カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 技術翻訳の仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!
  • 職種・ポジション

技術翻訳の仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!

技術翻訳の仕事内容について説明していきます。「技術翻訳」と「翻訳」の違いについても説明していき、仕事で必要なスキルから今後の仕事の将来性まで徹底解説していきます!他にも仕事で必要なスキルやアドバイスを書いていますので、技術翻訳にこれから「関わる!」「関わりたい!」人に読んで欲しい情報を記載しています。

技術翻訳とは

 

技術翻訳の概念

 

 

技術翻訳は「産業翻訳」ともいわれています。翻訳の中でも専門分野に特化した文章を翻訳する役割を担っています。

技術翻訳の種類は、専門知識が必要な「法務」「医学」「経済」「IT」などが挙げられます。一般知識ではしっかりとした裏付けや、正しい情報を伝えるのが難しい分野であり、翻訳者がその知識について、精通していることが重要になってきます。

「法務」「医学」「経済」「IT」などの専門分野は発展や最新情報の重要性が求められてくる分野が多いため、常に最新の情報にアンテナを張っていないと熟せない専門職と言えます。

主体の翻訳内容の専門性が高い分、参入障壁も高く、安定してこれからも稼げる職業として認識されています。

 

翻訳の仕事の種類

 

翻訳の仕事内容には大きく分けると「文芸翻訳」「実務翻訳」「映像翻訳」の仕事に大きく分類できます。

 

【文芸翻訳】

小説などの文芸の翻訳を担っているため、センスや感性などを汲み取り、作者の伝えたい雰囲気を抑えて翻訳することが求められているため、高い日本語能力が求められてきます。

翻訳者によって本の売り上げなどに大きく左右する場合もあるため、ただ翻訳すればいいというわけではなく「正しい日本語」と「雰囲気を壊さない翻訳」が求められます。

 

【実務翻訳】

マニュアルや契約書などビジネス用途で使用される文章を翻訳します。他にも研究者向けの文章や学術など実務系の翻訳を担っています。今回ご紹介する技術翻訳は実務翻訳の枠に該当します。

 

【映像翻訳】

海外の映画の字幕や映像作品の翻訳を担当します。この翻訳では映画や映像の画面枠は限りがあるため、動画画面でも読みやすい短い文章にまとめなければなりません。

つまり、限られた文字数で翻訳映像は国の文化や風習なども踏まえて簡潔に翻訳する事が重要です。

 

翻訳と技術翻訳の違い

 

【翻訳】

翻訳では「起点言語」を「目的言語」に翻訳するお仕事です。

「起点言語」とは「自然言語(自然と使う言語)」を意味しています。つまり、日本人であれば日本語が起点言語になり、ざっくり英語を日ごろ使う外国人であれば起点言語は英語となります。

 

【技術翻訳】

翻訳とは、「英文を日本語に直して行く仕事」に対し、技術翻訳とは、「英文を日本語にしながら、その翻訳の業界専門用語を一緒に日本語に落とし込んでいく」違いがあり、どちらも翻訳するスキルが必要ですが、技術翻訳には「翻訳とその分野の専門知識」が必要になってきます。

 

無料転職相談に登録して技術翻訳のできるエンジニアになろう

 

技術翻訳の仕事内容

 

外国語の翻訳

 

 

日本人向けに翻訳する場合、外国語の文章を日本語に翻訳することが仕事内容です。技術翻訳の場合は、その翻訳する内容が技術面のスキルや知識が含まれる場合を指します。

・外国語から日本語へ

・専門分野のインプットとアウトプット

上記の2項目が重要になってきます。

 

【外国語から日本語へ】

そもそも文章を翻訳する力が必要になります。仕事を関すためには日本語はもちろん、翻訳する外国語を習得する必要があります。

 

【専門分野のインプットとアウトプット】

技術翻訳では技術(専門知識)の翻訳をするため、翻訳する専門分野の知識や1年以上の業務経験が必要になってきます。

 

専門分野の翻訳

 

専門分野の翻訳は、上記の「外国語の翻訳」の文にも書いたとおり、専門分野の知識が必要になってきます。そのため特定の分野に特化した専門知識を身につける必要があります。

つまり、専門知識を身につけた技術を理解し、英語から日本語に変換していくスキルが求められてきます

そのため、2年以上業務経験が必要条件の技術翻訳の仕事が存在するほど高度なスキルと翻訳スキルが求められてきます。

業務経験をある程度こなした翻訳家だけが仕事をこなせるため参入障壁が高く、仕事を受けられるレベルになるまで道のりが長いこともあり、今後も安定して仕事が可能な職業です。

 

技術翻訳の必要なスキル

 

 

次に仕事内容で求められるスキルについて解説していきます。

求められるスキルは下記の通りです。

 

多言語スキル

 

・外国語(英語など)の正しく理解し読み書きできるスキル

・母国語(日本語)を正しく理解し読み書きできるスキル

まとめて語学力と言っても、仕事内容によっても必要な語学力は異なってきます。そのため、需要はあるが、対応可能な人が少ないこともあり、安定して仕事を受注することが可能です。

 

ライティングスキル

 

ライティングスキルに関してはあまり重要ではなく、一般的な文章が書けるようであれば問題なく仕事をすることが可能です。タイピングのスピードが上がれば作業効率が上がり、仕事の報酬も上がる傾向にあります。

異なった言語の翻訳を担当する人であれば、大幅に作業効率の向上が見込めるタイピングなどを身に着けておく事をおすすめします。

 

専門分野に関する知識やスキル

【特定の専門分野の知識】

基本知識を取得している専門分野知識を活用して行くため、多くの技術翻訳の募集項目案件には、業務経験歴何年以上などと書かれていることが多く、それなりの知識と経験が必要です。

 

【調査力&IT機器の習得】

専門分野に特化した情報を収集して、文章にしていくスキルが求められます。現代ではその大半がIT機器の操作で実現できるため、同時にIT機器の習得も必然的に必要になってきます。

 

翻訳というと職人気質なイメージを想像する方も多いかと思いますが、実際のところ現代ではインターネットで活用できるアプリや機能を使いこなして行くことができる人材が求められます。

つまり、作業を効率化するためにこの様なスキルを掛け算していく事が必要になってきます。

語学力もとても大切なスキルですが、「語学力」と同じくらい「専門分野に関するスキル」が必要です。

 

技術翻訳の将来性

 

専門性が高い分野

 

 

上記の「技術翻訳の概念」と「専門分野の翻訳」の項目でもお話しましたが、専門性が高い分野だと今後仕事がなくなることはなく、IT業界の発展とともに技術翻訳の需要は増え続けると予想されています。中でも「医学」と「IT」の需要はAI産業の盛り上がりでますます増加すると予想されます

AIの発展により、様々な業界で新技術やサービス製品が出てくると言われております。そのサービスは日本に限らず世界各国から出てきます。そのため、技術翻訳需要は高まり、結果的に将来性の期待が高い職業と言えるでしょう。

 

技術翻訳者に挑戦していく人へアドバイス

 

アドバイス

 

技術翻訳と聞くと「職人気質で高度な語学力がある人」と思われるとおもいます。

翻訳をする上で語学力を付ける必要はあります。それに加え、継続してITスキルをキャッチアップできる人は技術翻訳に向いているでしょう。どちらにせよ今後、更に新しい技術も登場してくるため継続してITのスキルを求める姿勢は必要になってくるでしょう。

 

まとめ

 

 

「翻訳」に「専門性知識」をしたのが技術翻訳になります。もし、現在語学力がある方は技術について学び、反対に技術に携わっていた方であれば語学を学べば技術翻訳の仕事をすることが可能です。挑戦していく人は「継続力」と「ITスキル」を意識して頑張っていきましょう!

無料転職相談に登録して技術翻訳の知識を活かせる会社に転職しよう

 

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。