1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Webデザイナーにおすすめな会社選びのポイントを紹介!未経験者にとって理想の会社は?企業選びの判断軸を解説

Webデザイナーにおすすめな会社選びのポイントを紹介!未経験者にとって理想の会社は?企業選びの判断軸を解説

会社選びは仕事の内容に直結するため、特に慎重に行う必要があります。Webデザイナーの転職においては、会社によって担当する職務内容も異なります。自身のスキルや経験にも大きく異なるところですから、転職するにあたってはそれぞれの会社の特性を理解して、ご自身がどんな仕事を担当したいかを整理することが重要です。会社ごとの役割を把握しながら転職活動に繋げていきましょう。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

会社選びはなぜ重要?

 

 

Webデザイナーに限らず、会社選びは重要です。

会社によって担当する仕事内容も変わるため、身に付くスキルも大きく異なります。特にWebデザイナーは会社によって求められる役割も異なります。

そのため、会社選びの時点で自身の役割が決定するといえます。

 

 

Webデザイナーの役割は会社選びによって異なる

 

 

WebデザイナーはWebサイトのデザインを担当する仕事です。デザイナーという名の通り、デザインセンスが問われます。

デザイン以外にも、WebデザイナーはHTMLやCSSなどのコーディング知識も必要となります。

Webサイト制作に関わることであれば、一通りの業務を任せられるのがWebデザイナーです。

 

そして、Webデザイナーの役割は会社選びによって大きく影響されるといえます。ここでは、デザイナーとしての役割とコーダー寄りの役割について解説します。

 

デザイナー寄りの役割の場合

 

デザイナーはWebページのデザインを担当する仕事です。ユーザーにとって見栄えの良いWebページを作る必要があります。

Photoshopなどのツールを駆使して、利用者の目をひくようなデザインを作ります。

とはいえデザインを担当する人も、コーディングの知識は有効活用できるため、習得するべきでしょう。

 

コーダー寄りの役割の場合

 

コーダーはHTMLやCSS、Java Scriptなどの言語を用いてWebページを構築する職業です。

デザイナーが設計したWebページを再現するためには相応のスキルが求められます。デザイナーとコーダーを兼任するケースも珍しくありません。

Webデザイナーにとっては両者ともに必須のスキルであり、幅広い業務知識が求められます。

 

Webデザイナーの求人を紹介してもらう

 

 

会社選びごとに見るWebデザイナーの働き方3選!

 

 

Webデザイナーには多様な働き方があります。

企業に勤めてWebデザインを担当するのが一般的ですが、フリーとして独立する方法も増えてきています。

企業によって担当を任される分野が変わるため、会社選びはWebデザイナーにとって重要です。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

Web制作会社で働く

 

Web制作会社ではクライアントから請け負ったWebページの制作を行います。

Web制作会社では、分業制で各個人にそれぞれ担当が割り振られることが多いです。そのため、担当された分野に特化した経験やスキルを身に着けることができます。

例えば、デザイン業とコーディング業に分業されている場合です。

デザイン業にアサインされた場合、デザイン業に専念することができます。その反面、分業制となっているため担当された分野以外は経験しづらいという面もあります。

 

事業会社で働く

 

事業会社のWebデザイン担当となって働く方法もあります。Webデザイン担当となる場合はWebデザイン全般を任される場面も多いです。

例えばWebデザイナーひとりでデザインもコーディングも任されるといった具合です。幅広い業務を任されるので、Webデザイナーとして幅広い経験を得ることが可能となります。

 

フリーランスで働く

 

近年増えているフリーランスという働き方。フリーランスを支えるクラウドソーシングなどのサービスが普及しています。

企業に属さず、自分のスキルで仕事を請け負います。自身のスキルで仕事をこなすため、非常にやりがいがある反面で大きな責任もある働き方です。

 

働き方ごとの適性の違い

 

Web制作会社に向いている人

デザインスキルを磨きたい、技術を高めたいと考える人にはWeb制作会社が向いています。ゼネラリストよりはスペシャリスト向きです。

クライアントからの案件には最新のトレンドが用いられることもあり、多様なデザインを手掛けることでスキルの幅を広げる点が魅力と言えます。クライアントの要求にこたえる働き方に抵抗がない人は適性があるでしょう。

働く環境もたくさんのWebデザイナーに囲まれているので、ひたすらスキルを磨きたい人に適しています。特に未経験者にはおすすめの環境です。

 

事業会社に向いている人

さまざまな職種の人と関わりながら見分を広め、それをデザインに活かしたい人は事業会社が向いています。

事業会社ではWebデザイン以外の仕事にも携わる機会がたくさんあり、マーケティングやディレクションも経験したい人にとっては適した環境だと言えるでしょう。

Webデザインに最適な環境が整っていない可能性があるという点が懸念されるものの、経験の幅や人脈、業務の幅を広げるチャンスも多いのが事業会社です。

 

フリーランスに向いている人

フリーランスで働く場合、営業のスキルも大切です。

案件の取り方や交渉ごとなど、デザイン以外に必要な時間が多くなります。ワークライフバランスや収入アップを目的に安易に独立してしまうと、予想と違うと感じる点があるかもしれません。

セルフマネジメントが得意な人が向いています。

 

Webデザイナーの転職に向けてやるべきこと

 

 

企業選びの判断軸を明確にする

 

転職には企業選びの判断軸が必要です。

仕事内容を重視するのか、給与面を重視するのか、休日を重視するのか、判断軸は様々です。

人によって転職に求めるポイントは異なるので、自分が何を求めているかを把握しておきましょう。

 

Webデザイナーは会社によって求められる役割が異なります。

転職の際には自分が転職によって何を実現したいかを整理しておくことが、良い転職活動に結びつくでしょう。

 

 

応募したい企業について知る

 

転職に向けて、まず採用企業のことを知ることが大切だと言えます。

特に、Webデザイナーは応募先の求人により様々な働き方があります。企業選びの判断軸を明確にしたあとは、自分の望む働き方やスキルが得られる求人を探し、応募したい企業についての理解を深めることが重要です。

 

また、転職エージェントに相談すれば、ご自身のスキルにあった求人を見つけることができます。具体的な求人を見ることにより、転職意欲も湧いてくるでしょう。

転職を少しでもお考えの方は、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

 

Webデザイナーの求人を紹介してもらう

 

成功できるWebデザイナーの特徴を知る

 

Webデザイナーの適性と共通しますが、転職で成功できる人には3つの特徴があります。

1つめが主体的に学び続けることができる人です。

Webデザインのトレンド変化はめまぐるしく、顧客の要求もさまざまです。

日常的に情報収集とアップデートを行いながら、新しい技術やツールを積極的に取り入れることができる人は転職市場において需要が高いと言えます。

 

2つめがフットワークの軽い人です。

先ほどの情報収集のためのアンテナと同じように、納期を守るためにも柔軟性が欠かせません。

デザインにおいてはこだわりも必要ですが、納品するためにはフットワークの軽い対応が求められることもあるのです。

限られた時間のなかで複数の依頼に向き合うことも多いWebデザイナーの仕事では、急な予定変更にも即座に対応できる人が重宝されます。

 

3つめがコミュニケーション能力の高い人です。

Webデザイナーの仕事はデザインだけではありません。

顧客の要望を聞き取り、提案する力も必要です。

そしてその要望をデザインとして実現するためには、チームのメンバーと密にコミュニケーションとることも求められるのです。

採用面接の場でもコミュニケーション能力は重視されます。

 

未経験からWebデザイナーになるには

 

 

ここでは、未経験からWebデザイナーを目指す方に向け、具体的な方法について解説します。

 

プログラミングスクールに通う

 

未経験からWebデザイナーになるにはプログラミングスクールに通うことが近道です。

独学では学びにくいWebデザインに関する知識を1から習得することができます。

コーディングの知識はもちろん、Photoshopなどのツールの使い方を学ぶことができます。

オンライン通学などで通いやすいプログラミングスクールも多数あるので、是非活用していきましょう。

 

実績を作る

 

未経験者からWebデザイナーになるには実績作りが重要です。

Webデザイナーの実績とは、Webページの作成経験です。Webデザイナーになるには、まず手を動かしてWebページを作ってみることが重要でしょう。

つくったWebページはポートフォリオとして、転職活動の際に使用することができます。Webページの作成というかたちでアウトプットできるので、それ自身が実績となるのです。

 

また、Webページを実際に作成することにより、Webデザイナーとしての業務を体験することができます。

まずは手を動かしてWebページを作って実績を作ることが未経験からWebデザイナーになるのに必要です。

 

 

ポートフォリオでスキルをアピールする

 

ポートフォリオとは、自身の実績やスキルを作品にてアピールするためのものです。

WebデザイナーにとってのポートフォリオはWebページとなります。Webページの作成実績をWebページにまとめることで、具体的にどのようなページを作れるかをイメージさせます。

デザイナーとしての腕前をアピールしたいのであれば、ご自身が強みに持つスキルを駆使するといった具合です。

 

ポートフォリオは気軽に作成できる

ポートフォリオというと難しそうで身構えてしまうかもしれません。しかし、ポートフォリオは気軽に作成できるものです。

例えば、WordPressというツールを利用すればコーディング不要でWebページを作れます。Webページ作成の過程でスキルを身に着けることもできます。

導入は簡単で1時間もかかりませんので、興味のある方はすぐにでも作成することができます。

ポートフォリオ作成の手軽さがWebデザイナーの魅力の1つであるともいえるのです。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

Webデザイナーになるために必要な資格は?

 

 

必要な資格はないが、業務に活かせるような経験が評価される

 

 

Webデザイナーには特別な資格は必要ありません。資格よりも、業務に使用する経験が求められます。

こういった経験は業務以外の使用経験も役立ちます。

例えば、プライベートでPhotoshopを使用して制作活動を行っている人は、その制作物が評価されます。

Webデザイナーを志望する方は、こういったプライベートな経験を含めて役立つものがないか考えてみましょう。

 

Photoshopなどのツール使用経験

 

Webデザイナーは多様なツールを駆使する仕事です。

代表的なツールはAdobe社の「Photoshop」でしょう。

Photoshopはグラフィックツールであり、Webデザイナーはこれを用いてWebデザインを設計します。

 

HTMLやCSSなどのコーディング経験

 

WebデザイナーにはHTMLやCSSなどのコーディング知識が必要不可欠です。

HTMLやCSSは、Webページを表示するのに使用される言語です。合わせてJava Scriptなどのスクリプト言語と言われる知識も役立ちます。

スプリプト言語は、HTMLやCSSだけでは実現できない動的な表現も実現できます。

こういったコーディング知識がWebデザイナーには必須といえるでしょう。

 

WordPressの組み込み経験

 

WordPressはCMSとして最も一般的なツールです。Webページにインストールするだけで本格的なWebサイトを作ることができます。

WordPressの特徴は、コーディングなどの難しい知識がなくても使用できることです。

しかしながら、コーディングの知識があればさらに華やかに装飾することができます。手軽なツールであり、無料であることから敷居の低い手段でもあります。

Webデザイナーを目指される方は、まずはWordPressの導入から検討してみるといいでしょう。

 

 

未経験からWebデザイナーになるための会社選び

 

 

研修や教育制度が充実している会社を選ぶ

 

未経験からWebデザイナーを目指すには、入社してからの研修や教育体制のサポートが手厚い会社選びが重要です。

研修やOJTを通して知識をインプットしながら、実際の仕事でアウトプットを行うことが出来るため、未経験からでも実力のあるWebデザイナーに近づくことが期待できます。

 

未経験可の求人について転職エージェントに相談する

 

未経験可の求人を探すには、転職エージェントに相談することもおすすめです。

面談の場で効率的に求人を紹介してくれるだけではなく、非公開の求人を紹介してくれることもあります。

効率の良い転職活動のためにも、ますは転職エージェントに相談することが望ましいといえます。

 

未経験Webデザイナーの求人を紹介してもらう

 

自分に合う職場は【完全無料】仕事タイプ診断で調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

転職エージェントに相談して、好条件の企業に転職しよう

 

 

Webデザイナーの会社選びについて見ていきました。

 

Webデザイナーの役割が増えるにつれて、Webデザイナーの仕事内容もますます複雑化しています。IT技術の進歩に伴ってWeb業界も日進月歩で変化しているのです。

特に、スマートフォンの技術発展に伴いWebデザイナーの表現の仕方も高度なものが求められます。

Webデザイナーはこういった時代の変化に敏感に反応する必要があります。それ故、Webデザイナーはやりがいと責任が非常に大きい仕事であるといえるでしょう。

 

また、Webデザイナーにとって会社選びは自身の担当する仕事に直結することになります。

特定の分野を重点的に経験したいのか、広範に経験したいのか、あらかじめ考えておきましょう。

 

IT/Web/ゲーム業界に特化した転職エージェントのギークリーでは、好条件のWebデザイナーの求人を多数保有しています。

転職をお考えの方は、ぜひ気軽にご相談ください。

 

Webデザイナーの求人を紹介してもらう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事