1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Webデザイナーのキャリアパス|将来性や得られるスキルを踏まえてご紹介

Webデザイナーのキャリアパス|将来性や得られるスキルを踏まえてご紹介

Webデザイナーを目指す時に気になるのがキャリアパス。Webデザイナーを務めることで得られるスキルとは何でしょうか?またWebデザイナーの経験やスキルを活かした将来への道とは?今回はWebデザイナーが転職しやすい職種をご紹介します。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

Webデザイナーの業務内容とは

 

girl, woman, young

 

業務内容

 

Webデザイナーはその名の通り、WebサイトやWebサービスのデザインを担う職種です。

単純におしゃれなWebサイトをデザインするだけではなく、どんなユーザーでも用途の理解ができるWebデザインを作ることが求められます。

 

Webサイトの制作は、ディレクターがクライアントの要件定義を行いワイヤーフレームに落とし込み、デザイナーがWebサイトのデザインを作って、エンジニアがコーディングをして完成という流れが一般的です。

フローの真ん中で登場するWebデザイナーは「クライアントの要望を具現化できること」かつ「具現化したことをコーディングで実現できること」に配慮してデザインをしていく必要があります。

 

そのためWebデザイナーは、ディレクションの視点とコーディングの知識を持つことができれば、より重宝される存在になるでしょう。

 

Webデザイナーで得られるスキル

 

Webデザイナーはデザインソフトを操作するスキルはもちろん、キャリアを重ねていくとサイト制作全体の流れも理解していきます。

得られるスキルは、以下のように考えられます。

 

Webデザイナー必須スキル】

・デザインセンス

・デザインソフト(IllustratorPhotoshopなど)の操作技術

 

Webデザイナーのキャリアを重ねることで得られるスキル】

・ユーザビリティの高いWebデザイン

・コーディングに配慮したWebデザイン

・サイト制作全体の流れの把握

 

 

Webデザイナーを続けていくのは厳しい?

 

money, profit, finance

 

年収が上がりにくい

 

Webデザイナーはクリエイティブな業務で、自分がデザインしたものが世に出ているという実感もしやすく、とてもやりがいのある職種です。

デザインという業務を楽しんでやっている方も多くいるでしょう。

 

しかし、Webデザイナーとして長く続けていくには「年収が上がりにくい」という厳しい現実が待ち受けます。

Web制作にあたるポジションの中で、デザイナーは「作業者」という下流工程のポジションとなるために、ディレクターなど上位ポジションの職種に比べると元々年収が低めです。

 

キャリアとともに年収は少しずつ上がりますが、業務の中で特別大きな結果も出にくく、年収が跳ね上がるということが見込めません。

いくら仕事が楽しくやりがいがあっても、ミドル世代になると年齢と年収が釣り合わないことに悩む人もいるのが、Webデザイナーという職種の現実です。

 

キャリアアップかキャリアチェンジか

 

Webデザイナーとしてキャリアを重ねていくと、「キャリアアップするのか」「キャリアチェンジするのか」という選択肢を考える人もいるでしょう。

それぞれの違いは以下の通りです。

 

Webデザイナーとしてキャリアアップする

キャリアアップは、そのキャリアのまま上位ポジションへ進むことを指します。

Webデザイナーのキャリアアップなら、サイトのデザインのベースを決めるトップデザイナーの他に、チームリーダーやマネージャーなどデザイナーのマネジメント職が考えられるでしょう。

キャリアアップは同じ会社の中で目指すことも可能ですが、経験を活かして同じデザイナーポジションに転職すると、年収アップにつながる可能性があります。

 

Webデザイナーからキャリアチェンジする

キャリアチェンジはデザイナーではない職種に就くことを指します。例えば同じWeb業界の中でディレクターやエンジニアになったり、まったく違う業界で違う業種に就くこともキャリアチェンジです。

Webデザイナーとしてのスキルに伸び悩んだり、経験を活かして年収の大幅アップを目指したりする場合は、キャリアチェンジを選択することも一手でしょう。

 

キャリアアップするにも、キャリアチェンジするにも、Webデザイナーとして得たスキルや経験は大いに役立てることが可能です。

「デザイナーとしてのスキル」を活かすのか、「Webスキル」を活かすのかに分けて、Webデザイナーが転職しやすい職種をご紹介します。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

現在のWeb業界の動向と将来性

 

 

Webデザインの市場動向

 

経済産業省の調査によれば、BtoC(消費者向け電子商取引)の市場規模は20.7兆円、BtoB(企業間電子商取引)の市場規模は372.7兆円とそれぞれ右肩上がりで推移しています。

BtoCの中ではデジタル系分野は12.38%と大きな伸長を見せており今後も拡大する予想です。

また、インターネット広告費の増加もデジタル化社会を象徴しており、デジタルコンテンツの需要拡大でWebデザイン関連市場も成長を続け、将来性が期待されています。(参考:経済産業省『令和3年度電子商取引に関する市場調査』)

 

求められるスキルの変化

 

近年の傾向として、Webデザイナーに求められるスキルはデザインツールによるデザインやコーディングだけにとどまらなくなっています。

その背景にあるのがSNSの普及です。

SNSの投稿やサムネイルの作成を請け負うWebデザイナーが増加しており、求められるスキルが多様化・高度化した結果としてSEO、UI・UXのデザイン、Webマーケティングの知識を持った人材に需要が集まるようになったのです。

引き続き需要が拡大する一方で、トレンドの技術をキャッチアップできる人材の市場価値が高まることが予想されます。

 

 

Webデザイナーがキャリアパスを考えるべき理由

 

 

Webデザイナーがキャリアパスを考えるべき理由は、以下の通りです。

・自分の市場価値を正しく把握することが出来る

・目指したいキャリアについて、何をすべきか明確になる

キャリアの棚卸しを行うことで、自分の持っているスキルについて把握することが出来る

・現在の職場と理想の職場について比較することが出来る

・「なぜこのキャリアを目指したいのか」という志望動機が明確になる

 

キャリアパスについて考えることで、これまでの自分のキャリアと、キャリアの将来像の両方が明確になります。

転職を考えているかどうかにかかわらず、キャリアパスを考えることは自分のキャリアを見つめなおす良い機会だといえるでしょう。

 

Webデザイナーのキャリアパスの考え方

 

まずは、大きく分けて「Webデザイナーとしてスペシャリストを目指す」のか「マネジメントに携わる」のか、自分の志向性を考えてみます。

多様な業界経験を積み、業務の幅を広げ、そのなかで専門性を高めたスペシャリストであれば、最新のトレンド技術に携われる環境に身を置くと良いでしょう。

マネジメントできる人材を目指すのであれば、企画や提案など上流工程に進み、管理の経験を積むことが大事です。

3年後や5年後に自分がなりたい姿を描いたら、キャリアの棚卸しや自己分析で転職軸をより明確に定めます。

この時に、志望動機や自己PRにも活かせる自分の強み・弱みを把握できます。

また、描くキャリアパスを実現するために足りないものから、やるべきことも見えてくるはずです。

このような方法でキャリアパスを考えると、やりたいこと、そのためにやるべきことがはっきりと見え、しっかりと希望に沿った行動をとることができます。

 

キャリアパス診断を使ってキャリアの可能性を見ることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけでChatGPTがキャリアについて診断するコンテンツを展開しております。

将来描ける可能性のあるキャリアについて、職種・年収・要求されるスキルの項目から知ることが出来る、完全無料で利用可能な診断コンテンツです。

診断結果の閲覧に加え、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、キャリアについてお悩みをお持ちの方はぜひ活用してみてください。以下のボタンより診断が行えます。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

デザイナースキルを活かしたキャリアパス

 

plans, design, web design

 

①アートディレクター

 

アートディレクターはWebサイトのビジュアルデザインを行う責任者です。

クライアントの要望を聞き取り、デザイナーを管理してデザインの方向性を決めていくため、基本的なデザインスキルはもちろん、コミュニケーション能力とスケジュール管理能力も必要となります。

 

Webデザイナーの経験が十分に活かされるポジションで、年収アップも見込めるでしょう。

 

②UIデザイナー

 

UIデザイナーはUI(ユーザーインターフェイス)をデザインする職種です。

主にユーザービリティ高いサイト設計や、改善提案を行います。Webのデザインも担保した上で、どのようなユーザーが訪れても操作性が高いことが求められる現代のWeb業界で、注目が集まっているポジションです。

 

デザインスキルに加え、ユーザーが求めるものを調査する能力も求められるでしょう。

 

③UXデザイナー

 

UXデザイナーはUIデザイナーの上位職種に該当し、UX(ユーザーエクスペリエンス)つまり「ユーザー体験」を設計する職種です。

製品やサービスを通じて、ユーザーが心地よさ、楽しさを得られる体験に誘導する機能を考えます。

 

SEO対策やサイト分析など、Webマーケティングの分野へ精通していることもスキルとして求められます。

 

 

Webスキルを活かしたキャリアパス

 

work, office, architect

 

①Webディレクター

 

WebディレクターはWeb制作全般を管理する責任者です。

クライアントと制作現場をつなぐ役割を果たし、Web全般の知識とコミュニケーション能力を必要とするポジションになります。

 

Webデザイナーとして経験があるとデザイナー視点で制作指揮ができ、クライアントのデザインの要望を汲み取ったり、デザイナーやコーダーに的確な指示を出せたりします。

キャリアアップの視点でも有利に働くポジションでしょう。

 

②Webエンジニア

 

WebエンジニアはWebデザインをコーディングしたり、システムを組み込んでいったりする職種です。

コーディングのスキルを必要とします。コーディングの知識に加え、デザイン知識も備わっているエンジニアは、制作現場において大変希少な存在です。

 

Webデザイナーから転身してエンジニアに就くのは、必ず制作現場で重宝されるでしょう。

 

③Webマーケター

 

Webマーケターはサイト分析やSEO対策、Web広告などでクライアントのサービスのマーケティングをサポートする職種です。

そのためWebマーケティングに関するスキルとコミュニケーション能力を必要とします。

マーケティングのためのサイト制作の提案などをするために、Webデザインの知識を活かすことが可能です。

 

しかし、ディレクターやエンジニアなどの職種に比べると、デザイナーの経験は活かしにくい職種かもしれません。

Webデザイナーの求人を紹介してもらう

 

 

Webデザイナーとして独立

 

book, pen, open

 

フリーランスに必要なスキル

 

Webデザインという専門的で特殊なスキルを持っていれば、独立してフリーランスで活躍することも可能でしょう。

ただし、フリーランスは仕事を獲得することも、仕事の管理や経理計算なども全て自分自身で行う必要があります。

 

また、デザイナーとしての実績をしっかりアピールしなければ、継続的な仕事獲得も困難です。

そのようなことがクリアできれば、自分が本当にしたいデザインを選ぶことができ、年収アップにつながるかもしれません。

フリーのWebディレクターと組んで仕事を請け負うパターンも最近は多く見られます。

 

 

まとめ

 

laptop, apple, macbook

 

WebデザインというWeb制作のベースを担っている職種だからこそ、Webデザイナーには多くのキャリアパスが考えられます。

あなたがWebデザイナーとしての実績や経験に自信が出てきたら、ぜひキャリアパスを考えて転職に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

IT・Web・ゲーム業界に強みを持つ転職エージェントである株式会社ギークリーでは、Webデザイナーのキャリアパスについてのご相談も承っております。

転職やスキルアップをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

松村達哉

新卒で総合人材紹介会社に入社し、6年半の間、プレイングマネージャーとして、キャリアカウンセラーと法人企業へのコンサルタントを兼務。2011年12月にIT・インターネット業界に特化した株式会社ギークリーの立ち上げに参画し現在に至ります。カウンセリング人数は述べ4000名にのぼり、某転職サイトのキャリアカウンセラーランキングで、3位(2500名中)を獲得した実績もございます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事