1. HOME
  2. Geekly Media
  3. セールスエンジニア転職の志望動機の書き方を解説!伝え方のポイントは?例文を転職エージェントが紹介!
ペン

セールスエンジニア転職の志望動機の書き方を解説!伝え方のポイントは?例文を転職エージェントが紹介!

セールスエンジニアとはどのような仕事でしょうか。本項ではセールスエンジニアの仕事内容について解説していき、セールスエンジニアになるための方法を紹介します。セールスエンジニアは高度なスキルが求められる一方で、転職市場において需要の高い存在です。セールスエンジニアの仕事について理解し、転職活動の成功に繋げましょう。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

セールスエンジニアの転職

 

 

セールスエンジニアとはどういう職業でしょうか。

セールスエンジニアの基本的な説明から、セールスエンジニアの転職事情について見ていきましょう。

 

セールスエンジニアとは

 

セールスエンジニアとは、営業職と技術職の側面をもつ職種です。

営業(セールス)と技術者(エンジニア)を行うことから、セールスエンジニアと呼ばれています。

営業と技術者のスキルをあわせもつため、広範な専門知識を必要とします。

多くの知識に習熟する必要があるセールスエンジニアは難易度の高い仕事だといえるでしょう。

 

セールスエンジニアの転職

 

セールスエンジニアは業界にとって希少な存在であり、多くの求人があります。

高いスキルを求められる一方で、報酬が高いという点が魅力です。

高度なIT人材である故に転職市場においても高い価値があります。

 

 

セールスエンジニアになるには

 

打合せ

 

セールスエンジニアになるにはどうすればいいでしょうか。未経験からセールスエンジニアになるのは難しく、一定の経験が必要になるでしょう。

セールスエンジニアに必要な知識や経験を紹介していきます。

 

セールスエンジニアは広範な知識が必要

 

セールスエンジニアには多様で広範な知識と経験が必要になります。

営業経験者と技術経験者がそれぞれ持った経験を次のステップに活かせるでしょう。営業と技術、それぞれのバックグラウンドを持った人材が重宝されます。

セールスエンジニアになるには基礎として得意分野が必要になるのです。

 

営業職からセールスエンジニアへ

 

営業職(セールス)の強みは、クライアントと密にコミュニケーションをとれることです。

クライアントの要望をヒアリングする能力に長けているため、的確な営業戦略を立てられます。

一方で、技術的な知識や経験はエンジニアに比べると足りなくなってしまいます。技術に専門的に関わる機会が少ないため、どうしても経験の差が出てしまうのです。

営業職からセールスエンジニアになるためには、エンジニア分野の知識を習得する必要があります。

情報にアンテナを張ることで、知識量の不足を補うことができるでしょう。

 

技術職からセールスエンジニアへ

 

技術職からセールスエンジニアになるには、営業スキルや経験が足りないことが課題です。

エンジニア分野は問題なくこなせたとしても、クライアントとの折衝となると一筋縄ではいきません。

それでも、エンジニアの経験は間違いなく営業活動にも活かせるでしょう。

営業経験の不足は営業を経験していくことで補うことができます。はじめのうちは手探りでも、次第に優秀なセールスエンジニアになれるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

志望動機の書き方

 

面接でシートに記入する面接官

 

セールスエンジニアの志望動機はどのようにアピールすればいいでしょうか。

志望動機は転職活動において重要なものです。面接担当者が採用したいと思うような志望動機をアピールしましょう。

 

セールスエンジニアの志望動機

 

セールスエンジニアの志望動機には、何故セールスエンジニアを目指すのかを明確にする必要があります。

例えばエンジニアとしての経験を活かしたいのであれば、ご自身の経験を強調しましょう。

セールスエンジニアは営業とエンジニアと両方の役割をこなします。両方をこなすという強い意志がなければ務まらないでしょう。

転職面接においても強い意志をアピールする必要があります。

 

オリジナリティが重要

 

志望動機には何故その会社を志望するのかという強い意志が必要です。

他の会社でも通用するような志望動機だと、入社する意志が低いのではないかと見られてしまいます。

入社する企業のことを調べ上げて、どのような点に魅力を感じるのかを整理しましょう。

 

 

志望動機の伝え方のポイント

 

 

志望動機はどのように伝えればいいでしょうか。

伝え方のポイントを明確にして、相手の印象に残るようなアピールをしましょう。印象に残るような志望動機をアピールし、転職成功に繋げていきましょう。

 

アピールポイントを明確にする

 

志望動機にはご自身のアピールポイントを明確にする必要があります。

企業に「採用したい」と思わせることが重要です。採用するとどんなメリットがあるかを連想させるのです。

「給与が良いから」という動機では、企業にとってメリットを感じません。

「スキルや経験を活かしながら、事業に貢献する」といった内容の理由がいいでしょう。

 

一貫性を持つ

 

志望動機の伝え方には一貫性を持つべきです。

複数のポイントをアピールすると、かえってポイントが分散してしまい印象が薄くなってしまいます。

アピールしたいポイントを1点に絞ったうえでアピールしていきましょう。

 

具体的なエピソードを交える

 

志望動機には具体的なエピソードを交えると説得力が増します。

その会社を志望するにあたって、ご自身の経験を活かせるエピソードを用意しましょう。

具体的なエピソードを話すことによって、入社後にどのように働けるかを連想させるのです。

経験を話すことによって実務経験をアピールすることにも繋がるでしょう。

 

実績や経験をアピール

 

転職面接では即戦力人材が求められます。

「リーダーを務めたことがある」等の実績や経験があると、アピールポイントになります。中途採用では、入社後すぐに企業を引っ張っていけるような人材が好まれます。

実績やスキルをすぐ発揮できるような人材であることをアピールすると良いイメージを持たれるのです。

 

伝え方のポイント

 

転職面接はあくまで自分を売り込むための場所です。

「給与面が魅力だった」という動機はなるべく避け、自分の強みに繋がるような動機にしましょう。

アピールするポイントを明確にしたうえで、しっかりと自分の売りをアピールしましょう。

 

 

志望動機の例文

 

 

志望動機の例文を2パターンに分類して紹介していきます。

 

例文1.営業職からセールスエンジニアを志望する場合

 

私は営業職としての経験を活かして、セールスエンジニアを希望いたします。

営業職としては様々なお客様の要望をヒアリングしてきました。

その中でエンジニア寄りの知識が足りない部分があり、お客様の要望を汲み取れない経験もありました。

現在は、エンジニア領域の知識を学習しながらセールスエンジニアを目指しています。

 

例文2.エンジニアからセールスエンジニアを希望する場合

 

私はエンジニアとしての経験を活かしてセールスエンジニアを希望いたします。

エンジニアとしてチームをまとめあげる一方で、お客様と直接コンタクトを取ることの重要性を痛感しました。

営業担当とコミュニケーションを重ねながら、お客様の要望を理解するように努めています。

将来的にはセールスエンジニアとして、直接お客様とコンタクトをとれる人材になりたいと考えています。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

志望動機の作り方は転職エージェントに相談

 

 

志望動機の作り方について困ったら、転職エージェントに相談してみましょう。

 

他人と相談しながら志望動機を考える

 

志望動機を作る際は他人と相談をするのが重要です。

一人で転職活動をしていると、大事なことを見失ってしまうかもしれません。

他人の客観的な視点があると、独りよがりな論調を避けることができます

 

転職エージェントに相談

 

転職活動のことで困ったら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職相談のプロです。転職を希望する人の立場に立った適切な助言を得られるでしょう。

また数多くの転職希望者を転職成功に導いた実績があるため、志望動機の作り方など、困ったことについて相談に乗ってくれるでしょう。

転職活動全般のことから、セールスエンジニアという職種の特徴など多くのノウハウを持っています。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

セールスエンジニアの年収

 

積み上がっていく金貨と金貨から伸びる芽

 

セールスエンジニアの年収は600万円以上といわれています。

日本人平均の年収が400万円ほどなので、高収入な職種であるといえるでしょう。高収入であると同時に、難度が高く責任も重い仕事です。

セールスエンジニアになるには相応のスキルと経験を会得していることが望まれます。

社会的に重要な役割を担うセールスエンジニアは企業にとっても貴重な存在です。

 

 

IT業界は人材不足

 

 

IT業界は慢性的な人手不足といわれています。ITの発展に対してIT人材が追い付いていないのです。

人手が足りていない転職市場は売り手にとって有利に働きます。

特に人手が少ない現場では複数の役割をこなせるセールスエンジニアが重宝されるでしょう。

 

 

未経験からセールスエンジニアになるには

 

PCのコーディング画面

 

未経験からセールスエンジニアになることは可能でしょうか。

 

未経験からいきなりセールスエンジニアになるのは難しい

 

セールスエンジニアは営業分野か技術分野に強みを持つことが求められます。

そのため、未経験からセールスエンジニアになるのは厳しいです。

未経験から挑戦するにはまずは営業職やエンジニアとして経験を積むのがいいでしょう。

 

営業職かエンジニアとして経験を積む

 

セールスエンジニアになるには、営業とエンジニア両方で高いレベルの知識が必要です。

そのため、まずはどちらかの分野で一定のスキルを身につけましょう。

ある程度のスキルが身についたらセールスエンジニアへの挑戦を狙うのもいいでしょう。

 

 

転職エージェントに相談して、セールスエンジニアに転職しよう

 

 

セールスエンジニアの仕事内容や転職活動についてみてきました。

セールスエンジニアは営業とエンジニア両方の役割をこなすため、ボリュームのある仕事です。多くの知識が求められる一方で、年収も高くやりがいのある仕事であるといえます。

 

セールスエンジニアの転職には志望動機を考えることが重要です。転職エージェントでは志望動機をはじめ転職活動に関するアドバイスをしてくれます。

セールスエンジニアの転職に興味をお持ちの方は、是非転職エージェントに相談しましょう。

 

セールスエンジニアの求人を紹介してもらう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

ペン

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事