カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. IA(情報アーキテクト)の仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!
  • 職種・ポジション

IA(情報アーキテクト)の仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!

エンジニアがキャリアアップする際に選択肢に上がるのがIA(情報アーキテクト)という仕事。ですが、具体的に何をするのかイメージができないという人もいるかと思います。そこで今回は、IAの仕事内容から必要なスキル、気になる将来性などを徹底解説します!

IA(情報アーキテクト)とは

 

 

情報アーキテクトと情報アーキテクチャの関係

 

「IA」という言葉が意味するものには「情報アーキテクト」と「情報アーキテクチャ」の2種類があります。情報アーキテクトは、「情報アーキテクチャを使ってシステムを設計・開発する職業」のことです。PM(プロジェクトマネージャー)などのような、いわゆるエンジニア上位職と呼ばれるものです。

では職業を指すIAと切っても切り離せない「情報アーキテクチャ」とはなんでしょうか。

情報アーキテクチャとは、端的に言うとWEBサイトのシステムの最適化を行うための技術です。サイト内の情報にアクセスしやすくする技術や、サイトを運用する側と利用する側どちらにとっても利益が出るようなシステム・構造全般のことを指します。

つまり情報アーキテクトは「人々が利用しやすいWEBサイトを作る職業」と表すことができますね!

 

WEBサイトを運用する側と利用する側の橋渡し役

 

では次に仕事としての「IA」について話を進めていきます。

もしサイトを見ていて求めている情報に辿り着きにくかったとしたら、利用者は離れていってしまいますよね。それは運用する側にとっても避けたい事態です。

IAは技術面からサイトをサポートし、システムを通して運用者と利用者の橋渡しを行います。技術でサポートするという点が他のエンジニア上位職とIAとを分ける大きな違いです。

例を挙げると、PMはプロジェクトの進行管理という側面からクライアントをサポートしていきます。一方で、技術的な業務はメインとしていない場合が多いです。上位職の中でもより技術に特化した仕事を行うのがIAなのです。では、具体的にどのような業務でサポートしているのか、以下で詳しく見ていきましょう。

 

IAの仕事内容

 

設計のために必要な要件定義

 

まず初めに必要なことは、適切なシステムを設計するための要件を定義すること。ターゲット層やサイトのジャンル・方針などを考慮して、どんな要件が必要になるのかを検討していきます。同時に、どの要素が不要であるのかを選別することも重要です。

要件定義の業務自体はエンジニアの仕事にも含まれています。しかし、IAにはより深い知識とシステム全体の管理者としての視点が求められるのです。サイト全体および個々のページの要件を定義し、その案件に携わるエンジニアに共有していきます。

 

サイトに適した情報システムの設計

 

要件定義が終わったら、その要件を満たす情報システムを設計する段階に移ります。設計で大事なのは「利用者が欲しい情報へと確実にアクセスできる環境を作ること」です。そのためにもこまめな要件チェックが欠かせません。

ここで役に立ってくるのが要件定義段階で行った「不要な要素の洗い出し」になります。必要ないと判断された要素が設計に入っていないか、情報にアクセスする上でノイズはないかを確認していくのです。

システム設計が完了したら、いよいよ開発へと進みます。

 

設計したシステムの開発

 

設計書に従い、実際にシステムを開発していきます。開発にあたっては、自分たちが持っている技術以外のものが必要になるケースも少なくありません。そのため、各方面との密なコミュニケーションがマストです。

自分以外のエンジニアともしっかり意思疎通を図り、進行に問題がないか確認します。場合によっては要件定義や設計をやり直し、より高い品質のシステムを作っていくのです。

開発後、各種テストで問題が発見されなければ晴れてシステムの完成です。

 

IAに求められるスキル・資格

 

 

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が11の項目を設定

 

IPAが2011年に発表した「ITスキル標準V3 2011」の中で、必要なスキルを11項目設定しています.

その内容を抜粋すると、

 

・アーキテクチャ設計

・設計技法

・標準化と再利用

・コンサルティング技法の活用

・知的資産管理活用

・テクノロジ

・インダストリ

・プロジェクトマネジメント

・リーダーシップ

・コミュニケーション

・ネゴシエーション

 

とまとめられています(2020年2月現在)。

ただし、これは2011年の時点で発表されたものなので、現在IAに求められているスキルが変化している可能性も十分に考慮に入れてください

とはいえ、IPAが示したこの11項目は今なおIAにとって外せないスキルであることも事実です。IAを志している人やIAになったばかりという人はぜひこの11項目につい

てチェックしてみましょう。

 

それぞれの専門分野についての知識

 

IAには大きく分けて3つの分野が存在します。「アプリケーション」「インテグレーション」「インフラストラクチャ」、おおよそこの3分野を専門領域としているIAが多いです。

一口に「IA」と言っても、専門分野によって求められる知識や技術が異なるので、IAとしてキャリアを築く際にはどれを専門領域とするのかをこれまでの経験から決めましょう。知識面で不安がある場合には、後述する「システムアーキテクト試験」の勉強をすると、どの程度の知識が身についているかを把握することができますよ。

 

システムアーキテクト試験(SA)は専門性の証明に有効

 

IPAが実施しているものに「システムアーキテクト試験(SA)」があります。この試験で問われる内容はIAにとっても必要となるものが多いため、取得しておくと自分の専門性を客観的に証明することが可能です。

ただし、この試験に合格したからといってすぐにIAになれるわけではありません。あくまでもエンジニアからの派生職種なので、エンジニアとしての十分な経験と知識があることは大前提です。もちろん、エンジニアにとっての必須資格は当然保有していなければなりません。

IAに必要となる知識やスキルを備えているかの確認やその証明を行うためにこちらの試験を活用することをお勧めします。

 

IAとしてのキャリア構築に必要なこと

 

 

エンジニアとして十分な経験を積む

 

まずはエンジニアとして、様々な経験を積みましょう。IAは案件ごとに最適なシステムを提供する仕事です。それだけ多くのシステムを提供するためには、実際に色々なプロジェクトに参加して「どんなものを求められるのか」を把握しておかなければ難しいですよね。

第一歩として優秀なエンジニアを目指してください。高い技術を求められるIAだからこそ、エンジニアとして優秀であることが求められるのです。

 

対人折衝能力を磨く

 

ただ技術的に突出していればいいわけではないのがIAの難しいところ。システムを考える中でクライアントや関連するエンジニアと協力することも多々あるため、上手く話し合うための対人折衝能力も大事な要素です。

特に、クライアントの主張と技術側の主張がぶつかった際の対応によって、IA自身の評価のみならず所属している企業のイメージをも左右されます。エンジニアのときから多くの人と接し、話し合う能力を磨くことを心がけてください。

 

自分の専門分野を作る

 

エンジニアの段階でIAへのキャリアアップを目指していた場合、「アプリケーション」「インテグレーション」「インフラストラクチャ」のどれを専門にするかをあらかじめ考えておきましょう。専門分野を曖昧にしたままだと、なかなか知識を深めることができないからです。

もしある程度仕事を選べるようであれば、興味があるものを。そうでない場合は、これまで行ってきた仕事のうちで割合が高いものを専門分野として極めていくのがお勧めです。

 

IAの将来は「人」を見られるかどうかで決まる

 

IAの将来性ですが、より多くの視点から「人」の動きを観測できるかどうかにかかっています。統計データなどにより、人の動きを予測することは現在でも技術として導入されていますよね。となると、ただ「運用者と利用者にとって最適なシステムを作る」だけであれば、この先IAの仕事は少なくなってしまうことでしょう。

大切なのは、統計などでは測れない「人の動き」を見ること。データでは把握しきれない部分をIAが汲み取っていくことでこの先も生き残っていくことができると考えられます。

 

最後に

 

 

IAは確かにIT領域に深く関わる仕事です。しかし単にIT技術を通すだけではWEBサイトの運用者も利用者も利益を得ることができません。

IAはデジタルではわからない部分を捉え、システムに反映させる。いわば人とIT領域の間に立ってコミュニケーションを円滑にする「翻訳者」とも言えるでしょう。

南ねむ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。