カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. ポータルサイトのメリットを解説!特徴や活用目的は?ユーザーにとってのメリットを転職エージェントが紹介
  • 転職準備

ポータルサイトのメリットを解説!特徴や活用目的は?ユーザーにとってのメリットを転職エージェントが紹介

転職を考える理由はもっと自分の力を試したいとか今までとは違う職種にチャレンジしたいとか様々です。初めての転職活動はとても勇気がいるでしょう。今回は初めての転職活動が失敗しないようポータルサイトを活用するメリットをその特徴や目的と共にお伝えします。

ポータルサイト

ポータルサイトを活用するメリット

 

ポータルサイトがおすすめの理由

 

ポータルサイト

 

ポータルサイトはインターネットから情報を得るための玄関口になっています。

すぐに思いつく大手のポータルサイトは「Yahoo! Japan」や「Google 」でしょう。

こちらは総合型ポータルサイトと呼ばれるもので、多くのコンテンツを含みいろんな情報がつめこまれています。

しかし転職活動に利用するポータルサイトは総合型ではなく専門型ポータルサイトと呼ばれるものです。

転職に関する情報や有益なコンテンツ、求人情報が含まれています。

転職に特化している分余計な情報が入ってこないので、自分に必要な情報だけを効率よく吸収できるのです。

様々な情報が錯綜する現代社会だからこそ、的確な情報の取捨選択は大事になるでしょう。

 

通常の転職サイト等には載っていない情報がある

 

情報

 

転職ポータルサイトを活用するメリットは具体的に以下の要素が挙げられます。

 

目的別に検索することができる

 

一言で転職といっても、その目的は転職者によって千差万別あるでしょう。

目的別というのは女性か男性か、あるいはどの職種に希望するかで立場が違うと探す求人も異なります。

そんな時に目的別の求人転職ポータルサイトがあれば、自分が求めている条件にピッタリな情報を得られるのです。

 

特化した情報がすぐにわかる

 

例えばIT業界への転職志望ならIT系の企業を集めたポータルサイト、マスコミ系ならマスコミ業界用のポータルサイトがあります。

女性であれば美容業界や家事代行など女性に特化したポータルサイトもあるでしょう。

それぞれに特化した求人を検索することで元々企業側が求めている人材をイメージして掲載するサイトを選ぶことができるのです。

その特化した求人情報を見ることで、新しい企業の発見があり専門的な情報が得られるでしょう。

 

地域に根付いた求人がある

 

地域に特化した転職ポータルサイトであれば近所の求人を中心に探すことができます。

家から近く通勤時間を短縮したい方にはぴったりの求人を探すことができるのです。

また、そういうサイトは非公開の求人など表には出回っていない情報を得られることもあります。

 

こうした数々の有力な情報源があるのがポータルサイトなので、是非有効活用してください。

 

ユーザーに必要な情報やコンテンツが掲載されているサイト

 

情報サイト

 

自分が転職したい職種が決まっているなら、ぜひ目的別で掲載されているポータルサイトをおすすめします。

幅広いジャンルの求人情報で探してもよいですが、やはり希望するジャンルに特化したポータルサイトの方が効率がいいでしょう。

求人内容も検索できますし、希望職種に転職するために有益なコンテンツや情報が掲載されていることが多いのが特徴です。

そういうサイトを積極的に活用していくことで、本当に自分の転職に必要な情報だけを収集することが出来ます。

 

転職する企業のサイトを見る時の注意点

 

ピックアップした企業の自社サイトを見ること

 

情報

 

ポータルサイトの求人情報で、いくつか企業をピックアップしたらGoogle検索してそのサイトをチェックしてみましょう。

採用情報が自分が求人情報で見た条件と同じものか、或いは同じ企業でも違う部署の募集が行われていることもあります。

本当に自分がどんな職種につきたいのか、その企業に転職したいだけなのかイメージしながらサイトをチェックしてください。

とにかく大事なのはその企業のホームページを調べる目的やイメージをしっかり持つことです。

ここがきちんとしていないと、企業の下調べもただの徒労に終わりかねないので注意して下調べを行いましょう。

 

社内の雰囲気、人間性をチェックする

 

社内

 

自社サイトを見てる時に「採用ページ」のコンテンツをチェックしてみましょう。

採用ページには実際働いている人の生の声が掲載されていたり、求人情報では得られなかった仕事の流れを垣間見ることもできます。

また社内の雰囲気や人間関係がわかりますので、実際に転職してからのイメージがつきやすいでしょう。

業界や職種によっては資格や経験が必要なことがありますが、未経験で転職し仕事しながら資格取得するケースもあります。

そんな情報はポータルサイトや求人情報からは得られませんので、ぜひ自社サイトを確認してください。

企業のホームページ以上に有益な情報は得られません。

 

近年の情報がきちんと掲載されているかを調べる

 

また企業沿革や近年の成長率がきちんと掲載されているかどうか入念な下調べを行ってください。

もし従業員数が減っていたり業績が悪化したりしている企業であれば転職活動を控えましょう。

或いはそのような都合の悪い実績を隠している会社も避けたほうが懸命です。

 

福利厚生や社内イベントなどを調べる

 

イベント

 

福利厚生が充実している会社には社内イベントや誕生日制度など独自の福利厚生がある企業もあります。

転職の際に大事なのは仕事内容ですが、その仕事内容に対するバックアップができているかは大切です。

情報をしっかり調べて居心地がよく定着できる企業なのか、実績が認められるか自社サイトでわかる範囲で調べてみましょう。

そういう細かい情報の積み重ねこそが転職面接において大きな力を発揮するのです。

 

無料転職相談に登録して憧れの企業に転職しよう

 

Googleなどの検索エンジンで求人検索するデメリット

 

検索エンジンを利用するユーザーが大量にいる

 

ユーザー

 

昔と異なり、初めて就職した企業に終身雇用形態で就職する方は少ないのではないでしょうか。

キャリアアップのためや家族の事情など、理由は様々ですが現代社会で転職しない人のほうが少ないでしょう。

転職活動の1歩として検索サイトで「転職 都道府県」や「転職 IT企業 未経験」などで検索している方も多いはずです。

その検索の方法で求人を探しても、かなり多くの情報に埋もれてしまい本当に必要な情報にたどり着けないこともあります。

希望する業種や職種、業界を細かく検討し、転職ポータルサイトで探すことをおすすめします。

 

情報の信憑性が下がる

 

2つ目に大手のポータルサイトでは情報の信憑性が下がる可能性があるのです。

誰しもがお手軽に調べられることは逆にいえば長期目線で役に立たない情報の可能性があります。

転職者が欲しがる求人情報はそういうサイトには載っていないことが多いでしょう。

そういう意味でも専門的なポータルサイトを活用する方が成功確率が上がるのです。

 

ポータルサイトの求人情報を利用するユーザーの特徴

 

調べ方に具体性がある

 

調べる

 

検索サイトで求人検索するユーザーは「なんとなく転職してみよう」という漠然とした思いの方が多いです。

一方これから本気で転職しようという人は具体的にどんな職種なのかを徹底的に絞って調べます。

条件や業界はなど自分が転職した時のことまで具体的に考えて検索しているのです。

転職のポータルサイトは沢山ありますので、自分が希望する職種や業界のポータルサイトから検索を行いましょう。

また、転職する時に必要な資格や業界の動向やニュースが掲載されていることもあります。

ぜひ面接に有利になる情報は仕入れてから面接に挑みましょう。

 

ポータルサイトだけに頼らない

 

社内

 

また、そういう人は決してポータルサイトの情報だけに頼らず、自分から積極的な研究を行います。

例えばその希望する会社に足を運んだり、場合によっては社内見学を行ったりする方もいるのです。

実際にどういう社員の方がどういう雰囲気で働いているのかを目にすることでイメージしやすくするのです。

そうすることで転職への成功率を高めることが出来ます。

 

ポータルサイトの有益な情報やサービスを活用しよう

 

ポータルサイト

 

求人検索するだけでなく、転職ポータルサイトにはお得な情報がたくさん掲載されています。

履歴書や職務経歴書の書き方、業界の新着ニュース、希望している業界へ転職する為の情報もあるのです。

女性がターゲットの転職ポータルサイトであれば「ママ・主婦活躍」や美容業界に特化した情報が得られます。

特に初めての転職活動をする方なら、履歴書や職務経歴書はしっかり参考にして書き込むことが重要です。

転職ポータルサイトであれば、ひな形がダウンロードできることも多いのでぜひ活用しましょう。

また、自分が知らなかった職種や業種に出会い、視野を広げることで転職活動にも幅が広がります。

この機会にいろんなことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、同じような業界・職種で大体の給与の相場がわかるので、経済事情などにも強いのです。

多くの企業の求人情報を確認して、平均給与を頭に入れながら転職活動をしていきましょう。

 

企業の自社サイトのSEO対策や集客効果も調べよう

 

SEO

 

実際にGoogleで気になる企業のサイトを検索してみて、どのあたりに出てくるかをチェックしましょう。

広告などのすぐ下や1番上に出てきたならまず安心で、そうでなくとも1ページ目にあるなら問題ありません。

もしトップページにも出てこないようであれば以下の可能性が挙げられます。

 

SEO対策ができていない

・企業の窓口である自社サイトにお金をかけていない

サイトの情報発信に力を入れていない

 

これから求人をかけて人材を確保しようという企業がトップページにない場合は、こうした理由があるかもしれません。

 

掲載されている情報はくまなくチェックしよう

 

調べる

 

いくつか転職したいという企業が見つかったら、徹底的に情報収集を行ってください。

ぜひ面接までポータルサイトを活用して十分な情報を仕入れてから面接に行きましょう。

また、Yahoo!ロコなどで面接する企業の周りを調べてみるとランチ情報などが出てきます。

いざ面接に受かり転職したらこのお店で食事したいなど転職後の姿をイメージしてから面接に行きましょう。

良いセルフイメージを定着させ、もう面接がうまく行きその企業で生き生きと働く自分を想像してください。

自己肯定感をそのようにして高めていくことで転職成功率は高くなるでしょう。

 

まとめ

 

調べる

 

いかがでしたか?

今回の記事では転職のポータルサイトを活用するメリットを様々な角度から論じてきました。

昔と違いネットの普及によって様々な転職サイトが出来て、転職活動の幅も広がっています。

単独で行う転職活動においてポータルサイトは転職者にとって大きな力となるでしょう。

決して1人で戦わず、借りられる力は積極的に活用して素敵な転職活動にしてください。

 

無料転職相談に登録して理想のキャリアを実現しよう

Geekly Media
ライター

ポータルサイト

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook