからには、前職に不満や実現したくとも叶えられない何かがあったはずです。

短期で決断したからこそ、ストレスを長引かせずに新天地を探す力も残っていると言えるのではないでしょうか。

仮に第二新卒で転職を考えるのであれば、新卒と同じ待遇で研修を受けられるなどの利点もあります。

いずれにせよ、早い段階で自分に合った仕事を見つけられた方が時間も有意義ですし、より多くの経験値を積むことも可能なのです。

 

短期離職のメリット

 

自分の適性が分かる

短期間で離職を決断するメリットは、早い段階で自分に合った仕事を見つけられることでしょう。経験を積みスキルアップするために、スタートが早いほど、より時間も有意義です。

挑戦する前は興味があった業界でも、実際に働いてみて違和感を感じることもあるかもしれません。合わないと感じながら仕事を続けるより、新天地への切り替えが早ければストレスも長引かせず、余力を持って再挑戦できます。

 

新しい環境への適応力が身に付く

複数の業界や企業での経験によって培われた適応力は、強みとしてアピールできるスキルです。

どのような職種であっても周囲とスムーズに関係構築できるコミュニケーション能力は必須であり、また企業も自社に馴染める人材を求めています。

前職での慣習や立場にとらわれることなく、新しい環境に柔軟に対応したいという意思が伝われば、採用担当者の懸念も払しょくされるでしょう。

 

短期離職のデメリット

 

転職市場価値が下がる

円滑な転職活動には、自身の市場価値の把握が欠かせません。

しかし短期離職の経験によって、転職市場における価値が低く評価されるというデメリットが考えられます。

スキルや経験などのハード面では企業が求める人物像にマッチしていても、ソフト面である人柄などでマイナス評価として扱われてしまう可能性があるからです。

評価が下がると提示される条件も下がってしまうため、企業にとって不安に感じているポイントを探り、それを解決する要因を提示する必要があります。

 

新しい職場での関係性作りが必要

短期離職によってキャリアが中断すると、転職先での人間関係構築が困難になることがあります。

年齢とキャリアにギャップが生じることで、同年代や年下が自分より上の役職に就いていることも考えられるからです。このようなケースでは、転職先の社員にとっても気を遣うことになるかもしれません。

部署内での位置づけや自分の役割を的確に把握し、進んで周囲とコミュニケーションを取るなどの努力が必要です。

 

キャリアの構築が難しい

キャリアの中断は、その後のキャリア形成にも影響を及ぼします。

もともと描いていたキャリアプランからは外れることも覚悟する必要があるでしょう。

例え同じ業界内の転職であっても、実務経験を積んでからの転職であれば即戦力として評価されます。しかし短期離職では十分なスキルが身に付いているとみなされず、再度新人からスタートする可能性も懸念点です。

就職できたとしても、キャリアアップに繋がるような重要な仕事やマネジメントなどを任されるようになるまでの時間は、他の人よりも長くかかることになります。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

離職・退職に関するよくある質問

 

短期離職の職務経歴書はどう書けばいいの?

 

短期離職者に対し、企業がどのような印象を抱く可能性があるのかあらかじめ知っておく必要があるでしょう。

企業研究をしっかりと行い、具体的な内容で強みを伝え、企業に的確にアピールすることで採用担当者の懸念を払しょくすることも可能です。

在職期間に不安がある場合は、一度転職のプロへの相談もおすすめです。

 

【あわせて読みたい】短期離職で職務経歴書を書く際の注意点はこちらから⇓

 

転職活動はいつ始めるのが良い?

 

転職活動を始めるのは在職中がおすすめです。

理由は、ブランクがない状態で転職できることや、例え転職活動期間が想定以上に長引いたとしても収入源の心配がないことなどが挙げられます。

一方で人によってはデメリットを感じるケースもあるかもしれません。

企業にとっては、即戦力として評価しやすいのはやはり在職中に転職活動をしている求職者です。

 

【あわせて読みたい】転職活動を始める最適なタイミングはこちらから⇓

 

離職期間が長いと転職に不利?

 

一般的に3ヶ月を超えると「離職期間が長い」とみなされます。

離職期間が長いほど転職が難しくなる傾向にあるため、転職活動での面接対応には工夫が必要です。

どのように説明するか、しっかりと対策して面接に臨むことをおすすめします。

 

【あわせて読みたい】離職期間の長さをカバーするコツはこちらから⇓

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

短期離職を繰り返さないためにもキャリアの見直しを

 

 

キャリアプランもなく短期離職をしてしまうと、新しく就く事になった仕事も何かと理由をつけてまた短期離職してしまう可能性がります。

厚生労働省の「転職者実態調査」では、20代で6回以上転職している人は全体の2.6%で、およそ100人に2人の割合で存在しているとされています。

このことからも、「転職を繰り返してしまう人は少なからずいる」ということが分かります。

当然、転職や短期離職を繰り返すと今後の転職活動に影響するため、今後、短期離職を繰り返さない工夫が必要です。

短期離職を繰り返さないためには、キャリア支援を行うことができる転職エージェントなどに相談することをおすすめします。

 

IT・Web・ゲーム業界の転職に強い転職エージェントのGeekly(ギークリー)では、求人案件や企業の情報をご紹介するだけでなく、転職活動のサポートも行っております。

短期離職経験をお持ちで転職活動を始めたい方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事