カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. Webデザイナーの会社選びのポイントを紹介!未経験者にとって理想の会社は?企業選びの判断軸を解説
  • 職種・ポジション

Webデザイナーの会社選びのポイントを紹介!未経験者にとって理想の会社は?企業選びの判断軸を解説

会社選びは仕事の内容に直結するため、特に慎重に行う必要があります。Webデザイナーの転職においては、会社によって担当する職務内容も異なります。自身のスキルや経験にも大きく異なるところですから、転職するにあたってはそれぞれの会社の特性を理解して、ご自身がどんな仕事を担当したいかを整理することが重要です。会社ごとの役割を把握しながら転職活動に繋げていきましょう。

PC作業

会社選びの重要性

 

会社選びで役割が異なる

 

オフィス

 

Webデザイナーに限らず、会社選びは重要です。

会社によって担当する仕事内容も変わるため、身に付くスキルも大きく異なります。

特にWebデザイナーは会社によって求められる役割も異なります。

そのため、会社選びの時点で自身の役割が決定するといえます。

 

未経験者からWebデザイナーになるには

 

未経験者からWebデザイナーになるには実績作りが重要です。

Webデザイナーの実績とは、Webページの作成経験です。

Webデザイナーになるには、まず手を動かしてWebページを作ってみることが重要でしょう。

 

Webデザイナーの役割は会社によって異なる

 

Webデザイナーの業務内容

 

階段

 

WebデザイナーはWebサイトのデザインを担当する仕事です。

デザイナーという名の通り、デザインセンスが問われます。

また、WebデザイナーはHTMLやCSSなどのコーディング知識も必要となります。

Webサイト制作に関わることであれば、一通りの業務を任せられるのがWebデザイナーです。

 

デザイナー

 

デザイナーはWebページのデザインを担当する仕事です。

ユーザーにとって見栄えの良いWebページを作る必要があります。

Photoshopなどのツールを駆使して、利用者の目をひくようなデザインを作ります。

デザインを担当する人も、コーディングの知識は有効活用できるため、習得するべきでしょう。

 

コーダー

 

コーダーはHTMLやCSS、Java Scriptなどの言語を用いてWebページを構築する職業です。

デザイナーが設計したWebページを再現するためには相応のスキルが求められます。

デザイナーとコーダーを兼任するケースも珍しくありません。

Webデザイナーにとっては両社ともに必須のスキルであり、幅広い業務知識が求められます。

 

Webデザイナーの働き方

 

会社選びで変わるWebデザイナーの働き方

 

オフィス

 

Webデザイナーには多様な働き方があります。

企業に勤めてWebデザインを担当するのが一般的ですが、フリーとして独立する方法も増えてきています。

企業によって担当を任される分野が変わるため、会社選びはWebデザイナーにとって重要です。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

Web制作会社で働く

 

Web制作会社ではクライアントから請け負ったWebページの制作を行います。

Web制作会社では、分業制で各個人にそれぞれ担当が割り振られることが多いです。

そのため、担当された分野に特化した経験やスキルを身に着けることができます。

例えば、デザイン業とコーディング業に分業されている場合です。

デザイン業にアサインされた場合、デザイン業に専念することができます。

その反面、分業制となっているため担当された分野以外は経験しづらいという面もあります。

 

事業会社で働く

 

事業会社のWebデザイン担当となって働く方法もあります。

Webデザイン担当となる場合はWebデザイン全般を任される場面も多いです。

例えばWebデザイナーひとりでデザインもコーディングも任されるといった具合です。

幅広い業務を任されるので、Webデザイナーとして幅広い経験を得ることが可能となります。

 

フリーランスで働く

 

近年増えているフリーランスという働き方。

フリーランスを支えるクラウドソーシングなどのサービスが普及しています。

企業に属さず、自分のスキルで仕事を請け負います。

自身のスキルで仕事をこなすため、非常にやりがいがある反面で大きな責任もある働き方です。

 

Webデザイナーの転職に向けてやるべきこと

 

メタル

 

転職に向けてやるべきことは、まず採用企業のことを知ることです。

Webデザイナーは応募先の求人により様々な働き方があります。

転職エージェントに相談すれば、ご自身のスキルにあった求人を見つけることができます。

具体的な求人を見ることにより、転職意欲も湧いてくるでしょう。

転職を少しでもお考えの方は、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

 

Webデザイナーの求人一覧をチェック

 

未経験からWebデザイナーになるには

 

プログラミングスクールに通う

 

車

 

未経験からWebデザイナーになるにはプログラミングスクールに通うことが近道です。

独学では学びにくいWebデザインに関する知識を1から習得することができます。

コーディングの知識はもちろん、Photoshopなどのツールの使い方を学ぶことができます。

オンライン通学などで通いやすいプログラミングスクールも多数あるので、是非活用していきましょう。

 

実績を作る

 

Webデザイナーは実務経験がなくても実績を作ることができます。

Webページの作成というかたちでアウトプットできるので、それ自身が実績となるのです。

Webページを実際に作成することにより、Webデザイナーとしての業務を体験することができます。

まずは手を動かしてWebページを作って実績を作ることが未経験からWebデザイナーになるのに必要です。

 

ポートフォリオの重要性

 

ポートフォリオでスキルをアピール

 

カメラ

 

ポートフォリオとは、自身の実績やスキルを作品にてアピールするためのものです。

WebデザイナーにとってのポートフォリオはWebページとなります。

Webページの作成実績をWebページにまとめることで、具体的にどのようなページを作れるかをイメージさせます。

デザイナーとしての腕前をアピールしたいのであれば、ご自身が強みに持つスキルを駆使するといった具合です。

 

ポートフォリオは気軽に作成できる

 

ポートフォリオというと難しそうで身構えてしまうかもしれません。

しかし、ポートフォリオは気軽に作成できるものです。

例えば、WordPressというツールを利用すればコーディング不要でWebページを作れます。

Webページ作成の過程でスキルを身に着けることもできます。

導入は簡単で1時間もかかりませんので、興味のある方はすぐにでも作成することができます。

ポートフォリオ作成の手軽さがWebデザイナーの魅力の1つであるともいえるのです。

 

Webデザイナーになるに必要な資格

 

必要な資格はない

 

オフィス

 

Webデザイナーには特別な資格は必要ありません

資格よりも、業務に使用する経験が求められます。

こういった経験は業務以外の使用経験も役立ちます。

例えば、プライベートでPhotoshopを使用して制作活動を行っている人は、その制作物が評価されます。

Webデザイナーを志望する方は、こういったプライベートな経験を含めて役立つものがないか考えてみましょう。

 

Photoshopなどのツール使用経験

 

Webデザイナーは多様なツールを駆使する仕事です。

代表的なツールはAdobe社の「Photoshop」でしょう。

Photoshopはグラフィックツールであり、Webデザイナーはこれを用いてWebデザインを設計します。

 

HTMLやCSSなどのコーディング経験

 

WebデザイナーにはHTMLやCSSなどのコーディング知識が必要不可欠です。

HTMLやCSSは、Webページを表示するのに使用されるのに使われる言語です。

合わせてJava Scriptなどのスクリプト言語と言われる知識も役立ちます。

スプリプト言語は、HTMLやCSSだけでは実現できない動的な表現も実現できます。

こういったコーディング知識がWebデザイナーには必須といえるでしょう。

 

WordPressの組み込み経験

 

WordPressはCMSとして最も一般的なツールです。

Webページにインストールするだけで本格的なWebサイトを作ることができます。

WordPressの特徴は、コーディングなどの難しい知識がなくても使用できることです。

しかしながら、コーディングの知識があればさらに華やかに装飾することができます。

手軽なツールであり、無料であることから敷居の低い手段でもあります。

Webデザイナーを目指される方は、まずはWordPressの導入から検討してみるといいでしょう。

 

Webデザイナーの将来性

 

Webデザイナーの社会的需要は大きい

 

ミュージアム

 

スマートフォンやインターネットの普及に伴ってWeb業界はますます拡大しています。

それに伴い、Webデザイナーの需要も着実に高まっているのです。

Webデザイナーは発展するWeb業界のトレンドを日々学び続けていく姿勢が重要です。

 

複雑化するWebデザイナーの仕事

 

Webデザイナーの役割が増えるにつれて、Webデザイナーの仕事内容もますます複雑化しています。

IT技術の進歩に伴ってWeb業界も日進月歩で変化しているのです。

特に、スマートフォンの技術発展に伴いWebデザイナーの表現の仕方も高度なものが求められます。

Webデザイナーはこういった時代の変化に敏感に反応する必要があります。

それ故、Webデザイナーはやりがいと責任が非常に大きい仕事であるといえるでしょう。

 

企業選びの判断軸

 

時計

 

転職には企業選びの判断軸が必要です。

仕事内容を重視するのか、給与面を重視するのか、休日を重視するのか、判断軸は様々です。

人によって転職に求めるポイントは異なるので、自分が何を求めているかを把握しておきましょう。

Webデザイナーは会社によって求められる役割が異なります。

転職の際には自分が転職によって何を実現したいかを整理しておくことが、良い転職活動に結びつくでしょう。

 

まとめ

 

オフィス

 

Webデザイナーの会社選びについて見ていきました。

Webデザイナーにとって会社選びは自信の担当する仕事に直結することになります。

特定の分野を重点的に経験したいのか、広範に経験したいのか、あらかじめ考えておきましょう。

 

無料転職相談に登録して理想の会社に転職しよう

Geekly Media
ライター

PC作業

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。