カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 在籍期間が短く退職した場合、職務経歴や自己PRにどう書けばいい?書き方のポイントについてご紹介します。
  • NEW
  • 転職活動

在籍期間が短く退職した場合、職務経歴や自己PRにどう書けばいい?書き方のポイントについてご紹介します。

「今の会社は入社したばかり。だけど転職したい…」そのような悩みを持つ人もいると思います。在籍期間が短い場合は、「転職活動が難航する」と思い会社に留っている人もいるかもしれません。やむを得えず退職する場合は職務経歴や自己PRについてどう書けばよいのでしょうか。今回は、書き方のポイントについて徹底解説します!

在籍期間が短い場合、転職は不利になるのか?

 

 

短期離職に懸念を持つ企業もある

 

結論から言うと、在籍期間が短い人に懸念を持つ企業があることは事実です。企業の採用選考には、多額のコストがかかっています。業界・企業により分かれますが、「入社してもすぐに退職するのではないか」「キャリアプランが甘いのではないか」と、在籍期間が短い人に思う企業も少なくないでしょう。

在籍期間の短さの基準も業界・企業により異なります。3年の在籍期間を短いと感じる企業もあれば、1年未満で初めて短いと感じる企業も存在します。在職期間の短さよりも、転職回数は気にするという企業もあります。過去の勤務歴が長く、前職は早期退職したということであれば、「相性が良ければ長期在籍してくれる」と考えて、マイナスイメージを払拭できる可能性もあります。

 

企業・選考官との相性もある

 

在籍期間が短いと不利になる可能性を記事中で触れてきましたが、採用選考を進める企業・選考官との相性も影響されることも事実です。選考官自身が「短期離職」の経験がある場合は、退職理由次第では、事情を理解するかもしれません。

現在は、「終身雇用」よりも「成果主義」という考えを持つ企業もあります。早期退職した場合でも、結果を残しているという事実があれば、「当社へ入社しても結果残してくれる」と書類選考を通過させることもあるでしょう。企業・選考官との相性もありますが、入社への志望動機が前向きな理由であれば、在籍期間が短い場合でも不利にならないこともあります。企業・選考官との相性も大事になります。

 

「退職したい」と思ったら

 

在籍期間が短い場合で「退職したい」と思う理由が様々あると思います。入社後の業務が事前の説明と異なる、円滑な人間関係が築けないなど様々です。しかし、悩みながら仕事を続けて、体調を崩して、退職後の転職活動をすぐにできないということは避けたいところです。

退職したいと思ったら、会社外の「第3者」の立場の人などに相談するなど、1人で悩まないことが大切です。

 

在籍期間が短い人の転職対策 ①進め方について

 

 

転職の「プロ」と一緒に進める

 

記事中で、在籍期間が短い場合で転職するときは1人悩まないことが大切と触れました。

転職の「プロ」である転職エージェント・キャリアアドバイザーに相談することも選択肢です。これまで転職したい人を支援した経験があるはずなので、在籍期間が短い場合などの対策もできます。企業の採用選考担当者の「求める人物像」も把握しています。職務経歴自己PRなど、企業へ提出する書類の書き方ポイントもアドバイスできる上に、第3者を挟む形で転職活動を進めることができます。直接応募をするよりも心理的負担を軽減することにもつながります。

 

短期離職経験者の意見を聞く

 

転職の「プロ」である転職エージェント・キャリアアドバイザーへ相談が大切ということは触れました。同時に、短期離職を経験した人の意見も聞き、企業へ提出する書類を作成することもおススメです。転職の「プロ」の視点と、短期離職経験者の意見を掛け合わせて、転職用の書類を作成することで、面接選考に進めるチャンスが増える可能性もあります。

 

在籍期間が短い人の転職対策 ②職務経歴の書き方は?

 

 

転職活動においては「職務経歴書」を企業に提出して、採用選考を進めることが一般的です。

職務経歴書の書き方も編年体式、逆編年体式、キャリア式と大きく3つの書き方があります。

 

編年体式の職務経歴書とは?

 

編年体式の職務経歴書は、時系列に所属企業・部門・業務内容を示す、最も一般的な書き方です。特に、「社会人経験が第二新卒の人」「異動や転職の回数が少ない人」に向いている書き方です。

職務経歴書と一緒に履歴書の提出を求められることがありますが、採用担当者へキャリアを積んできた過程を伝えやすいという特徴があります。在籍期間が短い場合でも、基本的にはこの形式で作成しましょう。

 

逆編年体式の職務経歴書とは?

 

逆編年体式の職務経歴書は、編年体式の「逆」の書き方です。過去の職務経歴から記載する編年体式の反対です。直近の職務経歴から順に書くことになります。在籍期間が短い場合の転職活動では、直近の職務経歴は自らがPRできる箇所が少ないことも考えられます。逆編年体式の職務経歴書は、在籍期間の短い場合の転職では、魅力が十分に伝わらない可能性があります。

 

キャリア式の職務経歴書とは?

 

キャリア式の職務経歴書は、職務内容や分野ごとに職務経歴を書いていく書き方です。職務分野を軸にしてまとめます。どんな経験・スキルを積んできたか、得意分野は何かが伝わりやすい書き方です。一貫したキャリアを積んでいる場合や、転職回数の多い人で、在籍期間が短く退職した場合は、この形式で作成しましょう。

 

在籍期間が短い人の転職対策 ③自己PRの書き方は?

 

 

在籍期間が短い人の自己PRはどのように書けばよいのでしょうか?

早期離職になった場合でも、実績を出した業務がある場合は記載するようにしましょう。その上で、過去の業務経験について実績を残した部分を自己PRします。職種が変わらず一貫としたキャリアを積んできた場合、前職が早期離職となった場合でも、企業側が過去の実績を考慮して、書類選考の通過を検討する可能性があります。

また新入社員として入社した会社を退職する場合は、学生時代に営業やWebライターなどのアルバイトで、実務に近い経験を積んだ場合、記載することで、採用選考時にプラスに働くこともあります。正社員としての職歴ではなくても、キャリアアドバイザーや転職エージェントに相談しながら、自己PR内容について相談することが大切です。

 

ネット上の職務経歴書マニュアルは見本になる?

 

 

現在、ネット上には職務経歴書のマニュアルについて、多数のひな型が存在しています。このマニュアルに従って職務経歴を書く人もいると思います。職務経歴をひな型に従って記載することは問題ないです。

しかし、内容についてはキャリアアドバイザーや転職エージェントに相談しながら記載することをおススメします。見本の文章をまねて、職務経歴や自己PRを作成することは、企業へ入社熱意が伝わりづらく、他の候補者と差別化できません。

転職活動は他の候補者との競争でもあります。熱意が伝わらない場合は、書類選考で落とされることも考えられます。職務経歴や自己PRの作成については、第3者に相談しながら、客観的意見を大切に、記載するようにしましょう。

 

試用期間中に退職した場合も記載する必要はある?

 

 

結論からいうと、試用期間中の在籍期間について記載しない事は法的には問題ありません。

しかし、短い職歴であっても記載することが大切です。理由は「企業・採用選考側に不信感を与えないため」です。

在籍期間の短い経歴を記載せず、書類選考が通過したとします。しかし、記載のない空白期間に「何があったのか。何をしていたのか」と質問される可能性があります。仮に空白期間について記載せず、内定承諾しても、入社時の手続きで正しい職歴を企業に把握されます。雇用保険の加入履歴が残っているからです。先方に不信感を抱かせ、入社前にトラブル発生の原因にもつながります。

企業のなかには、在籍期間の未記載部分を経歴詐称と見直して、内定を取り消すリスクもあります。たとえ在籍期間が短く、試用期間中に退職した場合でも職務経歴については記載するようにしましょう。

 

まとめ

 

仕事をするということは会社で1日の大半を過ごすことになります。しかし、転職した会社での業務内容が異なる、人間関係が円滑にいかないなど、早期に転職活動、退職を検討する状況が発生することもあります。

在籍期間が短いことが、企業側に「在籍期間が短い」と懸念される事は事実です。しかし、企業・選考官との相性次第では、書類選考を突破して、面接に進める可能性もあります。

しかし、職務経歴や自己PRの作成に関しては、1人で進めるのではなく、キャリアアドバイザー・転職エージェントに相談をしながら、短期離職を経験した人の意見を聞き、転職活動を進めることがベストです。ネット上の情報だけでなく、職務経歴や自己PRの書き方も相談しながら進めることが大切です。

また、在籍期間が試用期間中のみである場合も記載することで、企業側に不信感を抱かせません。しっかり記載するようにしましょう。

在籍期間が短く、退職したとします。その場合は、「次の仕事が見つからないのでは?」という不安を持つ人もいるかもしれません。しかし1人で悩まないようにしましょう。相談は「転職活動のプロに任せること」が一番です。ぜひ転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

MIKIRURI

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。