カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 仕事を辞めたい,,,,。その理由と対処法についてご紹介します。
  • 転職準備

仕事を辞めたい,,,,。その理由と対処法についてご紹介します。

「仕事が辛い…辞めたい…」そんなことを考えながら、毎日仕事をがんばってる方は多いのではないでしょうか?働いていたら仕事を辞めたいと感じる瞬間は、誰もが経験するでしょう。あなたが仕事を辞めたくなる理由は何ですか?仕事を辞めたいと感じたとき、あなたはどんな行動を取りますか?今回は仕事を辞めたいと考える理由と、その対処法について探ります。

2020年11月29日

  • twitter
  • facebook

仕事を辞めたいと考える理由とは?

 

youtuber, blogger, screenwriter

 

上司に怒られたとき、残業をしているとき、給料明細を見たとき、フとした瞬間に仕事を辞めたいと感じることがあります。仕事を辞めたくなる根本には、どんな理由があるのでしょうか。あなたが仕事を辞めたい理由は、どれに当てはまりまるか確認してみましょう。

 

職場の人間関係に悩んでいる

 

「上司と反りが合わない」「同僚に冷たい態度を取られる」など、人間関係に悩んで仕事を辞めたいと考えるかもしれません。

職場の人間関係は業務の進行にも影響を及ぼします。

上司や同僚と気兼ねなく話し、協力し合うことで業務は成り立っていくため、仕事をする上で人間関係は1番重要事項と言えるでしょう。

 

給料が低い

 

給料が低いと将来の不安が拭えませんよね。

給料が年齢やスキルに見合っていないと感じている方は多いのではないでしょうか。がんばっても微々たる額の昇給だったり、ボーナスがもらえないということに悩まれている方も多くいます。

 

仕事がハード

 

残業続きで毎日の帰宅時間が深夜に及んだり、ろくに休みがなかったりというように、仕事がハードなことに限界を感じることがあるでしょう。

しっかり休めず、疲れが取れないまま仕事をしていると、体調を崩すリスクもあります。

 

仕事の内容に不満がある

 

「お金を稼ぐために仕事をしている」と割り切って働くことができれば問題ありませんが、仕事の内容に不満を持っている場合は、やりがいが見つけられず辞めたくなります。

人生の中の多くの時間を仕事に費やすため、不満に思う仕事より、満足度の高い仕事を求めるのは当然と言えるでしょう。

 

社風が合わない

 

「昔ながらの古い考えの社風」「風通しのいい社風」というように、会社の性格を表すのが社風です。入社してみないと社風は分からず、働いているうちに社風が合わないと感じて、仕事を辞めたくなるケースがあります。

 

評価されない

 

しっかり業務に取り組んで結果を出しているのに、会社から正当な評価を受けられなかったら、仕事に対するモチベーションが下がります。昇給やキャリアップのような評価がされないことで、仕事を辞めたくなります。

 

仕事を辞めたいときの対処法

 

writing, writer, notes

 

仕事を辞めたいと感じたとき、まずは「冷静な判断が得られる状態になること」が大切です。

毎日の仕事に疲れた頭で、1人で思いを巡らせることはおすすめできません。

どのように対処していけばいいか紹介します。

 

辞めたい理由を深掘りしてみる

 

自身がなぜ仕事を辞めたいと考えているのか、ノートなどに書き出してみましょう。「ノルマが辛い」「飲み会が多い」「お客さんとうまく話せない」というように書き出していると気持ちの分析や整理ができます。

辞めたいと考えた理由が明確になれば、それは現職で解決できることなのか、転職をするべきなのかというように、具体的な策も自ずと見えてくるでしょう。

 

周りに相談してみる

 

周りに相談することで客観的な意見を得ることができます。会社の同僚や上司、または会社以外でも友人、家族など、適切と感じる人に相談をしてみましょう。

頭の中でぐるぐると考えているより、自分の気持ちを声に出すだけでも大きなストレス解消になります。複数の人の意見を参考にすると、より良い解決策につながるかもしれません。

 

仕事を休んでみる

 

思い切って仕事を休んでみましょう。有給休暇をとって1日布団の中で過ごしてみたり、旅行に出かけてみるのもいいですね。仕事から離れることで心と体がリフレッシュされ、冷静に仕事を辞めたい気持ちに向き合うことができるようになるでしょう。

有給休暇の短期間での解決が難しい場合、休職をするという手段もあります。辞める決断をする前に、上司に休職の相談をすることも1つの方法です。

 

転職活動を始める

 

転職活動を始めると他の会社の内情が見えるようになるため、「勤めている会社だけ」という世界から視野を広がります。他社と自社を比べて、仕事を辞める決意を固くするかもしれませんが、自社の良さを再度認識する可能性もあります。

他社という存在を研究する手段としても、気軽に求職情報を調べてみるのは有効です。

 

転職するべきか分からない…。そんな相談にも乗ります!

 

本当に辞める?辞めた後のリスク

 

purse, wallet, money

 

仕事をやめた後に待ち受けるリスクを確認しよう

 

転職先が決まっている場合は大きな心配はありませんが、転職先が決まらないまま辞める場合は、下記のようなリスクがあることを想定しましょう。

 

【金銭面のリスク】

仕事をしていない間、当たり前ですが新たに給料は発生しないので、十分な貯蓄が必要です。雇用保険に12ヶ月以上加入している場合は失業手当がもらえますが、退職理由が自己都合の場合は3ヶ月の待機期間があります。

 

【納税、年金、社会保障の切り替え手続き】

会社が給料から納めてくれていた住民税などの税金や、年金、社会保障を、すべて自分で納めなければいけません。そのための切り替え手続きを行い、多額の納付が必要となります。

 

【転職先が100%満足できるとは限らない】

転職先が今の会社より良くて、100%満足できる会社とは限りません。働き始めれば必ず、理想と現実が違うという場面があります。仕事を辞めて転職をすることが解決とは限らないと考えましょう。

 

「仕事を辞めたい」と考えることは簡単にできますが、実際に仕事を辞めるとさまざまなリスクがあります。衝動に身を任せて仕事を辞める前に、1年後、3年後、5年後のキャリアプランを考えて、冷静に今の仕事を辞めるべきか考えるようにしましょう。

 

仕事を辞めるときの手順

 

office, business, colleagues

 

退職までの流れを確認しよう

 

仕事を辞めるためには多くの手順を踏まなければいけません。退職までにどのような流れで進むのか確認をしましょう。

 

①退職日の決定

退職したいことを上司に相談し、後任者の決定や引き継ぎ期間を考慮した上で、退職日を決めます。

 

②退職願を提出

退職することを正式に会社へ意思表明します。会社によっては上司への相談をもって、退職願を省略する場合もあります。

 

③引き継ぎ作業

後任者が決まれば、自身の業務を引き継ぎします。引き継ぎのための必要な資料作りなども行います。

 

④有給消化

有給が残っている場合、最終出勤後は有給消化期間が発生します。この間はまだ会社に籍があることを忘れずに行動をしましょう。

 

⑤離職

有給消化の後に正式に離職日を迎え、会社から除籍されます。失業手当の申請に必要な離職票は、離職日から12週間後に届きます。

 

仕事を辞めることは自分一人の問題ではなく、会社の多くの人を巻き込みます。自分が会社を離れた後も会社は続いていくということを考えて、責任を持って引き継ぎができる体制を整えておきましょう。

 

辞めたいと思う気持ちにもう一度向き合ってみて

 

thinking, man, think

 

退職へと即行動をする前に冷静になることが大切

 

仕事を辞めたいという考えは誰もが持っています。辞めたいと思って退職へ向けて即行動を取る前に、必ず一度冷静になりましょう。本当に今、あなたはその仕事を辞めても大丈夫ですか?後悔はしませんか?一時の感情に流されていませんか?

「仕事をしている」という状態は、安定した収入があり、仕事のキャリアを積んでいるという大きなメリットがあります。収入があることで安心して日々の生活を送り、キャリアを積んで将来のステップアップを図ることができるのです。

自身にとって「仕事を続けるメリット」「仕事を辞めるメリット」のどちらが大きいのか、冷静になって考えることが大切です。

 

今転職するべきなのか相談をする

 

本当に辛いなら仕事は辞めても大丈夫

 

「仕事を辞めると周りが何というか」「逃げてると思われるかも」と心配で、辛い仕事を辞められずにいる方もいます。仕事を辞めることは逃げでも罪でもありません。本当に仕事が辛い、辞めたいと思っているのに我慢をしている状態なら、思い切って仕事を辞めることを考えてください。

あなたにしっかりキャリアがあるなら転職できます。正式な手順で退職をすれば、会社に迷惑をかからず円満退職となります。我慢をしてストレスで心が壊れる前に、仕事を辞めるための行動へ移りましょう。

 

まとめ

 

 

誰もが仕事を辞めたいと考えることはありますが、その先の解決策まで考えている方は多くないでしょう。日々の仕事に忙殺されながら、ぼんやりと「仕事を辞めたい」と考えているだけでは、きっと何も解決はしません。

仕事を辞めたいと考えるということは、根本に必ず何か理由があって、最適な対処方法から解決策までがあるはずです。1日の大半が費やされる仕事なので、毎日快適に過ごしたいものです。少しでも仕事を辞めたいと思うなら、ぜひ対処法を試してみてくださいね。

 

【簡単1分!】相談をする
michika

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。