カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. グループ会社とは?子会社や関連会社の違いから働くメリットデメリットについて紹介します。
  • 転職準備

グループ会社とは?子会社や関連会社の違いから働くメリットデメリットについて紹介します。

今回はグループ会社とは何かから始まり、子会社や関連会社との違いや関係性にも着目していきます。ここで分かってくるグループ会社と子会社と関連会社で、働いた時にどのようなメリット・デメリットがあるのかをこの記事で紹介していきます。少し難しい子もしれませんが、何度も読み返して理解できるようになれば今後仕事をする上で役に立つ知識になるはずです。

イメージ画像-仕事できそうな人々

グループ会社とは?

 

 

グループ会社とは

 

「子会社」「関連会社」といった言葉を聞いたことがあると思います。

グループ会社とは親会社と関係性がある企業全てを総称してグループ会社と呼びます。大手企業で例えると「Googleのグループ会社」や「Microsoftの系列企業」といった感じで、呼ぶことができます

グループ会社は定義とされる法律上の規定がありません。つまり、しっかりと決められた呼び方ではないため、一般的に使われる言葉ですが、会社により意味合いが若干ことなります。

 

グループ会社と子会社と関連会社の違いは?

 

はじめにグループ会社、子会社、関連会社について簡単に分けて考えます。3つの区分基準としては下記のような内容に該当するとそれぞれ呼び方が変わってくるので気おつけましょう!

 

・【グループ会社】関係性がある会社をひとまとめにした総称

・【子会社】50%以上の株式を保有

・【関連会社】20%以上~50%未満株式を保有

 

つまり、この項目を見る限り、株式の保有率がある一定の基準を上回ることで読み名が変わります。グループ会社についてはある一定のというより違った観点から区別されていることが分かるはずです。さらに細かく見ると下記のように分けることができます。

 

グループ会社

 

法律では定められた基準が決まっているわけではありません。一般的に呼ばれる組織全体の総称として使いわけられています。また、よく使われるのはグループ会社ですが、こちらの意味と良く似ているとされる関係会社というものも存在します。

関係会社とは、その名の通り、関係のある会社を意味しています。この関係性で読んでいるのはグループ会社と似た意味合になります。

 

子会社と関連会社

 

上記で説明した通り、パーセンテージを基準にして名前が変わります。他に呼び方があり、この2つの条件に当てはまらない例外も出てきます。その例外の一例として下記のような名前も呼ばれることがあります。

 

 

完全子会社

 

子会社の中を議決権が持つ会社がありますが、その率が100%になると完全子会社と言われています。ほかにも非連結子会社というのもあり、その名前の通り、重要性の高い要件から連結して対応していく会社から外されていることを指す意味合いになります。

 

 

グループ会社で働くメリット・デメリット

 

 

メリット

 

グループ会社に所属していることで、大手会社の「ネームバリュー」を活用出来る事がメリットになります。実際にこのメリットを活用する事で、場合によっては良い商談や仕事を優先してもらえるといったこともあります。

それだけではなく他社よりも他の会社との連携がスムーズに行くなど、優位性が高い状態からの仕事ができるため、とても働きやすい環境だと言えます。

また、仕事をする上で商談相手先の過度な接待サービスなしだとしても、十分安定して仕事を出来る事が大きなメリットでしょう

このような仕事に直接関わらない営業サービスに近い接待業務を減らせることで、仕事により集中でき、仕事の時間も増やせます。結果的にサービス向上に繋がるのです

このようにグループ会社での働く際は、スタートを切る前から有利にビジネスを行える環境が最初から整っています。そういった観点から見るととても働きやすい環境下だと言えます。

デメリット

 

大きな失敗をしてしまうと、会社全体のイメージダウンといった影響が大きくなるため、その反動で仕事が激減するといったデメリットも勿論考えられます。

とわいえ、ビジネスを軌道に乗らせた実績がある会社名だけに、立て直しの戦略も上手く対応出来るため、安心して働くことができます。また、立て直しに特化した優秀な人材を雇うことだって可能なのです

知名度や資金力があるため、大抵のトラブルにはなれているのが、グループ会社の特徴でもあります。このような会社には事前に立て直しが出来る人材を用意している場合が多いので、このようなリスクを抑えることができます。

 

子会社で働くメリットデメリット

 

 

メリット

 

子会社は大手との接点を持って経営を上手く行っていく必要があります。そのため、子会社にしかできない企画や戦略を練り、試していける即効性のメリットがあります。

このメリットは大手のグループ会社にはできない戦術であり、このような素早い対応をするにも主体となる判断を待たなくてはなりません。

自分で物事を考えて戦略を立てていく仕事を率先したい。自分で考えて行動していくことこそ仕事だと考える人にとってはとても働きやすい環境の会社です。

 

デメリット

ですが、安定して働きたい人にとっては、いつ会社が経営難に陥り、契約解除の可能性も十分考えられます。このような経営をしていく上で常につきまとうリスクですが、大手よりも子会社のほうが可能性があります。こういった不安定感はデメリットと言えるでしょう。

そのデメリットを軽減するためには実績をしっかり作り、継続的に利益を出せる優秀さをアピールすることで、契約解除といった状況を回避できます。

また、子会社には完全子会社というものもあります。その条件が下記になります。

子会社:株式保有率50%

完全子会社:株式保有率100%

このように条件が満たされれば「完全」か「そうでない」に分けて言い方も変わってきます。

ですが、大抵の場合は上記の条件で区別されるが、例外もあります。その例外とは、実質問題です。

 

実質、株式保有率や議決権保有率が50%未満であっても実質的に50%を上回っていると判断(株式保有率50%未満だが、実質は50%以上)とされる場合は子会社になります。

 

関連会社で働くメリットデメリット

 

 

メリット

 

関連会社とは、主な会社に何らか(ビジネス)においての関係性がある会社のことを言います。

この会社で働くメリットは、仕事を外注依頼した場合に必要な出費として、勿論全額支払うことになりますよね。ですが、関連会社に依頼することで支払った一部の金額が、持っている株の保有率に応じて返ってきます。他にも関連性が高い会社ということで、他社よりも有利に仕事が進めやすくもなります。

 

デメリット

 

その1つのビジネスパートナーだけに仕事を依存してしまうと、他の会社にアピールする営業力が養わけなくなります。このような力は経営難になった時に必要不可欠な営業力ですが、ビジネスパートナー1パートナーだけだとそういったリスクを抱えてしまうのです。

1パートナーでの継続運営の場合には、「営業しやすい」「初めから考慮される会社」でしか「仕事が取れない」「依頼できない」といったリスクも考えられるのです。

ですが、多くの場合は複数の仕事をかけもちして、リスクヘッジを行いながら仕事(ビジネス)していくことが経営の基本とされています。

つまり、ビジネスは生き残り戦略を取る方が効率よく生き残っていけます。有利だからといって1つの仕事に依存せず、複数の仕事を同時に回していくスタイルを取り入れることで、デメリットは解消される事が好ましい経営と言えるでしょう。

 

最後に

 

 

今回ご紹介したようにグループ会社には、メリットもあればデメリットもあります。転職をする際に〇〇社のグループ会社といった話を聞くかもしれません。その際には、今回の記事を参考に、その会社のメリットやデメリットを考えていただけますと幸いです。

Geekly Media
ライター

イメージ画像-仕事できそうな人々

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。